2019年01月21日

東京ドームシティイルミネーション 3

江戸の粋といえば 花火。
花火と言えば水辺。
クリスタルアベニューの大輪の花池では 花火の仕掛けが・・・
全長100mにわたって江戸の夏の風物詩「花火」が打ち上げられています。
tkyodom (29).jpg
もちろん 花火をモチーフにした イルミネーションです。
tkyodom (30).jpg
動画だとまるで花火のような イルミネーションですが 静止画像です。
haba1.JPG
点火スイッチで花火が打ち上がる演出です。
hbna.JPG
花火の色が変化します。
hnbi.JPG
なかなか面白い仕掛けです。
tkyodom (32).jpg
可愛らしい花球のオブジェ。

冬の電気花火見物も乙なものです。
タグ:イベント
posted by うめのはな at 07:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 文京区
この記事へのコメント
とうとう見つけました(#^.^#)
しかしそれにしても 相変わらず勘の鈍さは自分乍ら呆れるばかりです
なぜ最初に「ポチッと」に気づかないのかと
梅の花さんには煩わさせてしまい申し訳ありませんでした
 
先週(13日)は「松山庭園美術館」
今週(19日)は「中山競馬場」と少しずつ動き始めています
一昨年・昨年とほとんど出歩いていませんでしたので
今年あたりは少しづつ動き始めようかと思っています
ただ目的地に行くのに1・2時間と掛かるのが気が引けます
ましてや3時間ともなれば だって帰るのも3時間掛かることを思うと

Posted by さんほ at 2019年01月21日 12:07
さんほ さん

あら 見つけましたか。
そうそう ポチッと がヒントなんですよね。
ご感想は むこうで言うとさしさわりがあるかもしれませんのでご本人にひそかにお伝えくださいな。

松山庭園美術館は、芸術家此木三紅大氏のアトリエを公開したものだそうですね。
私が千葉にいたときはなかったのかなぁ・・・知りませんでした。もっとも 場所的に車じゃないと不便なところなんですね〜
茶室とか 庭園とか 紅葉の頃が美しそうです。
できれば 見たかったなぁ。でも遠くてね。

市川市ですが 東山魁夷氏のアトリエを公開しています。洋館なのですが 京成中山の近くで 来月か3月に見学しようと思っています。
同じ中山なんですけど
中山競馬場は お馬さんの走り方の研究に行くの?
Posted by うめのはな at 2019年01月21日 17:39

佐倉市にある川村記念美術館も雰囲気があっていい美術館なんですが
雰囲気で言うなら匝瑳市の松山庭園美術館は尚いいです
しかし車で行く他 歩いてはちょっと無理
その車だとて対向車があるとすれ違えないぐらいの農道を行かなければなりません
ホントのんびりしたところに在る美術館です
 
東山魁夷記念館近くに叔父が住んで居ます
ですので東山魁夷記念館前は何度も通り 前から気にはなっていました
それと近くに中山法華経寺や競馬場と中々歩く環境は整っていますから
何時かは散歩しながら東山魁夷記念館に入りたいと思っています
 
苦節四十数年研究の成果がやっと叶いました
実験の成果は9勝3敗 これは勝率的には良い方だと思います
但し研究内容は公表しません( ̄ー ̄)
しかし梅の花さんがどうしてもと言うなら
ココだけの話として こっそり教えて差し上げても構いませんが?(。-_-。)<(@^_^@)
Posted by さんほ at 2019年01月21日 23:31
さんほ さん

川村記念美術館は 行ったことあります。
写真で見たかんじは 松山庭園美術館の雰囲気が素敵でした。
松戸の戸定歴史館は行こうと思っていてなかなか行けなかったところですが ほら 千葉にもたくさん見どころあるじゃないですか。
市川はたまに 用があっていきますが 本八幡のあたりは 永井荷風の散歩道などあって 見どころはいろいろありそうです。
私も次に 市川に行ったときは 東山魁夷記念館と法華経寺はセットでみることにします。

競馬場は残念ながら行ったことはありません。
大きなレースのときは TVで観ます。
あのアリンコのようにびっしりとうまった観客席を見て それだけで めまいがしています。
お馬さんの研究は 人に話すものじゃないでしょう。勝って 一人ほくそ笑むものでしょうかね。

馬券は買ったことないですが バーチャルだと意外と当たるんですよ。そういうものでしょうかね。
Posted by うめのはな at 2019年01月22日 08:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185407486
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック