2017年02月14日

江戸東京博物館 常設展 将軍・大名

再び 江戸博。
江戸のコーナーには将軍家や大名家に由来する歴史資料の数々も展示されています。
edhkieys (1).jpg
徳川家康座像(複製)
慶長6年(1601)正月、60歳を迎えた家康が、自ら命じて彫刻させた等身大の木像
足が 面白い!
edhkieys (5).jpg
武将の甲冑も数点並んでいます。
edhkieys (2).jpg
ほぼ実寸大の襖絵を再現した体験展示「江戸城松の廊下の障壁画」
edhkieys (3).jpg
江戸城本丸の、浅野長矩が刃傷事件をおこした場所は、襖を飾る狩野派の障壁画に松が描かれていたので、 松の廊下と呼ばれています。
本丸の大広間とその北側の白書院を結ぶ長い廊下。全長50メートルありました。
edhkieys (4).jpg
姫様用の駕籠
これとは別に もうひとつ 体験で乗ることができるものも置かれています。
posted by うめのはな at 08:40| Comment(0) | 墨田区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。