2021年04月06日

三木城合戦記

発売時は 読もうとは思っていなかったのですが 借りる機会があったので
「もろびとの空   三木城合戦記」 という本を読みました。

タイトル  もろびとの空 
       三木城合戦記
著者       天野純希
出版者東京 集英社   2021.1

「戦国末期、別所長治は信長に叛旗を翻す。織田勢を率いる秀吉の猛攻に耐え、籠城戦が続くなか、飢えに苦しむ領民は、究極の選択へと追い込まれる。
織田勢を率いる秀吉の猛攻と「干殺し」に耐え、暮らしを守ろうと刀を握った人々の、歴史に記されなかった生を描く。」

別所氏の三木城落城譚といえばその凄惨さから、有名な話として伝えられているそうですが 歴史には詳しくないし まして 三木城なんていうのも全く知らなかったです。
名前も知らなかった武将たちですが 「死に損ない」と罵られ、次こそ死のうと、敵軍を斬りつづける武士。貧しくて米十俵のために握った薙刀で、家族を守るため、「女武者組」として戦う覚悟を決める娘たちの姿が描かれていて ひきこまれました。

織田に反旗を翻した古豪・別所家。司令官・秀吉の報復と播州征伐。
三木城当主別所長治の籠城戦
「秀吉が行った兵糧攻めは、三木の干殺し(みきのひごろし、-ほしごろし)と呼ばれる。」

領民のためにと言いながら自らの意地、プライド、私欲に取り憑かれている城主。
「播州武士の矜持、名門別所家の誇り」とは程遠い 自己顕示欲の塊のような吉親。
城主長治を幽閉し 吉親がプライドだけで反旗をひるがえし 籠城という選択をした。
その選択が、自らだけでなく周囲も苦しめる。
こんな愚かな男のために 多くの民百姓や武士が死んでいく。
焼かれる家や田畑。子は拐われ、女は凌辱され、男は斬られ 秀吉の2年もの兵糧攻めにより飢え死にが相次ぎ
最後には飢えて 人肉まで食べなくてはならなくなった。

物語は百姓の娘で米を得られることから女武者団に参加した加代と、女武者団を支える別所家家臣の蔭山伊織の視点で描かれている。
女武者組の指揮を執るのは別所家の妻 波。
最後の交渉は 幼い子らを含め別所一族の死をもって立て籠もった領民、家臣の命が救うこと。
別所一族が女こどもまで自決する場面は 悲しい場面です。

別所一族の死をもって立て籠もった領民、家臣の命が救われ 月日がたち
その後の平穏な 農民の日々に安堵し 緑豊かな土地へと変わっていく姿にはほっとします。
合戦の裏にある ひたむきな生の物語です。

人とは 何なのだろうか・・
生きるとは?

戦国時代 人は戦いのために生きていたのだろうか。
戦がはじまれば歩兵として いやおうなしに かり出され 前線に出て 切られ 射られ 討たれる。
虫けらのように 殺されても 文句はいえない。
それが 役目と割り切っていたのだろうか・・・

太平洋戦争のときも 兵隊さんは同じでしたね。

家族もいれば 親兄弟もいるのは 領主とて同じはずなのに。
短い人生でも 戦いのためならしかたがなかったのだろうか。
戦争は いやですね。

強いものが勝つ。
そうなんでしょうが ひたむきに生きていた人たちの 人生は何だったのでしょうかね。

フィクションといえども 実際にあったという戦いの歴史を読むのは 辛かったです。

現代の為政者も 国のため国民のためといいながら 利権 忖度
自己顕示 私利私欲 プライドのために 取るべき道をあやまってはいませんか?
そう 問いかけたいです。
タグ:読書
posted by うめのはな at 16:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書