2017年07月24日

明治ガールズ

世界文化遺産の富岡製糸場は 最近見学者も減ってしまったそうですが 赤レンガのとても素敵な建物だそうです。
工場だから 中はがらんどうなんでしょうが・・・
その製糸工場ができた明治初期の 工女の話を描いた本を読みました。
mijg.JPG
タイトル明治ガールズ
富岡製糸場で青春を
著者藤井清美/著
出版者東京 KADOKAWA
出版年2017.6

製糸工場 工女というと ああ野麦峠 の悲惨な話を思い出しますが これはそういう話ではありません。

内容紹介
「わたし、富岡製糸場に参ろうと思います」時代を動かした、少女達の物語!
明治6年。
松代藩の中級武士だった横田家の娘・英は、持ち込まれた縁談に困惑していた。
密かに胸にあるのは、幼馴染みで使用人の息子、幸次郎。けれど、身分違いの恋など許されない……。
一方、区長を務める英の父もまた、悩んでいた。
富岡にできるというフランス式の最新の製糸場に、区から工女を出さねばならないのに、誰も協力してくれない。
父の窮地が家族の話題にのぼったとき、縁談を断ろうとしていた英は、つい勢いで言ってしまう。
「わたし、富岡製糸場に参ろうと思います」


明治6年。藩制がなくなり 大名たちは貧しくなった。
縁談がいやで逃げ出そうというのも理由のひとつだけれど 何年かのち 松代にも製糸場を造ろうという計画があり そのために 技術を覚えてこなけえばならない という理由もあった。
ひどいことをされるのではないか 売られるのではないかと いやがって誰も行こうとはしなかった。
横田英は 区長の娘として名乗りを上げると 他の娘たちも名乗りを上げた。

はじめて見る 近代工場のすばらしさ に驚き 全国から集められた少女たちと 競い合い 寮生活。
きちんと 休みがもらえ 時間が決められた職場 給金も仕事を覚えていけばあがっていく仕組み。待遇もいい。

しかし
明治になっても 長州。
そして 大名の娘。御姫様。
身分の差。

あとから来た 長州の人たちは優遇される。
「私たち 長州です!」
その言葉が 幅を利かせていた。
しかし 近代化された 工場では きちんと声をあげ 民主的に その抗議も通った。

長州が なんだ!
大名がなんだ!
働くものはみな 同じ。

ま・・・
今も 長州です!
って のは あるでしょうけどねーーーー

だからどうってことないですが・・・・

ああ・・
とにかく なかなかいいお話でした。
身分の差をこえた恋と 故郷のために働く と どちらを選ぶのか・・
英の決断は・・・
明治の初め1年半後 16名の少女たちは松代に帰り製糸の 技術を教えたということです。

日本初の器械化された官営製糸場、富岡製糸場で伝習工女となり、その後長野で日本初の民営器械化製糸場の指導員となった女性が この横田英(和田英)さんです。
タグ:読書
posted by うめのはな at 14:24| Comment(0) | 読書

2017年07月23日

おさななじみ

おさななじみというのは 忘れられないものですが それも東京に住んでいる私には 死語に近い言葉です。
たまに 実家に帰っても わざわざ 幼なじみを 訪ねることもしないし、偶然会うなんてこともないし。
女は 結婚して 実家を離れるからです。帰省してもそこには誰もいません。

すぐ 近所に Kちゃんという 2つ 年上の子がいました。
妹のようにかわいがってくれて 私も 金魚のフンのごとく いつも遊びにいったものでした。
小学生のころまでは 本当に毎日 Kちゃんと過ごした感じがします。

学年が違うし 中学に入るころには それぞれ 友達ができて だんだん会う機会も少なくなりました。
それでも おばさんは 私が中学に入ったとき Kちゃんに 「中学まで連れていってあげなさい」と 命令したようで
一日目の朝Ktちゃんが 迎えにきたことを覚えています。
Kちゃんも 私も それぞれ 一緒に通う友達がいるので 「もういいよ」って 断り Kちゃんも ほっとした様子でした。
Kちゃんは とてもきさくな人で 英語ができて あこがれの人でした。

Kちゃんが 福井を離れて たまにしか帰ってこなくなり 疎遠になってしまいました。
たまに 実家に帰ってきたりしても 時期がずれていたりして・・・
関西弁で話す Kちゃんが 別の人のようでした。

そのうち 私が東京に住むようになり 青山に住んでいた時 Kちゃんは 六本木に住んでいると おばさんに聞いて 会いに行ったことがあります。

そのKちゃんとは それ以来会うことはなかったです。
結婚して 子供さんが生まれて 幸せそうに暮らしているという話を 聞いていましたが
Kちゃんは 病気で 早死にしてしまいました・・・・
その話は ずいぶんたってから 実家で聞いたのですが 驚きました。

こんなことならもっとあっておけばよかったと ・・・
でも それぞれ 歩んだ人生が 違ったし しかたないのかと。。。

おさななじみは 他にもいますが
やはり私の中では Kちゃんが 一番でしたね。

Kちゃんの実家も 住む人がなく 空家のままです。
まいとし 家族連れで 夏休み海に来ていたそうです。
帰省の時期が 重なったこともあるのに それぞれの家族中心で
一度も 会わなかったのが 残念です。

人生 いつ 何が起こるかわからないなぁ〜・・とね。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 15:33| Comment(0) | エトセトラ

2017年07月22日

医者がよい

この暑い中 通院日で医者に行きました。
徒歩2分。
這うようにして いやいや行くつもりが 日影を歩いてそれほど 暑さは感じませんでした。
あらかじめ午前診察終了時 名前を書いておいたので 待たずに2番目で診察でしたが 診察時間になってきた人はかわいそうなくらい 混んでいて。。。今日中に終わるのだろうか・・・てな感じです。
体調崩している人 多いのかなぁ〜
マスクして 咳している人もいたし こちらは 移らないよう 離れて立っていました。

先日の心エコーの結果を 今頃聞きにいったのですが (のんびりしていますけど 危機感がなかったので通院日まで 待ちました)異常無しでした。
心臓そのものに 異常があるわけではなかったです。
伝導系の異常ですかな。この症状は もう昔からですから 生まれつきかも。
心臓内に 血栓があるわけでもなく 心筋の動きが悪いわけでもなく どうやら心配なさそうでした。

しかし・・・
薬が バカ高いのなんとかならないかしら。
1回 1万円ですよーー
3割負担ですけど 健保 が文句言ってきそうです。
新薬でジェネリックないし 実験中みたいだけど 副作用少ないっていうし もうしばらく我慢して飲んでみよう。
そのうち
「貧乏なんで・・何かほかの安くて いい薬ないでしょうか・・・」って
言ってみよう。。。。。

新薬 新薬と 高いの使えば 日本の医療費が 多くなるわけだ・・・
医者など通わず 健康ですごすことが 一番幸せでしょうね。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 16:15| Comment(0) | エトセトラ

2017年07月21日

夏休み

今日から夏休みなのですが 最近は区や市によって 夏休みの期間が違います。
8月31日までというのが 一般的なのですが
区によっては 8月24日までとか・・・
二学期制か 3学期制下の違いなのでしょう。
二学期制のところは 学期末に数日間の休みがあるとのことです。
わたしのところは 二学期制らしいです。

私立の学校へ通う子供も多く ほんとうにバラバラって感じです。
その地域の子が 地区内の公立学校に通っているのかどうかさえ わからないのです。
近隣区域の通学は 可能らしいですし とにかく私学に通う子が多いです。

いじめとかあると 他の区域に通えるのはありがたいかも・・・
選べるのはいいことです。

で・・なんですって?
キッズウィークなるものを 作って 各地域ごとに5日間の夏休みをずらしで 連休とからめて長い休みを作る?
これ 地域ごとっていったって
親はどうするのさ・・・
その間 有給とりなさいって?
とれない 職場もあるでしょうし いろいろ難しそう・・・・
東京で休みでも 祖父母のいる田舎では 休みじゃなくて
帰省したら お邪魔虫・・って こともあるしねーーー
渋滞がないのはいいだろうけど。

休みが多いのは 賛成なんだけど
考慮の余地ありかな。

最初は多かった 二学期制も だんだん少なくなってきたみたいです。
狭い日本 みな同じから抜けきれない なんです・・・かね!
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:27| Comment(2) | エトセトラ

2017年07月20日

なりたかったもの。

小さな子供の頃は 漠然と絵描きさん。
小学校から中学になると 体操の選手。
高校生で 夢破れ 学校の先生・・・
ああ〜
それから 医者になりたかったかなぁ〜

医者は ちょっと血が 怖いので 看護師さんが いいかと 思ったこともあったりして。。
知り合いに 看護学校の教科書貰って 熱心に 全部読んだりもして。
しかしそれも今は 昔の知識。

病気をして 看護学校はきついだろうって 結局 それもダメで・・
そのうち なりたいものなんか なくなってしまいました。

今思えば 手に職があるって いいなぁーーと。
手に職があれば 生きるのに困らない。
保育士でも 看護師でも 美容師でも なんでも。
職人さんもすごいなーーと。
ただ
学校出て 就職しても いいけれど
いざというときには やはり 何か資格持っていたほうが いいかも。

人生いろいろありますが 
気が付いたときは 後悔ばかりということもあります。
わかいうちに
しっかり 自分の生きる道を考えたほうがいいでしょうね。

若ければ
まだまだ 修正が効くものね。

で・・私が
なりたかったものは いったいなんだったんだろうか・・・
なんて
考えてしまうのです。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:54| Comment(0) | エトセトラ

2017年07月19日

電気代

ほぼ一日中 エアコン使っています。
我が家は 4台。
今年は暑いので 電気代がいくらになることやら・・・
でも ガス代は夏は安くて 助かります。

親戚が オール電化なんですが
戸建で 建坪70坪はあるという広い家です。
60Aまでしか つけられなくて それでも ブレーカー落ちるといって 使い方を工夫しているそうです。
冬は とうとう ファンヒーターを買い 兼用にしたそうです。

この夏 どうしているかしら・・・
エネファーム使っているけれど ソーラーはつけていないし ひとつひとつの部屋が 15畳ほどあって とにかく広い家で エアコンもなかなか効かないとか。
広い部屋も 考えものだなぁ・・・

実は 千葉にいたころは 建坪45坪ほどの戸建に住んでいたのですが やはり光熱費は高かったです。
今の ほうがうんと安いです。
コンクリートのマンションは すぐ冷えるし 冬は暖かいのです。
平面ですごすから そのぶんの違いもあるでしょうね。

いつぞや 友人が 「オール電化で 7万!」って 騒いでいましたが よく聞けば全部開け放して 全館冷暖房にしていたそうな・・・
各部屋ごとにして節電したら 3~4万になったと言っていました。
広いマンションだし そんなものかな〜と。

エアコンをこまめに切るか つけっぱなしにするかの議論はあるようです。
いろいろな条件があって 一概にはいえないようですが つけっぱなしでも そんなに電気代に違いはないようです。
ただし 最新のエコな やつの場合です。
昼に1時間以上 いないときは 私は切りますが 夜はたいてい 28度でつけっぱなしです。
ときどき 目覚めるのですが たいてい 止まっていますね・・・
28度越えると また動くようで 朝まで心地よく眠れます。

東日本大震災のあとは 節電 ってうるさく言っていたのに この頃はそういう声も聞かないしね。
とにかく 毎日暑いです。

あ〜〜はやく 涼しくならないかなーーー。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 13:47| Comment(2) | エトセトラ

2017年07月18日

声なき叫び

世の中には 理不尽なことが多いものです。
koenaki.JPG
タイトル声なき叫び 
著者小杉健治/著
出版者東京 双葉社
出版年2017.6

出版社による内容紹介
「自転車で蛇行運転をしていた青年が、警察官に捕まり、取り押さえられているときに死亡した。
警察官の暴行を目撃した複数の人間がいるにもかかわらず、県警は正当な職務だと主張するのだった。
青年の父親の依頼で水木弁護士が動いたのだが……。」

こんな本を読みました。
小説ですが 内容を読むと 佐賀の知的障害者身柄確保死亡事件を モデルにしているのではないかと・・・

青年は パトカーに寄られ 拡声器で「止まりなさい」と言われ 驚いて 転倒。
歩道に逃れようとしたところを 警官に取り押さえられ 奇声をあげ あばれる。
警官は 覚せい剤でもやっているのではないかと リュックを調べようとするが 青年は抵抗。
数人で 手錠をかけたうえ 足で蹴る なぐるの 暴行。
そして ぐったりした青年に気が付く。
救急車で 運ばれるが 死亡。
その様子を 複数の目撃者が 最後まで見ていた・・・

警察官たちは 青年が知的障害者とは 気が付いていなかった。
大声でパニックに陥っただけだったのだが 薬物使用を疑った。

調べると 押さえこんだのは2人。殴ってもいないし 手錠もしなかった。
保護しただけと 言い訳します。実際は5人。足でみな 蹴っていたのが目撃されている。

青年の 体はあざだらけで 手錠の後もあった。
死因は 心不全。もともと心臓が悪かったのだろうと ・・

納得できない 親は訴えを起こそうと するが あれほど 協力的だった 複数の目撃者が 次々と 話を拒み 目撃証言を変えてしまう。

警察からの圧力。
○○を見逃す代わり 証言をするな・・・
商売上の問題
結婚の約束
脱税
いろいろ 調査され 圧力をかけられ みな 証言をひるがえす・・・

あったことも なかったことになり 正当な行為にすり替わってしまった。
そんな 話です。
佐賀の事件も 無罪でしたね〜

忖度もねつ造も 偽証もなんでもありの 国家権力です。
こんなことが
まかり通るなんて 怖い世の中になったものです。

街を歩くときは 気をつけなきゃ。

ハサミ ナイフ 持たないように。大工道具 裁縫道具もだめです。
そのうち ロープも ひもも ガムテープも 持ち歩けなくなるかもね。
職質受けられないよう こざっぱりした服を来て 大きなリュックは背負わず うろうろせずに 歩こう・・・・
電車に乗るとき 両手をあげていようね。
タグ:読書
posted by うめのはな at 09:59| Comment(0) | 読書

2017年07月17日

エアコン

今日は 祝日なのですが 海の日だとか・・・
それで 今年は 8月11日が 山の日 らしいですね。
休みが多いのは いいことです。

平日 区役所とか スーパーとか 図書館とか行くと すごく混んでいるんです。
用があって いくのか それとも 涼みに来ているだけなのかは わかりません。
でも 長時間座っている人は あきらかに 涼みにきているんだろうな・・・

でも 自宅からそこまで 行くのに暑いだろうし
横にもなれず 座っているだけって 辛くないですか。。。

今のエアコンって さほど電気代かかるわけでもないし
家の中で 好きなようにすごしていたほうが 気分的にもいいんじゃないかと思うのですが。

中には エアコンは 「もったいない!」「電気代かかる」「贅沢」って 思っている人がいるかもしれません。
そりゃぁ〜
昔のエアコンって 電気代結構 かかったみたいだし
エアコンは 贅沢品って 時代もあったし
そう刷り込みされている人がいても おかしくはないのだけれど
今じゃ 普通なんだし エアコン代けちって 病気になるより いいと思うのですが・・・

よく お年寄りで エアコンがあるのに 使った形跡なくて 熱中症で倒れた なんてニュースあります。
冷えるのが きらいという人もいるでしょうが 
正しく使えば いいだけです。

エアコンあるのに 家の中で 汗ながして 真っ赤な顔して すごしていたり
役所などで じっと座ったまま すごしている人みると
少し 辛くなります。
物のない 貧しい時代を過ごしてきた お年寄りにとっては
やっぱり 一人でエアコンは もったいないのかなぁ・・・・
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 08:40| Comment(0) | エトセトラ

2017年07月16日

海・・・

暑いです!
毎日 つけっぱなしの エアコンが壊れないか心配です。

海の事故も増えてきました。
私は 子供の頃 海のある街で 育ちました。
夏休みは 毎日 海!
今は 死語 になっている「○んぼ大会」なる日焼けを競う大会が あって みな 毎日 日焼けを頑張りました。
そうなんです。頑張ったのです。入賞したくてねぇ〜
こういっちゃ 悪いのですが 夏も冬もなく 漁師の家の子は 外でお手伝いするせいか もともと日焼けしているので それに負けじと 町の子は頑張ったのです。

私も 頑張って日焼けしましたよーーー
一皮 二皮むけるほどに。
今思えば バカみたい・・・・
今更 日焼けは よくないなんて 言われたってねぇ〜さんざん 日焼けしたあとに言われて ショックが大きいです。
そのせいか お顔はシミだらけ。。。。。。

ほんと・・・だれだ 日焼けはいい。
風邪をひかなくなる。とか 言っていたのはーーーー
むかしの 常識 今の 非常識 の典型例です。

ともかく 毎日海に行って 泳いで 遊んで でしたが 
私たち 海育ちは しっかりと 海の怖さを教えられます。

遠浅になっている 限界を知っているし 波止場では 泳ぐな。
腰より 深い所へは 一人で行くな。
これは 波が来ると とたんに足がとどかなくなり ひき波で 沖に連れていかれてもどれなくなるからです。

でも よそから来る人は 浮き輪だからとか 足が届くからとかで結構 沖まで行きます。
波にすくわれたら 終わりですが そんなことは 夢にも思わず 沖にいき 気が付いたら戻れなくなっていたとか・・なんですね。

波止場には 波消しブロックが積んであるので そこから飛び込むと ブロックの下に体がもぐりこんで 戻れなくなると しつこく 教えられました。
だから 地元の子は そこでは決して泳がないのですが よそから来る人は けっこうそこで 泳いだりしていました。
毎年 何人かは 犠牲になったりもしていました。

遠浅の 砂浜で とてもいい海水浴場でしたが やはり危険はあちこちにありました。

中学のころには 海の子供の家で アルバイトしたのですが そこには ライフセーバーの人も常駐していて
何度か おぼれた人を見ました。
助かったときは ほっとするのですが一度だけ 残念なことがありました。

今でも 頭から離れないのが 同じ年頃の子が 溺死したときのことです。

海を知る人は 海の怖さを知っている。
山を知る人は 山のこわさを知っている。

だから 無理はしない 冒険はしない 無茶はしないのですが・・・
遊びに来た人は つい 羽目をはずしてしまいます。

それが 事故の元ですねーーー
慢心は 事故の元。
何事もね。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 08:58| Comment(2) | エトセトラ

2017年07月15日

おにぎり

おにぎり。
今はコンビニの三角形の おにぎりが 全国的ですが 実は 私が子供の頃は 福井ですけど おにぎりではなくて おむすび と言い まるっぽい形でした。

遠足でも お弁当でも 丸形 俵型の おむすびでした。
そのほうが 弁当箱に 収まりもいいし ノリをつけても見栄えがいい。

はじめて三角形の おにぎりっていうものを 見たときは 少し驚きました。
三角形は 合理的だと思ったのも確かです。
工場でつくるからなのかなぁ〜と 思ったりもしました。

関西ではたわら型が主流で、呼び方もおにぎりではなく「おむすび」でしたが 今もそうなのかな・・・。
江戸時代からか、関西では商人全国旅したりするのため お弁当箱入れやすいよう たわら型 が主流だったとか。

関東では、武士が竹の皮に包んで持ち歩くために、三角のおにぎりができたと言われています。三角なので強くにぎることができ、崩れにくいためとか。

工場でつくるからじゃなかったのか・・・

東京に来て 皆が 三角形のおにぎりを うまく握っているのに 慣れない私は どうしてもうまく三角形にできませんでした。
今も うまくできません。
小さいころからの 習慣が抜けないのです。

三角形は 食べやすいし 持ちやすいけど 
美味しく見えるのは 俵型かなぁ〜
偏見かも。

でも 最近は 素手でにぎった おにぎりはたべたくないことだけは 確かです。
TV見ていたら 寿司屋さんも ビニール手袋していたの見ましたけど。。。。
いいんだろうか・・・・
何かそれは 味気ない。。。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:18| Comment(2) | エトセトラ