2018年05月08日

下水道江東幹線の工事

昨日は かなりの雨でした。
局地的集中豪雨や台風による 洪水被害をなくすための 下水道幹線が各地で建設されています。
大雨が降ったとき、速やかに雨水を川へ流すための大規模な下水道管です。
kotoknsn (2).jpg
江東幹線工事の現場建物 江東区東陽6丁目
江東幹線工事:延長2173.25m
江東幹線その2工事:延長2090.65m
kotokn.jpg
江東幹線流域の1時間50mm降雨に対して、浸水被害を軽減する目的。
直径6.0m、全体では4,488.80メートル
kotoknsn (1).jpg
設置された防音ハウスの地下33メートルの地点から シールドマシンと呼ばれる円筒形の機械で掘り進みます。
シールドマシンは時速約1.5mで進み、1m進むとダンプトラック約10台分の土が出るそうです。
kotoknsn.jpg
工事始点深さ約33mの発進たて坑から シールドマシンで堀り進み、江東ポンプ所付近にある、辰巳の森緑道公園内の深さ約45mの到達たて坑まで、約4.3km掘り進んでトンネルを構築する。江東幹線は、下流側へ1m進むと約0.5mm下がる勾配になっている。
昨年夏に 見学会があり 参加した人の話では エレベーターで 下に降りると 線路がひかれていて トロッコに乗って トンネル内を進むそうです。
地下鉄より 深いところです。
数年前に 工事がはじまり もうすぐ終わるのかな・・・・
個人的に 思うのですが これ 地下鉄にしてもかなり便利かも。。。

いずれにしても都内の 洪水対策は 進んでいるようです。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 江東区・江戸川区

2018年05月05日

ポピー畑へ・・・

都立木場公園のHPのツィート写真で 中地区のポピー畑がきれいだったので
見に行きました。
写真は 5月1日のものでした。
行ってみて 唖然・・・・
popykb  (4).jpg
こんな感じでした。
たった5日で こんな風になるのか・・と思いました。
popikb.jpg
しかも 畑はほんの一部だけで ほとんどが 工事中の白い壁で囲まれていて 立ち入り禁止でした。
それなら そうと 書いてくれればいいのに。。。。
popykb  (2).jpg
1か所だけ 残っていた ポピーの花。
popykb  (3).jpg
もう終わりです。
雑草の畑になっていました。
矢車菊は 多少残っている程度です。
誇大広告に だまされた感じがして ガッカリ・・・・

popykb  (1).jpg
これは数年前の 木場公園中地区のポピー畑。
この時は 極楽浄土にいった感じでしたよ・・・。
年々花が 少なくなり みすぼらしくなってます。
来年は どうなんでしょうか。

今年は みな花がはやく終わって 見逃しが多いです。
タグ:
posted by うめのはな at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 江東区・江戸川区

2018年04月11日

八重桜

窓の外をみれば ピンクの八重桜が 満開で・・・はやいなぁ〜と。
今年はどこも 1週間ほどはやく満開になっているそうです。
yezkam (3).JPG
ソメイヨシノもいいけれど 八重のさくらは 豪華でこれもまた いいですね。
今朝のニュースでは 大阪造幣局の桜の通り抜けもはじまったと言っていました。
桜の トンネルは これまたすばらしいです。
東京にだってありますが 桜といえば ソメイヨシノで 賑わって 八重のほうは それほど注目はされません。
yezkam (1).jpg
亀戸中央公園は 八重桜のトンネルがあります。
yezkam (2).jpg
やはり 豪華ですね〜
八重桜は 新宿御苑が有名です。
何度か行きましたけど こういうトンネルという感じはなかったです。
でも 種類がものすごく多いです。
もう ちょっと御苑までは 行く気ないなぁ・・・
近くにこんな場所があるのですものね。
隠れた名所かも。
タグ:
posted by うめのはな at 08:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 江東区・江戸川区

2018年04月03日

水辺のオアシス

昨日は 新年度の始めで 区役所がすごく混んでいました。
転入した人も多いのでしょうが 年度初めというのは いろいろな届け出などで 混み合います。
混み合う役所で 用をすませたあと 水辺を散歩しました。

横十間川親水公園の菖蒲園には もう水が入り 苗が育っていました。
その中のひとつの 池に すくっと立った鳥がいました。
sirsag (3).JPG
そぉーっとそばに行ったのですが 近寄っても 飛びませんでした。
sirsag (4).JPG
これは チュウサギでしょうか・・くちばしが黄色なので シラサギではないと思います。
すぐ近くで カメラかまえても うごかないので 助かりました。
こんな 近くで見たのは 動物園以外では はじめてです。
なんか りりしくて ご立派です。
sirsag (1).JPG
池の周りには 亀!亀!亀!
sirsag (2).JPG
石の上にも 押し合うように亀!
すごく亀が多かったです。
水車もくるくるまわり のどかな一日でした。
タグ:公園・庭園
posted by うめのはな at 08:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 江東区・江戸川区

2018年04月02日

仙台堀川 葉桜です。

江東区東陽 イースト21近くの 仙台堀川親水公園に桜見物に行きました。
いつもの年なら まだ 花が咲いていてとても美しいのですが、今年は もう散っていました。
42sendiskr (5).jpg
日当たりのいいところは 葉桜。
42sendiskr (1).jpg
花びらも 流れています。
42sendiskr (2).JPG
昨日の強い風で ほとんど散ってしまったのでしょう。
42sendiskr (4).jpg
日影は まだ頑張ってさいている桜もありますが・・・
42sendiskr (3).jpg
本当はこの場所 とてもいい桜と水辺の スポットなのです。
今年のさくらは もう おしまい。
また 来年・・・・
タグ:
posted by うめのはな at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 江東区・江戸川区

2018年03月27日

桜並木

大横川は隅田川と北十間川とを結んでいて 門前仲町の黒船橋付近では 毎年 花見クルーズ船が出てにぎわいます。
こちらは 江東区扇橋から仙台堀川交差付近の区間で、川沿いに桜の並木があり、開花の時期には昼夜を問わず賑わいます。
oykskr2 (3).jpg
扇橋から 小名木川のほうをみています。
小名木川には 扇橋閘門があります。
oykskr2 (4).jpg
「大横川」は江戸時代に埋め立てられた場所にできた運河です。
oykskr2 (2).jpg
ここを 舟で通ると とってもきれいです。
何年か前にクルーズ船に乗って 桜を満喫しました。
fneskr.jpg
船から見た桜並木です。
oykskr2 (1).jpg
この川面に桜が 伸びるのがいいです。時間帯によっては 川面に映る桜もきれいです。
桜吹雪のころは 川面がピンク色に染まります。

水の都 桜の都 といってもおかしくないほど 桜の名所が江東区にはたくさんあります。
運河と桜が とてもいいですね。
タグ:
posted by うめのはな at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 江東区・江戸川区

2018年03月26日

大横川桜2018

桜を見に行きました。
満開でした。
大横川(おおよこがわ)は、東京都墨田区・江東区を流れる運河です。
oykskr (2).jpg
江東区扇橋から仙台堀川交差付近の区間は、川沿いに桜の並木があります。
oykskr (3).jpg
扇橋から 大横川のさくらを見ています。
両サイドに遊歩道があり桜のトンネルになっています。
oykskr (1).jpg
この場所は お気に入りのスポットです。
昨日とは違い月曜の朝で 人はほとんどいません。
ゆっくりと 桜を楽しめます。
午前のさくらは きれいですよ〜
タグ:
posted by うめのはな at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 江東区・江戸川区

2018年02月04日

眠らないパンやさん

江東区に 眠らないパン屋さん 24時間営業のモンシェール 東陽町工場(24時間営業)があります。
東陽町駅から 5分くらいかな。
すごく美味しいので 時々買って食べています。
デニッシュのみで プレーン2斤売りです。(980円)
季節のフレーバーのパンは予約制で 1.5斤。

24時間稼働の小さな パン工場で 24時間そこで直売していました。
銀座 博品館前(屋台販売)でも 午後五時から 売っているらしく 勤め帰りの人や お客様に出す 商売の人
お持ち帰りする ホステスさんなどにも人気だそうです。
この 人気のパン工場。
先日 TVの 『ドキュメント72時間』で紹介されたみたいで 
当日から すごい行列となりました。
普段でも 24時間絶え間なく お客さんが来ているのですが
この時ばかりは すごい人で 夜のことですし 誰かが通報したのか
警察まで 来る騒動となったそうです。

それで・・
残念ながら 工場直売は休止になってしまいました。
予約のみ 受け付けるそうです。
気軽に買いに行けたのに 残念です。
まさか
こんな 騒動になるとは 思わなかったのでしょうね。
本当に 町中の 小さな工場ですし 普通の店と変わらない 店構えですし
ここが パン屋さんと 言われなければわからないくらいです。
働く人も そう多くはないだろうし
キャパオーバーな 感じになってしまったのでしょうね。

なんとも 残念。
地元の人の ひそかな楽しみでしたのに・・・

ちなみに 東京駅の地下でも モンシェールのパンみかけました。
一時的な取り扱いだったかもしれませんが 神保町いちのいち 丸の内グランスタ店。
すごく 美味しくて 病み付きになってしまうパンです。
タグ:グルメ
posted by うめのはな at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 江東区・江戸川区

2018年01月31日

東京2020オリンピック デーカウンター

江東区役所前です。
kotoolp (2).jpg
東京2020オリンピック・パラリンピックまでの日数を表示する「デーカウンター」が設置されています。
前から 写真に撮ろうと思っていましたが 今日になってしまいました。
kotoolp (3).jpg
東京2020オリンピック開幕から1000日前にあたる10/28(土)からの デーカウンターです。
区庁舎や文化センター、スポーツセンター等の区内15か所に、同大会までの残日数を表示する「デーカウンター」を設置しました。
江東区を代表する産業の一つである木材を使用したデザインです。
木場は木材の街で栄えてきました。
その 木材業の伝統や木のぬくもりを感じることができます。
kotoolp (1).jpg
東京オリンピック招致が決まったときは 2013年。
7年後か・・長いなぁ〜って 思ったものでした。
あれやこれやで 月日は 流れ あと 2年半。
長いのか短いのか わかりません。

利権・しがらみ・忖度 もれなく ついていそうな気がします。
 組織委員会の長老たちは 次の世代に続く オリンピックにしてくれるのでしょうか。
もっと 若い世代に おまかせになったほうがいいのでは ないかとさえ思います。
やはり 利権・しがらみ・忖度
無しでは 物事 むずかしいのでしょうかね。

改革を求めると つまはじきにされるような気がしますが 気のせいでしょうか。

いずれにせよ 東京オリンピックはやってきます。
こうなったなら オールジャパンで 成功させたいものです。
タグ:イベント
posted by うめのはな at 17:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 江東区・江戸川区

2017年12月16日

三代豊国五渡亭園「かわらぬ恋の池」

三代豊国五渡亭園 の池です。
tykngry (3).jpg
「かわらぬ恋の池」というそうです。
tykngry (6).jpg
朱塗りの橋を渡ってみると 鯉がたくさん泳いでいます。
tykngry (5).jpg
600匹の鯉が泳いでいるとのこと。
説明板がありました。
tykngry (4).JPG
江戸時代に亀戸付近で江戸城の瓦を造っていたことにより、「瓦」と「鯉」をかけて「かわらぬ恋の池」と名付けられました。
tykngry (1).JPG
五の橋の下は 豊國ギャラリーになっています。
両側に 豊國の代表作が並んでいます。
tykngry (2).JPG
常時22枚の浮世絵が展示され 季節ごとに浮世絵が変更されるそうです。
タグ:歴史
posted by うめのはな at 06:00| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年12月15日

三代豊国五渡亭園

橋の下に下ります。
tyknpark (2).jpg
三代豊国五渡亭園
人気浮世絵師・歌川豊国ゆかりの地
tyknpark (4).jpg
「江戸末期の人気浮世絵師・三代歌川豊国が五ノ橋際に住んでいたという史実にちなんで作られた、江戸情緒あふれる庭園です。」
うーーん。江戸情緒でも探しますか。。。。
tyknpark (5).jpg
「流れ」 と書いてありますが コンクリートではなんだか少し わびしい・・・
tyknpark (1).jpg
季節ごとに展示内容が入れ替わる浮世絵のギャラリーや「朱塗りの太鼓橋」があります。
tyknpark (3).jpg
四阿と鯉が泳ぐ池。

江戸情緒?
朱塗りの橋にいけば 感じられるかな?
タグ:歴史
posted by うめのはな at 00:00| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年12月14日

堅川河川敷公園 

五の橋の真上を通る 高速道路の高架下は 堅川河川敷公園になっています。
tatekawap (1).jpg
堅川河川敷公園  江東区亀戸6丁目33番10号
tatekawap (4).jpg
区民の広場 をテーマに整備された公園で 雨をしのげることから有料施設のカヌー・カヤック場・フットサル場をはじめ、無料でご利用いただける水上アスレチック・親子でキャッチボール広場・パターゴルフ場・グランドゴルフ場・健康遊具広場・じゃぶじゃぶ池など多彩なスポーツ施設があります。
tatekawap (5).jpg
延長2.4km、面積7.48ha、首都高速道路7号線の高架下にある公園です
tatekawap (6).jpg
現在地は ここ。
日本庭園が整備されています。
tatekawap (2).jpg
三代歌川豊国 生誕の地
歌川 国貞(うたがわ くにさだ、天明6年5月19日〈1786年6月15日〉 - 元治元年12月15日〈1865年1月12日〉)は、江戸時代の浮世絵師。のちの三代目歌川豊国。
tatekawap (3).jpg
三代目歌川豊国(歌川国貞)〜「江戸名所百人美女」「五百羅かん」
安政4年(1857)

三代歌川豊国は江戸末期の浮世絵師でした。親友、式亭三馬の日記によれば「本所五ツ目渡し場(現・五の橋)の際に住し」、蜀山人から「五渡亭」の号を贈られたとあります。

この生誕の地に 三代豊国五渡亭園 が造られた所以です。
タグ:歴史
posted by うめのはな at 06:00| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年12月13日

五の橋

明治通りは 1923年(大正12年)の関東大震災後の復興のため、1927年(昭和2年)の都市計画に基づき、東京初の環状道路となる「環状5号線」として整備されました。
oojmknhs (4).jpg
五之橋は明治通りに架かる橋。
oojmknhs (1).jpg
旧千葉街道の道標
 北詰東側の位置にある道標です。
旧千葉街道は両国橋から竪川の北岸沿いに東に通じ千葉方面にいたり江戸時代から佐倉道と呼ばれていました。
IMGP6189.JPG
本所・猿江・亀戸 村辺 絵図 嘉永4年 1851年
oojmknhs (2).jpg
首都高小松川線が 上を通っています。
親柱には電燈があって 立派な親柱です。
震災復興記念として、現在も残されている記念碑的なものです。

1659(万治2)年の竪川開削時、西方から一ツ目橋、二ツ目橋…と数えて五つの目の橋が架けられました。 
1684(貞享元)年に橋は撤去され、船渡しとなり 1695(元禄8)年、五百羅漢寺建立により、渡しの利用者が増え、「羅漢の渡し」や「五ツ目渡し」と呼ばれて親しまれたそうです。

 1879(明治12)年には木橋が架けられましたが、1923(大正12)年の関東大震災により焼け落ちてしまい、震災復興により、1928(昭和3)年に鋼橋に架け替えられました。
老朽化により 1975(昭和50)年に現在のものに再度架け替えられました。
タグ:歴史
posted by うめのはな at 06:00| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年12月12日

明治通り(らかん通り)

明治通りの五ノ橋から都営新宿線西大島駅がある新大橋通りとの交差点までの区間に らかん通り商店街があります。
oojmknhs (5).jpg
「らかん」の名はこの交差点脇に羅漢寺があることによります。
oojmknhs (6).jpg
らかん通り商店街
oojmknhs (7).jpg
かつてこの地に、元禄時代に彫られた五百体以上の羅漢像を持つ五百羅漢寺という寺がありました。
今の西大島駅付近にあったそうです。
hrsgs.JPG
江戸時代の五百羅漢寺  江戸名所図会 広重
総門を入り左手、天王殿の奥にある。三層の建物で上層は西国、中層は坂東、下層は秩父計百番の札所、観音の霊蹟を摸して百体の観音様を祀っていた。最上階からは周囲を見渡せる名所であった。通称を「さざゐ堂」という。
hrsgsse.JPG
 五百羅漢寺さざい(え)堂  広重 絵本江戸土産

明治になって没落し、二度の移転を経て目黒の地に移ってから再建されたとのことです。
mgrlakn.JPG
目黒区下目黒の目黒不動尊の隣 現在の 天恩山五百羅漢寺 です。

五之橋は明治通りを渡しています。地元では、「五ノ橋通り」、「らかん通り」などと呼ばれて親しまれています。江東区亀戸駅 都営新宿線西大島駅の中間です。
タグ:歴史
posted by うめのはな at 00:00| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年08月29日

ダイバーシティ東京 プラザ屋上

お台場、ダイバーシティ東京 プラザ屋上です。
dybbq (3).jpg
「劇場型都市空間」がコンセプトだそうです。
dybbq (4).jpg
バブルサッカーは屋上にあるフットサルのコートです。
バブルボールという 写真の透明なボールのような風船をかぶってするサッカー。
ぶつかっても痛くないし なんか面白そうだけど この時期は暑そう・・・・
5:5の対戦だそうです。
dybcti.jpg
プラザ屋上で 野菜や果実などを育てる事のできる都内最大級の貸菜園、都会の農園です。
dybbq (2).jpg
都会の農園に隣接の  BBQテラス。
持ち込みOKだし 食材予約で手ぶらでもOK.
準備も後片付けもしなくていいBBQ施設。
dybbq (1).jpg
まぁね〜この時期のBBQは 暑くてねぇ〜
はやく涼しくならないかねーー
タグ:イベント
posted by うめのはな at 09:51| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年08月28日

ガンダムベース東京

「THE GUNDAM BASE TOKYO(ガンダムベース東京)」が8月19日(土)に「ダイバーシティ東京 プラザ」7Fに オープンしました。
gndmpl (1).jpg
バンダイ公式のガンプラ(ガンダムのプラモデル)総合施設です。
gndmpl (2).jpg
エントランススペースには ビルダーさんたちの手により仕上げられた歴代ガンダムが1/100スケールで並んでいます。
ガンダムベース東京は4つのゾーンで構成。
gndmpl (7).jpg
「ガンプラビルダーズワールドカップ」世界チャンピオンなどのの大会作品展示もあります。
gndmpl (5).jpg
カマキリのような 作品。
消防隊と書いてあります。

ファクトリーゾーンでは「ガンプラ」の設計データや金型を実際に触ることができます。
gndmpl (3).jpg
「ガンプラ」のカラー別素材。
gndmpl (4).jpg
工作機械や設計体験などのコーナーも。
gndmpl (6).jpg
パーツに使われる素材

「ファクトリーゾーン」の隣には、ビルダーズゾーンがあります。
組み立て・塗装に特化した「ビルドルーム」「ペインティングルーム」が用意され 「ガンプラ」購入者は、約1時間の利用ができます。
ショップゾーン イベントゾーンもあります。
入場無料で 楽しい施設です。
タグ:イベント
posted by うめのはな at 08:39| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年08月27日

ユニコーンガンダム立像

東京・台場のダイバーシティ東京( 東京都江東区青海 )です。
gndm (2).jpg
9月から展示予定の「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」のユニコーンガンダムの“実物大立像”が建造中でした。
gndm (4).jpg
全高19.7mの実物大ユニコーンガンダム立像
gndm (3).jpg
フェスティバル広場で 9月24日(日)より「実物大ユニコーンガンダム立像」の展示を開始とのことです。
gndm (1).jpg
実物大ユニコーンガンダム立像オープンに先駆け8月26日よりフォトデッキが設置されるそうです。
この写真は 8月24日 のものです。

タグ:イベント
posted by うめのはな at 08:45| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年08月22日

亀戸浅間神社大例祭

少し遅くなりましたが 7月27日(土)〜28(日)二日間「亀戸浅間神社」において四年ぶりに例大祭がありました。
kmidsgn.JPG
東京都江東区亀戸に鎮座する浅間神社は室町時代 大永7年(1527)に鎮座してより490年の佳節を迎えました。
kidmiy.JPG
大神輿が出るのは 4年に一度です。
kidguj.JPG
神馬に乗る 宮司さん。
めずらしい光景です。

馬はいつも どこにいるのだろうか・・・
亀戸浅間神社は
霊峰富士山の守護神である、たいへんお美しい神様木花咲耶比売(コノハナサクヤヒメ)をお祀りしています。

境内には 多数の有形文化財や 富士塚があります。

タグ:神社・寺院
posted by うめのはな at 15:54| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年08月15日

深川八幡祭りH29年度 帰着

神輿は新川(中央区)で昼食をとったのち 永代橋へと向かいます。
29mtr3 (1).jpg
永代橋を渡ります。木遣り歌、手古舞がついて神輿の渡御を先導します。
29mtr3 (2).JPG
1807年(文化4年)祭り見物の群衆で永代橋が崩れ落ち たくさんの人が亡くなられました。
29mtreib.JPG
亡くなられた霊を慰めるため、永代橋は御輿を差し上げたまま渡ります。
29mtr3 (7).JPG
連合渡御の最後尾、しんがりは 深濱。
連合渡御で毎回最後を飾るのは、【深濱】です。
29mtr3 (5).JPG
深濱は町会ではないです。 昭和37年に深川浦漁業組合が解散。
以前の深川濱14か町の同士たちが神輿保存会を結成し神輿をくりだしています。
29mtr3 (6).JPG
富岡八幡宮に戻ってきました。
神主さんも バケツで水かけ。
消防士さんも おまわりさんも 神輿も 見物人も みな 最後の水かけでびしょ濡れ。
最後は めちゃくちゃ かけます。

深川の氏子各町を1周、約8キロを巡りました。
富岡八幡宮(発) - 東陽3丁目 - 大門通り- 扇橋公園前 -深川江戸資料館- 清澄3丁目 - 清洲橋- 箱崎町 - 新川1丁目 -永代橋 -門前仲町-  富岡八幡宮(着)

今年の水掛け祭りは 終わりました。
また 3年後!
タグ:イベント
posted by うめのはな at 08:56| Comment(2) | 江東区・江戸川区

2017年08月14日

深川八幡祭りH29年 水掛け祭

神輿をしばし見ていました。
29mtr2 (1).JPG
なんとなく 地元の神輿が来るまで と待っていました。
29mtr2 (8).JPG
見ていると 若い人が多いことに気が付きます。
女性もすごく多いです。
29mtr2 (7).JPG
こちらは 神輿の前を歩く隊ですが まだ子供ですかね〜
29mtr2 (5).JPG
町内の旗を先頭に 神輿がやってきます。
ここは 着物来た年配者が先頭です。
29mtr2 (6).JPG
下町の祭りに 東京スカイツリーが加わったという 場所です。
29mtr2 (4).JPG
冬木の神輿は 威勢がいいという評判です。
各町会の神輿はそれぞれ 特徴があります。
29mtr2 (3).JPG
消火栓から勢いよく水が・・・
ちゃんと 消防士の人ついています。
江戸の祭りは 伝統を引き継いでいく 若者の祭りって感じです。
なんだかんだいっても 東京は 若い人が多いのです。
29mtr2 (2).jpg
風船みたいに ふくらんだ 着ぐるみのお相撲さん。
腰の オレンジの弁から空気いれるのですかね〜
かなり年配の方でしたが 頑張っておられました。
でも 暑いわーーとつぶやいていました。
そりゃ そうだ・・・。
祭りは いよいよ 永代橋〜クライマックスへと 続きます。
タグ:イベント
posted by うめのはな at 08:30| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年08月13日

深川八幡祭りH29年度 連合渡御

今日は 深川富岡八幡宮の3年に1度の 本祭りです。
「深川八幡祭り」とも呼ばれ、赤坂の日枝神社の山王祭、神田明神の神田祭とともに「江戸三大祭」の一つです。
大小あわせて120数基の町神輿が担がれ、各町内会の大神輿50数基が勢揃いして連合渡御します。
29mtr (6).jpg
深川のお祭りは「ワッショイ、ワッシヨイ」の伝統的な掛け声です。
29tmok.JPG
朝 永代通りで富岡八幡宮前で神主さんのお祓いを受けてから 町内を練り歩きます。
29mtrf.JPG
「水掛け祭」と呼ばれ 沿道から清めの 水がかけられます。
29mtr (2).JPG
これが 一番前の先導隊。
29mtr (4).jpg
今年は 木場五丁目が 1番でした。
29mtr (3).JPG
1番 木場五丁目 
29mtr (5).JPG
2番 中木場
29mtr (1).JPG
沿道から 水がかけられます。
消火栓使ったりもします。
豪快です。
今日は ほどよい天気でなによりです。
7時半出発で 全部通るのに2時間はかかるかな〜
交差点での 信号待ちなどもあるし、なかなか大変です。
担ぎ手だけでも すごい人ですから。
1基 多いところは700人 少なくても400人の担ぎ手だそうです。
老若男女 みな笑顔で参加しています。
15番まで見て 移動です〜〜〜
この先 深川江戸資料館通りで 休憩があります。
タグ:イベント
posted by うめのはな at 09:48| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年08月06日

ちいさいおうち

東京メトロ東陽町駅徒歩3分くらいのところに 竹中工務店本社があります。
tknkkotk.JPG
竹中工務店本社前の オブジェ
この竹中工務店東京本店ビル1階にGallery A4 (ギャラリーエークワッド) があります。
このギャラリーは そんなに広くありませんが 上質の展示会を開いてくれて しかも 無料です。
たまに 散歩がてら 見に行きます。
今回は すばらしい展示でした。
ga.JPG
ヴァージニア・リー・バートンの『ちいさいおうち』
ー 時代を超えて生き続けるメッセージ ー
2017年6月1日(木)〜8月9日(水)
Gallery A4【ギャラリーエークワッド】(江東区新砂1-1-1 竹中工務店東京本店1階)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
tisn.JPG
【展示概要】
・ ヴァージニア・リー・バートンの生涯と絵本の紹介
・絵本原画,ダミーブック(試作絵本),スケッチブック,エスキース,リノリウムの原版,テキスタイル
・絵本『ちいさいおうち』に登場するおうちの再現モデル(約幅 1800mm× 奥行 1200mm× 高さ 1700mm)
・フォリーコーブ・デザイナーズの手仕事の紹介
・アリスティデス・デメトリアス氏(彫刻家 / バートンの長男)のインタビュー映像 他
「1942年にアメリカで出版された『ちいさいおうち』は 1954年に日本に紹介され,今も世界中で多くの子どもたちに読み継がれています.また,絵本作家としてだけでなく,テキスタイルやグラフィックの世界でも活躍したバートンは,多くの称賛を浴びました.
 この展覧会では,精力的に才能を開花させた彼女の生涯と,その作品の数々をご堪能になれます」紹介文より
ehnsmll.JPG
ちいさいおうち (岩波の子どもの本) 1954/4/15
バージニア・リー・バートン (著, イラスト), 石井 桃子 (翻訳)
「静かないなかに,ちいさいおうちがたっていました.やがて道路ができ,たかい建物がたち,まわりがにぎやかな町になるにつれて,ちいさいおうちは,ひなぎくの花がさく丘をなつかしく思うのでした.」内容紹介より
「ヴァージニア・リー・バート ンの『ちいさいおうち』」は 日本でも紹介され 一度はよんだことがある絵本かもしれません。
私も よく覚えています。
gyaa.JPG
貴重な原版や生原稿、スケッチや映像資料が並んでいます。
ヴァージニア・リー・バートンの生涯と作品の紹介はもちろんのこと 実際の絵本の数々を手に取って読めるコーナもあります。
絵本作家としてだけでなく、テキスタイルやグラフィックの世界でも活躍しましたから テキスタイルやペーパーワークの作品も展示してあります。
out.JPG
一番奥は、実際の「ちいさなおうち」の模型展示です。
入れません。

自然に囲まれた「ちいさなおうち」。時がたつにつれ まわりの都市化が進んで行きます。
高架に地下鉄。高層ビルに囲まれてしまった 「ちいさなおうち」。
あ家の持ち主の子孫がそんな 「ちいさなおうち」を、家ごと曳家で郊外に引っ越しさせました。
「ちいさなおうち」は また自然に囲まれた環境の中に戻ることができました。
とさ・・・
なつかしい ほのぼのするお話ですが 都市化が進む中の「ちいさな」おうち」には 子供ながら 心が痛みます。
これ 1954年のお話なんですよね〜
現代の予測のようです。

開催期間はあとわずか・・・・。
posted by うめのはな at 08:31| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年06月11日

ディズニーアート展

日本科学未来館です。
mridzy (4).jpg
Geo-Cosmos(ジオ・コスモス) は、日本科学未来館のシンボル展示です。
mridzy (1).jpg
ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法
2017年4月8日(土)〜9月24日(日)
日本科学未来館1階 企画展示ゾーン(江東区青海2-3-6)
mridzy (2).jpg
蒸気船ウィリー
ミッキーの生誕から「モアナと伝説の海」まで、約90年分のディズニー作品のオリジナル原画ら約500点が登場。そのうち、98%の作品が日本初上陸
mridzy (5).jpg
日本では11年ぶりの開催。
2006年に現代美術館で ディズニーアート展 開催しています。
mridzy (3).jpg
企画展エントランス です。
入り口が 『ファンタジア』に登場するミッキーの帽子になっています。

東京都現代美術館は現在 大規模改修中で休館です。
今まで 毎年夏休みの企画展は アニメ関係で すごい行列なのですが 今年は未来館が
夏休み中 混むのではないでしょうか・・・
お早めに!
posted by うめのはな at 08:13| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年06月04日

アジサイの季節

今年も紫陽花の季節です。
hriajsi (6).jpg
亀戸の旧中川河川敷遊歩道
hriajsi (3).jpg
300mほどの遊歩道に約2000株のアジサイ
hriajsi (5).jpg
西洋アジサイ ハイドランジア
hriajsi (1).jpg
ガクアジサイ
hriajsi (2).jpg
真っ白い花咲く北アメリカ原産のアナベル
hriajsi (4).jpg
アジサイの原産地は日本なのですが 改良した西洋紫陽花が増えてきましたね〜
私は 古来の日本アジサイが好きです。
タグ:
posted by うめのはな at 09:19| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年04月21日

散る桜 咲く桜・・・

今年は ソメイヨシノと八重桜が同時に咲いていました。
kmidskr (8).jpg
亀戸9丁目緑道公園桜
kmidskr (2).jpg
散り行く桜
kmidskr (1).jpg
満開だった桜も・・今年はおしまいです。
hnbrskr.jpg
花びらが帯のように白く 川面に浮いています。
kmidskr (4).jpg
そして八重桜が咲きました。
kmidskr (7).jpg
週末には満開でしょうか・・
kmidskr (5).jpg
かんざしのように 可愛い花です。
kmidskr (3).jpg
今年もまた 桜は春を楽しませてくれました。

割り込み記事でした。
タグ:
posted by うめのはな at 06:00| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年04月01日

麩まんじゅう

以前から 気になっていたお店に 行ってきました。
江東区東陽の イースト21近くの 東京では珍しい 京生ふの工場直売店  ふ清 さんです。
地元の人や業者さんなどしかわからないような 本当に目立たない場所にあります。
江戸年間京都に創業した老舗だそうで 東京で製造している京生ふ・細工ふ・京生ゆばは 毎朝つくりたてで 築地や高級料亭に卸されているそうです。
だから 小売りは売りきれたら終わりです。
fsyb (1).jpg
ふ清 江東区東陽7丁目
工場直売ですので 駐車場の車が止まっている 奥まったところに小さな窓口があって インターホンを押して待ちます。
窓口に本日の 商品の写真があり 売り切れ とか 本日は冷凍のみとか 書いてあります。
幸い まだふまんじゅうは ありました。
fsi (1).jpg
こしあん麩まんじゅう(160円)x3個、利休巾着麩(140円)x2個 これだけが残っていたので全部買いました。
午前中11時前に行ったのですが それで売り切れみたいでした。
fsyb (3).JPG
ヒモで縛ってあるのが利休巾着麩(白ごまあん)です。
fsyb (2).JPG
利休巾着麩(白ごまあん)のおおきさは 500円玉くらいの小さなものです。
本当に一口です。
包みは本物の笹の葉で濡れています。
初めて食べましたが 弾力があって もちもちしていて 表面はつるりとした滑らかさです。
餡が これまた上品な甘さで美味しかったです。
料亭の 甘味 お茶請けにぴったり!
fsi (3).jpg
手土産に・・と思いますが 当日しかもたないし 手に入れることすら難しそう。

ふまんじゅうは 初体験の感触 味 でした。
fseim.jpg
この次は生麩や 生ゆばにしてみようかな。
タグ:グルメ
posted by うめのはな at 09:46| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年03月31日

白もくれん

江東区内を東西に流れる汐浜運河沿いの「潮風の散歩道」(東陽1-1地先〜新砂1-3地先)は 白モクレンの並木道が きれいなのですが どうやら今年も終わりです。
sokzmokrn.JPG
これは ずっと前に写したものです。
見ごろのころは こんな風に咲いています。
hkmokurn (1).jpg
これは 別の場所の 白もくれんですが 黄色くなってやはり終わりかけです。
hkmokurn (2).jpg
殺風景な歩道に1本だけ植えられていますから とても目立っていました。
無電柱化された 道路で すっきりした 歩道にこれから また街路樹が復活しそうで 第一弾として今 花の咲く 白モクレンを選んだのかもしれません。
だとすると ・・・粋だなぁ〜と。
タグ:
posted by うめのはな at 16:14| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年03月30日

桜 三分咲きくらいです。

区役所へ行きました。
年度末ですごく 混んでいました。

近くの 桜の木です。
skr330.JPG
今日になって 花が開いて3分咲きくらいです。
skr3302.jpg
満開は 来週はじめくらいかしら・・・
楽しみです。
タグ:
posted by うめのはな at 12:42| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年03月08日

MOTサテライト

東京都現代美術館が休館中で MOTサテライト 2017春 往来往来【東京都現代美術館】という催しが街中で行われています。
motb (2).jpg
MOTサテライト 2017春 往来往来
2017年2月11日(土・祝)〜3月20日(月・祝)

開催日:木・金・土・日曜、祝日
開催時間:11:00〜18:00
入場料:無料


「MOTサテライト」とは、休館中の美術館が外に出て、アーティストたちや近隣拠点、住民とともに、場所や人、記憶や歴史と関わりながら、まちの魅力を掘り起こしていく試みです。
motb (1).jpg
MOTスペース1〜7(メイン会場)
1.【旧駄菓子屋】
2.【グランチェスター・ハウス】
3.【深川資料館通り商店街協同組合事務所】
4.【赤い庇の旧印刷所】
5.【F邸】
6.【平野の旧印刷所】
7.【リトルトーキョー】

主な展示は、工場跡地や地域拠点を活用した7か所の「MOTスペース」です。
商店街などに点在するカフェなどでも「MOTスポット」の小さな展示があります。

この清澄白河地区はブルーボトルコーヒーがオープンすたことで  コーヒーの街として知られるようになりました。コーヒーショップが数多くあります。

清澄白河は、江戸時代からの深川の歴史や史跡 古き良き時代の下町の雰囲気を残す町です。
歴史とかかわりながら 新しいアートの街としての魅力を掘り起こす 試みだそうです。
motb (3).JPG
現代美術館は 木場公園内にあります。
ここ・・・よく行くのですが アニメイベントでしか 混雑しているのを見たことないし すごく立派で 広いスペースがたくさんあるので 個人的には アニメ専門の美術館になったらいいなぁ〜と思っています。
少なくとも 赤字にはならないかも・・・・。
タグ:イベント
posted by うめのはな at 08:59| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年03月07日

清澄白河長屋

深川資料館通りです。
fkgw (3).jpg
東西に延びる約800メートルの長さに、100店ほどの商店が並ぶ通りです。
fkgw (1).JPG
深川めしの店などもあります。
fkgw (2).JPG
和風の店かと思えば これは 公衆便所。
fkgw (4).jpg
商店街から 清澄通りに出ると「清澄長屋(旧東京市営店舗向住宅)が並んでいます。
fkgw.jpg
昭和3年(1928年)に関東大震災の復興事業として東京市が建てたもので 全戸が間口二間半。
コンクリート造りで 戦災にも耐えてのこりました。
50個ほどだそうです。
レトロな 雰囲気でほっとする風景でした。
posted by うめのはな at 09:07| Comment(0) | 江東区・江戸川区