2020年09月03日

大長ナス

何年か前 大分に住んでいる友人から 長ナスを送ってもらったことがある。
40cmほどの 長いナス。
そんなに長いナスを見たのはそのときが初めてで どうやって食べるのかすらわからなかった。
たくさんあったので 食べきれなくて息子の家にもあげた。
息子たちもどうやって食べるのかわからなくて いつものナスのように浅漬けにして搾ってみたら・・・
「とろとろ溶けて小さくなってしまいました」と言って笑っていました。
ところが 「煮物」にしてみたら これが絶品。柔らかくてすごく美味しいと喜んでいました。
実は私も 油揚げと一緒に薄味で煮物にしたら 本当にとろけるようにやわらかくて美味しいので驚いたものです。
これは いいと思い ナスの季節にスーパーなどで探すのですが
なかなか売っていません。
ちょっと長めの 20cmくらいのものはあるのですが
4個分はあるという40cmほどの長ナスは売っていません。
それでも特別なスーパーで ごくまれに売っているのを見つけては買うようにしていました。
今年の夏は この長いナスを見かけます。特定のスーパーだけにしか置いてないです。
naganasu.jpg
見つけたときはうれしくて すぐ買いました。
1本250円。
普通のナス4個ぶんはあるので1本買えば ちょっとした煮物には十分です。
実は大長ナスというそうです。
特徴は果肉が柔らかいので 揚げ物などには適さないということです。
この大長ナスは 主に九州で栽培されているそうで
この大長ナスも 熊本産でした。

昨夜のおかずは ナスとあぶらあげの煮ものを1品つけて 美味しくいただきました。
手に入る店がみつかって よかったです。

大分の友人とも コロナで全く会えません。
年に何度か こちらに来ていたのに コロナじゃ来れません。
そりゃ 東京にいる友人や 息子たちにも会えないのですから
しかたないですね。

旅行どころか 実家にも行けないし バスや電車に乗ることも怖くてできません。
いつになったら 安心して出かけられるようになるのだろうか・・・
これじゃ
美味しいものも食べに行けないし 期間限定の古い洋館も見に行けない。
たのしみがなくなって残念です。

だから 大長ナスが食べられたことに喜びを感じる今日この頃です。
タグ:グルメ
posted by うめのはな at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187870819
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック