2017年06月07日

昔と今の常識

中高生のときは 少しの期間でしたが運動をやっていました。

体操部だったのですが 狭い体育館で 各部が使っているせいで スペースをとれる曜日が決まっていて 体育館が使えないときは外で 訓練でした。
学校前に 百段ほどの石階段があって そこを駆け足で 上り下り何回も・・・
それどころか うさぎ跳びでの 上り下り・・・
今なら 冗談じゃない!!って 思います。
海まで 2〜3kmでしたので 走っていって 砂浜ダッシュ 何回も。。。

ああ〜おそろしいことやって いたんだなぁ・・って思います。

学校全体の マラソン大会があって 男子16km 女子12km だったかな・・・
これも きつかったです。
途中 先生が バケツで頭から水ぶっかけたりしたこともあったのですが 水分補給はなしでした。
今なら 虐待・・・・

よく言われて いたのは
「途中で 水のむと 余計ばてるから 飲むな!」
でした。
今じゃ 考えられないことが 昔の常識でした。
まぁ・・・一理あるんですけどね。
汗かいた体に 単なる水分を急に入れると 低ナトリウム状態になり 倒れることがありますから・・
水分はそれなりに 塩分 糖分入ったものじゃないとダメなんです。

熱中症という言葉 より 熱射病でしたかね〜
体の中に熱がこもるというより 日差しで頭がぼーっとするって くらいに考えられていたのでしょう。
とにかく 体を冷やすのが一番なのですが 昔は おでこを冷やすくらいでしたねーー

そうそう 風邪で熱を出したときも 身体冷やすな・・・暖かくしろって 布団何枚もかけられたり。
風呂には入るな。。。とか。

今は とにかく 首筋 わきの下を冷やす。
厚着しないで 涼しくする。
風呂はぬるめに入っていい。
ですものねーーー

科学的に考えられるようになると 常識って変わっていくものなんですね。
そのうち
今の常識も 未来の非常識になるかもね!
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 08:43| Comment(2) | エトセトラ
この記事へのコメント
こんばんわー。

校内マラソン大会ありましたね〜
途中でバテて座り込んだら竹刀でお尻叩かれましたよ
服装違反とか忘れ物とかでも何時間も廊下に座らせられたり
チョークがビュンビュン飛んできたりもしましたね〜。
イジメも結構あったよ、でも今ほど冷酷っていうか
悪意のあるもんじゃなかったような気が・・・。

熱射病も死者が出ないと言わなくて、暑さ負けって言うの言葉が多かったかなぁ・・・・

孫たちは風邪でもお風呂入るんだけど、どうも私には抵抗がありますね〜
ほんと薄着だしね・・・。

昔は良かった・・・・なんて言うともう高齢者やね(;^_^A
昔の元気な体力も信じられないけど、今の体力のなさも信じられないわ〜。。。

Posted by パセリ at 2017年06月07日 23:20
そうそう 先生が生徒を殴ったりしていましたね〜
生徒の前で タバコ吸ったり今じゃ考えられません。
いじめは暴力や恐喝みたいなことはなかったように思います。チョークどころか 雑巾なども飛んできましたよ。
結構 セクハラ パワハラみたいなこともありましたよ。

今思えば 熱中症なんだけど 長湯して湯あたりってのもあったかなぁ〜
昭和時代も もうなつかしい昔になってしまったのですよね〜
30くらいまでの人は昭和時代のことなんて 知らないのですものね!

明治は・・じゃなくて
昭和は遠くなりにけり・・・かもね。。。。
Posted by うめのはな at 2017年06月08日 08:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。