2020年03月16日

医者へ行くのが怖い

やっとの思いで 医者に行きました。
このご時世 医者に行くのも命がけ。そんな気がして 2〜3日前から憂鬱だったのですが
薬が切れて 行かざるを得ませんでした。
クリニックのHPには お薬だけのかたは御相談ください と 申し込み 相談フォームがあるのですが
慢性病などと指定されていたため 私には無理だと 勇気を出して 医者に行きました。
医者に行くのに 勇気をださなきゃいけないなんてね〜

薬だけの人がいるのだからきっと 少しはすいているに違いないと思ったのが 間違い。
いつもどおり混んでいました。
それでも 診察1時間前に行って 5番目。
やはり1時間半は待ったのでした。

それが 隣の女性が 鼻ぐじゅぐじゅで 鼻などかんだりして
マスクはしているけれど すごくいやな気分になりました。
若い人なので 「アレルギーかな?」「風邪かな?」と思っていたら
「熱計ってください」と体温計を渡されていたので
「こいつ 風邪かな?もしかして 軽いコロナかな?」などと
もうそれだけで 逃げたくなりました。

心持ち椅子をずらして 顔を背けていましたが
どうにも気分のいいものではないです。
そのお姉さんは マスクをしていて 咳するときは ちゃんとマスクの上からでもハンカチで口を押えていて
マナーはいいようです。
でもねーー持病がある私たちにとっては とても怖いのです。
コロナだったら・・・なんて 皆思いますものね。
だから 医者はいやなんですよ〜

そんな風にしているうちにも 患者はどんどん来て ずらりと順番待ち。
その中にも 咳をしたりする人がいて 誰かが咳をすれば
一斉にそちらを 白い目で見る。そんな光景が見られました。
アレルギーかもしれないし ただの風邪かもしれないけれど
見えない恐怖というのがありまして 誰もが疑心暗鬼になるのです。

ウィルスに色でもついていたら 見てわかるのに
見えないから 余計怖いのです。

おまけに 医者というのは慢性病の高齢者が多いですしね〜
たまに若い人がくれば それは 風邪とか熱とかだったりするので
具合がわるいのなら 仕事に来ないで家で寝てろ といいたいですが
そうもいかないのが 日本の社会でしてね・・・・。
とにかく この時期の医者は怖いです。

みなさん マスクはしています。
マスクがない という割には みなさん マスクですので どうにか都合をつけているのでしょうね。

看護師はみなマスクしていましたが 医師はしていませんでした。
安心感与えるためなのだろうか・・・まさか マスクがないわけでもあるまいしねーーー。

とまぁ いつも通りの処方をしてもらい 帰宅。
家に着くなり 風呂場でシャワー。
マスクを捨てて 手を消毒して 頭からシャワーで 身を清めました。
「あんな怖いところ行きたくない」そう言いながら 洗い流して 着ていったものも洗濯機へ。
ちょっとやりすぎかもしれませんが 持病あるからやりすぎくらいがちょうどいいかもしれません。

東京も コロナ感染者増えてきていて
都内あちこち出ているらしいです。
都では 区や市の 名は言いませんが 特別区の区は 他の県の市と同じ扱いですので
各区ごとに お知らせしているはずです。
江東区も豊洲の保育園の人が感染したとき メールで入りました。
千葉県の人でしたから 都の感染者ではありませんでしたが 勤務先ということでお知らせありました。
他の区や市でも会社名など 特定されていますね。
もうどこで 出ても 驚かないし ある程度はしかたないのかなぁという感じです。

来月にはどうなっていることやら・・・。
少しは収まっているといいけれど 医者が怖いのは いやなものですよ〜
みなさん どうなんでしょうね。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 11:58| Comment(4) | TrackBack(0) | エトセトラ
この記事へのコメント
今 電車の中や人が多いところで咳”でもしたら
周りの皆からジロッて見られ
そのプレッシャーから また咳”が出そうになる恐怖感
ひどい時には喧嘩騒ぎにもなるようで (*・・*)
なんともはや すごいご時世になったもんです
今 大変なのは花粉症の人たちで
人混みの中でくしゃみ”をしたら
すぐそのあとで「花粉症です」と自己弁護するみたいです
言う勇気のない人は マスクに《花粉症》と書いておく人もいるようです
 
先月の話:呑み友と二人で居酒屋へ飲みに行くとき
バス停でバスを待っていたら その呑み友”がくしゃみ”5連発
バス停で待っていた他のお客さん(年の頃なら同じ位のオバサン)がバックからマスクを取り出し
呑み友”に向かって「コロナじゃないよね!?」と言いながらマスクを差し出した
それが一か月前、、、今だったら どうなったでしょうか(。-_-。)
 
その呑み友”が今日夕方電話をくれた
昨夜から悪寒がする、今朝から鼻水が少し
熱は少しあるみたいだ 咳・くしゃみは無い
とこちらの質問に答えていた まぁ大丈夫だろう と 思う(_ _,)
で 電話の要件は そんなわけでしばらく飲みには行けないそうだ(_ _,)>(=^_^;=)
 
追:
新型コロナウイルス感染は 海外と比べると日本では抑え込んでいますね
3/7〜3/15が一つのピークだと思います(まだいい切ることはとても出来ませんけど)
このまま収束すればいいんですけど、希望的観測と言うか楽観的希望です
 
追の追:
ウチのカミさんが この前 マスクを娘に送ったのに、今度は息子に(一箱)送りました
せっかく親戚から一箱送ってくれたのを 東京に住む息子に 電車通するからでしょう
マスクを送るついでに お米や乾麺・ティッシュやアルコール消毒液その他いろいろと
ウチのマスクも残り少なくなってきました 何時になったらマスクは出回るのでしょうか?

Posted by さんほ at 2020年03月17日 23:26
さんほ さん

私も花粉症で くしゃみや鼻水出ます。
できるだけ 外に出ないようにしていますが 人前で くしゃみや鼻をすするなんてとてもできませんね〜花粉症バッジでもつけていないと 誤解されそうです。コロナの初期も 同じような症状らしくて 困ります。

お友達 ただの風邪だといいですけれど・・この時期なんとも言えませんね。この際 しばらくは居酒屋など行かないほうがいいと思います。

追:
ピークは今からじゃないかなぁ・・
海外からの帰国組が お持ち帰りしていますしね〜何度か 山がありそうですね。
収束は 五月になるかも いや 夏まで・・
五輪はどうなんでしょうね〜
世界中で収束しないと 選手が来日できないでしょうし。

追 追・
奥様は 子供思い 当然です。人口密度も 環境も違うでしょうしね。布製マスクで 頑張りましょう。
マスクは 当分市場には出回らないでしょう。
まず 医療機関と福祉施設。これが 先です。
早朝から並んで 運がよけりゃ買える店もあるらしいです。
Posted by うめのはな at 2020年03月18日 06:10
>五輪はどうなんでしょうね〜

五輪は無理でしょう
なんでもIOCはWHOの意見・指示を尊重のようなことを言っています
そのWHOは世界のWHOではありませんので 動きが怪しい
IOCがWHOの判断を参考にして決めるには
WHOの終息宣言(この場合は収束ではなく)なるものが必要
終息宣言なるものは、その地域において28日間(約一か月)新しく感染者が出ない事が条件
ですので 7月の五輪はちょっと無理
五輪憲章に『4年に一度の祭典』とうたわれているので このままですと中止
もし最悪延期に持ち込みたいのであれば五輪憲章を変えなければならない
なのでJOC(日本政府)は早く動いて最悪にならない様に活動したほうがいい
当然もう動いていると思いますが
Posted by さんほ at 2020年03月18日 08:59
さんほ さん

私を含めて多くの人は 今年の五輪は無理 と思っているでしょうね。東京オリンピックとは言え 絶対権力者はIOCですので それに従うしかないのが あの札幌でマラソン で よくわかりましたから 日本は何も言えないのでしょう。しかし 別のシミュレーションは粛々とやるべき・・やっているかもしれませんね。IOCだとか WHOとかは 自分たちの利益しか考えていないようですもの・・・。

とにかく早く決めないとますます 混乱。そして中止ということになってしまいそうです。延期ならはやい決断が必要ですね。

WHO・・あえて AHO と呼びたい私です。
ふぐ毒のような名前の人も信用できないわ。
Posted by うめのはな at 2020年03月18日 21:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187278080
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック