2017年07月27日

ハモ料理

ハモ料理を見かけるようになりました。
関西では ハモ料理は一般的で 祇園祭のころが 油がのって美味しいといわれます。
旬は夏っていうのが 知られていますが 産卵を終えた秋が本当の旬らしいのです。
京都の事情で 夏が旬になったともいわれています。

関東ではあまり みかけないハモ料理も 最近はよく見かけるようになりました。
湯引きした ハモを冷凍で売っていたり とある寿司屋には ハモの握りなどもあったりして 気軽に食べることができます。
生協で扱っていたし 近くのすし店にもありました。

ハモは 福井にいた子供の頃 よく食べました。
ポン酢で食べたり すり身にして 吸い物にしたり 天ぷらにしたり・・・
淡白で 美味しいです。
関東では ほとんど食べることがなかったです。
何年か前 日本橋にある越前そばの店で ハモの天丼食べたくらいです。

見た目は うなぎか あなご。
私は ハモが一番食べやすいです。

近くの寿司屋のチラシ。 ハモの湯引き ハモの握りの写真見て 故郷 思い出したわけです。
ハモなんてそうめずらしくもなく いつも食べていた料理だなぁ・・・・って。
いろいろなもの比較して
西と東じゃ 食文化の違いあるんだと 実感します。
タグ:グルメ
posted by うめのはな at 13:45| Comment(0) | グルメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。