2017年10月03日

ラスベガス・・・・

ラスベガスの銃乱射事件には 驚きました。
現場は ルクソールホテルの向かい側の目抜き通りにある フェスティバル広場。
コンサート中に お向かいのマンダレイ・ベイホテルの32階の部屋から 銃で撃った・・。
91040194.JPG
これが ルクソールホテル。
空港の近くのホテルです。
通りをはさんで現場があります。
マンダレイ・ベイホテルは 対面です。
91030263.JPG
空港からみると こんな感じです。
ルクソールに泊っていたことがあるので 見覚えのある場所で とても驚きました。

日本人観光客も 多いです。
普通に 歩いたりしますが・・・
カジノも本当は 怖いのです。
いろいろ 裏社会があるようで 近寄りたくないです。
若いころは 無知で 遊んだりしましたが 素人が 立ち入る場所じゃないですね〜
IT関連の人も 多いです。
でも 砂漠だし カジノの街だし 一夜で 人生が逆転するような場所です。

すごく 怖い世界ですね。
銃が自由にもてるってことは いつ 被害にあうかもわからない・・・
精神が崩壊した人が 銃を持つのも怖いですが
なにより 400mも先から 乱射ってことに 驚愕です。

どんな銃なんだ・・・
どうやって 持ち込めるんだ・・
窓は どうなっているんだ・・・
ああ〜
こわい。
ルクソールのほうが 近いのに 三角形ってことで 対面のホテルから撃ったのか。
用意周到のように思えました。

亡くなられた人たちに 追悼の意を。。。。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 17:06| Comment(0) | エトセトラ

2017年10月02日

足がつるのは・・

最近 二度ほど 明け方に 足がつりました。
もう〜痛いのってなんの 声がでないくらい ふくらはぎが カチカチになって 痛い。
すぐ 収まりますが しばらくは後遺症で 痛みがある。

今まで 全然そういうことはなかったのですが どうしてかな〜
って 医者に行ったとき 聞きました。
「たまに 足がつるのですが 薬のせいとか 病気とかでしょうか?」
「それは 脱水です。」
すぐ 答えが返ってきました。
「脱水・・・ああ・・明け方にありましたけど そういうことですか・・」
「寝る前や 夜中に 少し水分とったほうがいいですよ。」
そういえば 夏場は結構 水分とって 水差しを置いて 夜中も飲んでいました。
最近涼しくて 汗もかかないので 朝まで眠ること多いし 積極的に 水分とっていませんでした。
夕食の後 寝る前に水分とると 途中で目が覚めるんです。
「でも 夜中に トイレ行きたくなるじゃないですか〜」
「まぁね だけど トイレ行くと水分また 足りなくなるでしょ。とったほうがいいんですよ」
というお答えでした。

で 寝る前に 水分とるようになったら 足のつりはなくなりました。
季節のかわりめって いろいろ 油断したりで 思わぬことがあるのですね。
気を付けよう。。。。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 16:16| Comment(2) | エトセトラ

2017年10月01日

マスコミ報道

このところ マスコミの報道が面白い。
私利私欲 党利党略 
見え見えで 大笑いしてしまうこともある。

マスコミや コメンテーターも どっちよりかわかるし
番組の方向もわかる。

こんな時じゃないと 
タレントもどきの コメンテーターの発言の 真意がわからないし
それがまた わかりすぎて 面白いこともある。

何を餌に 番組つくれば 視聴率があがるか
スポンサーさまの 意向はどっちか
はたまた
そのまた後ろの 力も見えてくる。

まだ公示にもなっていないのに
はしゃぎ過ぎの感があって
途中で 息切れしそうです。

マスコミの思惑が 当たるかどうか
世論の誘導も デマも どうなるか
見極めるのも 面白い。

見ていてやろうじゃないか・・・。

今日は 秋晴れ さわやかな日。
そして 都民の日 です。
あちこち 無料なんだけど・・・
混むから 行かない。
せっせと 夏布団 洗濯しています。

憶測だけの 報道見るより 現実が大切なんです。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 10:39| Comment(0) | エトセトラ

2017年09月30日

YS11

9月30日は、国産旅客機「YS11」が国内定期便から引退した日だそうです。
戦後の航空機製造禁止が1950年代に解除され、官民共同出資の「日本航空機製造」が開発しました。
182機が造られましたが、採算が取れず1973年に生産を終え 2006年に引退しました。

このYS11は プロペラ機。
私も 何度か乗ったことがあります。
一度 羽田から 当時 福井への便があって 帰省するため乗りました。
ちょうど プロペラのところの座席で 結構 うるさかったの覚えています。
何度目 かに乗ったときは ちょうど秋で 日本アルプスを越えるとき 山肌が紅葉していて絨毯のようだったのに感激しました。

このYS11 一度 福井行に乗ったとき 理由も告げられず 事情があり 名古屋で 小松行に乗り換えるよう アナウンスがありました。
名古屋で 小松行に乗りかえさせられ ずいぶん遅れて 福井ではなく 小松に到着。
到着後 小松〜福井間の特急の金額を渡されました。

どういう事情なのかは まったく説明がなかったです。
おそらく機体の異常なのでしょうけど 今なら 考えられないことです。

お金だけ払えばいいって ことじゃないと思うのですが 昔は 「乗せてやる」みたいな感覚で お客様第一ではなかったようです。そりゃぁ 乗務員は当時 エリートさま でしたし。

何事もなく 無事だったのですが 今思えば ヒヤリものでした。
どういう事情だったのか きちんと説明すべきでしたね。

福井 小松 隣の県で離れているんです。
特急で1時間くらい。
空港から バスで駅にいくのが面倒で名古屋で実家に電話して 小松まで迎えにきてもらったこと覚えています。
福井空港は ジャンボジェットになったとき 空港拡張反対で 路線がなくなりました。
小型機しか 利用できません。

「YS11」は、全長26.3メートル、全幅32メートルの双発プロペラ機です。
YS11は いい飛行機だったな・・と 思い出しました。

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 15:16| Comment(0) | エトセトラ

2017年09月29日

叔父

もう亡くなっていないのですが 東京に叔父がいました。
この叔父は わたしのことを「おしゃまちゃん」といっていました。
中学の時 修学旅行で 御茶ノ水に泊ったときに おこずかいが欲しくて 「会いに来て」と言ったら
叔母が 会いに来てくれました。
もちろん おみやげとおこずかい付きでした。
叔父は無口で そんな子供のたくさんいるところには 行きたくないといったそうです。
自宅は 今も東大前にあります。

そんな叔父は 書家でした。
働いているところはみたことないいですが
芸術家で 武道館でほうきのような大きな筆で 大きな紙に 走りながら書を 書いている写真などをみせてもらいました。
でも・・・
ほとんど しゃべらないので とっつきにくいでした。
一緒に 食事したりすると なんでも頼んでいいというのですが やはり浅慮します。
デザートに アイスクリーム食べたいなぁ・・と思っても なかなか言い出せません。
だって もう 何万円もみなで食べていますし それ以上は 言えない。。。

お勘定のとき座敷に来た 仲居さんに 数枚の万札渡して 「おつり いらないから・・」って!
数千円のおつりあったはず。
「えーーーアイスクリーム頼めばよかった!!」って ちょっと 悔しい思い。
それくらい 豪快で 小さなことは気にしない人でした。

叔父は 私の父と 温泉などに行ったのですが 東京から 長野まで タクシー・・・
タクシーさんも 一日の売上越えてしまって 高崎で 乗り換えさせたくらいです。
一体 いくらかかったのか・・
新幹線だと 山の中の温泉に行くのに 乗り換え面倒だった というだけ。
いやぁ〜もう・・・
お金に執着しないいから 使い方も違うわけです。
みみっちくなかった・・・

その分 叔母はケチでした。
じゃがいもの皮も 薄く剥けというような人。
叔父は いつも「あのケチ・・」って言っていました。
まぁしっかりものだったのでしょう。

10月になると 叔父の命日。
思い出しました。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 18:18| Comment(0) | エトセトラ

2017年09月28日

もういや!

1か月ぶりに 薬もらいに病院に行ったのですが・・
もう〜混んでて。。。
1時間くらい出てていいですよーーっていうから その辺うろちょろして 用をすませて戻ったら あと7人くらいですよ〜って。
一人5分として 40分くらいかーーって そのくらいなら 本でも読んでまとうって 待っていました。

ところが 待てども待てども 順番がこない。
間に 健診の結果を聞く人たちがいて・・・
とうとう 1時間半も待った。。。

やはり 午前中はダメだなぁ〜って 思いました。
診察たって 変わりないです っていうだけで 薬の処方箋もらって 血液とって・・
医者っていやだなーーー
なんで こんなに混んでいるんだろう・・・
流行らない医者も困りものだけど
流行りすぎる医者も困る。
なんか
ドクターも 元気がないようにみえまする。。。。

逆に お大事に!って いいたくなりました。

来月は 作戦を変えようと思う。
しかし
風邪ひきが多くて いやだった。
インフルエンザが流行っているみたいです。
気を付けましょう・・・。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 14:50| Comment(0) | エトセトラ

2017年09月27日

希望

希望か〜
言っていましたね〜
何歳になっても 希望を持ちたい って。
そうですね。
年取ったから 未来がないとか 希望が持てないとか・・
そういうことは ないのですね。
誰でも 希望を 持っていいのです。

希望
いい言葉です。

そういえば 歌もいろいろありましたね。

歌詞書けないけど 
岸洋子さんとか・・・

希望を色にすると 何色かなぁ〜
私なら オレンジかな・・・
太陽に向かう色。

光を浴びて 木々が芽吹く・・・
白い光でもいいかも。

皆が 希望を持てる 日本になりますように・・・
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 15:44| Comment(2) | エトセトラ

2017年09月26日

昭和の常識 続き

昨日の続き。
ちょっと 汚いことで ためらいますが ・・・こういうものあります。
どこでも 痰を吐いたり ガムの噛み捨て 立ち小便・・・
駐車場で 車の灰皿の中身 そのまま捨てる人もいましたし 走行中の車の窓からの ゴミ捨ても よく見かけました。
今じゃ しんじられないことを 平気でやっていました。

そうそう私は常磐線で通ったこともあるのですが
電車の中で当然のように カップ酒。するめ・・・
臭くてね〜
電車の中に 空き缶そのまま置いたり ゴミも座席の下に置いたり。
そうそうで電車の窓の下に 吸殻入れついていましたっけ・・・・

日本人のマナーは 向上したようです。

先生は よく殴りましたね〜
しつけじゃなくて 個人的感情で殴っているんじゃないか・・と 思うこともたびたびありました。
子供に体罰あたりまえの時代もありました。
運動したら 水 飲むな!とか
根性が足りない!とか・・・

アレルギーなんて 無視。
たべられないのは好き嫌い わがままって 給食全部食べさせられたり・・・・

子供の人権なんて 無視されていました。

とにかく 学校の先生さまは親が口出すなんてとんでもない・・ えらそうでした。

犬猫 は外飼いがほとんどで 糞の始末しない人もたくさんいました。
餌も 人間の食事の残り物・・みたいな感じで ペットフードが主流になったのは昭和40年代に ペットフードのCMが出たあと じわじわと広がっていったそうです。

時代の移り変わりは 面白い。
どこかで 意識の切り替え という時期があるものなのですね〜

政治もそうかもね!
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 08:32| Comment(0) | エトセトラ

2017年09月25日

昭和の常識 タバコ

今では 信じられない昭和の常識 などという記事をみました。

1位 電車内でタバコが吸えた 
2位 1ドルは360円 
3位 電車のトイレは線路上に垂れ流し 
4位 飛行機でタバコが吸えた 
5位 病院の待合室でタバコを吸っている人がいた 

こんなアンケートだったらしいです。
電車やバスだけでなく 映画館でも 仕事中でもタバコ吸っているのが あたりまえで 学校の先生でさえ 職員室 教室でタバコすっていました。病院でタバコなんて 今じゃ考えられないです。

電車のトイレ 線路に垂れ流しは ひどいなぁ・・・
線路近くでは 黄害 といわれる問題があったそうです。
そういえば 列車のトイレから線路が見えたような 記憶もあるような・・
JRグループでは、2002年3月に北海道旅客鉄道(JR北海道)の車両を最後に垂れ流し便所付車両の運行を終了した。そうです。

他にも 昔の常識 今の非常識って ことたくさんありますね。

でも タバコの件が一番多いみたいです。
恩賜タバコといって 皇居の清掃奉仕団に配られる タバコがありましたが
これも 2006年に廃止されたようです。
職場でタバコすうなんて あたりまえのようで 役所でも スパスパすっていましたね〜

今じゃ 肩身がせまいだろうけど。。。悪習はなかなか抜けません。
田舎に行くと まだ どこでも タバコ吸っています。
冠婚葬祭などの集まり 親戚付き合い では 子供がいようが 当然のことのように タバコです。
面とむかって 「タバコ 外で吸ってください」などといおうものなら 白い目で見られます。
なかなか 言えません。

そういうのが当たり前のところから 観光でも仕事ででも 東京に出てくると 大変です。
煙草中毒の人は 我慢できるかな〜
当たり前のように 歩きタバコしている人いますけど 知ってか 知らないでか・・・

はやく 全国で 受動喫煙防止法 成立させて欲しいです。

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 10:16| Comment(2) | エトセトラ

2017年09月24日

誕生日

もう一つ 忘れられない 誕生日プレゼントがあります。
上京して はじめての誕生日だったと思います。
そのころ 初台のTV局稽古場に週3回通ってゲーム番組のリハーサルしていたのですが 仲間が 十数人いました。タレントさんがやる前に ちゃんと できるかどうか何度もリハーサルします。そのメンバーです。
ほとんどが 学生なので 常時出て来れるわけではなく たいてい10人くらい。
一人 親しくしている子がいて ・・・
たいてい ペアをくまされるので 自然と仲良くなったという感じです。
ハルちゃんといって 板橋に自宅がありました。
みなと 別れたあと
「今日 誕生日なんだ・・」と 言うと
ハルちゃんは ハッとしたような顔をして
「ちょっと ここで待ってて!!動かないで!」
と 走っていきました。
20分 ほどして 戻ってきて
「誕生日 おめでとう!」
と 箱を渡してくれました。
halu.jpg
それが これです。
陶器の可愛い人形。
これも 引っ越しを何度もしましたが 大切にしてきたものです。
割れないよう いつも 気をつかって運びました。
処分なんて できないものの一つです。

ハルちゃんとは その後半年ほどで離れ離れになりましたが
数年たって ひょんなことから 電話があり訪ねてきました。

ハルちゃんは 東京生まれの東京育ちで 実家は裕福らしく
真っ赤なスポーツカーに乗って 訪ねてきました。

晴海ふ頭までドライブに連れていってくれて ぽつり とつぶやきました。
「海の向こうに行って 何かやりたい・・」

夢は 海外に行って仕事して ずっとそっちに住みたい ということでしたが
そのうち 互いに 行き来もなくなり 私も何度も引っ越しをして 連絡もとれなくなりました。

今 どこで どうしているのやら・・・。海の向こうにいるのかなぁ〜

でもこれは 人生のなかでも 忘れられない 誕生日 プレゼントでした。

今日は 誕生日なのです。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:00| Comment(2) | エトセトラ