2019年12月05日

知らない人との話

私は 時々見知らぬ人に話しかけられるのですが
一応 その人の話は よく聞くことににしています。

先日も 話しかけられて しばらく話を聞いていました。
人に話をするというのは ある意味 ストレス解消なのかもしれません。
特に 都会では隣人との関係も薄く できれば プライバシーに立ち入られたくはないということも多いと思います。
田舎では 隣人は 大事なんですが またわずらわしい存在でもあります。
とまぁ・・人間関係が薄いせいか 見知らぬ人に話をするのも 気楽でいいのかもしれません。

その人はタワマンに住んでいる方で 70代前半 もしくは60代後半というちょっと上品な方。
見た感じ 口うるさそうで 「ザーマスおばさん」風。

名まえも名乗らず こちらももちろん名乗らず 話をしていました。
住まいも名乗らずですが
ところどころで お住いの高級マンションがちらつくので 特定できましたね。


「私ね〜毎日 公園を散歩するのよ」
「えらいですね〜健康のためにも いいですよね〜」
「5時に散歩に出かけて 6時まで歩いて 6時には仲間と一緒にラジオ体操するんですよ」
「あら ラジオ体操ですか 仲間がいると続きますよね〜」
「それでね 7時ころまで おしゃべりしていて 楽しいのよ。体操より そのおしゃべり目的で行っているみたいなものなの」
「それは 楽しみですね。いろいろ話をするって いいことですよ」
「でね 雨の日以外は 参加するんだけど 7時になったら ○○駅前の マックに行ってね モーニング食べるのが日課になっているの」
「え?○○駅前まで?ちょっと遠くないですか?30分は歩きますよね」
「だからね 自転車よ。自転車。どこにでも 自転車で行くの」
「へー自転車ですか それは すごいですね。自転車なら結構遠くまで行けますね」
「それでね 一番の楽しみは マックで ハッシュポテト食べるのが楽しみなの。あれが 好きなのよ。」
「はぁ・・まぁカリカリしていて美味しいですね」
「で コーヒー1杯飲んで のんびりして 通勤が始まる前に戻るのよ」
「なかなか いい習慣ですね。それは いいですね」

ここまで 私のことは何一つ聞かず 一方的に自分のことを話します。
私も話す気はないので ひたすら聞きます。

何を好んでコーヒーとポテトのために マックへ行くのかと心の中で思っても それは顔には出しません。

「朝Macなら モーニングセットもいいんじゃないですか?ソーセージとマフィンなどもあって 美味しいですよ」
「あら そうなのーでも ハッシュポテトと コーヒーで十分なのよ」
「・・・・・」

「私ね〜朝早いのよ」
「そりゃ 5時にお出かけならそうなんでしょうね」
「毎朝というか 毎日3時には目が覚めて それからもう眠れないのよ」
「そりゃ 困りますね」
「なぜかってね〜夜 8時には寝てしまうからなのよ」
「はやいですねー」
「私ね TVみるのも好きじゃないし 本も読まないし 趣味もないし 夜ごはん食べたらすることなくて それに疲れて 眠くなるのよ」
「TVもみないんですか?」
「そうなのよー」
「でも 朝早いんだから 眠くなってもしかたないですね」
「悪循環かもしれないけれど 夜起きていても 退屈だしね〜」
「夜中 トイレにはいかないのですか?」
「ぜんぜん 行かないわよ〜3時までは ぐっすりなのよ。そのかわり一度目が覚めると もう眠れないの。」
「夜中にトイレに起きないのも またすごいですね。たいてい 一度くらいは行くという人 多いですよ」
「そうなの〜?」
「なんかね 医者が 年取ると 膀胱が固くなって 容量も小さくなるので 貯める量が少なくなってトイレが近くなるって言っていましたよ」
「あら それは 大丈夫。トイレは近くないわよ〜」
「それじゃ 8時から3時まで 7時間もぐっすりなんですから 寝不足じゃないですね。」
「そうなんでしょうね〜はやく5時にならないかなぁ〜って じっと布団の中であれこれ 一日のこと考えながら待っているのよ」
「毎日 行くところと 仲間があって それは いいですね。」「
「そうなのよ〜公園が近いから 毎日散歩できるしね」
「毎日散歩するから 健康なんですね。」
「そうかしら?そうなのかもね〜」

とまぁ・・ぐだぐだとこんな話をしていました。
結局 最後まで私のことは何も聞かれませんでした。

眠りなんですが 私もよく眠れるほうです。
朝までぐっすりが多いです。
私は9時か10時に寝て 朝6時ころまで というのが多いです。
ほとんど 気を失った状態なのか目が覚めないので このまま死んでもわからないなぁ・・という感じ。

利尿剤を飲んだときは たまに夜中にトイレに行きたくなります。
それも3時ころ。
やはりその時間だと もう一度眠るには難があって ・・・
でも やはりいつの間にか寝ていてそんなときは 目が覚めたら7時ってこともあります。

でも よく眠れるのはいいことなんだと思います。
寝つきがわるくて なかなか眠れないので眠剤飲んでいる人もいますから
薬も何も飲まずに 眠れているのは幸いです。

人の話を聞くのは嫌いじゃないし いろんな話は聞いていて 楽しいものです。
どこかでまた 見知らぬ人の話を 聞けるかなぁ〜と
ひそかに楽しみしている次第です。

自分のことはほとんど 話さないです。
秘密主義ではないのだけれど 聞いてこない限りは話しません。

どこかで また 話しかけられるのを 楽しみにしています。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:32| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ
この記事へのコメント
同級の友に十数年前 離婚した奴が居ます
女房は二人の子供を連れて出て行きました
残された友は 最初一人清々と暮らしては居ましたが
数年すると別れた事を悔やんでいます
一人暮らしが辛いと言います
話し相手が居ない事は淋しいと
そんなことを言う奴では無かったのに
日課として 夜明け前 散歩に出かけます 何時もの所へ
日の出を見に行くのです 何時もの所へ
其処へゆくと 何時ものメンバー達に会えるのです
そこで挨拶を交し 差し障りない話をして帰ってくるのです
前は そんな事をするような奴では無かったのに
挨拶だけでも良いと言います 独り言でなければいいのだと
独り言は淋しいと
  
追:
梅の花さんが見知らぬ人に話しかけられ易いとは
それは喜ばしい顔をしていらっしゃるのだと思いますよ
少なくとも威圧的な雰囲気は無く穏やかな方だと思われるような
して実際はどんな感じなんでしょうか? (=^_^;=)
例えば有名人で例えると(自称でも・笑)


Posted by さんほ at 2019年12月05日 22:01
さんほ さん

一人暮らしも淋しいものなんでしょうね。
ある日突然 一人になるっていうのが 一番つらいでしょうね。独り言も いいたくなります。

誰かと話しということは 大事ですね。
挨拶だけでも 返してくれるとうれしいものです。

私が話した方は一人暮らしではないみたいでした。いわば 地域のリーダーみたいで 仲間がたくさんいるみたいでした。話好き 世話好きな感じでした。
私は ぜんぜん逆なんですよ〜
だから ターゲットになったのかもね。

追:
私は 誰かに似ていると言われたことないです。
有名人ですけれど・・・

一度 街なかでどなたかに間違えられたことはあります。有名人ではありません。

そもそも不愛想ですから 穏やかな感じではないと思いますよ。私なら避けて通りたいです。
Posted by うめのはな at 2019年12月06日 09:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186883165
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック