2019年02月08日

英語

医者に 行ったのですが
マスクをした人の多いこと・・・
これでは医者でインフル感染になりそうだと、心持 椅子を隣の人と離して 待ちます。
たっぷり1時間。
ダウンロードしたアプリの 大学入試対策単語などという昔の単語カードみたいなアプリを開いて
はじめたのですが・・・・

が〜〜ん!!
単語 覚えていないのです。
普段使わないものはどんどん忘れるものなのです。
こんな くそむずかしい単語使わなくても 他のやさしい単語に置き換えられますが
それが 大学入試となれば 覚えなきゃいけないものなのでしょう。

漢字だって 読めるけれど 書くとなると もうお手上げってのが多くなりました。
キーボードの弊害ですね。
忘却の彼方 もいいところです。
だから 大学入試対策なんてのは 無理なんです。
どうせなら 高校・・いや 中学生の単語からやりなおさないといけないみたいです。

ひとつ思ったことは 英語で表している言葉が 普段の日常会話になっていて おぼろげながら その意味は前後の文章からわかるけれど 正確な意味を把握していない ということがあります。

vision なんてもう 文章の中では 日本語的に使われていますが
単語としての意味は 見るとか 先見とかなんですが
印象としては この先の展望みたいな感じでイメージします。

リーズナブルといえば 意味は 手ごろな なんですが
日本語として定着しつつあるので 安い というイメージです。

昔は 使わなかったカタカナ英語が どんどん日本語の会話に取り入れられてきました。
前後の文でなんとなく 意味が通じてしまうのも 
英語が日常生活に取り入れられるようになった成果でしょうか・・・

今の子供は いちいち英単語を日本語の意味に変換しなくても
そのまんま の英語で通じるようになるのではないかと思います。
要するに ビジョンは visionのまま 通じるということです。

私は高校生の頃 VOA(voice of America)放送を聞くのが好きでした。
意味は全部わからなくても 聞いているうちになんとなくわかってきます。
いちいち 日本語に翻訳することはできませんから そのまま聞きます。
そうするうちに 英語は聞けるけれど 書けないし 日本語にはちゃんと訳せない状態なります。
要するに 英語を英語のまま 受け入れるのです。
もう一歩 努力すれば すべてクリアーできるのでしょうね。

小学生から いやいや 幼稚園から英語教育ははじまっていますから 
そういう時代になっていくでしょうね。
しかも 私たちの時代のような 日本語英語 受験単語 受験文法というような
役に立ちそうもない英語ではなくて
生きた英会話を学ぶ方針だそうですから ますます世代の差は開きます。

オリンピックもあるし 少しくらいは英語できないと・・・
と思う人も多いらしいです。
先日 地下鉄で 外国人が隣にいた人に 駅名を言って 乗り換え方法を聞いていましたが
その若い日本人は 英語が得意じゃないようで 困り顔でしたが 
なんとか 単語とジェスチャで 説明していました。
そんな風に なんとかなるものです。
熟年 熟女のかたも 中学英語だけで なんとかなります。
こわがらずに チャレンジしましょうね。

しかし
わたしたちの時代の英語教育はひどかったなぁ・・
何年英語習っても 会話一つできないのです。
そもそも 教えている教師の英語も ひどいもので
カタカナの日本語のような 発音でした。
たまに 流ちょうに発音して 音読できる子がいると 教師の機嫌が悪くなったり
教室のあちこちで 「クスクス」と笑い声が聞こえたり
そんなものでした。
英単語 英文法
テストの成績さえ よければ それでよしの時代でした。

今の子はいいなぁ・・・
小さなころから 生の英語を聞けて 教育受けて
使う場も多くて 
将来が楽しみです。

日本語って とても複雑な難しい語学だそうです。
それを 書いて 話して 読めて 
素晴らしい能力を持っているはずなのだから
他の語学も マスターできるはずだとか・・・
しかし
なかなか そうはいかないのが 現実なのであります。
これからは 英語話す機会もだんだん多くなりますから
慣れていくことでしょう。

中国語は?
わたし あの言葉耳障りで 好きじゃないので 興味ないです。
でも 学ぶ人は多くなっているそうです。
漢字で書いてくれたら ある程度 意味はわかるし 親しみやすいのかも。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:46| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ
この記事へのコメント
英語か〜  もう英語を話せるって云うだけで尊敬に値する人に思えます(。-_-。)
 
まだ勤めていた時の話
退職する数年前 元職場にアメリカ留学していた新人さんが入ってきました
隣の課ではあったんですが 何かと仕事業務が関連しあって接することがありました
英語は全くの関連性が無い業務内容で 彼女の特技が全く生かされていない職場ではありましたが
特技以上にその才能豊かな(緻密な)仕事態度
繊細な感受性(想像)での仕事への取り組み方 大いに高評価好印象を持ちました
それより何よりも“落語”が好きという共通の趣味がありまして
だいぶ年代は違えど感覚的に気が合うというか そのほか何かと話が合いました
 
(また別な話で)その当時四国歩き遍路で知り合ったカナダ人カップルからの手紙が舞い込んで来ました
カナダ人カップルとは三日間一緒に抜きつ抜かれつ ほぼ一緒に歩いたのです
日本語が曖昧な二人に代わって次の宿の予約電話を入れたりしていました
宿では片言の日本語と まったくお粗末な英語を駆使して話ましたが
ある程度は(筆談と絵図交えて)通じ合えます
なんでも小さい時は日本に住んで居て(父は宣教師 母は看護師で来日)6,7才の時日本を離れ
約50年ぶりに日本に来て憧れの四国を歩いているという事でした
ちなみにその男性は僕と同じ年齢で誕生日は2週間程の違いでした
カナダ人カップルと別れる時に(僕が描いた)絵手紙を渡してあって
その手紙が舞い込んできたという訳です
決して綺麗な文字とは言えませんが 何しろ英語です何が書いてあるのか読めません
そこで職場の彼女に翻訳してもらい
又その返信をも英語に直してもらい出しました
 
英語が堪能であれば もっと密に話が出来 もっと交流を深められたのに残念です
・・・・でもいいのかな〜 あれも一期一会というやつで(⌒ー⌒)
 
追:
其処へゆくと中国人は良いですよ
大体が筆談で通じますから
ですので中国人スナックへ行く理由は漢字のお勉強に行くようなもんなんです(。-_-。)
Posted by さんほ at 2019年02月08日 23:46
さんほ さん

お遍路さんというだけでも 尊敬しますのに カナダ人と一緒だったなんて 素晴らしいです。いい 経験で 一生の思い出ですね。今度は さんほさんが カナダを訪問してみては?
言葉なんて 何とかなりますよ。スマホ片手にでもいいし 身振り手振りでもいいしね〜
中学程度の単語だけでも 充分です。

私も 30年ほど前ですが アメリカ人家族3人と1週間すごしました。文通相手が わざわざ訪ねてきてくれたのですが 手紙ほど 会話が通じなくて 家人にフォローしてもらいましたが 思ったことの半分も言えなくて もどかしかったです。
あとは 身振り手振り (または知らぬふり)でなんとか すごしました。1週間あちこち案内して寝泊まりして 最後は熱出して くたくたでした・・・。

英語って これからは必要だと思います。
だけど 今さら 学びなおす気力もないです。

中国語は 書けばなんとか通じますね。
漢文得意だったので わりとイケます。
英語も漢文も 五文型なので 似ているのです。
日本語が 異質なんですよね〜
最近は乱れていますが。。。
さんほさん 次は英語のスナックへ・・GO!
Posted by うめのはな at 2019年02月09日 08:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185522381
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック