2020年02月08日

マスクがないってね。

年度末が近いので あれこれ用があって 人に会うことも多くなっています。
マスク姿も多いです。
街なかは マスクしていない人もチラホラいますが やはりマスク姿が多くなりました。
私は 外に出るときはいつもマスクをしているのですが
なんでもない時は 「風邪でもひいているのだろうか」という 目でみられていました。
今は マスクしていない人を見かけると 「なぜマスクしていないのだろう」そんな目で見られるのではないかと思います。
気のせいか マスクしていない人は うらやましそうな目で見る気がします。
マスク手に入らないのだろうか・・なんて ちょっと同情したりもします。

マスク売っていないですね〜
あっと言う間でしたね。
どこにもないです。
たまに 入荷してもあっという間に売り切れるらしいです。
大変ですね。

私は花粉症でアレルギーがあるので 年中マスクしていますから 自宅にいつもある程度ストックしていたので
困ってはいません。マスクがなくなる前に余分に買っています。
それでも どのくらい長引くかわからないので 生協などで 見かけると注文するのですが
こちらも 抽選になってしまって 手に入りません。
少し前までは 安売りまでしていたのに 需要が多すぎて 供給が間に合わないようです。

困るのは医療関係のマスクがなくなることでしょうね。
市販のものとは違って ちゃんとしたものでしょうからね。

マスクの生産は今まで 8割が中国生産で 輸入していたそうですから
中国からは入ってこないので 増産といっても 追いつかないのでしょうね。

アルコール。これも 手に入りにくいそうです。
アルコールまで売りきれるとはね〜
うちは これも いつも使っているものがたくさんあるので まだ大丈夫です。

日本人はもともと清潔好きなのですが 外国人は それほど気にしないようです。
アメリカ人が日本に来たとき 
「なぜ マスクをしているのか」と聞かれ うまく答えられませんでした。
たまたま 箱根に行ったときだったので
硫黄の匂いのせいか 「Oh ! smell 」と妙に納得していましたが
そう単純じゃないのですよね〜

花粉症もあるし 風邪をひいて人にうつしちゃいけないという マナーもあるし
粉塵 ホコリよけ など理由はさまざまですしねーー
顔隠しのためなんて どうにも説明のしようがないです。

欧米では マスクをすると感染症になっていると 誤解されますからね。
でも この時期はそうは言っていられません。

なんでも 聞けばニューヨークでも マスク売り切れだとか。。。
世界中マスク姿になりそうな勢いです。

マスクはいちおう 咳エチケットな効果なんですが
この時期は人に会うときは 必要ですよね〜
喋ると 唾は飛びますしね。

でも 品薄じゃねぇ・・・・。

コロナウィルスで 役所からメールも何度か入ってきていて
もちろん 東京都のお知らせなんですが
保健所だ 相談所の連絡先とか書いてありました。
そうやって こまめに連絡してくれるのは ありがたいですが
接触者といったところで
満員電車の中じゃ どなたが 感染者かなんてわかりませんものねーー

自己防衛しようがないです。

町医者だって 症状出ても
「風邪ですね」くらいしか 診断できないでしょうね。
インフルのように 感染検査キットでも 普及しないと 無理でしょう。

こうなると 薬貰いに 医者に行くのも いやになります。
インフルも流行っているし
医者に行くのは リスクが高いです。

決死の覚悟でいくことになるかしらね〜

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:54| Comment(4) | TrackBack(0) | エトセトラ
この記事へのコメント
前(1月26日)に 梅の花さん が「マスクの棚が空っぽに・・・」と言っていました
その時『こちら田舎では まだ無くなるということはありません・・・』などと言ってはいましたが
気になるのでドラッグストアーに行ってみると・・・ありませんでした!!
はたしてこの状態(マスク不足)が何時まで続くのやら
それよりも この新型コロナウイルスが今後どんな展開になっていくのかが気がかりです
ピークはいつ頃なのか いったい何時頃収束するのか
横浜港に着けている「ダイアモンドプリンセス号」もそうですが
今東シナ海等に(入港拒否で)彷徨っている複数の大型クルーズ船の今後を懸念しています
こんな時WHO”等 国連は何もできないのでしょうか
・・・出来ないんでしょうね、見捨てる以外ないのでしょう
 
Posted by さんほ at 2020年02月08日 12:02
さんほ さん

地方でも マスクはないそうですから 首都圏の千葉にないのは しかたないですね。運がよけりゃ 品出しに出会いGETできる人もいるそうです。
在庫がなくなったら 増産待つしかないですね。

ピークはこれからでしょうね。
3月4月と心配です。
卒業 入学と人が移動しますからね〜

クルーズ船は しばらくやめたほうがいいのではないでしょうかね。さまよう船になってしまうみたいですし 受け入れ国がなくなったらどうするのでしょう。ビュッフェのトングも 感染元になるそうですし ああいう食事の形もよくないですね。

WHOは 一言でいえば 今の局長は ダメですね。
辞職の署名が集められているそうです。今までの 中国よりの発言みれば そう思いますね。

日本政府も 決断力ないけれど WHOも同じです。
強いリーダシップが 求められます。
Posted by うめのはな at 2020年02月08日 13:20
ネット上におけるマスクの転売
正規値段の10倍/50倍で売られている様子を見ると嘆かわしく思う
2週間前 中国ではマスクの奪い合いで殴り合いの喧嘩をしてたり
使用済みのマスクを拾って又売っていたというニュースを聞いて 笑っていましたが
日本人の我々も他人様の事は笑えないですね
 
サーズが流行りだしたのが2002年の11月 それで収まったとみられるのが7月
これを参考に推測してみますと 新型コロナウイルスは8月頃までとなり
やはりピークを向かえるのは 暖かくなる4月頃 それまでは用心が必要かと思います
 
追:
ウチにはあと1箱半(50枚/箱)ぐらいしかありません
4月頃まで持ちません
梅の花さん もしマスクを(転売するぐらい)大量に持っていましたら少し融通してもらえないでしょうか
もちろん正規値段で・・・でもこの際ですので、、、相談しましょ(*^o^*)

Posted by さんほ at 2020年02月08日 15:00
さんほ さん

中国の映像では マスクを11枚重ねていた人がいました。警察官に マスク不足なのだから無駄にしないよう注意されていました。
それだけ 恐怖なんですね。
笑えない話です。
ペットボトル フルーツ半切り ブラジャーの片側を切ってマスクに・・ などをマスクにしている映像もありました。これは笑ってしまいました。

専門家も終息には半年かかると言っていますから オリンピックもどうなることやらね。

残念ながら マスクは大量には持っていません。
家族が 使う分だけです。それも節約が必要でしょう。

手作りマスク の作り方が ネットに載っています。
不織布ガーゼというのが売っていて それで作れます。100均にもあるらしいです。
不織布だけでも 布マスクに挟めば 充分でしょうね。マスクで感染は完全には防げないので そういうもので 代用するしかないでしょうね。
奥様に お願いしましょう。
不織布ガーゼが 売り切れていないといいのだけれどね。
Posted by うめのはな at 2020年02月08日 15:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187135281
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック