2017年04月21日

散る桜 咲く桜・・・

今年は ソメイヨシノと八重桜が同時に咲いていました。
kmidskr (8).jpg
亀戸9丁目緑道公園桜
kmidskr (2).jpg
散り行く桜
kmidskr (1).jpg
満開だった桜も・・今年はおしまいです。
hnbrskr.jpg
花びらが帯のように白く 川面に浮いています。
kmidskr (4).jpg
そして八重桜が咲きました。
kmidskr (7).jpg
週末には満開でしょうか・・
kmidskr (5).jpg
かんざしのように 可愛い花です。
kmidskr (3).jpg
今年もまた 桜は春を楽しませてくれました。

割り込み記事でした。
タグ:
posted by うめのはな at 06:00| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年04月01日

麩まんじゅう

以前から 気になっていたお店に 行ってきました。
江東区東陽の イースト21近くの 東京では珍しい 京生ふの工場直売店  ふ清 さんです。
地元の人や業者さんなどしかわからないような 本当に目立たない場所にあります。
江戸年間京都に創業した老舗だそうで 東京で製造している京生ふ・細工ふ・京生ゆばは 毎朝つくりたてで 築地や高級料亭に卸されているそうです。
だから 小売りは売りきれたら終わりです。
fsyb (1).jpg
ふ清 江東区東陽7丁目
工場直売ですので 駐車場の車が止まっている 奥まったところに小さな窓口があって インターホンを押して待ちます。
窓口に本日の 商品の写真があり 売り切れ とか 本日は冷凍のみとか 書いてあります。
幸い まだふまんじゅうは ありました。
fsi (1).jpg
こしあん麩まんじゅう(160円)x3個、利休巾着麩(140円)x2個 これだけが残っていたので全部買いました。
午前中11時前に行ったのですが それで売り切れみたいでした。
fsyb (3).JPG
ヒモで縛ってあるのが利休巾着麩(白ごまあん)です。
fsyb (2).JPG
利休巾着麩(白ごまあん)のおおきさは 500円玉くらいの小さなものです。
本当に一口です。
包みは本物の笹の葉で濡れています。
初めて食べましたが 弾力があって もちもちしていて 表面はつるりとした滑らかさです。
餡が これまた上品な甘さで美味しかったです。
料亭の 甘味 お茶請けにぴったり!
fsi (3).jpg
手土産に・・と思いますが 当日しかもたないし 手に入れることすら難しそう。

ふまんじゅうは 初体験の感触 味 でした。
fseim.jpg
この次は生麩や 生ゆばにしてみようかな。
タグ:グルメ
posted by うめのはな at 09:46| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年03月31日

白もくれん

江東区内を東西に流れる汐浜運河沿いの「潮風の散歩道」(東陽1-1地先〜新砂1-3地先)は 白モクレンの並木道が きれいなのですが どうやら今年も終わりです。
sokzmokrn.JPG
これは ずっと前に写したものです。
見ごろのころは こんな風に咲いています。
hkmokurn (1).jpg
これは 別の場所の 白もくれんですが 黄色くなってやはり終わりかけです。
hkmokurn (2).jpg
殺風景な歩道に1本だけ植えられていますから とても目立っていました。
無電柱化された 道路で すっきりした 歩道にこれから また街路樹が復活しそうで 第一弾として今 花の咲く 白モクレンを選んだのかもしれません。
だとすると ・・・粋だなぁ〜と。
タグ:
posted by うめのはな at 16:14| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年03月30日

桜 三分咲きくらいです。

区役所へ行きました。
年度末ですごく 混んでいました。

近くの 桜の木です。
skr330.JPG
今日になって 花が開いて3分咲きくらいです。
skr3302.jpg
満開は 来週はじめくらいかしら・・・
楽しみです。
タグ:
posted by うめのはな at 12:42| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年03月08日

MOTサテライト

東京都現代美術館が休館中で MOTサテライト 2017春 往来往来【東京都現代美術館】という催しが街中で行われています。
motb (2).jpg
MOTサテライト 2017春 往来往来
2017年2月11日(土・祝)〜3月20日(月・祝)

開催日:木・金・土・日曜、祝日
開催時間:11:00〜18:00
入場料:無料


「MOTサテライト」とは、休館中の美術館が外に出て、アーティストたちや近隣拠点、住民とともに、場所や人、記憶や歴史と関わりながら、まちの魅力を掘り起こしていく試みです。
motb (1).jpg
MOTスペース1〜7(メイン会場)
1.【旧駄菓子屋】
2.【グランチェスター・ハウス】
3.【深川資料館通り商店街協同組合事務所】
4.【赤い庇の旧印刷所】
5.【F邸】
6.【平野の旧印刷所】
7.【リトルトーキョー】

主な展示は、工場跡地や地域拠点を活用した7か所の「MOTスペース」です。
商店街などに点在するカフェなどでも「MOTスポット」の小さな展示があります。

この清澄白河地区はブルーボトルコーヒーがオープンすたことで  コーヒーの街として知られるようになりました。コーヒーショップが数多くあります。

清澄白河は、江戸時代からの深川の歴史や史跡 古き良き時代の下町の雰囲気を残す町です。
歴史とかかわりながら 新しいアートの街としての魅力を掘り起こす 試みだそうです。
motb (3).JPG
現代美術館は 木場公園内にあります。
ここ・・・よく行くのですが アニメイベントでしか 混雑しているのを見たことないし すごく立派で 広いスペースがたくさんあるので 個人的には アニメ専門の美術館になったらいいなぁ〜と思っています。
少なくとも 赤字にはならないかも・・・・。
タグ:イベント
posted by うめのはな at 08:59| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年03月07日

清澄白河長屋

深川資料館通りです。
fkgw (3).jpg
東西に延びる約800メートルの長さに、100店ほどの商店が並ぶ通りです。
fkgw (1).JPG
深川めしの店などもあります。
fkgw (2).JPG
和風の店かと思えば これは 公衆便所。
fkgw (4).jpg
商店街から 清澄通りに出ると「清澄長屋(旧東京市営店舗向住宅)が並んでいます。
fkgw.jpg
昭和3年(1928年)に関東大震災の復興事業として東京市が建てたもので 全戸が間口二間半。
コンクリート造りで 戦災にも耐えてのこりました。
50個ほどだそうです。
レトロな 雰囲気でほっとする風景でした。
posted by うめのはな at 09:07| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年03月06日

富岡八幡宮

地元深川の 八幡様に今年はまだ 参拝していないと思い 久しぶりに行きました。
tomok8 (1).jpg
富岡八幡宮 東京都江東区富岡1−20−3
先日の 東京マラソンでは この前で神輿を担いだりして 大賑わいでしたが なんと参道改修中でした。
正面参道入口を一新する工事だそうで 入れず 左の参道から境内に行きました。
tomok8 (4).jpg
富岡八幡宮 社殿です。
ここは 何度もブログで書いているので説明は省略します。
(05/03)深川散歩9 富岡八幡宮5 富士塚
(05/02)深川散歩8 富岡八幡宮4 境内社・末社
(05/02)深川散歩7 富岡八幡宮3 石碑
(05/01)深川散歩6 富岡八幡宮2 神輿
tomok8 (3).jpg
手水舎が新しくなっていました。
享和三年(一八二七)奉納の旧水盤は江東区の指定有形文化財となっており当宮資料館に収蔵展示されることになったそうです。
tomok8 (2).jpg
鳳凰型の吐水口からはセンサーで自動に給水されます。

今年は 本祭りの年です。
水かけ祭り・・・それはそれは盛大なお祭りです。
楽しみです。
タグ:神社・寺院
posted by うめのはな at 10:04| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年03月02日

深川江戸資料館

江東区深川江戸資料館です。
edfkgws (2).jpg
深川江戸資料館  東京都江東区白河1−3−28
edfkgws (3).jpg
江東区役所白河出張所を併設していて その前に 案山子コンクールの作品が展示されていました。
edfkgws (1).jpg
雛節句 開催中です。江戸庶民のひな祭りです。
edfkgws (4).JPG
企画展「歌舞伎と深川」2016年11月15日 〜 2017年11月12日
歌舞伎と深川はかなり縁が深い地です。
深川は七代目市川團十郎や四代目中村歌右衛門がこの地を愛し移り住んだ場所です。
また四世鶴屋南北、曲亭馬琴と言った歌舞伎作者ゆかりの地であり 東海道四谷怪談や髪結新三は深川が舞台です。
edfkgws (5).JPG
歌舞伎には、富岡八幡宮や木場、寺町などの当時の深川を象徴した風景や、そこに生きた人々を描いた作品が数多くあります。

展示内容
歌舞伎の誕生
江戸歌舞伎の形成
深川ゆかりの役者たち
歌舞伎の舞台
歌舞伎をめぐって

江戸時代に花咲き、現代に続く「歌舞伎」の世界を様々な角度から見ることができます。
posted by うめのはな at 09:05| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年03月01日

しだれ梅

江東区三好の祥雲山 善徳寺です。
zntkskr (3).jpg
善徳寺   東京都江東区三好2丁目16−7
曹洞宗の禅宗寺院です。
zntksdru (2).jpg
善徳寺のしだれ梅です。
1本だけ 本堂の前にあります。
今年は早かったのか もう終わりかけでした。
zntksdru (1).jpg
それでもちょこっと 可愛い花が咲いていました。
zntksdru (3).JPG
ほんらいならこんな見事に咲いているのです。
これは 何年か前に撮ったものです。
zntksdru (6).JPG
つまみかんざしのように 可愛いです。
zntkskr (1).jpg
山門脇に 鉢植えのさくらがありました。
zntkskr (2).jpg
桜もまた 可愛くて 春を感じました。
昨日は 暖かく穏やかな日でした。
タグ:
posted by うめのはな at 09:05| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年02月25日

水辺の鳥

続 旧中川の鳥たち
nkgwktr (1).JPG
セキレイ
nkgwktr (2).JPG
ツグミ
nkgwktr (3).jpg
カワウ
nkgwktr (4).jpg
ユリカメモ
東京の鳥。
タグ:生き物
posted by うめのはな at 10:06| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年02月23日

亀戸九丁目緑道公園「ポケットエコスペース」

旧中川沿いの 亀戸九丁目緑道公園にビオトープがあります。
kosagi (2).jpg
江東区では個々のビオトープの規模が小さいため親しみを込めて「ポケットエコスペース」(PES)と呼んでいます。
kosagi (1).jpg
ポケットエコスペースは、一般的な公園のような特定の園芸植物の生育を守るための維持管理と異なり、固有の生態系を乱さないことを目的として管理・運営を行っています。
現在区立公園に12箇所、小学校や幼稚園等に36箇所設置されています。
kosagi (4).jpg
コサギがやってきました。いわゆる白鷺と呼ばれる鳥。
きれいですね〜
コサギ(小鷺、Egretta garzetta)は、鳥綱コウノトリ目サギ科シラサギ属に分類される鳥。
kosagi (3).jpg
餌を狙っている様子。
魚類、カエル、ザリガニなどを捕食します。
タグ:生き物
posted by うめのはな at 09:18| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年02月22日

スズメたち

スズメ科のとりたち。
kmidktr (2).jpg
ヒヨドリ。スズメ目ヒヨドリ科。
kmidktr (1).JPG
これはムクドリ。スズメ目ムクドリ科で似ています。
ヒヨドリはくちばしと足が黒っぽいのに対し、ムクドリはくちばし全体、足が黄色。
kmidktr (3).jpg
スズメ。スズメ目スズメ科
スズメが羽毛を逆立てて冬の寒さに耐える様を「ふくらすずめ」と呼びます。
福来雀。福が来ると書きます。
kmidktr (4).jpg
雀の学校・・・お食事中です。
タグ:生き物
posted by うめのはな at 09:38| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年02月21日

河津桜とメジロ

甘い蜜を求めて 小鳥たちがやってきます。
mejiro (1).JPG
メジロたちの様子です。
mejiro (2).JPG

mejiro (4).jpg

mejiro (3).JPG

mejiro5.jpg
メジロを探せ。
タグ: 生き物
posted by うめのはな at 08:41| Comment(2) | 江東区・江戸川区

2017年02月20日

旧中川沿いの河津桜

江戸川区平井 旧中川沿いの河津桜が満開です。
kmidkwz (2).jpg
ピンクの花は一足早く春の訪れを感じさせます。
kmidkwz (1).jpg
50本ほどの河津桜が植えられています。
kmidkwz (6).jpg
ふれあい橋からみるスカイツリーと河津桜。
kmidkwz (5).jpg
JR総武線の電車が通ります。
おや?白い筋は何?
kmidkwz (3).jpg
うわぁ〜なんだこれ?
タグ:
posted by うめのはな at 09:05| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年02月05日

豊木橋〜平住橋

豊木橋〜平住橋の間にも 遊歩道ができていました。
oykpak (2).jpg
こちらは 横十間川親水公園の一部になります。
横十間川親水公園は この先も2kmほど続きます。
oykpak (3).jpg
植えられて間もないのか 若木の河津桜が1本咲いていました。
oykpak (4).jpg
芝生の桜の木は植えられたばかりなので養生中。芝生は立ち入り禁止。
oykpak (5).jpg
ほんとに短い距離(120mほど)の遊歩道ですぐ平住橋交差点です。
ここは以前太鼓橋のような急な坂の交差点でしたが 改良されて平らになりました。
青い矢印は自転車用だとか・・・・車道に どんどん増えています。
道路走るのは ちょっとこわい気がします。
タグ:公園・庭園
posted by うめのはな at 07:42| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年02月04日

大横川河津桜

河津桜が咲いているというので見てきました。
2017kwz (4).jpg
江東区 大横川沿い
豊木橋から茂森橋の間。
2017kwz (3).jpg
茂森橋からも入れるよう 遊歩道が整備されていました。(以前は通り抜けできませんでした)
2017kwz (2).jpg
満開ではなかったですがそこそこ咲いていました。
2017kwz (1).jpg
豊木橋をはさんで 南側の河津桜はこれからのようです。
もうすぐ 次々と咲いていくことでしょう。
タグ:
posted by うめのはな at 07:40| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年01月24日

亀戸七福神

七福神は、七難を除き、七福を与える神々です。
鬼畜邪神封じの結界、風災、火災、水災、地震、強盗、盗難、詐欺など七つの禍を消しさり、福徳を叶えてもらうもので 各地にあります。
kame7 (2).jpg
亀戸七福神 御開帳は1月15日まで
常光寺の寿老人、東覚寺の弁財天、江東天祖神社の福禄寿、龍眼寺の布袋尊、普門院の毘沙門天、亀戸香取神社の恵比寿神、大国神。
kame7 (1).jpg
御開帳の時期ではなかったのですが 深川七福神は歩いたことがあります。
これは 私のつたない絵です。
亀戸もいつか歩いてみたいです。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:00| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年01月23日

亀戸天神鷽替神事

亀戸天神に行く途中 ガードレールの支柱が鷽になっているところがあります。
kmidtnjn (3).jpg
亀戸天神前のものは彩色されています。
kmidtnjn (4).jpg
亀戸天神の鷽替神事は、江戸時代の文政3年(1820)に始まったそうです。
今までの悪いことを“うそ”にして、吉事に取り(鳥)替えよう」(今迄のあしきもうそとなり吉にとりかえん)というお守りがありますが これは1月24・25日に現地へ行かないと手に入らないものです。
木彫りの鷽は、約3万体が用意されるそうですが 完売してしまうとか。
kameidous.jpg
「鷽」と「學(がく。学の旧字体)」の字が似ているので、学問の神様である天神様と縁があるとか 太宰府天満宮のお祭りの際、人々が大量の害虫で困っていたところ、鷽が駆除してくれたとの言い伝えもあるそうです。
明日あさっては 新しい木彫りの鷽を求め 鷽替えをする人でにぎわうことでしょう。
タグ:神社・寺院
posted by うめのはな at 09:34| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年01月07日

旧中川の葦

亀戸浅間神社の関東一の茅の輪は直径365センチメートル、太さ約30センチメートル、重さ約300キログラムです。
その茅は 旧中川から刈り取られトラックで神社境内に搬送されます。
knkgwas (4).jpg
旧中川です。
東京都江戸川区と墨田区、江東区の境界を流れる全長6.68kmの河川。
名所江戸百景に葦が茂り、鷺が舞う風景が描かれています。
knkgwas (5).jpg
名所江戸百景「逆井のわたし」 歌川広重
knkgwas (3).jpg
旧中川は、水害から守るため、平常水位を地盤面以下の一定水位に保つ「水位低下河川」となっています。
水質浄化 生物生息のため葦 ヨシなどが植えられています。
knkgwas (2).jpg
旧中川の中州にはカワセミ専用に作られた島があります。
島に渡る 飛び石まであります。
knkgwas (1).jpg
釣りをする人がいますが 営巣の時など 対岸にはカワセミを写そうとカメラを構えた人が並ぶそうです。
カヌーやボートの練習場が近くにあり これからだんだん見られなくなるかもしれません。
旧中川は2020年東京オリンピックに向け、ボート競技の練習場に認定されこれまでよりも多くのカヌーやボートが通ることになります。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 10:44| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年01月06日

関東一の大茅の輪

亀戸浅間神社です。
ksegen (2).jpg
亀戸浅間神社 東京都江東区亀戸9丁目
霊峰富士山の守護神である 木花咲耶比売(コノハナサクヤヒメ)をお祀りしています。
木の花(桜の花とされています)が咲くように美しい女性だといわれています。
平成29年は、室町時代 大永7年(1527)に鎮座してより490年の佳節を迎えます。
『夏越しの大祓・年越しの大祓』の時に、関東一の大きさの『茅の輪くぐり』で有名な神社です。
ksegen (1).jpg
亀戸浅間神社境内の 関東一の大茅の輪です。
茅の輪の葦は、旧中川河川敷から刈り取り 境内で仕上げます。
31日(月)大晦日午後5時より年越しの大祓い神事があります。
新年は1月6日までです。
タグ:神社・寺院
posted by うめのはな at 09:14| Comment(0) | 江東区・江戸川区