2017年07月30日

打ち水

雨が降ったりして このところ 曇天なり。
からりと晴れなくて 蒸し暑いです。
すごく だる〜〜〜くなるような 蒸し暑さで どこにも出たくないです。

雨が降ると 気温が下がって涼しくなることもあるのだけれど こう暑いと じめじめで よけい蒸し暑いです。
東京では 打ち水 イベントもあったようですが 効果のほどはどうなんでしょうか。

「涼を得るための江戸の知恵である「打ち水」が、東京のおもてなし(作法)として定着することを目指して、「打ち水日和」と銘打った打ち水イベントを行います。」
だそうです。

 打ち水には場を清める神道的な意味合いがあり、玄関先などへの打ち水は「来客への心遣い」の一つなんです。商売やっていると 時々 玄関前は 打ち水 していました。撒いていると 涼しい気分になるのですが 見ている人もそうなんでしょうけど 実際の効果は?

各イベントでの実証では概ね2℃程度気温が下がるようです。

しかし 打ち水をする時間帯や場所を間違うと逆効果となってしまうこともあるようです。
炎天下に水を撒けば よけい暑くなるのです。
やはり 朝夕がいいのでしょう。それも 日陰に撒くことです。

打ち水は水が蒸発するときに熱を奪う気化熱を利用しますから 真夏の炎天下だと すぐに蒸発してしまい、十分な効果が得られません。日陰に水を撒くと ゆっくりと蒸発する効果があるようです。

イベントも 夕方やったようですね。
でも 気分だけで 実際はまだまだ 暑かったと思います。
タグ:エトセトラ
【エトセトラの最新記事】
posted by うめのはな at 12:03| Comment(0) | エトセトラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。