2019年02月25日

福井モデル

読んでいた 本の中に「福井モデル」と言う言葉があって
くわしく知りたいと図書館で探し 本を読みました。

タイトル   福井モデル 
     未来は地方から始まる 
    FUKUI MODEL
著者   藤吉雅春/著
出版者   東京 文藝春秋
出版年   2015.4
内容(「BOOK」データベースより)
日本ならではの、「地域再生モデル」があった。

共働き率と合計特殊出生率で全国平均を上回る北陸三県。幸福度も世帯収入も高い。
その秘密は何だろうか?
たとえば、メガネの生産で世界に名を馳せた福井県鯖江市。市民は、「日本でもっとも早く中国にやられた町です」と笑う。ところが、「もっとも早くやられた町」は、いつの間にか「最先端のデータシティ」に変貌を遂げていた。
地盤沈下しない都市には、歴史的な「強い教育力」と、平等な「協働システム」がある。
大阪、富山、福井を歩き、日本ならではの都市再生モデルを考察した、気鋭のルポ。


福井は 戦災で焼け野原になり 戦後すぐの福井地震でまた壊滅状態になりました。
そして中国の影響を受けて 基幹である繊維産業や眼鏡産業の衰退。
それでも 立ち直り復興する福井。
私たちも子供のころ「フェニックス福井」という言葉をよく聞きました。
戦災、震災、水害、雪害などの苦難を乗り越えてきた福井市を「不死鳥(フェニックス)」にたとえています。

古くは織田信長に負けた福井。
日本のポンペイと呼ばれる朝倉氏の遺跡ですが 館を取り巻く 合理的な城下町はその時代には珍しい工夫を凝らしたものでした。
朝倉氏は滅亡しましたが 人々は福井市内に移動したといいます。
一向一揆で負けてから 新しい越前 福井をつくるためどんな工夫をしてきたのか・・・
その昔 人は死に絶え過疎化し 貧困にあえいできた福井の人は どん底からどうやって這い上がってきたのか
興味深いところです。地方の底力は 再生モデルになるのだろうか。

福井県は長年、北陸を含め 幸福度ランキングでトップの位置にあります。
そして 小中学校の学力 体力テストも 1〜2位とTOPレベルです。
待機児童がいない。
正社員率が1位。
出生率もいい。
勤労者世帯収入も 上位。


いやぁ〜まさに絵に描いたような モデルですが、
学力 体力ともに 学校では特別なことは何もしていません。
学力テスト対策もなければ 特別な授業もない。
いつもどおりで 現場の先生たちも 全国からの視察で問われても 答えようがないといいます。
要するに よく学び よく遊べ なんでしょうか・・・
自発教育 見えるプロセス。
答えだけあっていればいいという教育ではないということです。
思考力でしょうね。繰り返し学び 書くという繰り返しでしょう。

地頭が良くなるような思考力を深める授業を、実は戦前から独自に行っている。
ということで授業が面白い。相違工夫があって 子供の興味をひく ということらしいです。
(でも 正直私が受けた授業は 画一的でつまらなかったです。いやというほど宿題が出て 放課後の復習はありました)

福井では共働きの世帯がほとんどです。
働いていない女性はいないというほど 女性の進出が多いです。
よって 世帯収入も増えます。
保育所に子供を預け 祖父母が家のことをやる。
子供の送り迎えも 病気の時も安心して働けるというシステムが出来上がっています。
ですから安心して子供が産める環境で 出生率もいいのです。
2世代 3世代同居というのも多いですし 行政の育児支援も行き届いています。
福井の福祉は高齢者にも障碍者にもとてもいいと評判です。

もうひとつ 女性でも正社員がほとんどだということです。
これは欠勤せず 長く勤めることができるからというのもあるでしょうね。
専業主婦でいると 福井では遊んでいると 浮いてしまうかもしれません。

そうそう 福井は 10万人あたりの社長の数が日本一らしいです。
製造業が多いのですが 就職率もいいそうです。
パリコレの7割は北陸産の繊維 といわれるほどです。
航空機からシューズまで世界的な繊維の技術がとりいれられています。

眼鏡も中国にやられてしまい 一時より衰退しましたが
高級ブランド しっかりとした日本製で まだまだ存在感があって独自の進化を続けています。
眼鏡は一社あたりの出荷高が過去最高を記録しました。

共働き率も全国1位。「日本一、女性の労働力化が進む県」
福井の女性は働き者、さらに全国平均より多くの子供を産んでいる。
「福井モデル」は、05年頃から「少子化対策の希望の星」となったそうです。
現在いわれている 「女性活躍推進法」がどうだかは知りませんが
もっと古くに モデルがあったということです。

しかし
そうは言っても 2世代 3世代同居もなかなか大変なことです。
古くからの習慣もあるし しきたりもあります。
古き良き ムラ社会の価値観を受け入れられなければなりません。
福井で生まれそだったひとたちには あたりまえのことでも
他から来た人には受け入れられないこともあるでしょうね。

それがいやで 都会に出てしまう人もいますし(私のように)
どこで暮らしても そう完璧な幸福というのはないのです。

そこにいる人が 幸福に感じるならそれが一番いいのでしょう。
福井モデルが 一般的にならない理由はそこにあるのかもね。

なかなか いい本を読みました。
いろいろ知らなかったこともあるし 考えたこともあるし・・・

フェニックス福井 という言葉 久しぶりに 思いだしました。
外国の都市の真似したり 都会のように背伸びしてみたりしないで
地方都市は 地方らしく 再生してみるほうがいい。

たとえ 壊滅状態になっても 這い上がって再生してきた歴史が 日本人にはあるのだから・・・
お金持ちの都会のお金を地方に配分するなんて 安易な考えでは いつまでたっても
自力再生はできません。
これは政府の責任でもあります。

東京から毎年9000億円うばって 何する気?
箱ものつくったところで 再生はできませんよ・・・。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:50| Comment(4) | TrackBack(0) | エトセトラ
この記事へのコメント


福井県か〜〜
ホントすみません ここのブログ梅の花さんの出身県が福井県と知るまでは
そう福井県を意識していたことはありませんでした
自分の中で47都道府県を順に思い出して県名を言い始めたら
最後に滋賀県か福井県かが出て来るぐらいの認識でした 、スミマセン(_ _,)
 
それと言うのは 今自分が住むここから海岸線伝いに歩いて行くとしたら
福井県が一番遠いですよね 青森周りでも山口周りでも一番遠いし
これで知り合いに福井県出身という人が居れば 少しは認識していたでしょうが
 
福井県と言えば 東尋坊か永平寺ぐらいなもので
あとそれとこの前“ブラタモリ”でやっていた恐竜ぐらいでしょうか
あっそれと よく幕末小説に出てくる“松平春嶽”(何をしたかは覚えてはいませんが(_ _,)
 
今回の記事を読むと 福井県は色々な数値が良く
“勤労者世帯収入”“出生率”それで“待機児童がいない”
“小中学校の学力”“体力テスト”の数値も良く
それを総合し その中でも“幸福度ランキングでトップ”とあります
これは行政の力とはいいがたく 多分に県民性が広く反映されている数値だと思われます
幸福度が高い福井県民とは いったいどういう県民性を持った人たちなのでしょうか
 
追:
忘れていました “越前蟹”の事を
一生に一度は本場越前蟹を現地に行って食べたいものです(=^_^;=)
Posted by さんほ at 2019年02月25日 23:26
さんほ さん

福井の知名度は低いですね。
私はほとんど全国行っているので だいだいわかりますが 普通の人は 福井?それどこ?って感じです。

県民性は 「粘り強い」のかも。
という私は その昔福井県人を諦めたほうなのでそういうことはうかつに言えません。
知名度の低い福井ですから 井の中の蛙と一緒で 他を知らないから ここが一番幸せだと感じることもあるのでしょうか。おっとりしているという県民性もあります。人口密度も低いしね〜

でも 一番の幸せは
空気が美味しい 食べ物が(海の幸 山の幸)新鮮で美味しいのが 豊かな心をはぐくんでいるのかもしれません。人間何より 食 ですよ。
食べものも水も美味しいので これだけは今でも羨ましいです。都会ではお金出せばいくらでも美味しいもの食べることできますが 北陸では毎日が美味しいものだらけです。

福井出身の総理大臣は 岡田啓介さんです。 東京府知事には二人いました。
有名どころでは いわさきちひろ さんをはじめ作家さんは多いですね。かこさとしさんもそうでした。著名人はたくさんいます。

蟹!
子供の頃から食べているので 何がそんなに珍しいのかよくわかりません。
食べ過ぎてアレルギーになったくらいです。
実家からは毎年のように 送ってきましたが 食べきれなくてSTOPしてもらいました。
でも いくら地元とはいえ ズワイガニは1杯2万。は変わりません。
蟹みそが一番おいしいです。美味この上ないですよ。ぜひ 冬に 札束持って お出かけくださいね。
Posted by うめのはな at 2019年02月26日 08:39

『岡田啓介』・・・・この名を見た時 思わず本棚へ向かいました
久しぶりに【戸川猪佐武著 『昭和の宰相』全7巻(昭和57年7月25日 第1刷発行)】の本を引っ張り出しました
背表紙はともかく本の上にはだいぶ埃が溜り 如何に久しぶりに手に取るのかが知れます
手に入れた時は繰り返し繰り返し夢中になって読んだものです
昭和元年の若槻礼次郎(第一次・憲政会)内閣から昭和47年 佐藤栄作(第三次・自民党)内閣までの
当時の事件出来事や裏話などの実話を基に書かれた興味ある本です
(さすがにこういう手の本は梅の花さんと言えども読まれていないと思いますが、いかがでしょうか?)
その中でも昭和11年2月26日の事件は昭和史を揺るがす、昭和の分岐点では無かったのかと思います
その当時の内閣総理大臣が・・・『岡田啓介』
今日がその2月26日、雪は降っていませんが2月26日です。
 
 
>その昔福井県人を諦めたほうなので・・・・
 
福井県人に成るには それ相当の覚悟がいるモノなのでしょうか?(笑)
その点 下総の民は暢気なもので生まれた時から下総です
これが同じ県人であっても安房・上総とはちょっと違うところです
ちなみに下総出身の総理大臣はご存知だと思いますが・・・『野田 佳彦』です
この前『野田 佳彦』の名が出て 先の総理大臣の名も知らなかった人が居ましたが
そんなに印象 薄かったでしょうか?
 
>食べ過ぎてアレルギーになったくらいです。
 
良い事 提案します!
『蟹』今度実家から送られてきたら こちらに廻して頂けませんか
代わりにこちらからキャベツでも大根でも送りますから交換いたしましょ(*^o^*)
Posted by さんほ at 2019年02月26日 14:17
さんほ さん

あ〜今日は2・26の日でしたか・・・
出掛けていて 財布落としてしまって大ショック受けているので 気が付きませんでした。警察に届けましたが 諦めています。今日は私の 2.26事件です。

2・26事件は岡田啓介氏より 高橋是清氏のほうが印象深いですね。私の知識もその程度です。その本は読んだことありません。

小説なら 宮部みゆき作「蒲生邸事件」そして 植松三十里(うえまつみどり)さんの『雪つもりし朝 二・二六の人々』が面白かったです。

福井県人になるには特別の覚悟はいりませんが 「郷に入っては郷に従え」の 心構えがないとダメでしょうね。
私は 従えなかったようです。
従えないなら 出るしかないのです。

下総も似たようなところはあるかと思います。
地方はどこも にたようなところあるかもしれません。
野田佳彦氏は 船橋ですよね。千葉県民だったので知っています。野田さんが印象薄いというより 前の二人の方の印象が 強すぎたのでは?
野田氏だけがまともな人だったのでは?(笑)

蟹。STOPしましたので 二度と送っては来ませんよ。悪しからず・・・。
Posted by うめのはな at 2019年02月26日 17:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185617289
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック