2019年10月21日

秋雨?

今年も 東京都文化財ウィークがはじまっています。
10月1日からですが 今月は歯のことで バタバタしていて 気が付いたのがつい先日。
パンフレットをもらって 読みましたが これといって 見学したいような企画はありませんでした。
23区内の主な施設は ほとんど行っていますし 古民家もたくさんみましたし
特別目新しいものはなかったです。
それに 通年公開されているものもたくさんあるので 何もこの時期に無理に行く必要はないかなぁ〜と。
天気悪いしね〜

いつもなら 秋晴れの気持ちのいい日に ぶらぶらとあちこちまわっていたものなのですが・・・。

1か所だけ 行きたいところはあるのだけれど これはこの時期じゃなくてもいいところなのです。
そのうち 行きますか・・・。

出掛けても 美味しいもの食べられる状態でもないし 今は 抜糸を待つだけの身です。

しかし こう天気が悪いと 衣替えも冬支度もできません。
布団を干すこともできず入れ替えもできません。
ついこの間まで 暑い・・と言っていたのにね。
急な寒さであわてて 長袖などひっぱりだして着ている次第です。

毎年 10月からぼちぼちと カーテン洗ったり 年末にむけて いらないもの整理したりしているのですが
今年は まだ手をつけられません。
いつになったら 天気がよくなるのだろうか・・・・。

もうすぐ11月ですよーーー

思えば 令和になってから災害が多いね。
「観測史上1位」「数十年に一度」「記録的」とか 
今までに経験したことがないような やら 世界が変わるような という表現まで
みられました。

台風後 多摩川 荒川 利根川 などが ぎりぎりのところで持ちこたえていたことを知りました。
今回は それで済んだのでしょうが 次はどうなることやらね〜
「前例のないような大雨」だったそうです。

そういえばあの田園調布で浸水したと知りました。
え?地形的にそういうことはないはず と思っていたら
以前は 沼部 といっていた 低い地域のことでした。
田園調布南という住居表示に変わったのですね。
大岡山に住んでいころ 昔は目蒲線といって 目黒 蒲田を走る電車があって
多摩川園という遊園地もあって そのお隣の駅が 沼部でした。
ほとんど河川敷ちかくですから ここは 内水氾濫だったそうですね。
だいたい 地名はその土地の 歴史がわかりますね。
水に関係のある地名は 水害リスクが大きいということでしょうが
住居表示変えてしまっては それもわからなくなりました。

武蔵小杉だって あそこは 多摩川の流れがかわってできた 河川敷みたいなところですものね。
だから工場が多かった地区です。

大きな河川の氾濫も怖いですが ある意味小河川の氾濫も怖いです。
内水氾濫も 下水の逆流もあっという間に 浸水しますからね。

今年は
大雨 台風 地震 噴火 猛暑 いろいろありましたが 
令和は 災害が多いです。
それも 東京直撃台風がふたつもあったし
これはもう。。。。。。。。。

明日も大雨だそうです。
気を付けましょうね。

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186708140
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック