2017年12月07日

「WHITE KITTE」

毎年恒例 KITTEのクリスマスツリーです。
kitte2017 (4).jpg
本物の モミの木を使った 14.5mの真っ白なクリスマスツリーです。
kitte2017 (9).jpg
まるで雪が降り積もったかのように真っ白なクリスマスツリーは、各時30分おきに音楽とともにライトアップされます。
kitte2017 (10).jpg
KITTE ホワイトツリー ライトアッププログラム 1Fアトリウム。
kitte2017 (1).jpg
点灯期間2017年11月22日(水)〜12月25日(月)
kitte2017 (2).jpg
丸の内恒例のクリスマスイベント「WHITE KITTE」
kitte2017 (6).jpg
「ビスコ」協賛による絵本ムービー「ひとりぼっちのモミの木」の上映イベントもあり ビスコのツリーもありました。
kitte2017 (8).jpg
新日本フィルハーモニー交響楽団によるクリスマス演奏会など いろいろなイベントもあるそうです。
タグ:イベント
posted by うめのはな at 00:00| Comment(0) | 中央区

2017年12月05日

東京駅八重洲

東京駅八重洲口の大丸 近くに 都旧跡 北町奉行所跡のプレートがあります。
注意してみないと 気が付きません。
tokyosty (3).JPG
都旧跡 北町奉行所跡
指定 大正七年四月

ほとんど 読めません・・・
この 北町奉行所跡の碑は 八重洲再開発で 何度か移転しています。

「江戸町奉行は徳川幕府の職制の一つで寺社奉行、勘定奉行とともに三奉行と呼ばれていた。江戸町奉行は老中の支配に属し、配下の本所奉行、道役、小伝馬町牢屋、寄場奉行、町年寄を統轄した。その職掌は江戸府内の行政・司法・警察の一切にわたっていた。定員は二名で南北両奉行に分かれ月番で交替に執務したが時に応じて増減された。原則として旗本が任命され役科は三千石、芙蓉間詰で勘定奉行の上座輩下に与力・同心などがいた。
「いれずみ奉行」として名高い遠山左衛門尉景元(遠山金四郎)は天保十一年(1840)三月から三年の間北町奉行の職にあった」東京都教育委員会
tokyosty (6).JPG
この図をみれば 本当は永代通り JR日本橋口あたりだったのですね〜
tokyosty (2).jpg
日本橋口 高速バスターミナル 脇のトラストタワーです。
tokyosty (1).jpg
この時期は クリスマスリース。
tokyosty (5).jpg
東京駅八重洲口北口 鉄鋼ビル のクリスマスリースが 上品でいいですね〜
旧鉄鋼ビルは 復興のシンボルだったそうですが解体されこのビルは 3年半ほどかけて 2015年に竣工しました。
tokyosty (4).jpg
鉄鋼という硬い名ですが普通のオフィスや商業施設になっていて 南館上階は高級賃貸アパートメントとなっているそうです。
現在 東京駅八重洲 京橋地区大規模再開発進行中で 地下にバスターミナルもできるそうです。
あっちこっち にょきにょき 高層ビルになってきました。

この鉄鋼ビル前からは 中央区の コミュニティバス(江戸バス)や無料巡回バス 日本橋メトロリンクが出ています。
タグ:歴史 観光
posted by うめのはな at 00:00| Comment(0) | 中央区

2017年12月04日

日本橋ぶらり

ぶらぶら 日本橋。
日本橋三越本店 新館1階 日本橋口の クリスマスツリーです。
mtchxmas (1).jpg
クリスマスツリー フォトスポットになっています。
mtchxmas (2).jpg
ツリーの下に 大きな椅子が置かれています。
mtchxmas (3).jpg
金と銀の椅子に座って 王様気分・・・
mtchxmas (5).jpg
少し歩いて 榮太樓本舗の入口。相変わらず 混んでいます。
安政四年(1857年)創業。日本橋に本店を構える江戸・菓子鋪です。
飴 買うの断念。
mtchxmas (4).jpg
入口の左手に長さ約1mの大きな赤石が置かれています。
「この石は、もと小判鋳造金座後藤家の別荘にあった佐渡の赤玉石です。 江戸末期、たまたま同家に招かれた榮太樓初代細田榮太郎は、本石に魅せられ、その別荘ごと譲り受け今日に至っています。 佐渡の赤玉石は赤みが強く、その光沢は他に類を見ない日本の銘石の一つでありますが、この石のように人手を加えず姿かたち、艶のよいものは極めて少なく、好事家の間に「榮太樓の赤玉石」として知られています。」

日本橋タカシマヤの前を八重洲方向に行きます。
日本橋2丁目 山梨のアンテナショップがあります。
mtchxmas (7).JPG
桔梗屋の信玄餅を買いました。
巾着袋が 特徴です。
mtchxmas (6).JPG
きなこと 黒蜜が 美味しいです!

日本橋ぶらり でした。
日本橋は 一日かけてもまわりきれないほど 老舗の店やスポットがあるので何度来ても 飽きません。
タグ:観光
posted by うめのはな at 06:00| Comment(0) | 中央区

2017年12月03日

三井記念美術館 2

展示室1は 元食堂の復元だそうです。
【展示室1】
七宝、金工、自在、漆工、木彫・牙彫
鹿の角から掘り出したという薄い花びらの ソメイヨシノが印象的でした。

【展示室2】
ここはもう 安藤緑山《胡瓜》につきます。
胡瓜も、花も葉も蔓藻象牙。大変に葉が薄くデリケートな作品。

前原冬樹《一刻:皿に秋刀魚》
これも おみごと。一木造り。
【第3室】
山口英紀 右心房左心室 
ここは モノクロ写真に見える 水墨画の作品。
mtibjt2 (6).JPG
パンフレットより
mtibjt2 (8).JPG
パンフレットより
mtibjt2 (7).JPG
パンフレットより
mtibjt2 (9).JPG
パンフレットより

【展示室4】
明治の七宝を代表する“ふたりのナミカワ”有線七宝の並河靖之と無線七宝の濤川惣助。漆工の柴田是真などの明治の超絶技巧が並んでいます。
中でも 目をひくのは やはり 安藤緑山の果物やら野菜です。

【第5室】
自在、金工、刺繍絵画など
明治と現代 を比較したコーナー。
虫をテーマにした自在置物があります。
刺繍絵画で、下絵が竹内栖鳳、制作が四代 飯田新七の《べニスの月天鵞絨友禅額》がよかったです。

【第6室】
 暗くて小さい展示室の作品は、現代作家・青山悟さんのもの。
30秒ごとに照明オンオフが切り替わります。
1940年代の工業ミシンで制作された地図。国境線と国名が入った緻密なもの。
壁紙風の刺繍とともに 明るいところでは白に見えますが、照明が落ちると模様がうきあがります。

【展示室7】
現代作家の作品
超絶技巧プラスαの機知に富んだ現代作家の作品です。
キャップまで全部ガラスのソーダ水の入った潰れたペットボトルなどなど。

現代作家の作品も明治の超技巧といわれた 職人たちの技を受け継いで 後世に起こる作品になっていくのを期待します。
巧の技は 受け継がれていってほしいものです。

展示会は 今日でおしまい・・・

posted by うめのはな at 06:00| Comment(0) | 中央区

2017年12月02日

三井記念美術館 前室

入場してみると とても混んでいました。
前室には 2点。
ここだけは 撮影可でした。
mtibjt2 (1).JPG
初代 宮川香山の陶磁《猫ニ花細工花瓶》
高浮彫の立体的な装飾。
いわゆる「高浮彫」(たかうきぼり)と呼ばれる装飾的な陶器は 明治政府の政策により主に外国に輸出されました。
mtibjt2 (2).jpg
明治・大正時代に世界中を驚かせ、明治の三大名工に数えられる、横浜の真葛香山。
何度か 作品展を見に行っています。
過去の記事です。

2016年03月28日
サントリー美術館 「没後100年 宮川香山」・東京ミッドタウン



2016年02月27日
吉兆庵美術館蒐集 真葛香山展・日本橋三越


mtibjt2 (3).JPG
隣は あっと驚く 現代作家、高橋賢悟作 《origin as a human》
mtibjt2 (4).JPG
生花を型取りしてアルミニウムで鋳造した 骸骨!
mtibjt2 (5).JPG
本物の花を型どりし、アルミニウムを流し込む焼失原型法による作品。パーツを組み合わせて作っているそうです。

今回の展覧会の特徴は、明治期の作品と現代のアーティストの作品が対比されるように並べられていることです。

展示室は「七宝」「金工」「漆工」「薩摩」「刀装具」「自在」「牙彫・木彫」「印籠」「刺繍絵画」に分類されています。
カメラをしまい 第1室へと向かいます。
posted by うめのはな at 06:00| Comment(0) | 中央区

2017年12月01日

「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」展 三井記念美術館

三井タワー内の三井記念美術館に行きました。
mtibmeiji (1).jpg
「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」展が三井記念美術館で開催中です。
mtibmeiji (2).jpg
入り口のホールですが いつもより 混んでいました。
団体さんが 集合待ち合わせなどもしていて 急いで上に行きました。
mtibmeiji (3).jpg
美術館入口は エレベーターで 7Fへ・・・
mtibmeiji (5).jpg
チケットは 待たずに買えました。
mtibp4 (1).jpg
パンフレットです。
「驚異の超絶技巧 明治工藝から現代アートへ」
三井記念美術館
2017年9月16日ー12月3日
mtibp4 (2).jpg
見開き部分。
七宝や漆工など、主に海外輸出用に作られた明治工芸に焦点を当てた展覧会。
2014年から翌年にかけて、同館他 全国6会場を巡回した展覧会『超絶技巧!明治工芸の粋』の第2弾として開催。
こんかいは 明治工芸のみならず、現代作家による超絶技巧作品もあわせて紹介。
明治の工芸品は、前回同様に主に京都の清水三年坂美術館(村田製作所の元常務・村田理如氏コレクション)からの品々。

中に入ります・・・・暑いです〜〜〜コート 脱ぎました。
posted by うめのはな at 06:00| Comment(0) | 中央区

2017年11月29日

日本橋シティドレッシング for TOKYO 2020

今日は パラリンピック1000日前だそうです。
昨日 日本橋に行きました。
ol1000 (1).jpg
常盤橋から 三越前に行く道は銀杏並木。
まだまだ見ごろです。
ol1000 (3).jpg
三越日本橋本店のライオン像。
「『夜廻り猫』のクリスマス」のイベント開催中とのことで 猫ちゃんのイラストがありました。
「夜廻り猫」は、悩んでいる人を探して夜の街をパトロールする猫。
ol1000 (2).jpg
日本橋シティドレッシング for TOKYO 2020
ol1000 (4).jpg
ガラス面装飾 COREDO 室町 1、COREDO 室町 3
ol1000 (5).jpg
三井本館中央通り沿い壁面装飾
ol1000 (6).jpg
提灯 COREDO 室町 1、COREDO 室町 2

今日は 1000日前の イベントもあるそうです。
日本橋シティドレッシング for TOKYO 2020
2017 年 10 月 28 日(土)〜11 月 29 日(水)
「WE MAKE 2020」をテーマに今年で3回目。
タグ:イベント
posted by うめのはな at 08:53| Comment(0) | 中央区

2017年02月03日

蛎殻町公園と学校

植え込みに石碑があります。
arimat (1).jpg
有馬中学校跡石碑
戦後有馬中学校が同じ校舎内に併設されます。
翌年有馬小学校になったそうです。
arimat (4).jpg
有馬小学校。
有馬幼稚園も併設されています。
改修されるまでは学校と公園とが一体的に利用されていたそうですが、現在はは柵や門ができて区切られています。
arimat (3).jpg
公園と一体化した 和風の門柱
arimat (2).jpg
蛎殻町公園の門柱
kakgrpdi (3).jpg
中央区のマンホールのふたがカラフル。
再び ロイヤルパークホテル前に戻り 無料巡回バスメトロリンクで東京駅に向かいました。
東京駅―浜町・人形町・兜町エリアを結ぶ無料巡回バス
『メトロリンク日本橋Eライン』が昨年10月できました。
丸の内シャトル 日本橋シャトルと3つのルートがあり 無料ですのでとても助かっています。
タグ:公園・庭園
posted by うめのはな at 07:42| Comment(0) | 中央区

2017年02月02日

蛎殻町公園 大名庭園の景石

このあたりは 久留米藩・有馬家の下屋敷でした。
kakgrpdi (1).jpg
遺跡から出土した大名庭園の景石

「景石は、水天宮駅前に隣接する蛎殻町1丁目遺跡で発掘されたものです。
蛎殻町周辺は、江戸時代、大名や旗本の屋敷が集まっていたところで約300年前に屋敷を構えていた大名家の庭園内池の景石と思われます。
 当時、遺跡地を拝領していた大名は、上野国前橋藩15万石の酒井雅楽頭で、江戸時代初頭から延宝元年(1704年)まで屋敷を構えていました。
 その後、伊予大洲藩6万石の加藤遠江守が拝領し、延宝年間(1704年〜1711年)屋敷を構えていました。」
kakgrpdi (2).jpg
蛎殻町公園 大名庭園の景石
中央区日本橋蛎殻町2-10-6 (蛎殻町公園)
kakgrpdi (4).jpg
有馬小学校と震災復興公園としての蛎殻町公園
水天宮近くにあった小学校は関東大震災で被災し 江戸時代には津山藩・松平家の下屋敷であった庭園跡に移転しました。
その際 一緒につくられたのが、震災復興公園としての蛎殻町公園です。1931年の開園です。
kakgrpdi (5).jpg
となりは渋沢シティプレイス。
タグ:公園・庭園
posted by うめのはな at 08:35| Comment(0) | 中央区

2017年02月01日

蛎殻町公園

水天宮からロイヤルパークホテルのほうに向かいました。
kkigarp (1).jpg
仮宮の時 水天宮の子宝いぬは ロイヤルパークホテルロビーに置かれていました。
kkigarp (3).jpg
ホテル沿いに進むと 白壁の塀が見えてきました。
kkigarp (4).jpg
蛎殻町公園 所在地 中央区日本橋蛎殻町2-10-6
かきがらちょうこうえん 
この辺りは江戸時代、先物取引 所で栄え、今でも東京穀物商品取引所などがあります。「昔は漁師の小網の干し場であり、牡蠣の殻の堆積した海浜だったらしいとのことです。
kkigarp (2).jpg
ここには噴水池や平和のシンボル「江戸こまた」があります。
「江戸こまた
制作者:流 政之  平成4年3月21日
 平和都市宣言を記念して、中央区の空の玄関に相当する東京シティーエアターミナルに隣接する区立蛎殻町公園に区の平和のシンボルとして設置しました。」
kkigarp (5).jpg
 蛎殻町公園の由来
 「この蛎殻町辺は、江戸時代の切絵図によると周囲を堀割で囲まれた武家地で、大名の下屋敷が建ち並ぶ静かな落ち着いた町並みであったと思われます。
 蛎殻町公園のあるこの場所も、江戸時代、松平三河守(津山藩主)の下屋敷があったところで、そのご京都出身の豪商杉村甚兵衛氏の屋敷となり、現在公園内にある大イチョウも、当時、かなりの大木として育っていました。
 大正12年(1923)の関東大震災の時には、近所の人達がその広い庭園内に難を逃れて助かった話しも伝わっています。その後、震災復興御計画により、蛎殻町公園として整備され、昭和6年(1931)4月に開園しました。
 このたび、有馬小学校と蛎殻町公園を改修整備するにあたりこの地域の歴史を思い起こさせる江戸情緒のある築地塀と門構えを造って町並み景観に特色をもたせ、往時をしのぼうとするものです。
       平成元年(1989)4月   中央区土木部公園緑地課」
「江戸こまた」のある噴水広場と反対側の道路沿いにも白塀があり 公園と学校になっています。
タグ:公園・庭園
posted by うめのはな at 08:29| Comment(0) | 中央区

2017年01月31日

水天宮 福犬

社務所で縁起物の絵馬を授けてもらいました。
絵馬もいろいろ種類があります。
stgfkin (2).jpg
安産祈願絵馬の飾り絵馬 お部屋に飾る絵馬だそうです。
stgfkin (1).jpg
もうひとつは 福犬(犬張り子)
stgfkin (4).jpg
犬はお産が軽くかつ子だくさんのため、安産祈願の象徴。
stgfkin (3).jpg
小さな籠がついています。犬は安産だけでなく、子どもを守る象徴です。
stgfkin (5).jpg
写真のように竹の籠をかぶせて飾られます。
stgfkin (6).jpg
「犬」という字に「竹」をかぶせると、『笑』という文字に似ていることから、朗らかな子供に育ちますようにとの思いと
「籠(かご)」から『神様のご加護』もありますようにとの意味がこめられています。
元気な赤ちゃんが 無事生まれますように!との願いを込めて妊婦さんに贈りたいですね。
タグ:神社・寺院
posted by うめのはな at 07:44| Comment(0) | 中央区

2017年01月30日

水天宮 子宝いぬ

水天宮 (東京都中央区)は 「なさけありまの水天宮」という江戸っ子の洒落でもよく知られる、安産・子授けの神社です。
sitngkni (3).jpg
安産子育河童
河童の母子像。
足下と胸、肩に赤ちゃん河童がしがみついている姿が微笑ましい。
sitngkni (4).jpg
子宝いぬ
子犬を見守る 母犬のやさしいまなざし。
周囲を取り巻く十二支のうち自分の干支を撫でると安産、子授け、無事成長など様々なご利益があると言われます。
sitngkni (8).jpg
現代建築を取り入れた参集殿。
この中に社務所があります。
sitngkni (9).JPG
1Fには 授乳室や待合室 トイレなどがあり スロープになっています。
戌の日には 安産祈願の御祈祷を受ける人が大勢やってきて かなり長い待ち時間となります。
タグ:神社・寺院
posted by うめのはな at 08:37| Comment(0) | 中央区

2017年01月29日

水天宮 狛犬

社殿の前には赤い寳生辨財天(市杵島姫神社)が鎮座しています。
sitngkni (5).jpg
寳生辨財天(市杵島姫神社)
品川の有馬家下屋敷に祀られていた辨財天像を安置する。学芸・芸事の神として信仰されている。
代々の当主は辨財天を篤く信仰し、第九代藩主 有馬頼徳公が寳生流能楽の技を加賀藩の前田斉広(なりなが)公と競う際、稽古に励み辨財天に願をかけ、勝利をおさめたといいます。
sitngkni (1).jpg
石段を上るとすぐにあるのが 狛犬です。
一方は口を開けて前足で玉を守ります。
sitngkni (2).jpg
もう一方は口を閉じ子犬を守る姿
sitngkni (7).jpg
其々、吐く息と吸う息「阿吽(あうん)」を表し、魔除けとしての意味があります。
sitngkni (6).jpg
奉納は石橋正二郎氏。

タグ:神社・寺院
posted by うめのはな at 08:20| Comment(0) | 中央区

2017年01月28日

水天宮 社殿

階段を上ると 途中の壁にはめ込まれているのは・・
sitngu2 (2).JPG
ガラスの中の 右大臣 と 左大臣
sitngu2 (1).JPG
壁の中でライトに照らされていて まるでガラスケースの中のお雛様のようでした。
sitngu2 (4).jpg
石段を上りきると 社殿が見えます。
鳥居は?と 見上げれば ありました!銅製の鳥居です。
大きすぎて 鳥居をくぐらないと 写せませんでした。
sitngu2 (3).jpg
白木を基調とした新社殿。
stgsydn.JPG
代々受け継がれている伝統文化の錺金具や彫刻が施されています。
一方 免震構造の最新技術を取り入れているそうです。
平成28年4月8日より新社殿への参拝開始
平成25年(2013年)3月1日から平成28年(2016年)4月7日までの間は、日本橋浜町の明治座そばに仮宮がありました。

水天宮は、東京で一番有名な安産の神様です。
タグ:神社・寺院
posted by うめのはな at 09:20| Comment(0) | 中央区

2017年01月27日

東京 水天宮へ・・

新大橋通りの交差点に立つと 真新しい水天宮の社殿が見えます。
stng1 (1).JPG
その下は 目立たないような 交番。景観に配慮したのかな・・・
stng1 (2).jpg
交差点を渡ると 赤い燈明の街路灯がならびます。
stng1 (3).jpg
水天宮はどこだ・・・以前の境内とは違い 戸惑いながら歩きます。
実は これは水天宮の境内の1階部分なのです。
trosig.JPG
「大地震の時には、約60p程度、建物が水平方向に動くことを想定しているため、1階通路脇には、建物が動くスペースとして
、約60p程度の溝形状の植栽帯を配置しています。」
というような説明書きがありました。
 免震エキスパンションジョイントと呼ばれる1階通路と道路および歩道を接続しているブリッジ部分は 大地震の時立ち止まらないでくださいと書いてありました。
stng1 (4).jpg
水天宮入口。
これまた 神社らしくない 近代的なもので 驚きました。
鳥居は?と思いつつ 階段を上がります。
sitngu1.jpg
御由緒
水天宮は、久留米藩主有馬頼徳公が港区赤羽の藩邸内に久留米市水天宮の御分霊を文政元年(1818)勧請して創建したといいます。藩邸の移動に伴い、青山への遷座を経て、明治5年当地に遷座しました。
御祭神は天之御中主大神・安徳天皇・建礼門院・二位の尼をお祀りしています。
タグ:神社・寺院
posted by うめのはな at 08:55| Comment(0) | 中央区

2017年01月26日

水天宮通り

東京メトロ半蔵門線の水天宮前駅です。
sitngst (3).jpg
東京都中央区日本橋蛎殻町(にほんばしかきがらちょう)二丁目
sitngst (2).jpg
地図
sitngst (1).jpg
ここは人形町 
sitngst (4).jpg
人形町通りは、中央区内の日本橋小伝馬町から日本橋大伝馬町、日本橋堀留町、日本橋人形町を通り、その後、新大橋通りと交差。
そして 水天宮通りと名称を変え、日本橋蛎殻町、日本橋箱崎町を通って、隅田川大橋へと続く通りです。
人形町界隈は ずいぶん歩きまわった場所です。
人形町散歩 1〜14

久しぶりに 新しくなった水天宮にお参りに行きました。
posted by うめのはな at 14:45| Comment(0) | 中央区