2020年03月29日

非日常の出来事

家にひきこもり 外に出ないようにしていたのに
この時期一番出かけたくないところに 行くことになってしまいました。

金曜夜に夫の具合が悪くなりました。
脈が異様にはやくなりました。
それが昼過ぎから続いていたそうで
「なんで もっとはやく言わないのよ。そうすりゃ いつもの医者にいけたでしょうが〜」
「それが なんとなく息苦しいと思っていたけど 血圧計で計るまで わからなかった」
「どこまで にぶい人なんだろう・・・医者行く?」と聞いても
あいまい。ぐずぐず・・・。
「それ ほっておけないよ。私もそうなんだから よくわかるし・・・」
で 医者を探すことにして
「ひまわり」に相談したら 「救急車対応です。こちらから呼びますか?」と言われたのですが
本人は 歩けるし 喋れるしで 対応病院だけ教えてもらいました。
でも 候補病院 電話しても
「専門医がいない」
「検査ができない」
「処置しても 明日診察できない」

とかわけわからない 理由で 断られました。
そこで 東京 ER 電話で予約して行きました。
もちろん いろいろ聞かれます。

タクシーは自宅前ですぐ つかまえられます。
タクシーなんか 乗りたくなかったです。
でも 救急車はもっといやです。
運転手も 私たちも車の中では 無言。
下りるときに 運転手さんが 一言。
「お大事に・・・」

コロナの入口は別なので そこはわかっているみたいでした。

当然 入り口では
「熱はないですか?海外に行ってませんね?」
と 聞かれました。

待合室は幸い 数人いただけで 受付すませ 熱 血圧計ると 「トリアージ」
患者すくなかったし脈がはやいので すぐ 呼ばれました。

私は待つこと1時間半。
途中 医者が説明に来て
「どうやら 今日は帰宅できそうですからね。もう少しお待ちください」

待合室は結構広くて みな ぽつぽつと 離れて座っています。
待っている間に
抱っこされた赤ちゃんが 一人 二人・・とやってきました。

これも すぐ診てもらえたのですが
抱っこされている赤ちゃんの泣き声が
普通の泣き声じゃなくて
「ひぃ〜〜〜〜ひぃ〜〜〜」と弱弱しかったのが気になったところです。

ERははじめてでしたし この時期落ち着かなかったです。
でも 熱や咳のある人は 別みたいでした。
救急車で運ばれてくるような 重傷者も別入口で 奥に 救命救急センターがありました。
コロナ対策の 入り口も別でした。

待っているとき 
「着ていた防護服 全部脱ぐので 処分してほしいって 連絡あったのですが・・」
と 電話しているのが聞こえてきて・・・

うわ〜〜来たのか!
いやだなぁ。どこに運ばれるんだろうか・・って 気になりました。

一番避けていた場所に いたのですから 本当にいやでした。

幸い 点滴で薬をいれただけで 症状が落ち着いたので 私も中に呼ばれて 説明。
帰宅できることになりました。
結局 私と同じ薬を使ったようです。
「おまえもか・・」な 感じです。

週明けに 専門医の予約を入れてくれて 院内処方で薬を貰い 会計。
1万円弱でした。
いろいろ専門的 検査があったにしては 安いかな〜って 思いました。

本人はぴんぴんしていて タクシーで帰るのかと おもったら バスで帰るという。
本当は私も疲れていたので 「ケチ・・」と 思いながら
バス停まで 5分ほど歩きます。
すぐバスはきたのですが 私は自宅すぐそばに止まる次のバスに乗りたかったのに
そのバスに乗るという。そのバス停からは 5分ほど歩かなくてはいけません。
しかたなく 乗りましたが バスもいやだったですよ〜
どこにも触れないようにして 手袋をして 乗っていました。

その夜は 風が強くてね〜
バスを下りて 歩いていた時もよろけるくらい・・・
途中 飲食店前で騒いでいた 20人ほどの 若者の群れをみて
「この馬鹿どもが・・・少しは自粛しようって思わないのか」と 怒り。

私はへろへろなのに 当の本人は 元気になっていて どんどん歩いていって息切れしている
私に 気を使ってくれることもなく帰宅。

ようやく 帰宅してすぐ 風呂場でみぐるみ脱いで洗濯機に入れて シャワー。
そうじゃないと 気持ち悪いです。

夜 10時過ぎでしたが
夕食の支度をしてあったのに ご飯を食べずに出かけたので 
ご飯を食べなきゃ・・と思うのですが 私は全く食欲がなくて。。。

「食べないの?」って聞かれて 
「こいつ なんだ?あんたのせいで 深夜になったのに しかも治療受けたあとなのに
よく 食欲があるなぁ・・・」と。いささか 飽きれておりました。

緊張したし バタバタしたし いつもより多く歩いたしで
つかれたのか 今度は私の具合が悪くなってしまって・・・
同じように 脈がはやくなってしまって
発作時に 飲む薬をのみました。

夜中も眠れなくてね〜いつもと違う日だったので神経が高ぶっていたようです。

それなのに ぐっすり眠っているらしく いびきが聞こえていて
大事にならなかったのは いいけれど 全く こちらの心配はしてくれないんだ・・・と
眠れないまま朝を迎えました。

おかげで 昨日は 一日 なにもせずに 寝ていました。

思いもかけず 外に出て すごく不安でした。
自粛というのに この時期外で 遊ぶ人の気が知れません。

はやく世の中 平穏になって 落ち着くといいのですが。。。。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 07:26| Comment(10) | TrackBack(0) | エトセトラ
この記事へのコメント
大変な一日になりましたね
ご主人も心臓が弱いのですか?・・・
救急病院は受け入れてくれるところを探すだけでも時間がかかりますね。
でも何とか落ち着いたようですしご主人の食欲もあるようで良かったですよね。

今この時期に病院へは行きたくないけど仕方ないですよね〜
うちの夫もこの2,3日具合が悪くて寝てますが
ひょっとしたら急で行かないといけなくなるような気もします
透析病院に電話して今から相談してみます。
嫌やなぁ〜病院なんか行きたくないよねぇー。

うめのはなさん、お疲れさまでした。
Posted by nokko at 2020年03月29日 14:31

>「おまえもか・・」な 感じです。
 
この場合の「おまえもか・・」はブルータスおまえもか・・”に通じるものなのでしょうか
なんか二人のやり取りを窺っていると シリアスなんだけどブラック・コメディみたいです
梅の花さん にしてみれば冗談じゃ済まされないと思いますが
そんな中 救命救急センターへ飛び込んで行くわけですから
今は患者も医療関係者も神経ピリピリしているでしょうね
それにしてもですね
 
>「なんで もっとはやく言わないのよ。・・・・ 」
 
そもそもだいたいそうやって 怒るから なかなか言い出せないのです(と 僕は思います)
 
>「どこまで にぶい人なんだろう・・・医者行く?」
 
・・・そこまで言う!? ぐずぐずもしたくなるわナ〜(と 僕も思います)
 
旦那さんも言われっぱなしじゃなく
点滴で少しは元気になったのですから 少しぐらいは言い返さないと
『せっかく外に出てきたんだから 帰りにうなぎ”の特上でも食べていくか?』ぐらいのことは
そしたら 梅の花さん は きっと倍返しで・・・・・(。-_-。)
 
 それにしても 大変な非日常な一日になりましたね(_ _,)>(;^_^A

Posted by さんほ at 2020年03月29日 15:24
>nokko さん

お久しぶりです。
最初にお願いです。PCのブックマーク消えてしまいURLわからなくて そちらに行けません。URL書いてください。m(__)m

夫が頻脈になったのは はじめてです。
その前にもあったのかはわかりませんが なんせ鈍感な人ですので 気が付かなかっただけかも。
こちらは 経験あるのですぐ医者にいかなければならないとわかっていたから 段取りつけられました。

でもERってありがたいと思いました。
みな優しかったし 医者も丁寧でした。
ちょっとこの時期の医者は怖いですけどね〜

旦那様も 大事に至らないといいですね。
いざというときは ためらわず救急車がいいですよ。
お大事に。。。
Posted by うめのはな at 2020年03月29日 21:03
>さんほ さん

「おまえもか」はブルータスではないですね。
何も同じ症状にならなくても・・って あきれた感じ。

怒るから 言いだせないのではなくてね ぐずぐずしてかたら 言いたくないことまで言わざるを得なかっただけ。そもそも 昼に言えば ERじゃなくてすんだんです。それなのに 帰りはこちらがバテているのにも気が付かないのですから もうがっかりです。

そのせいで 私も頻脈になって苦しいのに ぽかーんとしていただけなんです。言い返てせっこないです。
男って ほんと役に立たないんだから。。。

夜遅くてねーうなぎどころじゃないですよ。とにかく はやくシャワー浴びて 着替えたかったです。コロナ怖いです。
Posted by うめのはな at 2020年03月29日 21:14
うめのはなさん、おはようございま〜す。

男の人は若いうちは頼りにもなるんですけど
年齢が増すごとに子供より手がかかりますね〜
うめのはなさんは相当頭にきたようですね(^.^)
うちはそんなの日常茶飯事ですよー。
夫は夕べは辛かったようですが今朝は透析日なので
病院が見てくれるので何とかなるでしょう。。。

東京のコロナ感染者がどんどん増えて怖いね・・・
大阪もジワジワ増えてますよ
こんな状況でお花見している若者グループにインタビューしてましたが
グダグダと屁理屈言ってて腹が立ちました
若さって危機感ないのか?って思いますね。

うめのはなさんも旦那様も体調は大丈夫かな?


追:さんほさんはウナギ好きやねぇ、、、(~_~;)
Posted by nokko at 2020年03月30日 08:45
>nokko さん

URLありがとうございました。
さっそく 拝見させていただきました。

私も夫も 小康状態です。
夫は循環器科の予約入っていて 大病院で診てもらえるのですが 私はいつものクリニックです。ちょっと妬ましい感じですよ(笑)

男の人って だんだん空気読めなくなるというか 気が利かなくなります。周りの補助がないとダメないきものなのかもしれないと 最近思うようになりました。うちは わがままではないのですが まわりが見えていない症候群という気がします。

もっともわたしは かなりわがままなので えらそうなことは言えません。

日々 平穏。なにもおこらないのが一番幸せなのかもね〜

コロナ 東京は院内感染と 夜の盛り場(風俗?)国籍わからない人が増えています。
国内感染者の3分の一は 外国籍だそうですよ〜
いやですねーーー。
Posted by うめのはな at 2020年03月30日 11:16
>男の人は若いうちは・・・・・・
 
>男の人って だんだん・・・・・
     ・・・・とダメないきもの・・・・
 
あんた達 ふたりのお姉さん方がタッグを組み
尊敬し慕うべきであろう男子をそこまで言い放つとは
いい加減にしてくださいよ(。-_-。)
旦那さんには旦那さんなりの男の言い分って云うものがあるはずです
それを黙って聞いている訳にはいきません
男の端くれとして一言申し上げます
 
  ・・・・・タヨリニナラズ キガキカズ スミマセン ゴメンナサイ (_ _,)
Posted by さんほ at 2020年03月30日 16:24
>さんほ さん

さんほさんの 奥様もぜひ 仲間にお誘いください。
賛同していただけると 思います。

尊敬し慕うですって?
いつの時代の話ですか。

悔しかったら 自分で飯つくり子育てをしてみなさいな。奥様の有難味がわかるというものです。

女は一人でも 働き 稼ぎ 子を育て 生活できますよ〜
Posted by うめのはな at 2020年03月30日 21:12
>・・・・有難味がわかるというものです。
 
有難味は分かっているつもりです
でもしかし男だってやる時はやります
もし部屋の電球が切れたら誰が取り換えるというのですか?
例えばもし二階の雨どいが風や何かで外れた時など誰が直すというのでしょうか?
もし押し売りが強引にモノを売りつけようとしたら誰が撃退するのでしょうか?
よく考えてみてください( ̄ー ̄)
普段はボォーーっとしていても やる時はやりますので(*・・*)>(。-_-。)
 
Posted by さんほ at 2020年03月30日 23:44
>さんほ さん

家族 夫婦っって 存在しているだけで 有難味は感じていると思います。

男も女も やるときにはやるのも当たり前です。
電気の球なんぞ 女も替えます。
家の修理は 業者に頼めばいいことだし そういうことではなくて いざというとき 男には 気が付かないことが多いってことですよ。

奥様に一度 聞いてみたらいかがでしょう。
それぞれの家庭の 考えや状況は違いますので 私のところと比較しても参考にはなりませんね。
Posted by うめのはな at 2020年03月31日 07:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187321738
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック