2017年04月14日

東京駅丸の内南口

東京駅丸の内南口改札前の 丸ポストです。
tkspst.jpg
2014年12月で開業100周年を迎えました。
丸ノ内駅舎ドームの復元作業の完成を記念して、 庇付き丸ポストが丸ノ内南口に設置されました。
ここから 郵便物を出すことができます。 
tokyostsn (1).jpg
改札を入ってすぐに 1914年創建当時の床(市松模様)タイルが置かれています。
tokyostsn (4).jpg
日本海軍「伊号潜水艦の潜望鏡」と考えられていた丸柱
tokyostsn (3).jpg
この丸柱は1945年の戦災により一時休館して1951年に営業を再開してから、2006年の丸の内駅舎復原工事のために休館するまでの間、「東京ステーションホテル」南ウィング1階にあって中2階の床を支えていた、日本海軍の「伊号潜水艦の潜望鏡」を利用したと言われていました。
近年の調査の結果 「伊号潜水艦の潜望鏡」である可能性は低いとわかりっましたが ホテル100周年を機に 長らくお客様から親しまれた記憶を後世に伝えるため 保存することにしました。(説明文より)
tokyostsn (5).jpg
ずらりと並ぶ 東京駅の円柱
tokyostsn (6).jpg
保存化粧煉瓦積み
保存されているレンガ躯体
tokyostsn (7).jpg
表面の化粧レンガが剥がれた下に構造レンガが見えます。
穴の開いた部分には、かつて内装材を留めるための木製のレンガがはめ込まれていた。
tokyostsn (8).jpg
ガラス張りの天井から 上部が見えます。
タグ:観光
posted by うめのはな at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 千代田区

2017年04月13日

東京駅虎屋の桜餅

東京駅南口には ドームの2階に上がることができる出入り口があります。
tokyosus.jpg
ステーションホテルの入口ですが ここからエレベーターで上がります。
tkyotry (1).jpg
ほら・・こんな感じでドームをぐるり巡ることができます。
tkyotry (2).jpg
虎屋さんのお店です。トラヤカフェも併設しています。
tkyotry (3).jpg
カフェでお茶してもいいし お店で手土産を買うこともできます。
tkyotry (4).JPG
今回は 4月10日まで限定の 桜餅を買いました。
ひとずつ 個別のプラケースに入っているので 表面が乾燥せず 形も崩れず 持ち歩きにはとてもいいです。
1個 411円。賞味期限は 当日限り。
それがまた 値段に見合う美味しさで 文句なしです。
餡はなめらかで 甘みを抑えた上品な味で、 今まで食べた桜餅の中では絶品 一番おいしかったです。
また 食べたいけれど 来年まで お預けです。

この次は カフェでお茶したい・・・・
タグ:グルメ
posted by うめのはな at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 千代田区

2017年04月12日

KITTEで食事

東京丸の内 東京中央郵便局(銀座郵便局JPタワー内分室)の大きな ほすくま です。
kitnn (4).jpg
ぽすくま は日本郵便のキャラクターです。
kitenn.jpg
KITTEです。
エスカレーターで上にあがります。
kitnn (1).jpg
エスカレーターを上がると 壁に 友禅染の絵があります。
伝統友禅染「松本 光屋乃図」  
友禅模様絵師  登録無形文化財保持者 寺澤森秋 作
長野県松本市にある旧光屋は国登録の有形文化財です。
 旧光屋を友禅染で見事に描いたものだそうです。
kitnn (2).jpg
午前11時前でしたが エスカレーターで上に行く人がとても多く みな どこへ行くのだろう・・と思っていたら。
5階 レストラン。
私たちも 実は 食事するためでしたが 目的の 菜な 前にはやくも行列で 驚きました。
食べたのは 牛ヒレ肉の石焼き御膳。
kitnn (3).jpg
友人は アボカドの海鮮ちらし丼。
どれも 美味しい和食の店です。
席数も多いし 落ち着くし 肉 魚 選べるし 東京駅界隈ではいつも ここ です。

久しぶり で満足 満足!

今日から 3日ほど帰省です。
美味しいものたべた〜〜い。
タグ:グルメ
posted by うめのはな at 06:00| Comment(0) | 千代田区

2017年04月11日

皇居の門など

皇居外苑に面している 巽櫓です。
koukyotm (2).jpg
画面奥に 内桜田門と富士見櫓が小さく見えます。
koukyotm (1).jpg
隅角に造られた現存する唯一の「隅櫓」。
「桜田二重櫓」ともいわれます。
koukyotm (4).jpg
狭間や石落としのある実戦的な櫓です。
関東大震災で損壊したのちに解体して復元されました。
koukyotm (5).jpg
桔梗門
桔梗門は皇居参観者や勤労奉仕者などが出入りする門で、「内桜田門」と呼ばれています。
通常は公開されていません。
koukyotm (6).jpg
坂下門
宮内庁職員の出入りや 乾通り公開の時に使われます。
hrkwm.jpg
これは 竹橋駅側の 平川門。
東御苑の出入りに使用されています。

皇居には 他にもまだ櫓や門がありますが 今回はこれだけです。
koukyotm (7).jpg
銅像 楠公像
皇居 外苑にあります。二重橋を正面に見据えています。
近くにはレストハウスがあり たくさんの観光バスが止まっています。

一日かけて ゆっくり広大な皇居を歩くのもいいかもしれません。
タグ:公園・庭園
posted by うめのはな at 07:00| Comment(0) | 千代田区

2017年04月10日

「名所絵から風景画へ−情景との対話」三の丸尚蔵館

三の丸尚蔵館に 開催中の展示を見に行きました。
snmrs404.jpg
第76回展 「名所絵から風景画へ−情景との対話」
開催期間:平成29年3月25日(土)〜6月25日(日)
前期:3月25日(土)〜4月23日(日)
中期:4月29日(土・祝)〜5月21日(日)
後期:5月27日(土)〜6月25日(日)
snmr404 (1).jpg
雨後 川合玉堂
大正13年(1924) 前期展示
入り口 右上部にあるのが この絵です。
この絵が見たくて行きました。
雨あがりの 空気が伝わってくるような絵です。
snmr404 (2).jpg
今回のパンフレット
「四季山水に恵まれたわが国では,古来より風光明媚な名所が和歌の歌枕として詠み込まれ,風雅なイメージが形成されていきました。そして名所を題材にした名所絵や歌絵は人々に親しまれ,様々な変遷を遂げて,現在の私たちが親しむ風景画へと発展してきました。
 本展では日本人の自然観の形成と深く関わる名所絵から,身近な光景に情緒や景趣を見出そうと試みた風景画まで,近世から近代にかけて描かれた作品を中心に紹介します。」HPの説明文より 
snmr404 (3).jpg
入り口の 案内板の写真です。
富士山は いつの世も  題材としては最適なんでしょうね。
水彩だけでなく 油彩もありました。

こじんまりした 展示室ですが 宮内庁所蔵品が無料で見ることができます。
posted by うめのはな at 07:00| Comment(0) | 千代田区

2017年04月09日

二の丸庭園 皇居東御苑

富士見多門は 蓮池濠の石垣上に建てられたもので小高くなっています。
kokyninmr (1).jpg
土塁とか塁壁と言われるようです。
現在は 茶畑や竹林になっています。
kokyninmr (2).jpg
この近くには 大奥の石室などもあります。
kokyninmr (3).jpg
二の丸庭園に向かいます。
kokyninmr (4).jpg
江戸時代 小堀遠州が造ったと言われる二の丸庭園はたびたび火災で焼失し、明治以降は荒廃していました。
kokyninmr (6).jpg
現在の庭園は 昭和43年の皇居東御苑の公開の開始に当り、九代将軍徳川家重の時代に作成された庭園の絵図面を参考に造られたものです。
kokyninmr (5).JPG
回遊式庭園は、四季折々の草花が 美しい姿を見せてくれます。
kokyninmr (7).jpg
二の丸庭園 近くの 皇居正門石橋飾電燈
 明治20年代の街灯を移築しています。

二の丸庭園は 都心とは思えない素晴らしい場所です。
タグ:公園・庭園
posted by うめのはな at 09:13| Comment(0) | 千代田区

2017年04月08日

富士見多門 皇居東御苑

富士見櫓から 西に行くと小高い丘の上に 富士見多聞 があります。
fjmtmn (9).JPG
富士見多聞の内部が2016年11月15日より公開されています。
ini.JPG
富士見多聞の概要
「多聞」とは、防御をかねて石垣の上に設けられた長屋造りの倉庫のことで、多聞長屋とも呼ばれました。
鉄砲や弓矢が納められ、戦時のときには格子窓を開けて狙い撃つことが出来ました。本丸の周囲は、櫓と多聞で囲まれて万が一に備えられていました。
fjmtmn (1).jpg
蓮池濠から富士見多門までの石垣は、高さが約20メートルにもなる長大な石垣で、東・南・西の三面いずれも激しく屈折しています。死角をなくすための工夫だといわれています。
fjmtmn (8).jpg
防御と装飾とを兼ねた長屋作りの武器庫で、本丸には十五棟の多聞が有りました。中には鉄砲や弓矢が納められていました。
tmnirgt.JPG
入り口で靴をに脱いで入ります。
撮影可です。
fjmtmn (4).jpg
武器庫といわれるだけあって 内部は空間です。
fjmtmn (5).jpg
富士見多聞の内部に展示されている敷居の裏側の部材。(江戸時代のもの)
fjmtmn (2).JPG
かつてはこの富士見多聞から実際に富士山を望むことができたのでしょうか・・・
fjmtmn (3).jpg
乾通りのさくらがみえました。
紅葉山の緑も見えています。
fjmtmn (7).jpg
一番奥から出ます。
江戸時代の江戸城本丸には このような多聞が各所に築かれていましたが現存するのはこの富士見多聞だけです。
タグ:公園・庭園
posted by うめのはな at 08:34| Comment(0) | 千代田区

2017年04月07日

富士見櫓  皇居東御苑

皇居東御苑の(江戸城旧本丸の東南隅)「富士見櫓」です。
fjmygr (7).jpg
富士見櫓前に広場を整備し,近くから見ることができるようになりました。
fjmygr (1).jpg
櫓は,城の隅などに設けられた,見張りや防御のための施設です。
江戸城の富士見櫓は,明暦3年(1657)の大火で天守が焼失した後は,天守の代用の役割を果たし,この櫓から,将軍が,富士山,両国の花火,品川の海などを眺めるたと言われています。
fjmygr (2).jpg
富士見櫓は明暦の大火(1659年)で天守が焼失した後に、天守の代わりとして使用された三重櫓です。
この場所は天守台についで高い場所(標高23m)であったことから、この富士見櫓が選ばれたそうです。
fjmygr (4).jpg
富士見櫓
建築年 万治2年(1659)
木造3階建 建物の高さ 約16m
石垣の高さ 約15m 延面積 323.08u
(明暦3年(1657)の大火で焼失した慶長11年(1606)頃創建の櫓の再建)
大正12年(1923)関東大震災で損壊
大正14年(1925)復旧
昭和42年(1967)外壁等修理
fjmygr (9).jpg
どの角度から見ても同じような形に見えることから、「八方正面の櫓」の別名がありました。天守焼失には天守の役目を果たした「代用天守」の櫓ともいわれています。
fjmygr (5).jpg
富士見櫓は 防御設備も備えています。
石垣上にせり出している石落し仕掛けなどもあります。
どこから見ても同じ形にみえるために、俗に八方正面の櫓とも呼ばれました。

数多くあった江戸城の櫓も度重なる火災や地震で、現存するものは伏見櫓、 富士見櫓、桜田巽櫓の三基の櫓になってしまいました。
タグ:公園・庭園
posted by うめのはな at 09:03| Comment(0) | 千代田区

2017年04月06日

皇居東御苑 花見

4日に 皇居東御苑に花見に行きました。
hgyensa (3).jpg
お花見日和で 人がたくさんいました。
ここは 所定の位置でしか 飲食できませんので のんびり花を見るだけです。
hgyensa (5).jpg
八重桜はまだなので 見ごろの花はそう多くはありませんが 見どころがいくつかあって 花見が楽しめる場所です。
hgyensa (4).jpg
ソメイヨシノだけではなく いろいろな種類の桜の木があります。
amgysn.jpg
松の廊下跡 近くの大きな桜の木は 大人気です。
hgyensa (1).jpg
ソメイヨシノとは 違いますが とても大きな木で見事な花が咲いていました。
hgyensa (2).JPG
アマギヨシノ(天城吉野)という種類です。
「オオシマザクラ」を母に「エドヒガン」を父とした交雑種。5〜10mの高木。 三島市の国立遺伝学研究所で竹中要博士によって1957年に作出されました。
伊豆半島の天城山にちなんで命名されています。
タグ:
posted by うめのはな at 08:25| Comment(0) | 千代田区

2017年04月05日

『東京インフィオラータ・ウィーク2017』in KITTE

東京丸の内 KITTEのアトリウムに 花のウエルカムカーペットがありました。
kitfrw (2).jpg
期間:2017年4月1日(土)〜4月5日(水)
時間:11:00〜21:00 (日曜日は〜20:00)
場所:KITTE1階 アトリウム
kitfrw (4).jpg
ローラーペインターさとうたけしさんが描く「サクラサク丸の内」を、15,000本のカーネーションで再現。
kitfrw (1).jpg
上階に あがって観ることにしました。
IMGP5445 (550x413).jpg
5Fからアトリウムがよく見えます。
kitskr.JPG
5Fから。もう少し下に行きます。
kitfrw (3).jpg
2F.こんな感じです。
東京丸の内と皇居の桜です。
infohana.JPG
「東京インフィオラータ・ウィーク2017」2017年3月18日(土)〜4月12日(水)開催
KITTEは今日4月5日までですが 都内、全18会場で『東京インフィオラータ・ウィーク2017』開催中です。
タグ:イベント
posted by うめのはな at 10:26| Comment(0) | 千代田区

2017年04月04日

大手門前枝垂れ桜

古都の桜・・では ありません。
otmnskr (1).jpg
東京 皇居のお堀 大手門前の 枝垂れ桜です。
otmnskr (2).jpg
天気もいいし 花見日和で 外国人もたくさんでした。
otskr.JPG
大手門前の 枝垂れ桜はこの時期 人気です。
タグ:
posted by うめのはな at 20:58| Comment(0) | 千代田区