2017年08月13日

深川八幡祭りH29年度 連合渡御

今日は 深川富岡八幡宮の3年に1度の 本祭りです。
「深川八幡祭り」とも呼ばれ、赤坂の日枝神社の山王祭、神田明神の神田祭とともに「江戸三大祭」の一つです。
大小あわせて120数基の町神輿が担がれ、各町内会の大神輿50数基が勢揃いして連合渡御します。
29mtr (6).jpg
深川のお祭りは「ワッショイ、ワッシヨイ」の伝統的な掛け声です。
29tmok.JPG
朝 永代通りで富岡八幡宮前で神主さんのお祓いを受けてから 町内を練り歩きます。
29mtrf.JPG
「水掛け祭」と呼ばれ 沿道から清めの 水がかけられます。
29mtr (2).JPG
これが 一番前の先導隊。
29mtr (4).jpg
今年は 木場五丁目が 1番でした。
29mtr (3).JPG
1番 木場五丁目 
29mtr (5).JPG
2番 中木場
29mtr (1).JPG
沿道から 水がかけられます。
消火栓使ったりもします。
豪快です。
今日は ほどよい天気でなによりです。
7時半出発で 全部通るのに2時間はかかるかな〜
交差点での 信号待ちなどもあるし、なかなか大変です。
担ぎ手だけでも すごい人ですから。
1基 多いところは700人 少なくても400人の担ぎ手だそうです。
老若男女 みな笑顔で参加しています。
15番まで見て 移動です〜〜〜
この先 深川江戸資料館通りで 休憩があります。
タグ:イベント
posted by うめのはな at 09:48| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年08月12日

外国人

外国人旅行客も多いのですが 住んでいる人もかなり増えているように思います。
私の住んでいるところでも いろいろな国の人がいるみたいです。
エレベーターに乗り合わせる人の中に サリーを来た親子なども見かけます。
もちろん白人系 アジア系 中東系いろいろです。
そう多くはないのでしょうけど 外国の人も住んでいます。
通勤に便利なんでしょうねぇ〜

江戸川区に行くと インド系の店があって インド人みたいな人をよく見かけます。
中国系はすれ違うとき すぐわかります。
とっても 大きな声で話しながら歩いているからです。
けっこう多いです。

以前は おおきなキャスター持った 団体観光客をよく見かけましたが 最近は少なくなりました。
東京駅近くは やはり外国人多いです。
皇居のあたりなんか もう日本人より多いです。
アジア系は 団体で移動しますが 白人系は リュックしょったりして 個別に動いている感じです。
しかし
この時期の 新幹線には あまりの混雑で 驚いていることでしょうね。

町を歩けば 外国人のほうが多いってこともあります。
国際的になったものだなぁ〜

私が小さい子供の頃 田舎でしたから 外国人と言えば 宣教師一家くらいしかいなくて・・・
金髪の可愛い女の子と 友達になりたくて 信仰心もないのに 日曜日 教会に行ったりもしました。
そのおかげで 今でもいくつかの賛美歌を覚えています。
子供の頃の記憶力ってすごいなぁ。
今なら 右から左に抜けて おしまいだ・・・

おそれを知らない 高校生の頃 ワシントンDCの放送局に手紙を出したことあります。
どうしても欲しい 音楽のアルバムがあったのですが 日本で手に入らなくて・・
正直に 欲しい と書いたら なんと ジャズのアルバム数枚送ってきてくれました。
「あなたの勇気に免じて・・でも 人には言わないでね。真似する人出てくると 困るから!」
って お手紙がついていました。

今なら 恥ずかしくてそんなこと できません。
若いって そういうもんだなーー
国際交流って とってもいいですよ。
人生の糧になります。
オリンピックまで あと3年。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:08| Comment(0) | エトセトラ

2017年08月11日

レストラン

以前は レストランを予約して 家族で出かけていたのですが 東京に来てからはそういうこともほとんどなくなりました。
予約までしていかなくても そこいらじゅうにそこそこのレストランはあるしね。

デイナーならともかく ランチなら 少し並べばそこそこのもの食べることができるお店が あちらこちらにあるので 誰かと待ち合わせをしても 今日は「ここ!」って 目星をつけて早めに 行くくらいで目的のもの食べることができます。
東京丸の内界隈なんて もうよりどりみどり。
ランチでも 1万円するような 御店もあれば 980円ですむようなお店もあります。
さすがホテルのレストランは 予約がいりますがね〜
それも 外資系のホテルの中には おそれおおくて 庶民は入れません。

以前 ランチで 有名な和食のお店で食べたら 8000円でした。
私が 支払ったわけでもなく ありがたくいただきましたが 自腹なら絶対に食べないし そう感激するような料理でもなかったです。35階の眺望代+有名店のブランド料 込みだったかも。

というわけでもないのですが 最近レストランに行っていないことに気が付きました。
近隣にも ホテルはあるし 有名レストランはありますが 予約してまで行きたくなくなった というのが本音です。

予約なしだと ランチでも 断られること多いです。
お金あるわよ!って わけには いかない。
一見客を嫌う傾向にあるんですねーーー
誰かの紹介とか そういう客 優先です。

まぁ 身なり見て 断わることも多いです。
継続してきてくれそうな客かどうかは 即座にわかるらしいですよ。
私たち 庶民は せいぜい ファミレスよりすこしましって レストランが適切なんでしょうね。

夏が終わったら 美味しいもの食べに 出かけよう〜〜っと。

タグ:グルメ
posted by うめのはな at 15:26| Comment(0) | グルメ

2017年08月10日

帰省ラッシュ

明日は山の日だとかで 3連休になっている。
お盆休みと合わせて また帰省ラッシュ 渋滞なんだろうなぁ〜
どこにも出かけないので ああーー大変だ〜と TVを見てつぶやくくらいかな。

実は 私は帰省ラッシュや 渋滞とは無縁の人生をすごしてきました。
東京に出てきた後も お正月 お盆休みの込みあう時期には帰省したことはないです。
車があったので あちこちよく出かけましたが いつも 混み合う時期を避けて 旅行していました。
というのも 家族が
普通の会社とは違い 長い休みがとれる お仕事だったからです。

だから 皆が出かける間は じっとしていて時期をずらして出かけることができました。
長い休みで  田舎で何週間もすごしたりできたわけです。

みな一斉のやすみじゃなくて ずらせてとれれば 大混雑なんてことも少なくなるのにね・・・
子供の学校との兼ね合いではしかたないのかな。
外国みたいに 長期間の休みってのも 日本の会社は ないしね〜

田舎に帰るために お父さん 頑張っています!
これが 日本の風物詩かもね。
などと 思ってしまいました。

こちらは 明日から江戸の 祭りだ。。。。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 17:00| Comment(0) | エトセトラ

2017年08月09日

給食

学校給食のことが 話題になったりもします。
給食といえば 小学校の給食室の匂いがよみがえります。
校内に給食料理室があり 生徒玄関を入った脇に調理室があったものだから いつもいい匂いがしていて・・・
あ〜今日はカレーだ!だとか 楽しみでした。
1学年3クラスの 学校で 給食時間には 係りが おおきなバケツや パンの箱などをとりにいきました。
わりと 好きだったなーー給食。
学校を休むと 近所の友達が パンとジャムだけ持ってきてくれましたが それも今は禁止ですね。
年の離れた兄が そのパンが大好きで いつも奪われました。

中学は センター給食でした。
人数も多いし 量も半端じゃないからでしょうか・・
それとも 移行の時期だったのでしょうか。
小食な子というか ダイエットしている子もいて 残したり パンや牛乳を人にあげたりしていました。
私は 痩せの大食いで 何も残さず 食べていました。
あまったミルクを飲んだりもしたかな〜

江東区は 自校方式の給食で 学校の横を通ると いい匂いがします。
懐かしいにおいです。

高校の時は 売店で パンを買ったり 弁当だったり 食堂で食券を買って食べたりしました。
調理パンが食べたいときは 朝 購買部の係りにクラスごとに 注文を出し 昼にまとめてとりに行ったりもしました。
学生食堂は 麺類か定食 丼ものだったかなぁ・・・
私は 結構利用しましたが お年頃の友達は 昼そのものを食べなくて 誘っていくのがいつも決まった顔ぶれでした。
おなかすかないのかなぁ〜なんて 不思議でした。

私なんか 途中おなかがすいてどうしようもなかったり グゥーって なったりするので恥ずかしかったです。
放課後は 決まって帰りに 買い食いしてました。
学校の近くに お好み焼きや タイ焼き ラーメンたべさせてくれる店があって そこに行っていました。

神奈川県の公立中学の 給食率は低いですね〜
神奈川にいたとき
「思春期の食育で 母親の手作りお弁当を!!」って 訴えていたのを聞いたことがあります。
そりゃ 昔は専業主婦が多くて お弁当もつくれたでしょうが
今は そういう時代じゃないし。。。
朝作った お弁当が 昼には 腐ったりもして衛生的じゃないと思います。
弁当にこだわる理由は ないと思います。
横浜市長選の論点にもなったそうです。

そうそう 今は塾弁なんですってねー
夕方塾に行く子供が塾でたべる 弁当を持っていくのですが 母親が帰宅していなくてつくれなかったりたりする子は コンビニ弁当ですませたりするらしいです。
そこに目をつけたのが 塾弁の配達だそうですよーー

なんでも 商売になるんだなぁ〜

最近 暑くて 食事のしたくが いやです。
上げ膳 据え膳 が うらやましい。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:32| Comment(2) | エトセトラ

2017年08月08日

基地ヘリポート

東京のど真ん中に米軍基地があることは あまり認知されていない。
横田基地は 知られていますが その他のことはあまり知られていません。

実は 都内には、現在7つの米軍基地があり、総面積は約1,609ヘクタール、東京ドーム約340個分の広さになります。 
中でも 港区にあるのが 赤坂プレス・センターと言われる米軍の基地です。ここは事務所 、星条旗新聞社、宿舎、ヘリポートとなっています。
このヘリポートは 都立青山公園や国立新美術館近くにあります。
しょっちゅう 横田基地などへのヘリが発着して 騒音問題も起きています。
もう一つ港区にあるのは 宿舎として使われている場所で 横須賀基地の管轄です。
あとは 都下や島しょ部にになります。

ヘリポートといえど 米軍基地です。
東京の一等地にあり 面積は3万1670平米。東京都区部にある唯一のアメリカ軍基地です。
東京都は 全面返還を求めています。
駐日アメリカ大使館(港区赤坂1丁目)まで1.7キロメートルという場所で、横田基地(福生市)や厚木基地(神奈川県綾瀬市)との間に、1日数回の定期ヘリコプター便が運航されているそうです。
目撃した人は 低空飛行で飛んでいると気が付くでしょう。
大型ヘリで騒音も大きいです。

アメリカ軍機は日米地位協定により、航空法が定める最低高度規制に従う義務がないそうです。

そういうこと聞くと
まだ 戦争が終わっていないような 気分になります。

沖縄だけでなく 日本中あちこち にいろいろな問題はあるのでしょうね。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 15:41| Comment(0) | エトセトラ

2017年08月07日

1本の鉛筆

なにげなくつけていた Tvで 「1本の鉛筆」という 歌をはじめて聞きました。
氷川きよしさんが 歌っていたのですが 元は 美空びばり さんの歌だそうです。
もう だまって 聞きほれてしまいました。
久しぶりに 感動した歌でした。

「一本の鉛筆」は、1974年10月1日に発売された美空ひばりの曲です。
松山善三 作詞
佐藤勝  作曲

美空ひばりが最初の広島平和音楽祭に出演したとき 発表された曲で広島市への原子爆弾投下について描かれた作品です。
言葉少ない 歌詞ですが 心打たれます。
15回の 音楽祭に 病状が重いのに 点滴を打ちながら出演し ひばりさんは その翌年亡くなっています。

氷川きよしさんの 歌もとてもよかったのですが 美空ひばりさんの 歌が聞きたくて YouTubeで探しました。
映像とともに UPされていて うなるほどに うまくて 何度でも聞きたくなりました。
こんな 歌があったことを 知りませんでした。

ここに歌詞など書くと 著作権法にふれてしまいますので かきませんが 検索で探してみるとすぐ出てきます。
歌は 感動ものです。

昨日 8月6日は 広島に原爆が落とされた日 です。
戦争はいやだ・・・。と 私も書きます!
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 08:32| Comment(2) | エトセトラ

2017年08月06日

ちいさいおうち

東京メトロ東陽町駅徒歩3分くらいのところに 竹中工務店本社があります。
tknkkotk.JPG
竹中工務店本社前の オブジェ
この竹中工務店東京本店ビル1階にGallery A4 (ギャラリーエークワッド) があります。
このギャラリーは そんなに広くありませんが 上質の展示会を開いてくれて しかも 無料です。
たまに 散歩がてら 見に行きます。
今回は すばらしい展示でした。
ga.JPG
ヴァージニア・リー・バートンの『ちいさいおうち』
ー 時代を超えて生き続けるメッセージ ー
2017年6月1日(木)〜8月9日(水)
Gallery A4【ギャラリーエークワッド】(江東区新砂1-1-1 竹中工務店東京本店1階)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
tisn.JPG
【展示概要】
・ ヴァージニア・リー・バートンの生涯と絵本の紹介
・絵本原画,ダミーブック(試作絵本),スケッチブック,エスキース,リノリウムの原版,テキスタイル
・絵本『ちいさいおうち』に登場するおうちの再現モデル(約幅 1800mm× 奥行 1200mm× 高さ 1700mm)
・フォリーコーブ・デザイナーズの手仕事の紹介
・アリスティデス・デメトリアス氏(彫刻家 / バートンの長男)のインタビュー映像 他
「1942年にアメリカで出版された『ちいさいおうち』は 1954年に日本に紹介され,今も世界中で多くの子どもたちに読み継がれています.また,絵本作家としてだけでなく,テキスタイルやグラフィックの世界でも活躍したバートンは,多くの称賛を浴びました.
 この展覧会では,精力的に才能を開花させた彼女の生涯と,その作品の数々をご堪能になれます」紹介文より
ehnsmll.JPG
ちいさいおうち (岩波の子どもの本) 1954/4/15
バージニア・リー・バートン (著, イラスト), 石井 桃子 (翻訳)
「静かないなかに,ちいさいおうちがたっていました.やがて道路ができ,たかい建物がたち,まわりがにぎやかな町になるにつれて,ちいさいおうちは,ひなぎくの花がさく丘をなつかしく思うのでした.」内容紹介より
「ヴァージニア・リー・バート ンの『ちいさいおうち』」は 日本でも紹介され 一度はよんだことがある絵本かもしれません。
私も よく覚えています。
gyaa.JPG
貴重な原版や生原稿、スケッチや映像資料が並んでいます。
ヴァージニア・リー・バートンの生涯と作品の紹介はもちろんのこと 実際の絵本の数々を手に取って読めるコーナもあります。
絵本作家としてだけでなく、テキスタイルやグラフィックの世界でも活躍しましたから テキスタイルやペーパーワークの作品も展示してあります。
out.JPG
一番奥は、実際の「ちいさなおうち」の模型展示です。
入れません。

自然に囲まれた「ちいさなおうち」。時がたつにつれ まわりの都市化が進んで行きます。
高架に地下鉄。高層ビルに囲まれてしまった 「ちいさなおうち」。
あ家の持ち主の子孫がそんな 「ちいさなおうち」を、家ごと曳家で郊外に引っ越しさせました。
「ちいさなおうち」は また自然に囲まれた環境の中に戻ることができました。
とさ・・・
なつかしい ほのぼのするお話ですが 都市化が進む中の「ちいさな」おうち」には 子供ながら 心が痛みます。
これ 1954年のお話なんですよね〜
現代の予測のようです。

開催期間はあとわずか・・・・。
posted by うめのはな at 08:31| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年08月05日

伝導加熱

築地場外市場の火事の原因は伝導過熱による火災だったそうです。
これは 怖いですよーー
コンロから、近くの壁に熱が伝わってこもり、突然発火するのが「伝導過熱」の火災です。
ほとんどが 飲食店や工場らしいですが 一般家庭でも 古い家屋は コンロと壁の間がなかったり 長時間大きな鍋などを火にかけていると 危ないです。
 手の込んだ料理をよくしていたりして 長時間ずっと火をかける家は危ない ですね〜
木造の 壁の内部が炭化していき火がつきやすくなる  そして何年もたってから発火 ・・ってこともありえます。
新しい家は 耐火ボードになっていたり コンロから壁が離れていたりしますから 大丈夫かと・・・
古い家は 木造の壁に そのままステンレス貼ったり タイルにしたりしていますが 内部が過熱されていても 気が付かないです。
いやぁ〜これは怖いです。
留守中や 夜中にだったり 発火する可能性あるんですものね・・
電気オーブンも壁から10cmは離すよう書いてありますね。
自宅のを確認して 少し前に出しました。

田舎の古い家は もう売ってしまったのですが 結構 壁すぐ でした。
何事もなくて よかったです。
そんなに長時間の火は使わなかったのがよかったのかも。
田舎は 一日中火にかける料理もしますが たいてい 火鉢やストーブ でした。
プロパンガスなので コンロは長時間使えないです。

しかし
築地のお店は 煙の警報器や スプリンクラーなかったのでしょうかね?
道も車が入れないうえ 荷物が並んでいたりするのだけれど
消防法的には あのあたりの店舗は 合格しているのかな?と 思ったりもするのです。

今回消火が難儀したのは シャッターやブリキの看板だったそうです。
誰もいない店舗のシャッターをカッターで切ってからしか消火できなかったそうです。
もえない ブリキの囲いや看板の中は 火の海なのに ダイレクトに消火できないため燃え広がったとか。。。
防犯のため シャッターを閉める 雨戸を閉めますが それが 消火の妨げになるなんて・・・
思いもしませんでした。
一般家庭もそうなのかな?
でも 近隣に燃え広がらないようにするには 雨戸を閉めるのはいいことなんでしょうか?

焼けたお店は とりあえず 中央区の 新しく建てた 築地魚河岸の3階で 営業することになったそうです。
まずは 
被害にあわれたかたに お見舞い申し上げます。

posted by うめのはな at 08:38| Comment(0) | エトセトラ

2017年08月04日

火事

昨夜 築地場外市場で火事があった。
ニュース見て え?と 思って外をみたら 煙が見えた。
いつも 築地本願寺の灯りが見えるあたりに もくもくと・・・
中央区築地あたりも ここから 結構 近いんだなぁ〜って 感じました。
直線で2.5km。
風向きが 東風だったせいか こちらには臭いも 煙もきませんでしたが
TBSの森田さんによれば 黒い灰が赤坂サカスまで飛んできたそうです。
写真がありました。
火災の上昇気流って 怖いですねーー

夜おそくまで 煙は見えていました。
場所は 築地本願寺さんのすぐ近くで 新大橋通と晴海通りの交差点近くです。
場外市場ですから 場内市場とは離れています。
あのあたりは 何度か行ったことあるので よく知っています。
戦後からの建物がひしめきあっていて とても賑わっているところですが 長屋風で建物が繋がっていることが被害を大きくしたようです。
大通りにはアーケードの屋根があり 迷路のような細い路地には消防車も入れない状況です。
建物の間がなく 人も入れず 水がなかなか ピンポイントでかけられなかったみたいです。

どこの場外市場もそういう感じですが 迷路のように細い道があって 荷物が積んであり 魚市場ということで発泡スチロールもの箱も多い。
昼は 観光客ですれ違いもできないくらい混んでいますが 夕方の火事で 人的被害がなかったことが幸いです。
停電がずっと続いたので 冷凍 冷蔵物は あのあたりは全滅かも。。。と心配ですね。

東京にも危険な 木密地域がたくさんあって 火事の時は本当に大変です。

都は、首都直下地震の切迫性や東日本大震災の発生を踏まえ、東京の最大の弱点である、木密地域の改善を一段と加速するため、「木密地域不燃化10年プロジェクト」に取り組んでいるらしいのですが 個人の所有の家屋はなかなか 難しいでしょうね・・・・。
糸魚川の大火の記憶も新しいし、みなが 防火意識を持って気を付けないといけませんね。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:20| Comment(0) | エトセトラ