2017年11月08日

旧李王家東京邸 4

部屋へのドアはないので おそらくラウンジだと思います。
riouke2-4 (1).jpg
元は 何の部屋だかはわかりません。
riouke2-4 (2).jpg
床は 陶器?タイル?
昭和初期の皇室の邸宅建築としての特性がよく表現されているそうえす。
riouke2-4 (3).jpg
暖炉のあるラウンジです。
riouke2-4 (4).jpg
ステンドグラスの灯りとり。
riouke2-4 (5).jpg
種類の違うねじり柱の多用や日本伝統技法の網代天井が用いられるなど、様々な様式が混在する複雑なデザインとなっているようです。
riouke2-4 (6).jpg
建設当時の詳細な資料などを基に照明器具なども復元したそうです。
riouke2-4 (7).jpg
5 のバルコニー側の部屋です。
riouke2-4 (9).jpg

riouke2-4 (8).jpg
ホワイエがあって バルコニーに出ることができます。
riouke2-4 (10).jpg
ホワイエから 7方向を見ています。
次 バルコニーに出ます。
タグ:イベント
posted by うめのはな at 06:00| Comment(0) | 千代田区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。