2019年12月22日

あれから

今年一番 感動したこと。
そして 好きになった歌。
毎日 その歌を聴いては 胸熱くなっています。

「Aiでよみがえる美空ひばり」ドギュメンタリーを見ました。
前回の スペシャルを見逃したので今回 初めて見ましたが
驚き 感動 の連続でした。

Aiというか 日本人の技術も ここまで進化したのかと 思わざるを得ませんでした。
完成するまでの 経過と苦労の裏話から どんな風にAiに学習させていったのか。
膨大なデーターを打ち込むという 気の遠くなるようなお話でした。

より 実像に近づけるための過去の歌の入力から 声や音域 癖のデーター作りまで
本当に驚くことばかりでした。ディープラーニングというそうです。
手抜きは無し。髪型もひばりさん担当だったヘヤーメイクさんが 実際に結い ひばりさんのドレスを全部デザインしたという森英恵さんが 新しいドレスを担当。
本当に ひばりさんをよみがえらせました。

3Dホログラムの映像で よみがえった ひばりさんが
なんと 新曲を 生演奏で歌ったのですから それも まんま ひばりさんの歌声で・・・
これはもう 驚きというより 感動しかありませんでした。

集まった観客も みなさん 涙 涙 涙でしたが
私も感動で 胸がジーンとしましたね。

というわけで 「あれから」という新曲を毎日聞いては 感動しているわけです。

新曲というのが すごいですね。
今まで歌ったことのない歌を ひばりさんそのものの声で歌うのですからね〜
驚きというほかはないです。

紅白でも歌うそうですから また楽しみにしています。

美空ひばりさん は30年前に亡くなったのですが
私はそれほど 歌を知っているわけでも聞いていたわけでも ファンだったわけでもありません。
しかし
日本では 一番の歌手だと思っています。
歌に深みがあって 声に味わいがあって しかもうまい。
他にそのような人は私は知りません。

うまい人はほかにもいますが ちょっと違いますね〜

私が小学生の頃 もうひばりさんは大歌手だったわけですが
一度だけ 実物を拝見したことがあります。

大歌手で歌っているときは 大きくみえたのに
実物は 本当に小柄な方で 驚いた記憶があります。
知り合いの興行主さんへの 挨拶に見えていたのですが  
近寄りがたい オーラがあって 目の前にいるのにあまりじっと見つめることはできませんでした。

「あれから」という歌詞も好きです。
とてもいい。
音楽もまた素晴らしい。
そして Aiさんの歌もまた すごいです。
生演奏で歌ったというのが これまた信じられないくらいでした。

今のマイ ブームは 「あれから」の歌を聴くことです。

Aiの技術も進歩しましたが
いいことにだけ使って 悪用しないで欲しいですね。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186947125
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック