2017年07月28日

うまい話にご用心

このごろ銀行で待っていると 係員が近寄ってきて 投資信託やカードローンをすすめます。
そんなもんいらんがなーーーって お断りするのですが
敵もあの手この手で 勧誘してきます。
こんなとき 無知だと コロリと誘いにのってしまいます。

カードローンは いつでも限度額キャッシングできるものです。なんて うまいこといいます。
その金利の高いこと・・・4%〜18%
持っているだけで いざというとき お金引き出せます。なんていうけれど つまり 昔でいうサラ金のカードみたいじゃないですが・・・・
泣きついて 成績が・・・あと一人でとか 泣き落としする人もいます。
その場で契約を迫ります。たいてい ハンコ持っていますしね〜
高齢者は コロリとだまされて 持っているくらいいいか 使わなきゃいいんだし・・って 契約します。
その契約書の裏が ノミみたいな字でびっしりと あれやこれや書いてあるのですが そんなもの詠みやしない。
キャッシュカードみたいなものですと説明受ければ 融資枠がまるで 自分のお金のように勘違いしてしまいがちです。
高い金利も 頭に入らない。
カードは使わないなら 切り刻んで捨ててもいいなどと言った人もいます。
これは 嘘です。解約しないかぎり 契約は続きます。
おまけに カードローンは保有しているだけで融資審査に影響を与えるってこと 知らない人が多いのです。
常に 融資枠の借金かかえていると みなされるらしいですよ。
気を付けましょう!

もうひとつしつこいのが 毎月分配型投資信託。
あれこれ 資料持ってきて 毎月分配があるんですよーー
って まるで 利息が振り込まれるがごとく 説明するので ほぉーーこれは 金利がいいなぁ〜と勘違いします。
これ 自分の元本削って 振り込まれるものなのです。
投資信託で分配金という表現になると、自分の元本を削っていても「得したなぁ〜」になりがちです。
おまけに 特別分配金なるものもあって ややこしい。
特別分配金という表現は非常に誤解されやすいもので 現在では「元本払戻金」となっているそうです。
 元本を削って分配金を支払ってもいいのが日本の投資信託で その分配金にもちゃんと税金がかかるのです。
手数料は高いし あまりいいことなさそうです。

私は カードローンも持っていないし 投資信託もやっていません。
まぁ・・
売りも買いもしない長年保有している 株が少々あるくらいで これは 配当金と優待めあてのものです。
実は 損をしたこともありますし トータルでいえば 全然儲かっていません。

アパート経営だの ○○に投資だの
いろいろな詐欺もありますが
そんなに儲かるなら
お前がやれ!!
って いいたくもなります。
うまい話は そうそうないってことです。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:59| Comment(0) | エトセトラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。