2017年03月31日

白もくれん

江東区内を東西に流れる汐浜運河沿いの「潮風の散歩道」(東陽1-1地先〜新砂1-3地先)は 白モクレンの並木道が きれいなのですが どうやら今年も終わりです。
sokzmokrn.JPG
これは ずっと前に写したものです。
見ごろのころは こんな風に咲いています。
hkmokurn (1).jpg
これは 別の場所の 白もくれんですが 黄色くなってやはり終わりかけです。
hkmokurn (2).jpg
殺風景な歩道に1本だけ植えられていますから とても目立っていました。
無電柱化された 道路で すっきりした 歩道にこれから また街路樹が復活しそうで 第一弾として今 花の咲く 白モクレンを選んだのかもしれません。
だとすると ・・・粋だなぁ〜と。
タグ:
posted by うめのはな at 16:14| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年03月30日

桜 三分咲きくらいです。

区役所へ行きました。
年度末ですごく 混んでいました。

近くの 桜の木です。
skr330.JPG
今日になって 花が開いて3分咲きくらいです。
skr3302.jpg
満開は 来週はじめくらいかしら・・・
楽しみです。
タグ:
posted by うめのはな at 12:42| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年03月29日

安全 安心

今日は 午後から第7回市場問題プロジェクトチームの 中継を見ていました。
多少なりとも 環境分析にかかわったことがあるので 科学的に安全だから・・という昨今のご意見には不満でして・・・
どういう 見解になるのだろうかと 思ってみていました。
専門家会議の 平田先生は たしかに 科学的には安全です。といいました。
もう少し わかりやすい説明をすべきでしたね〜
相手は 素人なんですから・・・
それがもとで 都議会やコメンテイターが そろって科学的に安全と 叫び始めましたしね〜

今日の 小島先生の とりまとめは とてもよく わかりました。
素人さんでも よくわかる解説です。

科学的に安全ということは 4万3千倍のベンゼンが出ていようが 980倍のシアンが出ていようが 直接 触れたり水をのんだり しなければ 法令上は安全ということです。
それゆえ 何も対策をしなくても そのままでも 安全だということです。

豊洲は 都が環境基準まで 数値を下げて 安全にします。ということで 法令上は安全なのに 860億もかけて土壌汚染対策をしたということです。
科学的 法令上は安全だというなら 860億は何のためだったのでしょう。
安心のため 環境基準値以下にするためだったのです。
だから 今は 安心ではないということなのです。

法令上は安全でも 健康被害の発生有無は別問題で 過去の公害病と言われるものをみてもわかります。
直ちに 影響が出るものでもありませんし 気化してどんな影響があるかは 今の時点ではわからないです。
この 状態が安心ではないといいます。

今日の とりまとめは すぐ 公開されました。
とても分かりやすいので 確認してみるといいです。

土壌汚染の安全 安心は64ページから70ページです。
その他 築地の現況や再整備 豊洲移転の場合の 年間の赤字150億や資金ショートなどが書かれていました。
これ見ると 豊洲移転は難しい?

そういえば 東京都委託の 調査なんてのもやったっけなぁ〜
言いたいけど 言えないことありすぎて〜
お客様のご要望にお応えできるようにする 忠実なシモベでした。
ってか・・・
あの1〜7回までは高い値でたら再採水やってたんだってねーーー
そりゃ・・・・おかしいわ。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 18:23| Comment(0) | エトセトラ

2017年03月28日

痛み

痛みの感じ方は人それぞれだそうですが・・・
私も 痛い思いは 何度もしました。
これだけは 私だけが経験した痛みだろうなぁ〜と思う 痛みがあります。
高校生のとき 虫垂炎の手術を受けたときのことです。
局所麻酔でやることになりました。
手術台に寝かされたとき 先生が来て これから注射というとき 急患が運ばれてきて・・・
大きな病院ではなく 先生一人の病院でしたから 呼び出され あわただしく出ていきました。
そのあいだ 手術台に寝かされたまま しばし待たされました。
先生が あわてて戻ってきて そばに来ると・・・
激痛!!突然ズシンとくる痛みです。
声も出ない 息もできない。下腹部はしびれた感じで苦痛。涙すらでない。

「手術って・・・こんなに痛いものなのだ・・・」と。。。。逃げ出したくなりました。
と。。。。突然。
「先生!!」という叫び声。
「ありゃ〜まだだったんかいな? 痛かったら痛いって言わんかい!」
麻酔 まだだったのです。
先生は 麻酔かけていないことを忘れて そのまま メスをいれたのです。
切った おなかの上から麻酔薬振りかけたか 注射したかはしりませんが ぐにゅぐにゅした感じだけが残る中 手術しました。
切腹って こんな感じかもと思いました。

二つ目は 扁桃腺の手術のとき。
片方 ずつやるのです。手術そのものは 麻酔で痛くなかったのですが麻酔が切れたあとが 猛烈に痛くて・・・
水分とるのも 唾をのむことさえ 痛くてできず飛び上がるほどの痛みでした。
食事なんてとんでもないです。
1週間後 もう片方なんですが 
「もういいです。帰ります」って 言ってしまいました。
でも聞き入れてもらえず もう片方も 手術しました。

三つめは 腎結石。
夜中に 脇腹の激痛です。
これも 痛いですねーーー
とがった痛み。
ぎりぎり 何かでえぐられるような痛みでした。
結局 このときは 救急車で入院治療でした。

ナンバーワンは やはり切腹!ですよ・・・

これらの痛みに比べると 骨折も痛かったけど まだ我慢できる痛みかも・・
それとも まだ経験したことのない 痛みがあるのかもね〜
ああ〜怖い。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 16:27| Comment(2) | エトセトラ

2017年03月27日

相撲

昨日はいつもは見ない 相撲中継を見ました。
もちろん 稀勢の里の取り組み。
だめだろうなぁ〜 休場してもおかしくないしなぁ〜と 思いながらも 淡い期待をしながら見ました。
本割で 奇跡が起きて 勝って 決定戦。
もしかしたら いけるかもしれない・・と ちょっと期待値が増えて ハラハラドキドキ 祈るような気持で見ました。
中継見ている人の 多くがそんな気持ちだったかもしれません。
sumou.JPG
勝った!!とわかったとき 思わず 拍手しました。
会場も 割れんばかりの拍手で大騒ぎ。
誰もが 予想はしていなかったけれど もしかしたら・・が 現実となって ・・という感じでした。
素直に 嬉しかったですね〜
久しぶりの 日本人の横綱ですし 手負いでしたから・・・
日本人って 判官贔屓(ほうがんびいき)の情が強いですからね。

涙の稀勢の里を見て 
ふと あの 2001年の 貴乃花の取組と 「よく頑張った 感動した」の小泉首相の言葉を思い出しました。
ほんと・・・よく頑張った! 感動した!です。

今何かと 騒ぎがあって 大変でしょうが
内閣総理大臣杯授与に 安倍首相が登場したなら ちょっとだけ 印象よくなったかもね。

稀勢の里さん しばらくは 治療に専念して また頑張ってくださいね。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 14:50| Comment(0) | エトセトラ

2017年03月26日

床屋さんのサインポール

床屋さんのサインポールですが 日本では東京 常磐橋の側に在った、「西洋風髪剪所(かみはさみしょ)」で、明治4年に用いたのが最初となるそうです。
IMGP5329.JPG
江戸博にそれらしき サインポールが展示されていました。
くるくるまわるものではありません。赤と白のデザインです。
ウイリアム・ハーベーが動脈と静脈を発見したのが1628年ですが このサインポールは明治になっての断髪令後のもので まだ青が入っていません。
サインポールは、1540年頃、パリの外科医メヤーナキールが創案し、彼の医院の看板に用いたのが始まりです。
後に理容師にもなった人です。
日本においては、赤は「動脈」、白は「包帯」、青は「静脈」とも言われています。

では 江戸時代に床屋さんはあったのでしょうか・・・
髪結いさんがいて 床と呼ばれる仮店で商売を行ったため床屋とも呼ばれていたそうな。
当時の床屋は長い年月の修行が必要になる技術職でもあり 天明年間でおおよそ一回280文前後で、月代・顔剃り、耳掃除、髪の結いなおしをしたそうです。

今も昔も 床屋さんは顔そりや耳掃除までやると 相当な技術職なんですね〜
もっとも 最近は 髪切りだけど 安い髪切りが流行っていますけど。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 15:19| Comment(0) | エトセトラ

2017年03月25日

花の贈り物

桜は開花したけれど まだ見ごろじゃない。
来週末くらいかしら・・・

お花を頂いたので 写真に撮りました。
flower.JPG
ピンク色の 春らしいお花ですね〜
お花ありがとう!
タグ:
posted by うめのはな at 14:31| Comment(0) | エトセトラ

2017年03月24日

歴史

いいくにつくろう 鎌倉幕府 のゴロで覚えた1192年が なんと1185年に変更だとか、歴史教科書にいろいろ変化があるみたいです。
実際の教科書を見ていないので 知らないのですが ニュースによれば そういうことらしいです。
へぇ〜そんなの 昔からわかっていたでしょうがーーという感じですが 歴史というものは 解釈のしかたでかわるものなのでしょうかね。
日本列島における稲作は弥生時代になってからだと教わりましたが 最近では縄文時代から稲を含む農耕があったとする説が有力になっています。
「仁徳天皇陵」だって 今は 「大仙陵古墳(だいせんりょうこふん)」だと教えられているそうです。
う〜ん。時代がかわると 歴史も変わるのか・・・・

そうえいば 日本史を習ったとき 古代から 入り 延々と縄文 弥生 飛鳥時代だの戦国時代だのやってから江戸時代 せいぜい明治維新まで。 戦後になり近代になるころには 3月 時間切れで省略。 自分で 読んでおいて・・で 終わります。
近代史を知らないまま卒業。。。。
こういうの 正しくないですよね。
近代史から 逆に学んでいったほうがいいのではないかと思います。
古代は 読めばわかる・・程度でいい。

どうでしょうか?
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 10:52| Comment(0) | エトセトラ

2017年03月23日

第五福竜丸のマグロは・・・

先日 百条委員会を見ていて 思ったのですが・・・
あまり こういう問題に触れたくはなかったですが 一言いいたい。
石原さんが 築地には放射能マグロが埋まっていて 汚染されているみたいなことを言いました。
東京都知事だった人に そういうこと言われても じゃぁ〜あなたが 知事だったとき 何もしなかったのはなぜかと 追求したくなります。
築地は 移転前提に 長年補修がまともに行われていなかったそうです。
話は 放射能に戻りますが 築地の正門あたりには こんなプレートがあります。
何も かくしていたわけじゃない。
mgr.JPG
第五福竜丸と船団は 昭和29年3月1日に南太平洋のビキニ環礁でアメリカが行った水爆実験で被爆。
14日に焼津港へ帰港しました。
翌15日には、築地にそのマグロやヨシキリザメが出荷されていた事が判明。
これによれば 850隻 460トンの魚が 見つかったのですが 築地に運ばれたのは2トンだけ。
漁獲したマグロの検査は塩釜、築地、三崎、清水、焼津の政府指定五港のほか、大阪、神戸、田辺、串本、勝浦、徳島、高知、室戸、室戸岬、長崎、鹿児島、枕崎でおこなわれました。

当時は「放射能」に対しての知識もなく「臭いものに蓋」的な処理が行われました。

ネットで調べると 他の地区では 汚染した魚が出回り 食べてしまった家庭もあって 保健所が調査にきた様子などが書かれています。
築地以外の 458tのマグロや魚 どうなったんでしょー
かまぼこになったりもしたんでしょうかぁ?
いかにも 築地だけに埋めたがごとく 風評被害をまき散らすのはよくないです。

当時 築地市場正門脇の空き地に3メートルほどの穴を掘り、大量のマグロを埋めたそうですが、大江戸線の工事の時には、埋めたとされた地点からは、放射能が検知されなかったそうです。
それを 60年以上たって 放射能が〜という 元知事はおかしいです。
実を言えば 石炭灰というのは かなり線量がたかいのです。
たぶん 築地より線量は高いと 思います。でも 健康に影響があるとは思えません。

被災船は九九二隻にのぼると言われます。
焼津や串本にも 資料館や石碑があるそうです。
現在 第五福竜丸は 夢の島に展示されています。
だったら これも 放射能あるの?
60年たっても 築地の地中のマグロがああだこうだと いうなら 展示場も線量高いの?
東京都はなぜ 展示できるの?
と 突っ込みたくなります。

夢の島 第五福竜丸展示館

私怨だけで でたらめ言って 老いて晩節を汚すとは ・・・みっともないねぇ〜
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 17:51| Comment(0) | エトセトラ

2017年03月22日

置いてけ堀

先日 両国第一ホテルの前を歩いていて 置いてけ堀の案内板を見ました。
tkzo.JPG
まんが日本昔ばなしや怪談にも語られている 「おいてけ堀」の伝説。
「おいてけ堀」と呼ばれるお堀で釣りをした人が帰ろうとすると、お堀から「おいてけ〜」と言う声が聞こえるので、皆が魚を放り投げて帰ってしまうという話です。
oitk.JPG
歌川国輝『本所七不思議之内』より「置行堀」

宮部みゆき著『平成お徒歩日記』によれば3か所ほどあり
1.墨田区亀沢町界隈の両国駅と錦糸町駅の間
2.錦糸町駅南側の「錦糸堀」
3.亀戸の第三亀戸中学校の付近(江東区の史跡)
だそうです。
宮部みゆき著『本所深川ふしぎ草紙』「置いてけ堀」の場所は 錦糸堀です。
tkzoh (1).JPG
江戸東京博物館の1F ホールに飾られている 和船の碇です。
tkzoh (2).JPG
江戸東京博物館あたりが 幕府の御竹蔵だったそうです。
建設工事の際 出土したものです。
タグ:歴史
posted by うめのはな at 09:56| Comment(0) | 墨田区