2018年10月15日

塩害

近くに銀杏並木があるのですが 通ってみたら いつもと違う様子に驚きました。
いつもなら 黄金色の葉が落ちていたり黄色くなった並木がきれいなのですが 落ちている葉が 茶色で枯れているのです。
上を見てみると 外側の葉が ほとんど茶色で枯れているかのようでした。
どの木もそうです。
ああ〜これは 台風の時の 塩害だなぁ〜って 思いました。
TVでも 沿岸部の木が 塩害で茶色になっていて 紅葉していないと 言っていました。
江東区も 沿岸部ですから あの時の風で 塩の被害を受けたのだなぁ〜って思いました。
どのあたりまで 被害があったのかは わかりませんが
他のところは大丈夫なのでしょうか・・・・

台風の時の風は すごかったです。
窓ガラスに白い点々がつきました。
あれって 塩なんですよねーー
鉄部は錆びるだろうし 困ったことです。

もっとも 海辺育ちで 塩害は見慣れています。
浜辺の町に行けば トタンや雨どい エアコンの室外機まで 茶色く錆びています。
車だって 例外ではなく 傷みます。

昔 フェリーで海を渡ったあと 数時間でしたが 下船した時 車が白くなっていて 降りた街で洗車するはめになったことがありました。
塩の害って すごいですよねぇ・・・・

全国でも 木々だけでなく農作物にもいろいろ被害があったそうです。
島国日本じゃしかたのないことなのでしょうね。

しかし
今年の東京の紅葉は大丈夫なのでしょうか・・・
名所はいろいろあって 東京駅前なども名所なんです。
銀杏の木は多いです。

だって 東京都の木なんですからね〜
東京都のマークも 銀杏のシンボルです。

来年は復活しますように・・・・
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 10:07| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ
この記事へのコメント
塩害はTVでやってましたがすごいですね〜
遠くまで影響があるんですね
福井では雨どいやエアコンの室外機まで被害が出るんですね
海辺に住むのも大変でなんですね〜。
裏山の大きな銀杏の木があるんですが、毎年
黄色く見事な黄葉を見せてくれるので他のS実にしてるんですが
この間見たら葉っぱがみんな茶色く変色してしまってました
海辺でもないのになんなんでしょうね・・・。
風で飛んでくるもので驚くのは春先の黄砂ですね
遠い遠い中国から飛んできて車の窓までにつくなんて
風の力のすごさに驚きますね〜。
我が町の箕面の紅葉ですが、今年はあちこち通行止めで
倒れた木々や枝を手入れしています。
国営公園だから木や枝を市の勝手には切れないらしいです
許可が下りるまで道路は閉鎖になってますよ。
観光客も少なくなるだろうなぁと思います。
今年は気候も例年とはちょっと違うから全国の紅葉の
名所はどうなるんでしょうね。

体調は良くなりましたか?
冷え込んだりする日があるから気を付けてね。
Posted by パセリ at 2018年10月15日 23:40


>パセリさん
千葉や神奈川東京の沿岸部の 塩害被害は報道されていましたが関西でも同じようなことあっても不思議じゃないですね。
でも そちらは沿岸部じゃないし 茶色になるのはなぜなんでしょうね?
台風でどこかから よくないものでも飛んだのでしょうか・・
黄砂やPM2.5も 大陸から飛んできて 本当にいやですね。
おまけに 光化学スモッグとか いろいろあって大変です。
箕面の紅葉は きれいだそうですが 倒木じゃね・・
台風の被害が 大きかったのですね。
今年は 気象災害が多くて全国どこでも被害があって それぞれ回復に大変です。
そろそろ 寒くなって冬支度です。
昨日やっと 衣替えしました。
でも 曇りで布団が干せないです。。。
Posted by うめのはな at 2018年10月16日 10:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184684030
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック