2019年11月18日

方言?

関西人がずっと「全国共通語」だと思っていた言葉3選 
という記事を見ました。

「それ、なおしといて」
普通に読めば 治す 直す ということで 修理するという意味なのですが 私もそうとしか思いませんでしたが
関西では 「片づける」という意味なのだそうです。
これは 通じないわ〜

「モータープール」
この言葉は 聞きなれない言葉です。
昔 大阪の知人が 「モータープール」に勤めている って 聞いたとき
「モータープールって 何? 流れるプールのこと?」とか
新しいプールの遊び場か何かかとか いろいろ考えたものです。
それでも わからなかった記憶があります。
実はモータープールとは駐車場のこと。
関西では当たり前に使われている「モータープール」。この言葉は関東では ほとんど使われません。
パーキングとか すなおに 駐車場ですね〜

「押しピン」
これは何となくわかりますが 普通は 画鋲でしょうかね。
関東の人からすると なじみのない言葉です。
使い分けている人によると、薄くて平らな金属の頭部がついているものは「画鋲」、プラスチックでできたつまめるものは「押しピン」だそうです。
私たちからすれば どちらも同じ画鋲で 使い分けて呼ぶということはしないです。

この3つ が方言として 記事に書かれていました。
しかし まだまだ あるよねー

関東では 通じない言葉。

カッターシャツ。
これは 福井のほうでもそういうので わかります。
ワイシャツのことです。

ミンチカツ。
メンチカツのことです。
私の母も ひき肉のことを ミンチ と言っていました。
ついでに ヒレカツのことは ヘレカツ というそうです。
福井では やはりヒレは ヒレでした。
そうそう 鶏肉のことは たしか 「カシワ」って言っていました。
なぜ そういうのかは 知りません。

高齢者は 福井でも ご飯が「コワイ」と言います。
これは ご飯が 硬いという意味です。
関東で ご飯が コワイって言われたら どうしていいのかわからなくなります。
「怖い」って 何だろうとね。

まだまだあります。
数えたら きりがない。
・さら(新品)
・つぶれる(壊れる)
・ほかす(捨てる)
・めばちこ(ものもらい)
・いきしな(行く途中)
・かえりしな(返る途中)
・しばいたろか(ボコボコにしてやろうか)

ほんの一例です。

そうそう 東京に来てまもないころ
「これ なげといて・・」って言ったら
え?という顔して 投げるんです。
あ・・・と思いました。
福井では なげるは 捨てるなんです。
東京では 通じなかったですね。あたりまえですよね。

実家で 
お土産渡すとき
「これ 苦労してかってきたんだよ」
と言ったら
「なんでそんなもん 借りるんや?」
そうそう かってくるは
福井では 借りるという意味でした。
「こうてきた」といわなきゃ 通じなかったんです。
言葉って むずかしいね。
方言だと 思わず使っていた言葉が 他では通じないってこといろいろあります。

東京なんて 地方人の集りでもう何が方言で 何が東京弁なのかわけがわからなくなりそうです。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 08:49| Comment(10) | TrackBack(0) | エトセトラ
この記事へのコメント
書かれてある言葉にすべて驚きです!
モータープールが関西だけなのはついこの間TVで知りました。
「押しピン」はずっとTVで受かってるので画鋲だと出て来なかったなぁ・・・

「なげる」は福井では捨てる?
大阪では捨てるは「ほうる」です
「このゴミほうっといて」です

ご飯が「こわい」は大阪でも使いますが若い人は知らないかも?です
鶏肉は「かしわ」としか言わないなぁ・・・
これもスーパーの店員さんに売り場を聞いた時は
通じなくて驚きました。

買ってきたは「こうてきた」です
「めばちこ」はこちらでも若いひとにはたぶん通じませんね〜
若い人は大勢で話すときは今は標準語が多いですね
学校や会社などにはいろんなところから来た人が多いから
そうせざるを得ないのでしょうね・・・。

方言はどこの地方のでも良いものですね〜
方言で通じる話相手もだんだん少なくなって寂しいですね。

すごい雨降ってきましたよー
雨は久しぶりです。

それと抜け毛、最近私も気になっています
部屋にはあまり落ちてないけどお風呂場の排水溝に洗うたびにすごい量だから
美容院で言ったら高齢でも一日100本は抜けるそうですね
その分生えてくるの?って聞いたら「さぁー。。。」って言われました
美容院はパーマ屋さんって言うのはこちらだけなのか古い言葉かなぁ。


Posted by nokko(パセリ) at 2019年11月18日 19:40
nokko(パセリ さん

実家と電話で話すと すごくぎこちない会話になるんですよ。向こうは 福井弁でこちらは それに合わせて方言使っているつもりでも なんとなく不自然になります。
最近の若い子は ばりばりの方言はあまり使わないようですが 年配者は どうしても方言しか使わないので 通じなかったりもします。

関西弁は 広く親しまれているので なじみがありますが やはり単語の意味がわからないときもありますね。
福井は関西弁の意味 たいていわかりますね。
でも モータープールはわかりませんでした。

東北弁はもう 別世界の言葉みたいで通じない事ありますが 今の子たちは ちゃんと標準語も使いますね。

抜け毛 そのうち落ち着くと思っています。
みな 抜ける時期なんですよ。

パーマやさん は方言ではなくて 今はたぶん死語でしょうね。戦後は よく使われた言葉だと思います。
Posted by うめのはな at 2019年11月18日 21:20
“青なじみ”って方言なんですよね
そのことを方言だとは知りませんでした
今でも方言だとは信じられません
だって小さい時から当たり前のように使っていましたから・・・、
多分そういう言葉って田舎に住む自分にはいくらでも有る様な気がします
と 言うより田舎に住んで居るのですから方言とは思わず使い暮らしているんですね
でも小・中学校の時 クラス内でも その“青なじみ”は通じませんでした
それは多分 母の出身地で使っていた言葉 我が家だけで使っていた言葉であって
クラスの友達に通じない言葉が有るという事にカルチャーショックを覚えました
 
追:「抜け毛」
その話題・・・ほっといてください!(。-_-。)

Posted by さんほ at 2019年11月18日 23:00
さんほ さん

「青なじみ」私ははじめて聞く言葉です。
何のことやらわからなくて 調べました。
茨城県あたりの方言らしいですね。

千葉県北西部に住んでいた時は 地元の人は茨城県なまりの言葉使っていましたね。私がいたところは都会から移り住んだ人が多くて 地元の人の言葉が通じなかったりして 戸惑ったりもしました。

他に行って これは方言だったんだーという言葉があって カルチャーショックですよね。
でも 我が家だけの「青なじみ」は驚きますね。
(青なじみは あざ のことらしいです)

話は変わって通じない言葉ですが
私の実家では 「パッチ」とよく言います。
股引のこと。
これは 関西圏でしか使わない言葉だそうです。
「パッチはくか?」と聞かれて ???と夫は 困っていました。

抜け毛?え?そうなの?
掃除が楽で奥様孝行だと 思いましょう。

追*
わかりにくかったので 青なじみの 正解と追加文 書き足しました。
Posted by うめのはな at 2019年11月19日 06:41
nokkoさんのブログに投稿すべきところ、ちょっとテーマが違うかと思い「梅の花・・・」さんのブログに投稿してみました
 
「さるまた」って言うのは「パンツ」の事でしょう 昔は褌(ふんどし)とも言っていましたよね
「ステテコ」って言うのは 植木 等 がスーダラ節を歌う時 履いていたものでしょう
「股引き」って言うのは昔云っていた言葉で今では「ズボン下」と言っていますけど
ステテコと言う言葉は今でも使いますが
今時履いている人はいませんでしょ・・・少なくとも周り近所には見もしませんし 聞きもしません
「パッチ」なる言葉は まずもって聞いた試しがありません
そもそもこう言った固有名詞には“方言”で有るか無いかの区別は無いのではないでしょうか?
 
別記:梅の花さんへ
“奥様孝行”は 何もそれだけではありません (_ _,)
日々いろんなことで感謝され喜んで貰っていますから(_ _,)>(;^_^A

Posted by さんほ at 2019年11月20日 00:37
さんほ さん

「さるまた」も「ももひき」も「ステテコ」も 女の人には使いませんが 父の時代の男の人は 履いていました。父はいつもラクダ色の「さるまた」愛用でしたよ。
夏は 「ステテコ」1枚で・・って そうそう植木等さん。
今でも 売っているから愛用者はいるのかもね。

「ももひき」などもたしかに今は「ズボン下」ですね。
おしゃれなところで「レギンス スパッツ タイツ」でしょうかね。
寒いときは私もズボンの下に スパッツはきますよ。

「パッチ」は方言ですから 関東の人はわからないでしょう。「ももひき」「ズボン下」のことです。
同じ「パッチ」でも 皮膚パッチとか 手術の時の「パッチ」は シート のことです。同じ言葉でも ややこしいです。
「青なじみ」と言えば「青あざ」ですが 「赤あざ」のことは サーモンパッチと言います。(医学用語)知っていました?
奥様孝行。
さんほさんは 優しい旦那様なんでしょうね。
温和なお姿が 目に浮かびます。
Posted by うめのはな at 2019年11月20日 07:07
“温和な・・・”? 
    ・・・・いやいや 尻に敷かれているだけです(。-_-。)
Posted by さんほ at 2019年11月20日 10:43
さんほ さん

日頃 感謝されているのだから 尻に敷かれているなんて 思えませんよ。
温和じゃないとしたら 奥様よほどできた方なんでしょうね〜
Posted by うめのはな at 2019年11月20日 11:01
同じ話題で何度もしつこいようですがごめんね

ステテコは今は膝上丈の短パンが主流でで若い人だけじゃなく
オジサンも愛用してますよね。
パッチ(ももひき さるまあ)は今は形を変えて
ヒートテックの遠赤外線肌着として上下で若い方々も着てますね
特に外で仕事をされる方々には必需品になっています(ユニクロやホームセンターで売ってます)

さんほさんはきっと女房孝行な方だと思います

>温和じゃないとしたら 奥様よほどできた方なんでしょうね〜

後者の言葉が正解だと思います(o^-')b

朝が寒くなりましたね〜。
Posted by noko(パセリ) at 2019年11月20日 11:43
noko(パセリ さん

ももひきは 今じゃ 「アンダーパンツ」というおしゃれな 言い方になっていますね〜

おっさんには やはり ももひきが似合います。
Posted by うめのはな at 2019年11月20日 13:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186817723
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック