2019年02月06日

わたし凡人 

いつの世にも 奇人 変人 狂人というような ちょっと凡人からははずれた 人たちが出現するものなのですが、
これがまた 当の本人たちは じぶんこそがまっとうだと思っていて 普通の感覚では理解できなことがあります。
普通の感覚といいましても 何を基準に普通というのか これもまた 難しい問題で 一方的に これが普通の基準だと決められないものなのです。
何しろ 天才を含め 奇人変人というのは 常識外れなところはあっても 特に生活に不自由はないだろうし 特段人に迷惑をかけることもないでしょう。たまに あるかもしれませんが 許容範囲としてみれば まぁそんなものだと思えば 角がたたあないものなのです。

天才とバカは紙一重 といいますが これは違うでしょうね。

天才とは99%の努力である というように 常に何かを考え ひらめきを求めているものなのです。
絶え間ない 思考力が ひらめきを誘い 追求し 勉学に没頭し 脳がますます鍛えられていくのだと思います。

 奇人変人は はた目からみれば おかしな行動をとる くらいなもので
変わった人だなぁ・・ちょっと常識がないなぁ・・みたいなものでしょう。
本人が気にしなければ 他人がとやかく言うのもおかしなものです。
迷惑かけているなら 別ですが。。。

これが 狂人となると ちょっと別かな・・・
奇人変人と狂人の境目は私にはよくわかりませんが
その筋の専門家なら 区別がつくものなのでしょうか・・・

狂人の中でも (ああ・・狂人という言葉は とても失礼な言葉ですが 一応通例に従ってそう呼ばせていただきます。)
辞書で 狂人をひけば・・・正気(しょうき)でない人。気が違った人。狂者。
とあります。
では正気とは 何か?とまぁ・・こういうことになってしまいますが。

たとえば 見えないものが見えるとか そういう人がいます。

宇宙人にあったとか そこに霊が見えるとか 他の人には見えないものが見える人がいます。
じつは これは 狂人ではありません。
たしかに 妄想の病になるそういう精神病もありますが
見えないものが実在のごとく見えて 話もする・・そういうのは
幻視 錯視といって
レビー小体型認知症において一般的に現れる症状のひとつです。

・・・・・・・
実際にはその場にいない人や小動物などが、本人には実在しているように見えるのです。
「ほら そこに虫がたくさんいる」
「小さな子供が遊びに来てくれた」
「昔一緒に遊んでいた ○○ちゃんが 来て 話をした」
とても具体的なのです。
誰もいないのに にこにこしながら話をしていたり
床を這って虫をつかまえようとしたりする行動もみられます。
レビー小体認知症は 高齢者が発症する認知症の約20%を占めます。
不安を感じたり 楽しい表情だったり 人それぞれですが
見えないものが見えたり、見たものが違うものに見えたりする「錯視」に伴い妄想や作話などが起こる場合もあります。
・・・・・・・
こういう話を聞けば なるほど・・と思うことがあります。
なんでも 小人さんとか 小鬼とか 小さな虫とか そういうものが多いらしいです。
こういう人の話しは否定せず じっくり聞いてあげることだそうです。

となれば・・・
宇宙人に出会った説も(話に出てくる宇宙人は たいてい小さいですよね〜) 意外とそうなのかも。。。。と思ったわけです。
これが 宇宙船で連れていかれて・・となるとまた 別なのですがね(妄想?)

霊が見えるとか 霊と話をしたとか 見えないものが見えるなんていう話を聞けば
ぎょっとしますが霊がついているとか言って人を不安に陥れて 何かを得るような 人もいますけど
そうじゃなくて 本当にそう言っているひとがいたら
私は このレビー小体病なんだろうな〜としか思わなくなりました。

本当か嘘かと言えば 本当なんでしょうが・・・
商売にしている人もいますので 真偽の判断はむずかしいです。

凡人のわたしには 理解不能な世界が多々あって
知識不足もあって
よくわからないことが 多いです。

悩める世界です。

じつは私も ちょっと変わった子と言われた時代があったのです。
今思えば 単に 強がっていただけの 恥の歴史です。
umen.jpg
どうせなら 天才と 呼ばれてみたかったかなぁ〜(笑)

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:01| Comment(4) | TrackBack(0) | エトセトラ
この記事へのコメント

人は皆 自分以外は大抵変わり者と相場は決まっています
それでもまったく自分と同じであったら それはそれで又不気味な事と思いますが
俗に云う変人奇人はその個人の個性だと思います
また天才だとか秀才だとかは変人奇人の部類で その個性が飛び抜けていれば変人
逸脱していれば奇人ぐらいだと思いますがいかがなものでしょう(⌒_⌒)
 
よく漫才ネタで ラブレターの中で「恋人」と「変人」の漢字を間違えて出してしまうって言うのがありますが
この話 僕の友達が本当に書いて出してしまったという事があります
その後そのふたりの事 どうなったかは覚えていませんが(なにせ中学の頃の話で)
ただその漫才みたいなエピソードだけは覚えています(笑)
 
>・・・・ ちょっと変わった子と言われた時代があったのです。
 
って どんな風に言われたのでしょうか? お聞きしたいです!
それこそ男子から『僕の変人になってください。』とかなんとかラブレターもらったとか!? (*^o^*)
 
 
追:
今週「NHKのど自慢」は福井県でした
NHK「ブラタモリ」は連続で福井県をやっているし
今日昼前のTBSだかフジテレビだかのワイドショー番組で
福井県坂井市が今カラスの大群が押し寄せて大変な騒ぎになっていると番組で取り上げていた
ここのところ福井県がやたらと目につきますが
『福井県』何かあるのでしょうか
Posted by さんほ at 2019年02月06日 23:47
さんほ さん

奇人 変人はたしかに個性です。しかし日本人はある一定の規格から外れる人を 奇人 変人と称します。規格外の人物でしょうが それが 自分たちより優れているとはなかなか認められないのでしょうね。

>「恋人」と「変人」の漢字を間違えて出してしまうって言うのがありますが・・

それ 私です。小6のとき 富山にいる文通(なつかしいね!)相手に 恋を変と書いて出してしまって(それも手紙の中で何度も書いて)、相手の男の子に」「変」って何ですか?って 聞かれて 赤っ恥かきました。それがきっかけかどうか忘れましたが 文通は途絶えました。漫才ではありません。

>ちょっと変わった子・・
田舎ですので でる杭は打たれたのです。
何しろ町ではじめて東大合格した人は 「あれはいつも本を読んでいて頭がおかしい。勉強ばかりすると あんな風になる」と噂になるような田舎でした。
それまでの慣習と違う意見を言ったり 女が男に優っていれば すぐ変わった子になるのです。「女のくせに 生意気だ」となるのです。
一度 「女子に人気があるようですが 男子とも仲良くしてください」と言われたことがありますよ。
ラブレター貰うようなら いいんだけれどね〜
見向きもされませんでした。

福井は 外国人観光客が少ない県なんですって。
「ブラタモリ」は見ました。
新幹線が福井までくるまでは 交通の便がとぎれていて足を延ばすには 難ありの場所です。
派手ではないけれど 伝統産業 観光地 いろいろありますが そこそこ 日本人のツアー客でにぎわっていて 今までアピールが足りなかったのでしょうね〜必死で外国人観光客へアピールしているのかもね。

「カラス}は知りませんでした。
坂井市って 田んぼしかないのにねーー。
でも 田んぼの真ん中に 超大型スーパーとかあって それなりにゴミも多いのかもね。
Posted by うめのはな at 2019年02月07日 07:00

これから梅の花さんの事を恋人と思っていま  、、、、???
 
イヤイヤそういう事では無く 「変人」と思っていますから(_ _,)>(;^_^A
 
・・・・ちょっと冗談がきつかったですか??(笑)

Posted by さんほ at 2019年02月08日 00:57
さんほ さん

 変人と言われるのもありがたいことですが これからは奇人と呼ばれぬよう 目立つことなく 日影の道を歩きます。
Posted by うめのはな at 2019年02月08日 08:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185511432
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック