2020年02月06日

固定電話

固定電話が怖い。
固定電話での電話応対に極度の恐怖やストレスを感じる「固定電話恐怖症」という 記事を見ました。
会社の電話に出るのが 怖い ストレスを感じるというのですが
社会人になって 固定電話に慣れていない人が そういう状態になるとのことです。

電話の取り方もどういう言葉で話していいのか教えてもらっていなくて メモの取り方すらわからないというのです。
時代は変わったものですね〜
みな 個人のスマホなどで 気軽に話すものだから 応対のしかたもよくわからないというのです。

電話が鳴る 恐怖 。
それは私もよくわかります。
新入社員のころ そうでした。

一応 新人研修もあって 電話の応対から 言葉まで 研修を受けて 実際に練習はしたのですが
なんせ 田舎者で お国訛りが消えない。いくら 東京弁を真似しても 完全には抜けない。
緊張すると まるで ロボットのように固まってしまう。
そんな感じでした。
まだ うぶだったのですね〜
なぁんにも 怖いことなどないのですが とにかく そそうをしてはいけないと そればっかり考えて
余計緊張したものです。

大会社でしたし 広いフロアーに いくつも 課というか 係りがあって
机が所せましと並んでいて 係りごとに電話が置いてありました。

ある日 隣の係りの電話が鳴りました。
そこには誰もいません。
あまりしつこくなるので 他に電話に出る人もなく
しかたなく近くいた 私がとりました。
緊張しながら 応対して どうやら ○○さんに連絡をつけたいという話でしたので
まわりにいる人に ○○さんは いませんか?と聞きました。
でも 誰一人顔をあげるひともいなく 答える人もいませんでした。
みなさん 自分の仕事じゃないと 無関心なのです。

しかたなく ○○さんは今 いませんと答えました。
いつ戻るかもわからず すみません係りが違うので よくわかりません。
と答えました。

みな 無視。
こんなことで いいのだろうかと疑問でしたが
どうやら 余計なことはしないほうがよかったみたいで
それからは 電話はとりませんでした。

これが 大企業というものなんですね〜
小さな会社なら みなで助け合って仕事するのですがね・・・・。
自分の仕事以外は 困っていても かかわらないというのが 当時の風潮でした。
今は どうだかわかりません。

学生の頃 公共放送局でバイトしていて
台本を届けたのですが 同じ佐藤さんの机が並んでいて 両名とも留守。
どちらの佐藤さんかわからず ちょうど真ん中あたりに わかるようにおいてきたのですが・・・
しばらくして 片方の佐藤さんから 「台本が届いていない」とお叱りの電話。
あわてて そこへ行くと 目の前に台本が積んであるではありませんか。
「あの・・これなんですが・・」というと
自分の机に置かないとわからない とお叱り。
すみませんでしたと 謝りましたが
どうみても 台本は山のように積んであるから 目に入る。
でも 自分の机の前にないから 気に入らなかったのでしょうね〜
まぁ いじわる なんですね。
そのくらい 大会社の人間というのは 自分の仕事以外はやらないものなんでしょう。
もちろん笑って 気を付けて〜という人もいましたよ。

ストレスたまる仕事なんでしょうと そのころは思いましたね。

そのころも 固定電話はきらいでしたね〜
何かというと クレームでしたからね〜

今は 平気です。
ずぶとくなったものですよ。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187127545
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック