2018年03月26日

大横川桜2018

桜を見に行きました。
満開でした。
大横川(おおよこがわ)は、東京都墨田区・江東区を流れる運河です。
oykskr (2).jpg
江東区扇橋から仙台堀川交差付近の区間は、川沿いに桜の並木があります。
oykskr (3).jpg
扇橋から 大横川のさくらを見ています。
両サイドに遊歩道があり桜のトンネルになっています。
oykskr (1).jpg
この場所は お気に入りのスポットです。
昨日とは違い月曜の朝で 人はほとんどいません。
ゆっくりと 桜を楽しめます。
午前のさくらは きれいですよ〜
タグ:
posted by うめのはな at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 江東区・江戸川区

2018年03月25日

ロケとか・・・

とある 番組で ロケ中にロケの邪魔になる人を 老害の人は困る・・みたいなことを言ったそうで 批判の声があがっています。
私の近くではいろいろな番組の中継や ドラマのロケなどをよくやっていて 道路などを占有して 通れなくなったりしていることがあります。

そんなとき 手前で ロケ中なので 迂回してくださいとか お願いされたこともありますが たいていは 当然のことのように「通るな」みたいな 雰囲気で 通れなくなっています。
人がたくさん 囲んでいることもありますが 急いでいるときは 本当に邪魔で 迂回しろ なんて言われたときは むっとします。
「あんたらの道路かい!」ってね。
何様だと思うくらい えらそうな態度をとる人もいますし  横暴な態度でシッシという具合に追い払われることもあります。
あげくのはて見物人には カメラで撮るな 録画するな と 脅します。
公共の場を占有していて どうしてそれが 許されるのかと 思うほど偉そうなんです。

もちろん 許可をとって 撮影しているとは 思いますが
一般人を押しのけて いいとは 思えません。
丁寧に 説明して「ちょっとお待ちください」と言えば たいていの人は納得します。
ワンカットとったらすぐ 通してあげれば いいことです。

でも 中継の時などは TVカメラの前で Vサインしたり わざわざカメラの前に出てきて 映ろうとする人もいますね。
あれは 誰がみても 不愉快で みっともないです。
映って恥をさらして どうしたいのか・・と 思うのですが 中継やロケを見慣れない人は 「おれ TVに映ってる!」って アピールしたいのでしょうね。
ああ・・恥ずかしい。

私なら 必死で写らないよう努力して 隠れますよ〜
以前 東京駅で中継に出くわしたときも映らないように 柱の陰に隠れて くるくるまわっていました(笑)
これがまた なぜかよく 出くわすのです。
美術館前では ロケ終わった芸人さんに 話しかけられたこともあります。
渋谷で インタビューまで されたことありますし
ドラマのロケは 何度も出くわしました。
電車内では 芸能人の姿も何度か見ています。
もちろん 知らぬ顔で チラ見しただけ。

都内に住んでいれば 芸能人なんて 珍しくもないし たいていは そんなものです。
出会ったところで 握手したいとも サインもらいたいとも おもいません。
これはもう 若いころから 変わりません。

いくら TVのロケで 一人の 高齢者が許可なく よこぎったからといって
「老害」とまで番組内で 公にいうのは どうかと思いますね。
批判が多いのも わかります。
何?
そんなにえらいの?
「すみません しばらくお待ちください」 って言えませんか?
先に通してあげるって 寛容さも必要なのでは ないでしょうか?
相手は 高齢者なのですから
もっと 思いやりを・・・・
って 感じです。

今日は 花見もにぎわって 中継もたくさん 入ったのでしょうね〜
混み合う場に いくのだから 謙虚な態度で お願いしたいものです。

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年03月24日

桜満開

東京の桜が 満開だそうです。
TVでみると ほんと・・・満開!
人も すごい!
千鳥ヶ淵も上野もあちこち 人出がすごいです。
おまけに 皇居乾通りの通り抜けも 今日からのようで あまりの人の多さに 20分も開門を早めたそうです。
込みあうところは きらいなので 近くても 行こうとは思いません。
昨年は 通り抜けがなかったようで 東御苑で花見ができましたし
富士見多門からは 乾通りの桜も見えました。
inui.JPG
こんなかんじだったかな。
inuitmn (3).jpg
明日もきっと 天気が良くて暖かくて 賑わうことでしょうね。
我が家のベランダから見える 公園のさくらも満開のようです。
週明けにでも こっそり 見に行こうかと思っています。

やはり 桜は心を 浮き立たせます。
タグ:
posted by うめのはな at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年03月23日

インフィニティローズ

最近 インフィニティ ローズなる 鉢植えのバラが贈られてきて・・
薔薇は苦手だし 鉢植えを育てる趣味もないし 困ってしまって。
そのままベランダに置きました。
inforoze.jpg
これは 貰ったときの写真ですが 風邪をひいている間に ミニバラとは思えない大きな白い花が咲きました。
あまり聞いたことのないバラで 調べてみると、

「インフィニティ ローズ
ポットローズ史上、最高傑作ともいわれるシリーズコンパクトな株に大輪のゴージャスな花を咲かせ、驚くほど花もちがよく、しっかりした茎は大輪花を美しいまま長期間支える」
こんな風な説明書きでした。

なるほど・・・
でも 薔薇は家の中に入れられないですーーー
このところ 冬の寒さで かわいそうでしたが ちゃんと花咲いています。

さて・・・
どうしようかなぁ。。。。
せっかく 貰ったのだけれどね。
困った 困った。
タグ:
posted by うめのはな at 08:56| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年03月22日

体操着

「東京都内の小学校では体育の授業の服装を、冬でも夏と同じ半袖、半ズボンとするところが多いが、今シーズンのような寒い冬でも一律の薄着が必要だったのか。親や子どもたちからは疑問の声も上がっている。」
という 記事を見たのですが・・・
へぇ〜そうなんだ〜って 思いました。

私たちのころは 北陸で寒いところでしたから 長袖 長ズボンの体操着がありましたし 最近の子は 上下ジャージを着ています。
たしか 神奈川では たしか 半袖 半ズボンだったような気がします。
でも 白であれば なんでもいいというもので 長袖が禁止だったわけではないと思います。
千葉では 指定の体操着でしたが 長ズボンのジャージがあったように思います。

動きやすいように とか 汗をかくから・・とか いう理由だそうですが
ジャージのズボンくらい 許してあげてもいいのではないでしょうか。
高学年ともなれば そういう気配りも必要な 体格の子もいますしね。

規則だの法律って 旧態依然としていて 昔のまま 変えていないこと多いです。
時代錯誤のこともあって 実情に合わないこともあります。
時代は変化していくのだから その時々で 見直してもいいと思います。

私たちのころも 変な校則あって お笑いみたいな感じでした。
今もそうなんでしょうかね〜

冬のコートがないところもあります。
雪がふろうが 氷点下であろうが 制服の上にコートは着てはいけないとか・・
千葉では そうでしたねーー
だから 制服の下にジャージ着たりしてみっともない恰好が 流行っていました。

北陸の私たちは ちゃんと 指定の紺のコートありました。
ショートとロングの二種類。どちらを選んでもよかったです。

学校って 融通のきかない 不自由なところなのです。
誰が 決めているのやら・・・

千葉にいたときの 中学の制服やジャージ ワイシャツなどなど 指定店でしか買えなくて
それが また 市販のものより バカ高くて 全部そろえりゃ 10万くらいになって
アルマーニの制服どころじゃありませんでしたよ。
あれって 制服だけだと 4万くらいで そう高いものではないように思えますが
どうなんでしょうか・・・
今どき ジャージでさえ 1万くらいは しますし 体操着やシューズ 替えのものそろえりゃ 数万はかかります。

学生服だって 何万もしますからね〜
なんで 騒いでいるのか よくわかりません。
それとも 小学生には 贅沢だというのかな?

今どき スーパーで学生服一式買ったって 数万しますよ。
私立なら もっと高いです。
あれは マスコミが 騒いだとしか・・・・

まぁとにかく 子供は お金がかかります。
小学生も ジャージくらい いいんじゃないでしょうか?
それとも また お金かかると 一部の人が 反対するのかしらね。
ややこしい 世の中だこと!
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年03月21日

年度末

ちょっと怠けると あっという間に日にちがたっています。
風邪は よくなりましたが 鼻がまだすっきりしません。
これは もう花粉症なのかどうか 判断がつかない感じです。

桜が開花したというのに 今日は真冬の寒さ。
桜も ぎゅっとつぼみをすぼめてしまいそうです。
見ごろは 来週あたりでしょうか・・・
暖かくなれば あっという間に満開な気がします。

とりたてて 桜に心惑わされることもなく 穏やかに暮らしているので
うきうき そわそわな感じは まだしません。
咲いたら どうだか。。。。

いろいろな工事が終わり ほっと一息。
年度末は 何かと忙しい。
あと 書類をひとつ書いて 役所に届ける仕事が残っています。
毎年のことながら
少しだけ 法の改正などがあって ぎりぎりのところで 変更があります。

そういえば
新年度からは 国保が区市町村単位じゃなくて 都や県の 直轄になるそうです。
健康保険代が 少し変わるかもね。
財政難のところもあっただろうから その差が 自治体単位でなくなるってことですかね。

いろいろな 支援も自治体によって 差があって、
どこに住むかで 何か恩恵も変わってくるというものです。

しかし
今日は 寒い。。。

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年03月17日

桜・・春の心は。

今日にも 靖国の標準木の開花宣言か?と
各局とも 今か今かと 桜の開花宣言を心待ちにしている様子です。
もうそんな時期なんですね〜
寒い寒いと 震えて やれ大雪だと言っていたのが 昨日のことのようです。

桜といえば 思い出すのがこの和歌。

世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし    在原業平『古今和歌集』

現代語訳
この世の中に、桜というものがなかったら、春をのどかな気持ちで過ごせるだろうに 

春の季節には、桜があるために人々の心が穏やかでないことを述べているのですが
じつは人の心を騒ぎ立てる力のある桜の素晴らしさを伝えようとしている作品です。 
桜の不思議な魅力ですね。

これに対しての 返歌があります。
散ればこそ いとど桜は めでたけれ 憂き世になにか 久しかるべき  伊勢物語 第82段 「渚の院」(第二首目)
詠み人知らず

現代語訳
散るからこそいっそう桜は素晴らしい。つらいこの世の中でいったい何が長く変わらずにあることができようか、そんなものはありはしない。

桜は散るからこそいいのではないですか?世の中に永遠のものなんて ないのですからね・・
そんな意味なのでしょう。

いずれにせよ桜というのは 日本人の心をとりこにし 心を騒ぎ立て うきうきさせる花です。
それもまた 日本人の心に根付いたものなんでしょうが 
毎年 桜の花が見られるというのも 幸せなものなのでしょうね。

桜が咲けば 日本中 うきうき そわそわ・・・
やはり 心騒がせる 花なんんです。
満開の花も いいけれど
散り際もまた いい。

さて・・
今年の 花見は いつになるかな。。。。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年03月16日

風邪ひき 食事

風邪をひいた とたん とっても頭が痛くて それどころではなかったので まずは 自衛のため。
そして インフルエンザなら 家人にうつす可能性が大きいため 引きこもり宣言をしました。
「これより 隔離されます。移すと大変なので 食事の支度はしません。自分たちで なんとかしてください。当然 洗濯もできないので よろしく」
そういって 自分の部屋に閉じこもりました。
トイレ 洗面所を使うときは 必ず アルコールで手を消毒しました。

さて
食べものですが・・・
男というのは 気が利かない動物でして・・

自分たちの 食事は なんとか できても病人のことは 頭にないらしい。
声もかけず ですから 病人の食事までは気が回らないらしい。
まぁゆっくり眠るには それもありがたいことなのですが・・・

要求 その1.
麦茶をボトルに入れて コップと一緒に持ってきてほしい。

要求 その2・
あきたこまちのおかゆ缶があるので それをあたため 卵でとじて 梅とサケフレークをかけて持ってきてほしい。
これが 一日目の 食事となりました。

2日目以降は いわれなくても 毎日麦茶の差し入れがありました。

要求 その3・
もっと 栄養のある消化のいいものを 食べたいので 赤ちゃんのレトルト離乳食を買ってきてほしい。
これは よかったですね〜
7大アレルゲンは 取り除いてあるし 少量だし バラエティに富んだメニューで つぶしてあるから 消化もいい。
量こそ 少ないですが あまり食欲のないので バナナやヨーグルトを足して ちょうどよかったです。
買い置きをたくさんしてもらいました。値段も1袋100円以下。

3日目からは 食べるのは油もの以外は 食べることができました。

要求 その4・
卵サンド ツナサンドが食べたい!
プリンも食べたい!
買ってきて〜〜〜だんだん エスカレート!

要求 その5・
アミノバイタルのゼリー飲料も欲しい!

これが とても よかったです。
のどはひりひりするわ 夜中におなかがすくわ・・・
のとき ゼリーを飲むと 速攻なんですね〜
アミノ酸が効いて 元気がでるんです。
これは 病気の時 いいかも〜〜〜と やはり 買い置きしてもらいました。
食欲ないときの非常用には とてもいいと思います。

そんなこんなで 風邪 引きこもり期間もおわり 4日目以降は 風邪もよくなってきて
自分の食べるものだけは自分で 用意しました。
むろん 食卓を共にはせず 隔離で 自室で食べました。
せっせと 麦茶を作ってくれたのは ありがたかったです。

これ 一人暮らしだと 枕元に 大量のペットボトルと ゼリー飲料や レトルト パンなど置いておかないとダメですね〜
誰でも 風邪のときは 動きたくないです。
一人じゃないだけ ありがたいです。

1週間寝ていて 結構体力 落ちてます。
家の中が ホコリっぽい。掃除は 眼中になかったらしい。
さて・・・
リハビリ リハビリ・・
といいつつ 日常に戻っていきます。
ああーーー
また ご飯のしたくが 待っている!
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 15:41| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年03月15日

風邪ひきました。

7~8年ぶりに 本格的な風邪をひいて寝込んでしまいました。

ちなみに 熱はほとんど出ませんでした。
初日 寝汗をかいたので そのとき少し熱はあったかもしれません。
とにかく
夜中の 頭痛からはじまりました。
のども痛くなり 鼻がつまり よく眠れませんでした。

1日目・・頭痛 のどの痛み
2日目・・のどの痛み 鼻つまり。
3日目・・なんとなく のどの痛みはなくなりましたが 上気道がむずむずしてきました。
4日目・・軽い咳がでましたが 咳き込みはないです。相変わらずの鼻水です。
5日目・・風邪ひきの声。まだ体はぼぉーとして 本調子ではないです。
6日目・・食欲が出て おなかがすきますが 体はまだふらつきます。

結局 1週間はかかりそうです。
どなたかも
風邪をひいて 4日はダウン。体調が回復するまでにさらに数日かかりましたと書いてありました。
そういえば
インフルエンザも 発症後6日は 出席停止ですものね〜
身体回復までには さらに何日かかかるので もとにもどるには 10日くらい必要なのかもね。

何年振りかの 風邪で まいりました。
インフルエンザかもしれませんが 医者には行きませんでした。
そんな 体力ないって!!
ひたすら 寝て治しております。
48時間以内じゃないと インフル薬もきかないらしく 医者に行っても対症薬しかでしません。
良心的な医者は 薬はほとんど出さないらしいです。

たしかに 頭痛は1日 のどの痛みも2日でなおりました。
しかし 鼻つまりだけは長引いています。

これは 副鼻腔炎ですね〜
どこから湧き出るのかというくらい 鼻がつまり ティッシュ1箱は使いましたね。
今も 鼻声なのです。
体力はめちゃ落ちております。
1週間 ほとんど歩いていませんから。

幸い 熱もなく 食べることはできました。
この食べ物に ついては
また明日・・・・
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 15:22| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年03月09日

百人一首

本日 3月9日(金)から2週連続で「ちはやふる‐上の句‐」「ちはやふる‐下の句‐」を地上波初放送だそうです。
競技かるたを題材としたまんがで かるたとは 小倉百人一首です。
ちはやふるの 綿谷新のふるさとは 福井です。
chihaya.JPG
福井県は競技かるたが盛んで「かるた王国」と言われています。
小倉百人一首競技かるたの強豪選手を多数輩出しています。

福井の人は小さい頃(小学校入学前位)から、競技かるたに親しんでいます。
我が家にも かるたが あり 小さいうちは 家族で 「坊主めくり」などやって かるたに親しみます。
字が読めるようになると かるたとり です。
家族や 友人などと 気軽に 座敷にかるたを並べて 遊びます。
「何枚とった!」で 競います。

冬 外で遊べない子供にとって かるた は 遊びのひとつになっていました。
昭和46年に福井県三国町(現坂井市)の小学生が、全国小中学生選手権大会で優勝しました。
そのことがきっかけで、小学校におけるかるたへの取り組みが強化され、競技会がさかんに開催されるようになり、競技かるた人口が増えていきました。三国町は全国で最もかるたの盛んな地域の一つです。

小学生のときから かるた は学校でもやりました。
クラブもあったようですが 私は入っていません。
中学では もっと盛んで 年に一度 体育館で 大会がありました。
クラス対抗と個人戦。
クラスから代表を選ぶため 放課後 何度も何度も かるた をやりました。
百人一首を 覚えることからはじまり
そらんじたら 今度は とるスピードを練習します。
そうやって クラスの代表が 大会に出て 
次は 学校代表が また大会に出る というような感じでした。

高校でもあったようですが
そのころは 興味がなくなっていたので 詳細は知りません。
部活としては 特になかったようです。
地域にも 団体があったようです。

私も 百人一首は 覚えました。
それが 最低限のことです。
とるのもけっこうめざとくて 数はとりました。
しかし
競技というレベルではなかったですね〜
もっと 上手で 日々かるたとりに 精進している子はいました。

今の子がどうなのか 知りませんが
昔は 三国町は かるたが 有名でした。
タグ:福井
posted by うめのはな at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ