2020年11月26日

年末の整頓中

毎年 この時期は年末に向けて 掃除や整理整頓をすると決めています。
昨年 夫に手伝いを頼んでも 無視されたので 今年は一人で毎日1時間と時間を決めて
やりはじめました。
もうほとんど やるべきことは終えました。

あとは手伝いが必要なので後回し。

一人でこつこつやっていたら夫は 突然思いついたように
窓ガラスを外から洗って拭いていました。

少しづつ 台所の棚を整頓しているのですが ある朝
「流しの上の棚 洗っておいたから」と言われました。
おや 言わなくてもできるじゃぁないの・・・と。
これからは うるさく言わないほうがいいのかも。

私がやるべきことを毎日やっています。
その間中 夫は無視して 寝転んで本を読んでいます。

しかし 今年はどこにもいかないかったし 誰かが来ることもなかったので
棄てるものも少なかったです。
それでも 毎年いらないと思えるものがあって ゴミとなります。
整理していて 思ったのですが
いろいろなものの収集も無駄だなぁ・・と。

まず切手。
これは私が集めたものではないのですが 母が集めていたものを引き継いでいます。
シートで収集していたので かなりの量になっています。
切手帳にあるものの中には かなり珍しいもののあります。
でも 売ろうにも どこでどうやって売るのかもわかりません。
調べりゃいいのでしょうが その業者が良心的かどうかわかりませんから
面倒でいつもそのままです。
それに 切手シートなど 原価くらいでしか引き取ってもらえないとか・・・

昔集めたものって そうらしいです。
親戚に テレホンカード収集が趣味だった人がいて あちこちいくたび買っては集めていました。
それも 使えなくなって 今じゃ1000円のカードが 売れば3〜400円くらいだそうです。
買うときは観光地などのプレミアムがついて 倍くらいしたのでしょうけれどね〜

昔は普通に使われていたのに 今ほとんど使えないってあります。
古くは フロッピー。ゲームのなどたくさん廃棄しました。
パソコンのデーターも入れておいたのに今は使えません。
それに カセットテープ。なかなか機器がないです。
結婚式のVTRテープも 子供の成長記録も 変換しないとみることができなくて
結局そのままです。
今じゃ CDやDVDでさえ 専用の機器がないと再生できません。
映画をせっせと焼いてDVDに保存しておいたけれど結局 再び見ることもなくただ収集しただけとなっています。
今は ネットでなんでも聞けるし観ることができるので わざわざ保存しなくてもよくなっています。

本。買わなくなりました。
千葉から東京に引っ越した時は 書斎一部屋分
軽トラック1台くらいは処分しました。
学生時代からの本も多かったし ほとんどが夫の本で
小説でもないので処分するしかなかったです。
昔は家にずらりと本を並べるのが普通でしたが
今は家の中に 本はほとんどないです。
みな 借りて読んでいます。

息子が漫画を処分。 数百冊リサイクルに出しましたが
1冊十円とか20円とかでした。
せっせとおこずかいで買ったのにね〜

いくら価値があるものでも 買い手が見つからなきゃ宝のもちぐされということもあります。
家にもまだまだあります。

第一に 着物 帯。かなりいいものがそろっていますが
誰が着るんだ・・・・
売るに売れないし タンスの肥やし。

観光地に行ったときの土産品。
人形。捨てるに捨てられず 邪魔なものと化しています。
私も高校生までは収集癖があったのか 土産にこけしや人形買いました。

旅行で行った場所の小石一粒を持ち帰っていたり 絵ハガキは必ず買っていたりしました。
東京に出たとき それら全部を処分してしまいました。
昔の絵葉書は今じゃ珍しいものだと思いますから 少し残念。

アルバムでさえ もうほとんど見ることはないし
時はどんどん過ぎていって
昔をなつかしがることもできません。

方丈記じゃないけれど 時代は常に変化していて 人の心も 移り変わっていきます。
写真もデジタルで残せるようになっているので
紙で残しておく必要もないし 
切手なんていうのも そのうちなくなってしまう気がします。
お金さえも 電子マネーの時代ですものね。

いくら金目のものを集めたところで それをどうしようというのか
遺産にもならないようなものは ただのゴミ。
遺産だからといって そう簡単に売れるものでもなかろうし・・
と思うと バカバカしくなってしまいます。

でも あるんだよね〜
他の人から見たらゴミでも 捨てられないってものがね・・・・。
死んだあと 見つかって なんだこれ?って
あきれられるかもね〜

そういうときは いちいち見ないで思いきって処分してもらうよう
遺言でも書くしかないなぁ。。。。。。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2020年11月23日

画鬼と娘

はじめての作家さんの本ですが タイトルに魅かれてよみました。

画鬼と娘: 明治絵師素描
池 寒魚 (著)
発売日 : 2020/9/18
 集英社文庫

内容(「BOOK」データベースより)
日本のアートシーンが大きく変化した明治期に活動した三組の画家の親子の物語。巨匠河鍋暁斎とその画業を継いだ娘、暁翠の矜持(画鬼と娘)。早熟の天才、五姓田義松の苦悩と見守る父芳柳。洋画の技術と画材の研究に尽力した高橋由一と息子の源吉。世の中や市場の変化に翻弄されながら彼らが貫いた画業と、達した境地に迫らんとする歴史連作小説。美術鑑賞への意欲を喚起する、興奮に満ちた一冊。


幕末から明治にかけて活躍した絵師河鍋暁斎と弟子昆徳爾(ジョサイア・コンドル)さんの話は
別の本でも読んでいたので 興味があって読みました。

コンドルさんと言えば 、工部大学校で教壇に立つお雇い外国人で建築家として有名な人ですが 実は河鍋暁斎さんに弟子入りしていました。

明治22年4月26日、狩野派最後の絵師・河鍋暁斎が息を引き取った。享年58歳。
その日コンドルを訪ねてきたのが 画家の五姓田義松。応対したのは暁斎の娘 とよ(暁翠)。
五姓田義松と高橋由一は同時代、日本の洋画黎明期に活躍した画家。


明治のスター絵師河鍋暁斎とその娘 とよ(暁翠)
五姓田義松とその父である初代五姓田芳柳
高橋由一と息子・源吉

3組の画家親子の関係とそれぞれの絵の舞台裏を描く 連作小説です。

河鍋 暁斎  天保2年4月7日〈1831年5月18日〉 - 明治22年〈1889年〉4月26日)
号は「ぎょうさい」とは読まず「きょうさい」と読む。
以前の「狂斎」の号の「狂」を「暁」に改めた.
多くの戯画や風刺画を残していて 私も展示会を見に行きました。

以前のブログに書いています。
画鬼・暁斎 KYOSAI 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル・三菱一号美術館

画鬼・暁斎「狂ってたのは、俺か、時代か?」・三菱一号美術館


暁斎は狩野派の流れを受けていますが、他の流派・画法も貪欲に取り入れ、自らを「画鬼」と称した。
縦横無尽の筆さばきで 輪郭線を描かずに色のにじみで形を表す「没骨(もっこつ)法」が用いられています。
主線なしで描かれているので 絵がやわらかく感じられます。
代表的な絵が 岩崎ちひろさんの絵です。

私も 主線(輪郭線)は書かず そのままで描きます。
鉛筆でスケッチした輪郭線の中を塗ると 塗り絵のようになって 明暗が弱まるので
好きではありません。

暁斎さんは 天井絵の龍など 下絵なしに一気に描いたそうです。
深大寺に暁斎さんの龍の天井絵がありますが 劣化していてよく見えませんでした。

それと 特筆すべきは 五姓田義松さんの絵です。
この人は天才ですね。
見たものそのまま描きます。
亡くなった暁斎さんの顔を見て 自宅に戻ってから緻密な顔を描いたと言われています。

この人の展示会も行っています。
ブログに書きました。
2015年10月28日ブログ
『没後100年 五姓田義松 −最後の天才−』・神奈川県立歴史博物館

天才の一言です。

高橋由一さん。
名まえだけではピンときませんが
縄でつるされた 鮭の絵と言えば 一度は見たことあるのではないでしょうか。
本格的な油絵技法を習得した人で 日本で最初の「洋画家」といわれました。
写実というより 細部にこだわり質感の表現を極めました。


しかし この本のメインは 暁斎さんでしょう。
画鬼ですからね。

2013年に特別展「北斎と暁斎〜奇想の漫画〜」展 太田記念美術館
を見に行きました。

「北斎と暁斎〜奇想の漫画〜」展 太田記念美術館

妖怪をたくさん描いています。
漫画です。
「百鬼夜行図屏風」というものがあり 鬼や妖怪が夜に町を行進するW百鬼夜行Wの様子をユーモアたっぷりに描いた作品です。現代の 水木しげる さんというところでしょうか。
昔も今も 漫画は庶民を楽しませます。

なんでも描いた暁斎さんはまさに 画鬼ですね。
タグ:読書
posted by うめのはな at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書

2020年11月21日

健診行きました。

昨日は予約してあった健康診断に行きました。
例年は 医者で検査しているので パスしていたのですが
医者に」「健診はどうしています?」と聞かれ
「ここでやることと同じだから行っていません」というと
「検査することは同じだし レントゲンも 心電図もあるから
無料の健診でやればいい 追加ぶんの検査だけやればいいから。」と言われ
予約まで全部やってくれたので 行ってきました。

胃のレントゲン 肺がん検診 大腸健診も無料ですが これは後日ということで
一般健診だけうけました。

専用の検診センターなので 一般患者がいないからいいのですが
それでも 次々とやってきていました。
一人 一人につきそいがつくので これまた人件費も大変だろうなぁーーと いらぬ心配をしてしまいました。

身長体重変わりないですか?
「体重は増えました。。。。」

腹囲を計るのに
「メタボかも・・」というと
「大丈夫ですよ〜」と言ってくれたので ちょっと安心。
それでも 十年ほど前より 太っていました・・・・・・

心電図は相変わらずの不整脈で 
「これじゃ 息苦しくないですか?」と聞かれて
「いつもそうですから・・・」と。

採血。
全然血が出てこなくて ポタリ ポタリ・・状態で長い間かかりました。
4本とって 手が痛い。

レントゲン 検尿 血圧。
そして最後に診察。

小一時間かかって 多少疲れました。

人間ドッグなら ここで昼食なんですが
結果は後日。
結果は次の 通院日に聞くことにしました。

それにしても 医者に行くのはいやです。
どこにコロナ感染者がいるかわからない状況になってきました。

いつも行く スーパーでも感染者が出たらしく 臨時休業になりました。
ここは ちゃんと公表して長い期間休業にするので良心的ですが
一日消毒しておしまいという店もありますし休みじゃないからといって
安心はできません。
豊洲市場でも 業者さんの感染がたくさんあったようですし
冷凍食品でも コロナは生きているということですので
買ってきたものは 拭くようにしています。

飲食店も前よりすいている感じがしました。
もちろん 私は外食はしません。

そんな折 都内に住んでいる 従兄が亡くなったという知らせがありました。
この時期 葬式どころじゃないみたいですので
そのまま しらばっくれておきました。

従兄だし ほとんどお付き合いもないし 田舎の兄にも
「いいんじゃないの〜もうお付き合いもなくなりそうだしーー」と言いました。
おじさんが いたときは 遊びにいったりしていたのですがね〜

なんだか 政権が変わっても前と同じで
コロナに対してもあいまいな感じがします。
経済優先なんでしょうけれどね〜
もうすこし 現実的な
強いメッセージが ないものか。。。。

私には GOTOトラベルもイートも 関係ないけれど
唯一の楽しみ 図書館休みはやめてね・・・・
posted by うめのはな at 09:23| Comment(4) | TrackBack(0) | エトセトラ

2020年11月17日

トイレ事情

全国公立小中学校学校のトイレの洋式化は57%だそうです。
東京は平均80%ほどで 荒川区は99.4%とのこと。(プールのトイレは和式ですから ほぼ100%)
洋式かが進んでいます。

私の頃は 和式しかありませんでした。
それでも 小中高とも学校は水洗トイレでしたので 快適に使えました。
自宅のトイレは もちろん和式で汲み取り式。
田舎じゃそれがあたりまえでした。
時々バキュームカーが来て 臭かったです。
ハエも多かったし スリッパなどをよく落として叱られました。

そのうち町に下水道が完備され 水洗トイレに改善することになりました。
ある程度の 猶予期間があるので ぎりぎりまでそのままにしていた家もあります。
なんせ  床下に下水管を通す大工事になるからです。
1軒あたり町からかなりの補助金がでました。
我が家も 古家でうなぎの寝床のような細長い家の一番端でしたので なかなか工事はできませんでした。
隣の家の(廊下で行き来できる)新しく建てた離れに 洋式の水洗トイレがあったので それを使うことになりましたが
遠くて面倒な時は 古いトイレに駆け込みました。
田舎のトイレは おとこ用の小便器と2つありました。

東京に出て来て 男女兼用のトイレで戸惑ったものです。
家庭内に男専用のトイレがある家なんて あるのだろうか・・・

私の頃は 学校のトイレは生徒が掃除をしました。
小中高とも当番制で掃除をしました。
今は そうじゃないところが多いらしいです。
すくなくとも東京は業者がやっているらしいです。
今の時期 特に生徒がトイレ掃除をするのは危険でしょうね。

全国では 生徒がやっているところもあれば 先生とか業者とかいろいろらしいです。

和式トイレの掃除はまわりの汚れがひどくて 掃除も大変でした。
ホースで水を撒き ブラシでこする。
便器は雑巾で拭く・・・(思えば 不衛生です)
トイレ当番の週は みないやな顔しました。
洋式トイレの掃除はなかなか難しいです。
業者がやるのもわかります。

掃除も教育の一環と言われた時期もありましたが
変わってきました。
校舎内の掃除も業者まかせの 学校はあります。
私立などはそうなんでしょうね。

公衆トイレや駅のトイレも きれいです。
そういうものは昔は 汚いというイメージがありましたが
都内のトイレをみれば きれいなところが多いです。
定期的に 業者が掃除しています。
安心して使えます。

でも 不特定多数の人が使うトイレですので 座ることにこの時期は少し不安があります。
そうだとすれば 和式もいいかもね〜と思います。
近頃は出先では トイレを使わないようにしています。
外に出ることも少なくなりました。

荒川区がほぼ100%洋式化した理由の一つに 避難所として使われますが
高齢者が多いからだそうです。
足腰弱い高齢者が安心して使えるように 洋式化を進めたそうです。
体育館のエアコン設置もすすんでいるようですし
学校は避難所としての役割もあるのだと 改めて思いました。

今はどの家でも 洗浄便座。
そのうち 学校もそうなるのかしらね〜
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2020年11月15日

11月半ば

はやいもので 11月も半ばになりました。
そろそろ 年末に向けての準備がはじまります。
街の中は クリスマスイルミネーションがはじまっていますが コロナ過じゃ
楽しむ気分じゃないです。

それでも 家中のカーテン洗いからはじめました。
半年に一度は全部洗います。
毎日少しづつやらないと バテます。
衣類を冬物に入れ替えると なんとなく1年の終わりを感じます。
朝晩寒くなりましたが 今年は日中暖かいので こたつはまだです。

先月から週に一度歯医者通いをしていました。
1年たつと 劣化しますのでナイトガードをつくりかえました。
新しいナイトガード(マウスピース)もできあがって
快適な睡眠を得ています。
もうこれがないと いい睡眠が得られそうもなくて・・・
朝までぐっすりな日々で 目覚めもすごくいいです。

歯医者かよいも1か月ほどで終わり ほっとしました。
コロナの感染者が増えているので なんとなく歯医者は敬遠したいです。

相変わらず ほとんど人に会うこともなく 家にこもる生活です。
この頃第三波とやらで 感染者が増えているので 外食もしません。
私には Go Toキャンペーンなど 無縁です。
リスクを冒してまで 出かける気はないです。

命あっての経済だと思います。

ほとんど外に出ないし 人にも会わないので 話題がないです。
本を読み 食べて寝ての毎日です。

それでも 人々はイベントに殺到。
新商品の発売に 殺到。
そんな様子をTVなどで見て
ああ〜密だ〜パワフルな人が多いんだなぁーと ただ怖れをなしています。

マスク姿も日常になってきて
最初違和感があった 黒マスクも 色マスクも すんなり日常に溶け込んでいます。
手作り布マスクも なかなかいいものですが
防護効果は半分とか。
マウスシールドは ほとんど防護効果はないというのに
芸能人は皆 これですねーー

マスクも アルコールも日常にかかせないものとなりました。
今は不足ということはなくなってます。
いつまでマスク姿は続くのでしょう。
私は以前から出かけるときはマスクでしたが
なんかおかしな光景です。

会食しても 食べるとき以外はマスクせよ・・・って言われてもね〜
左手でマスクをはずし 食べないときはマスクして会話せよなどと言っていましたが
そんなことまでして 会食する意味はあるのかということになります。
会話が目的なら オンラインでいいし
やはり 会食の目的は食べ乍ら わいわい話すことなんだろうと思います。
ややこしい時代になりました。

しかし
コロナ以前は みなマスク無しで 喋っていましたが
実は こんなに唾の飛沫が飛んでいたんだって
改めてわかりました。
マスクが必要じゃない生活に戻っても
なんか もう近づいてしゃべれなくなりそうです。
すくなくとも 調理人とか食べ物扱う人は マスクしてほしいなぁ・・と思うようになりました。

潔癖症が増えるかも・・・・。
いつまで続くのか。。。。

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2020年11月10日

変な英語


昨日 話題になっていたのが 京都Tデパートの壁の大きな広告。
マスクを着用した女性と、上の方へ向かって泳ぐ鯉が描かれたもので 英語で
「Rising Again.Save The World from Kyoto JAPAN.」と書かれたもの。

この
「Save The World from Kyoto JAPAN.」が話題になっていました。
私も 笑ってしまいました。
直訳すると 「京都から世界を救おう」ですが
これは おかしいのです。
外国人のSNSへの投稿がきっかけで 「京都は世界に何をしたのか?」とか
「京都は世界の敵なのか?」など
悪者京都から世界を救え!のキャッチコピーなのかと思われてもしかたないです。

『世界を守ることを京都から始めよう』という趣旨の呼びかけなのでしょうが
せめて worldの前にコンマが無いと京都から(悪から)世界を救えという意味になってしまいます。
または 
Rising again from Kyoto. Save the world.
Let's start from Kyoto to save the world.

こんなところでしょうかね。。。。

ネットで話題になり 宣伝効果は大きかったでしょうが あの老舗のデパートTが こんな間違いをしたなんて・・と
驚きのほうが大きかったです。
誰かの チェックはなかったのでしょうかね。
その後 英文の部分を白くつぶしてあったという報告もあがっていました。
恥ずかしい・・・・。

でも 日本人には 十分通じるかもね。
いつも おかしな英語がまわりにありますから 間違えていても気がつかないことが多いです。
パパ ママ マイファミリーで
ちゃんと 通じますから。。。。

昔習った英語が 古臭くて おかしいこともあります。
森元総理の有名な話で クリントンさんに

How are you?というところを Who are you?

と聞いて 
 「I'm Hillary's husband.」と答えたら森さんも
「Me too」と言ったという 話があります。
その話を聞いて
大笑いしたものですが のちに
これは ジョーク ねつ造報道と言われています。

日本人って 英語苦手ですものね〜ありそうな話です。

その
How are you?の返事は
(I'm)fine, thank you. And you?って 習ったことないでしょうか。
私はそう習いました。
ネイティブの人は まず使わない言葉で
返事は
I'm  good. とか、I'm all right.
です。英会話で日本の
現役の生徒さんは そう習っているのでしょうか?

アメリカのハンバーガーやで 何にしようかほんのちょっと迷っていたら
せっかちな店員が
slow poke(スロー・ポーク)と言いました。
のろまと言う意味
英語がわからないと思ったのでしょうね〜
おかえしに
「うるさい バカ」と日本語で笑いながら言いました。

日本のハンバーガーやさんは
スマイル0円で そんなこと言いませんよねーー

言葉って おもしろいです。

そういえば
Go To Travelってのも おかしな英語です。
travel という単語の中には、もうすでに「行く」という意味が含まれています。
「旅行行く行け」キャンペーンです。
行け!と命令されています。
Let’s travel  とか
Go Travel  ならわかります。


「イートイン」は、
お店で食べることになっていますが
実は、「eat in」とは 自宅で食べるということです。
(イギリスではお店で食べるという使われ方もある)

お持ち帰りの take out もアメリカ圏では
“to go” です。

アメリカのレストランにはちゃんと To goメニューがあります。

街の中には スペルの間違い英語や
使い方間違いの英語がたくさんあって 探してみるのも面白いです。
よく見ないと 気がつかないでしょう。

しかし
今回はあのデパートが・・ということで
Save The World from Kyoto JAPAN.
には 驚きました。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2020年11月08日

髪の話

明るい色の髪の毛の女子生徒の髪を スプレーで黒くした教師がいたというニュースを見て
なんと野蛮で横暴なんだろう、これは暴力 パワハラだと思ったものでした。
黒髪だけが正しいという認識は もう間違っています。
いろいろな髪の色 肌の色 目の色の人がいるのがあたりまえなのです。
昭和の古い考えから脱却しないといけません。

私が中高生のときも 校則があって厳しかったです。
少し明るい髪の色の子がいると よびだされてチェックされたり ウェーブのかかった子がいれば
パーマをかけただろうと 叱られる。
スカートの長さがどうだの 靴がどうだの いちいちうるさかったです。

校則に
「電髪禁止」という項目があって
「電髪」何?とおかしく思ったものでした。
伝統ある学校の校則をそのままひきついでいる証拠で 昔のままですのでわけのわからない校則もありました。
パーマをかけても「電髪」じゃありません!と 言い訳する子もいたらしいです。笑える話でした。

髪ですが 私は基本短髪。
高校の頃 一時肩までのばしていたことがあります。
でも ほとんど短い髪型です。

髪の毛が細くて 多いほうではないのでまとまりが悪いです。
しかも 軽いウェーブがあるので パーマの費用はかけなくてすみますが
乾燥した日は 跳ねて丸まって どうにもなりません。
少し伸びると ハネがひどくて 浮浪者のようになります。
少し湿気のある日は まだましでまとまりますが 冬になると櫛でとかそうが ドライヤーをかけようが
ハネが治らず どうしようもないです。

今のようにマスクをしたり帽子をかぶれば なんとかごまかせますからありがたいです。
伸びた分だけ 切らないとダメなのでこまめに切ります。
そのたびに カットに行くのも大変なので 近頃は自分で切っています。
こまめに切れば そんなにおかしくはならないので コロナ騒ぎになってから カットに行ったことはありません。
染めるわけでも パーマをかけるわけでもないのでそれは 楽です。

若き主婦だったころは ご近所さんの奥様方が 今日は美容室で 染めて パーマして カットして交通費いれて
2万円くらいだと 言っていましたが 美を保つのもお金がかかるんだなぁ〜と思ったものでした。
当時は 安いカットやさんも なかったので みな美容室。
カットだけで数千円というのが相場でしたっけね・・・・・
千葉県の田舎から電車に乗り
千葉市内まで行って 友人と安い美容室に行ったこともありますが交通費考えると何していたことやら・・です。

生まれたときから 自宅で髪を切ったり(理美容室)していたので
東京に出て 他人に髪を触られるというのに抵抗がありましたし
高いお金払うのも慣れないことでした。
あまりお金はなかったのですが TV局にいたときはモデルの友人に誘われて銀座の山野美容室まで
髪を切りにいっては はぁ・・高いなぁ〜と ため息をついたものでした。

TV局に出入りしなくなってからの私の髪は またぼさぼさで どうしようもなかったです。
髪などにかまっている暇も金もない という感じでした。
伸びるままに ゴムで結んでそれが一番楽でした。

その後短いカットにしてからは もう定番の髪型で通しています。

人によって 微妙に髪型が変わるという 切り方も当たり外れがあって 美容室といえど
いやなものです。
なんか フードみたいにかぶれば 定型の髪型にカットできる というようなものが
できないかしらね〜

生きているからには 髪が伸びるのはしかたない。
そのうち
伸びなくなる人もいることですしありがいことだと 感謝すべきなんでしょうね〜
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:24| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2020年11月05日

こうとう安心ラジオ

ようやく 江東区が配布している 防災備蓄用ラジオ「こうとう安心ラジオ885」が届きました。
7月1日より浸水被害想定が大きい地域から優先して順次配達しているということで
私のところは危険度が低いので 最後のほうになっていました。
ktor (2).jpg
なぜ こうとう安心ラジオ885かというと
災害時に防災情報を取得できるように防災協定を締結しているレインボータウンエフエム放送の周波数【88.5Mhz】に
赤いマークをつけてわかりやすくしているからです。
ktor .jpg
コンパクトで軽量だから バッグにいれたりもできます。
ストラップがついています。
停電時でも使用できるように、乾電池のほか手回し充電にも対応しています。
携帯充電のコネクターやUSBもついていますから いざというときには安心です。
全世帯に無料で配布しています。

転売禁止ですがオークションサイトに出ているのが 悲しいことです。
これ 区民の税金で配布されたのですからね〜

税金とはいえ配布してくれたのは ありがたいことです。

できれば このラジオが活躍するような事態にならないことを祈ります。
なんせ 江東区はゼロメートル地帯が多いですからね。
私のところは 避難場所 残留地区に指定されていますから 他への避難はないです。
でも 停電したりすると身動きできなくなります。
自家発電はありますが いつまで持つかが問題です。
昨年の大雨洪水の武蔵小杉のマンションのように地下施設が水没なんてこともあるかもしれません。
ゼロメートルではないし 最近巨大な地下放水路もできたので そんなに心配はしていませんが・・・。

いずれにせよ 災害はいつどこで起きるかわからないので 備えはしておきたいです。

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 江東区・江戸川区

2020年11月04日

ファッションと時代

レナウンが破産というニュースを見て ああひとつの時代が終わったなぁ・・という気がしました。
今 アパレル業界はどこも厳しいようです。

田舎娘にはファッションはこだわるものでも 選べるものでもありませんでした。
なんせ 小さな港町 子供の頃に個人の洋装店はあってもユニクロやしまむらのような 大量品を安く売る店などなくて
1時間かけて 大きな市に出て百貨店で買うか 商店街で買うかしか選択肢はなかったです。
当然 よそゆきの服は仕立て屋さんで オーダーメイド。子供服もみなそうでした。
私も小学校の低学年まではそうでしたが まわりにだんだん着やすそうな じゃぶじゃぶ洗えるような服が普及してきました。
間もなく町の中に ファッションスーパーができて 大量品を安く買えるようになると 仕立て屋さんも衰退していきました。
むろん 子供は動きやすい服を着るようになりました。
小学校も制服でしたので今のように迷うこともなくすごしました。

都会のファッションは 雑誌で見ることはあっても 縁もなく特にあこがれを持つこともなく
田舎ファッションの普段着で思春期をすごしました。欲しいとも 着たいとも思いませんでした。
ほとんど制服で 家ではごろ寝できる服があればよかったです。

ジーンズが定番アイテムとして定着してきたので楽でした。
ジーンズにシャツじゃ 今と変わりません。

東京に出てきて 週に3日は新宿に通っていたせいか 買い物は新宿が多かったです。
そのころは TV局でバイトしていたせいで 都会のおしゃれな子が多く それなりに服は選びました。
女の子のよく行く 三愛とか、マミーナとか、CABIN 鈴屋=SUZUYA 鈴丹 ・・・
そんなお店に出入りして(女の子でいっぱいでした)服を買いました。
時には 伊勢丹で 背伸びして オンワードとか東京スタイルとか 三陽商会とかも。
よくお金あったなぁ・・って 思います。
田舎娘が 精一杯背伸びしていたという感じです。

都会のファッションもいろいろあって 当時は竹の子族もいたし 浮浪者のような恰好をいていた人がいてもおかしくはなかったし パンタロンが流行りましたっけね〜
スタジアムジャンパーミリタリージャケット。
「ボディコン」にミニスカート。
時代を感じます。

赤坂に住んでいたときは どの店も高級すぎて 手も足も出なくてね〜
なんて住みにくい町だと思いました。
アメ横まで足を延ばし 自分の手に届くものを買うようになりました。
新宿通いが終わって 渋谷にしばらく通いましたが そのころ渋谷もおしゃれな街のひとつになっていました。
ほとんど興味がなかったです。

ファッションは時代とともに変化していきますが 私はあまり影響なかったかもしれません。

大岡山に住んでいたのは ボロアパートで 当時は東工大があるだけで 北口に小さな商店街があるだけ
学生向けのたべものやが 何軒かあっただけでした。
徒歩3分の線路が二つ交わる 踏切音のうるさいアパートでした。
今では地下化されていて あたりも瀟洒な住宅街になっています。
坂を下っていくと 洗足池という高級住宅街です。
東工大は 北と南に分断されていて 南側は石川台駅が近いです。
桜がきれいなキャンパスです。
tkdk.jpg
2つ先に自由が丘駅があります。
今ではおしゃれな街ですが当時はそうでもなかったと思います。
若者が歩くような街ではなく大人の街でした。
生ピアノで歌える店で 歌ったこともあるし 配達してくれるレストランもあって
時々ボロアパートまで配達してもらいましたが あまりのボロ家で 恥ずかしかったです。

勉強のし過ぎで(本当です。徹夜実験とレポート)腎結石で救急車で運ばれたのは 柿の木坂の病院。
なんとなく ネームがおしゃれな感じがしましたが 入院していたのはばぁさんばかりでした。

逆に目黒のほうに行けば 武蔵小山。元祖「ムサコ」
今は再開発で 1億くらいのタワマンが建つそうですが 昔は普通の下町。
特進校の小山台高校が駅近くにあります。
長い800mほどあるアーケード街が有名です。
親戚の会社がここにあったので やはりバイトで通っていました。
分析の仕事。
買い物に便利で 住むにはとてもいいところです。
なんでも揃う アーケード街が魅力ですが 交通の便もよくて 病院も多い。
そりゃ〜1億2億になるのもわかります。

その後 神奈川に行きましたが スーパーはあってもおしゃれには関心はなかったです。

 千葉に越してますます無頓着になりました。
しまむらや ディスカウントストアーはありましたが 日々子育て家事に追われる身には
なりふりかまってはいられませんでした。

そのうち 一張羅のよそ行きの服も サイズがあわなくなってしまって泣く泣く廃棄となりました。
昔はあんな高いもの平気で買ったんだ・・というくらい 細々と生活するようになりました。

今だって それなりに年をとり 銀座や日本橋は近くなったけれど
やはりファッションには縁がない生活です。

コロナじゃ出かけることもないしね〜
あったとしても 高級品には縁がなし 大量品を着るしかないです。
誰に見せるわけでもないので 特に困ることもないです。
競うこともないし ただ小奇麗にみっともない恰好さえしなきゃそれでいい。
そんな感じです。

生まれたときから つつましい生活をしてきたので
貧乏性は一生抜けません。
きっと 死ぬまで贅沢というのはしないだろうな〜
と 思う今日この頃です。

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2020年11月01日

ブルームーン ハロウィン

昨日は ハロウィンでした。

今年のハロウィンは幸運の象徴「ハロウィン満月」(46年ぶりの満月、次回は38年後)
31日が土曜日で満月そしてブルームーンで天気がいい。
コロナじゃなければ 絶好のハロウィンだったんだろうな・・
 
こんなハロウィンはめったにないです。
 
昨夜 満月を見ました。
クレーターもはっきり見えて 白く輝いていました。
とてもきれいな月でした。
小さな月で マイクロムーンと言います。「2020年で、最も小さく見える満月」の日でした。
 
ひと月に2回満月があることから ブルームーンと言われています。
今月は2日も満月でした。
その日も きれいな月でした。
 
ブルームーンを見ると幸運が訪れる と言われています。
なぜ ブルームーンというのか。。。

英語の慣用句に「ごくまれに」を意味する「once in a blue moon」という言葉があります。
ひと月に2回満月が見えるのが珍しいということから 「ありえないこと」という意味で「ブルームーン」という言葉が使われていたそうです。

そういえば 懐メロに
「月がとっても青いから〜♪」なんて歌があったのを思い出しました。
昭和の歌ですが まさかその日もブルームーンということではないと思います。

おそらく 明るい月で 月明かりでまわりが青っぽく見えたということなのでしょうね。
人間の目が青い波長を強く感じてしまうために、太陽に比べて極端に弱い月の光の下では、月下の景色が青っぽく見えてしまいます。 この現象は、研究者の名前からプルキニエ効果と呼ばれています。
(ブルームーンとは関係ないです。)

今月は2度 明るい満月を見たし いいことあるといいなぁ・・・・

さて 渋谷のハロウィンは毎年 大変な騒ぎになりますが
今年は 「渋谷にこないで」「自粛して」と区長さんが言っておられました。
オンラインやバーチャルハロウィンもあったそうなので
いつもの年より人は少なかったそうです。
仮装している人が3割程度で 仮装してきた人は場違い感を感じて恥ずかしかったという話もありました。
しかし 人は多かったみたいです。(ライブで中継していましたが 多いと思いました)

コロナで大変なこの時期でさえ、ハロウィンはコスプレした人たちがいるし集まってさわぐことだけを
目的に 渋谷に来た人も多いとか。
地元の人はほとんどいなくて(都民も少ない)
他からやってくる人たちだそうです。
はりきって 仮装してきた人が今年は逆にダサいと言っていました。
去年より歩ける程度に 人は少ないとはいえ やはり多い。
このコロナの大変な時に 密どころか超密で集まることだけを目的に
渋谷に来て 何を考えているんだ・・と思います。
マスクしていない人も目立っていて 若いから怖くないって
そんな勝手は許されないです。
社会に迷惑をかけるって 思わない人たちなんだろうな〜

この人たちが それぞれのお住いのところに帰って無事なら
何も文句はないですが もし感染者になって まわりに迷惑をかけると思うと 自分勝手だなと思います。
遠くからわざわざ出てきた人が多いらしいです。


おばさんは その様子を見て 
ストレス発散かなんだかは知りませんが 意味なく群れないで たまには夜空を見上げて ブルームーンを見て
「しあわせを願う」 くらいのことできないのかなぁ・・と 思いました。

はやく 普通の生活に戻りますように。。。。。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 06:48| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ