2019年02月10日

詐欺商法

詐欺と言えば オレオレ詐欺のように 電話での詐欺。
そして 架空請求のメールとか 言われています。
電話こそないけれど 怪しいメールは時々入ってきます。
もっとも アドレスにないメールや おかしなアドレスなどは メールを開くこともなく削除しています。
PCメールを 受け付けていないので そう多くはないです。

記事によれば 最近は 葉書による特殊詐欺が 増えているそうです。
葉書にもっともらしい 内容が書かれていて 今すぐ対処しないと 裁判になる とか 損害賠償を支払う必要があるとか・・
実物みたことないので わかりませんが メールの詐欺みたいなものでしょうね。
ところが問い合わせや 連絡先に 実在の弁護士会だとか ○○センターだとか の名義が書いてあるらしく
葉書をもらった ほうは そこに書いてある電話番号に電話する。
すると 詐欺師が出て お金を支払うように 巧みに脅し 誘導するということです。

この電話番号が本物かどうかは ネットなどで調べるのが一番手っ取り早いのですが
うろたえた 高齢者などは そんなことは おもいもつかず 電話してしまうということです。
書いてある番号は ちゃんとした団体のものではないので 調べてから実在の団体に電話をかけて確認するか
警察に相談するのがいいでしょう。

詐欺師というのは あの手この手で 人をだますものなのです。
話術にたけていて 演技がうまい。
これも条件でしょう。

昔 催眠商法というのがありました。
今も 言葉を変えて 存在しています。
私が子供の頃 田舎町にも やってきました。
田舎の おばちゃん おじちゃんたちを狭い部屋に集めて 言葉巧みに やすっぽい品を無料で配り
何度か通わせて 信頼を得て 最後に高額の品を買わせるというものです。
母も近所のおばちゃんも 何度か通い そのたびに 今でいう100均の品のようなものを持ち帰りました。
「このガラクタ何?」と聞くと 無料でもらったと嬉しそうに話すのです。
「なんか あやしい・・・」と その時思いました。
行くたびに 何人もの人が 高額の商品を買ったそうです。
しかし 買った本人は いいもので だまされたとは思っていないのが ミソ。
いわゆる 洗脳効果ですね。
母と近所のおばちゃんは 最後まで何も買わなかったのですが
ある日 係りのこわそうな人に 呼び止められ
「あんたら タダの品もらうだけで 何も買わないが どういうこっちゃ!
ハーイって 手をあげたら買わないかんがな」と
すごまれ ビビッてかえってきました。
それ以後 行かなくなりましたが その業者もすぐに店をたたみ 他に移っていました。
こういう 業者はある一定期間商売が終わると 次へと移動していきます。
名まえも 変えて場所も変えてしまいます。

この商売というか なんというか
これは 現在も続いています。
「健康食品」とか 「自然食品」とか名を変えたりしています。
ときどき 小さな空き店舗が その手の店になり
お年寄りが たくさん出入りしています。
あ〜騙されなきゃいいいけれどなぁ・・と 思うのですが
声をかけるわけにもいかないし 同情の目で通り過ぎるだけです。

知らぬが仏 といいますか
自分が買ったこのが いいものだ 素晴らしい いくら出してもいい
と思っているなら それはそれで いいのです。
しかし 何十万も出して買ったものが 二束三文の品だとわかったら そりゃ ガッカリします。
詐欺って そういうことなんでしょ。
本人は騙されたと思っていないうちは 詐欺にはならないんです。

最近 ニュースでも 投資詐欺だの 出資金詐欺だのと いくつかの会社が破たんしたと言っています。
昔は ペーパー商法の 豊田商事 そして和牛の安具楽牧場といろいろ 報道されたのに
同じような詐欺にあう。
出資して配当金で儲かるなんて ちょっと考えれば やばいってわかりそうなものです。
健康食品 化粧品 はたまた 貴金属に 健康器具
マルチ商法も ノルマもあって 末端の人間は もうかりはしない。
それでも人をだましてまで 上へ行こうとするのが せつないですね〜

いろいろと 友人知人にも うまい話しに乗って だまされた人がいます。
なんでまた こんな話に・・と思いますが
その時は いい話だと思ったらしく 当時は 自慢げに話していましたね。
すすめられたこともありますが
世の中 そう 巧い話はありません。
ご用心 ご用心。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 11:20| Comment(6) | TrackBack(0) | エトセトラ
この記事へのコメント
>(手作りの食べもの)
 
ウチの田舎の方では お裾分けと言ったら
大体が素材そのものですかね〜
まずもって「手作りケーキ」などとはあり得ないことと思います
ケーキに載せるイチゴだとかは貰いますが
その他よくもらうのはキャベツやネギとか
あと魚なんかも ヒラメやサバ・イワシなども
でもこう書くと貰ってばかりいる家だと思われますが
こちらもそれはそれなりに あげることもあります
例えば 大根を3本貰ったら 1本どこかへ持っていくとか
イナダを2,3匹貰ったら1、2匹をどこかへあげたりもします
・・・何?貰い物を出すだけだって! 皆そうですよお裾分けをぐるぐる廻します
ココの田舎の方では(笑)
 
>(詐欺商法)・・・世の中 そう 巧い話はありません。
 
“そう”では無く 絶対 巧い話はありません
そもそもそんないい話が有ったら他人には教えません
例えば「一口50万円で半年10%の利子、元本保証、何口でもOK」とかなんとかで
もしそれが本当なら他人には教えず 自分だけで儲けますよね
世の中には絶対巧い話などは無いと皆分かっていると思うんですけど
それでも騙されるわけで、その辺の処が僕にはどうしても分からないわけです
 
それにしても世の皆さん現金を持っているものですね〜
詐欺事件のニュースに何千万円と言う金額を目にすると
その金額に驚くと同時に我が家では騙されようが無いと自嘲気味にニュースを捉えます
騙されるような現金を持っていませんし 見たこともありません(それはそれで ちょっと悲しい(_ _,))
 
追:
今度近々知り合いからのいい話(儲け話)が来週あたり有ります
ココだけの話、その知り合いは株に精通していて 絶対儲かる株の情報が近々聞けます
そうしたら梅の花さんにだけ こっそり教えてもいいと思っていますが
どうでしょう?一口乗りますか?
Posted by さんほ at 2019年02月12日 09:17
追:
「手作りの食べもの」へのコメント
何回か投稿を試みましたがエラーになってしまいます
どうしてでしょうか?
Posted by さんほ at 2019年02月12日 09:22
>手作りの食べ物へのコメントです

私も人様の手作りは食べれません
子供が小さい頃、ママさん友同士の家に集まってお昼になると
オニギリなんかを出してくれたんですが、オニギリなんて論外です
私だけいつもお昼近くになると帰ったので付き合いの悪い人だと思われましたけどね。
叔母夫婦が毎年春になるとイカナゴの釘煮を作って送ってくれるんです
釘煮自体は好きなんですが、この味付けが生姜の味が
濃すぎて夫も母もあまり食べれませんでした
大きなタッパーに大量なんですが、息子たちも食べないので結局は
申し訳ないけど捨ててました。
高齢になられて作られないと電話があった時はヤレヤレでした。。。
先日TVで男性にインタビューしていましたが、お母さんや
奥様が作られるオニギリ以外はほぼ皆さん食べれないとか・・・。

この箱はすごく綺麗で高そうですね〜
私も友達が焼いてくれたパウンドケーキが美味しくなくて・・・
でも懲りずに時々くれるんですよねぇ(;^_^A

昨日は孫たちとバレンタインの友チョコ作りをしたんだけど
本当は配りたくないし、貰いたくもないんですが
皆さん誰もやめようとしないので困ります。
まぁ板チョコを溶かして固めただけだけなんですけどね。
Posted by nokko(パセリ) at 2019年02月12日 21:09
さんほ さん

おすそ分けでも 野菜や 果物 魚 米 なんでも大歓迎です。
田舎のおすそ分けは そういうものなんですね〜
田舎から送ってきたと 野菜や果物を貰ったことあります。新鮮なものは ありがたいです。
貰ったもの たらいまわしにできるほど知り合いもいないですが・・・

さんほさん!うまい話には乗りませんよ。
つつましく あるだけのもので生きていく覚悟です。
株や投資なんて素人がやっても せいぜい配当金と優待券で満足するくらいで 儲けようなんて思っても ファンドにいいカモにされるだけですね。
塩漬け株が・・あるんです〜
カブ漬けなら美味しいのにねーーー

詐欺で何千万・・そうそう すぐ出せるのがすごいなーっていつも思います。
それだけ持ってりゃ 老後安泰だろうにな〜って。
欲かくといいことないね・・・。
Posted by うめのはな at 2019年02月13日 07:17
さんほ さん
パセリ さん

手作りの食べもの
たしかに エラーになりました。
投稿できるように 訂正しました。
ご指摘 ありがとうございました。
Posted by うめのはな at 2019年02月13日 07:20
パセリ さん

昔はおにぎりでも平気で食べたのですが 今はいやですね。
千葉にいたころ 自治会の行事で トン汁だとか作って 皆にふるまうのですが それがいやでね〜
おにぎりも今は ビニール手袋で握るようにはなりましたが お年寄りなどは相変わらず素手ですから 食べることができません。私は自分の家のおにぎりでも手袋で握ります。
友人も食べられるのは コンビニのおにぎりだと言っていました。意識が変わってきましたね。

イカナゴ・・。それもまた 大変でしたね。
私の経験は昆布の煮たのだなぁ〜
大量に貰っても 食べる気がしなかったです。

バレンタインチョコも 手作りは少なくなってきたそうですよ。そういう子供の なれ合いのような習慣ははやくなくなるといいですね。
Posted by うめのはな at 2019年02月13日 07:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185532054
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック