2020年04月29日

9月になれば・・

このところの自粛で 息がつまりそうになっている人も多いのではないかと思います。
普段からほとんど 外出しない私はそれほど 苦ではないですが
世の中が自粛となると やはり気分的に 重いものがあります。

自由がない 束縛されているという そんな閉塞感があって
そろそろ 不平不満が出てくるころかもしれません。

そこは じっと我慢が大事です。

学校もずっと休校で 9月始業の話も出てきました。
外国と同じように 9月からのシステムにしたほうがいいということです。
私は これに大賛成です。

そもそも4月入学というと 2月3月のインフルエンザ流行期の受験となって みなさん健康管理も大変だったと思います。
気分的には 4月は晴れ晴れしていいのかもしれません。
しかし 学校に慣れてきたころに 夏休みがあり中断。
何かと不便でしょう。
そこは 夏休み後 新しい学年になったほうが すっきりするのではないかと思います。
何より 国際的な交流もしやすいし 留学などのタイムラグがなくなります。

メリットはいろいろありますが デメリットはシステムの変更や世の中の様々な仕組みの変更 法改正を含み 就職 人事異動などの時期の変更も必要でしょう。
本当は時間をかけて準備すべきことなのですが
今は 有事。スピード感が大切です。

学校が休校になっていて いつ再開できるかもわからない。
こういうときしか 変える機会はないと思います。

高校生たちの署名活動も起きているそうです。
全国知事会でも話題になっています。
あとは 国ですね。
これが 一番やっかいでしょう。
柔軟な頭持っている人は少ないです。
しがらみ 忖度 前例などなど ぐだぐだしそうです。
デメリットも多いでしょう。
しかし 署名活動している高校生たちの言い分もわかります。
新型コロナでの学業の 遅れを取り戻す必要もなく 充分休校にできるという考えだそうです。

大学はすでに 現状で9月入学になっているところもあります。
本気でやろうと思えば チャンスです。

高校生だけではなく 小中学生 幼稚園 今長期休校になっていて正常な状態の学校生活が送れていないのですから
子供たちの発達のためにも 新型コロナが収まって安心して 学校に行くことができるほうがいいと思います。
いろいろ障害 混乱はあると思いますが 有事 ですのでそこは 検討する価値はあるかと思います。
(いつも 検討だけで終わることが多い 政府ですが・・・)
昨日の 東京動画 小池都知事と尾木ママさんの対談でも 9月入学大賛成 パラダイムシフトのいい時期だと
言っていました。

注:パラダイムシフト
その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化することをいう。


連休があけても この感染症はすぐには収まらないでしょうし 何より感染という恐怖があって
なかなか 平常にもどれそうもないです。
子供たちを危険にさらしていいのか・・という問題もありますし
感染がひどくないところで 学校再開となれば やはり学習格差というものも生まれましょう。
日本はオンライン教育が遅れていますし
そこにも格差が生まれますから 学校再開という難しい判断が必要な時期になっています。

どうなるのか わかりませんが
興味深い問題だと 注視しているわけです。

いつまで休むのか? 感染の不安は?
どうみても 学校は3密ですものね〜

悩みどころですね。

大人だって いつ普通の生活に戻れるのかとか 心配ですし
何より 感染の恐怖が大きいです。
たとえ 一時的に収束しても
これから先も ウィルスは陰をひそめながら再流行をしていくかもしれません。

死に至る病 って 高齢者は覚悟してしまいます。
朝目覚めて
「頭痛もない のども痛くない 熱もない」
そうして ほっとして 一日がはじまります。

こういうのって ほんと・・普通じゃなくて 心がおかしくなりますよ。
もう少し stay home 頑張ろう。。。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 07:18| Comment(6) | TrackBack(0) | エトセトラ

2020年04月26日

愚痴かも・・・

かかりつけ医で
先日 薬だけ処方してもらったのですが・・・

できるだけ次回を先に延ばしたくて 限度という35日分の処方をお願いしました。
一日おきの薬があるのですが 前回は14日分しか処方されていなかったので 向こうから
「18日分出しておきますね」といったのにも関わらず
薬局に行くと 前回通り14日分しか処方されていませんでした。
「もう〜あんなに確認したのに ボケ!」って 思いました。
受付はしっかりしたのを 置かないとだめです。
おまけに
「血圧はどうですか?」と聞かれたので
正常値と答えたのですが
請求書はちゃんと 医学管理料が入っていました。
聞くだけでとるんかい・・

別に医師による電話診療じゃなかったんですけどね〜
ちゃっかりしているわ・・・

週1回 生協で食品 日用品を頼んでいるのですが
ピーマンとセットの 青椒肉絲用カット肉頼みました。
翌週来たのは お肉だけで ピーマンは欠品。
これじゃ 使えないじゃないのよ〜
セットだから 買ったのに。
全く どうしようもないねーーー
このごろ欠品が多くなりました。

少しでも買い物減らさなきゃと思っているのに。。。。

近頃 話題が少ないせいか フェイクニュースも目立つようになってきました。
今までは 関係者の話によると・・で
どこよりも早くと
不確実なニュースをながしたりすることもありました。
たいてい その通りになったりもしていましたが
先日の 都の買い物規制の デマはよくなかったですね〜
「イニシャルで規制する」って 話。
ワイドショーでも 取り上げられ事実のごとく伝わってしまいましたが
これは いろいろな案が出ているというだけの話でした。

基本 スーパー側の自主規制で 一人で なるべく回数減らすってことだけでしたね。
スーパーはすでに 2m開けてとなっていますし
レジもビニールでしきりがあったり 手袋していたりで 自主的にできることはやっていますね。

フェイクニュースといえば
某国のドンの死亡説。
河野大臣が ツィッターで
「あの話はデマです」って書いていますが
あの話ってのは その話なんでしょうねーー

トランプさんが
「消毒薬を注射してみてはどうか」って話。
その話していたとき 隣に座っていた 感染症の専門家がびっくりしたような顔したのが
印象的でした。専門家は全否定しましたね。

コロナ関連でも 素人がああだこうだと コメントしていますが
よくないですね〜

「○○で治る」の
似非療法みないなものも ありますし 真実だけを伝えるようにしなくてはいけませんね。

基本 マスコミはあおるだけの視聴率稼ぎが 多いと日頃から思っています。
どうぞ 正しい情報だけ流してくださいね。

ありゃ・・
今地震がありました。
どんと突き上げ 揺れました。
茨城南部 震度4とのことでした。
こんな時に 地震はやめてよねーーー
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:56| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2020年04月25日

マスク話

「アベノマスク」がいつ届くのか 待っていたのに どうやらまだまだ届かないらしい。
不良品で回収 検品ってことらしいですが なんと無駄なことを・・・というわけで
巷では 「ムダノマスク 」などと揶揄されています。
費用と 時間と 人手がかかって ほんと「ムダノマスク」ですね。

アベノマスクにはじまり
キュウショクノマスク
それどころか

ムシノマスク
カビノマスク
になりました。

いろいろありますが こんなに話題になったマスクもないでしょうね。
しかも  ないよりはまし程度で くれてやるみたいな感じがしてなりません。
できれば 布製でも 国産のしっかりした 「クニノマスク」
「ベツノマスク」がよかったです。

マスクの話題はつきませんが 高値どまりで ぼちぼち店頭に出ているようです。
相変わらず すぐ売れているみたいですが
そもそも出かけないので 見かけたことはないです。
ツィッターなどでの写真など見るだけです。

やはり 高値販売をもくろんで じっと隠し持っていた業者がいたのでしょうか・・・
中国製の箱マスクが並んでいるようです。

消毒液も 出回ってきたようです。
アルコール エタノールですが 今まで普通に使っていた
救急用の消毒アルコールです。
小さなものですが こういうものも飛ぶように売れているそうです。

我が家は・・・いろいろ戸棚の中など 探していたら
使いかけの 無水エタノールが 瓶に200mlほど残っていたのを見つけました。
もう十数年前のもので 畳のダニを予防するのに エタノール拭きをしていた残りです。
99.5%ほどのものですが ダメかな〜と匂いをかいでみたら ちゃんと匂いがしたので
すぐ 湯冷ましを加えて 4:1の消毒液を作りました。
(水道水は 塩素が混じっているので 希釈液には使えません。)
ジェルではないので 手荒れに気を付けないと・・・

TVではスーパーで買ってきたものの包装を 拭くようにと言っていました。
野菜などは 洗って冷蔵庫へ・・。とか 
そんな面倒な事やりたくない とは 思いましたが
昨日から 玄関にシートを広げ 次亜塩素酸ナトリウム液(ハイターを薄めたもの)で
表面を拭いてから 冷蔵庫に入れることにしました。
すごく面倒です。
ゴム手袋をして 拭きます。
ここまでしなきゃいけないのか・・と 自問自答です。

エコバッグも外国では禁止だそうです。
こういうときは エコではなく エゴですね。
使いまわしはダメで 使い捨てが推奨されています。
モノの見方を変えないといけません。

いつまで続くのだろうか。
ストレスで 人類の精神崩壊にならなきゃいいけれど・・・

医者にも 思うようにかかれないんじゃ
交通事故にあわないように 怪我をしないよう 病気にならないよう
気を付けないといけませんね。

医者といえば 足りないのが防護ガウンだそうです。
CAさんなどが 作ってくれていると聞きましたが
これって 戦争中の国家総動員じゃないけれど
ミシン持っていて 暇があって「できるわよ〜」って人に
糸と材料渡して
内職でお願いしたら 相当数ができあがるのじゃないかと思います。
無料奉仕より 内職賃くらいは出してお願いすれば 快く引き受けてくれる人いるかと思います。
職失って困っている人もいることだし
そういうのも いいかもしれません。


マスクの話ですが
「コイケノマスク」がいいね。
と友達に言ったら そういうの作ってくれるそうです。
他に楽しみもないので
友達も 作る楽しみがあるそうです。
私は ひたすら 出来上がりを楽しみに 待つことにします。
ささやかな 楽しみです。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 07:05| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2020年04月23日

○○ノマスク

あまり楽しみのない毎日ですが
現在楽しみにしているのは 「アベノマスク」の到着。
これは 単にどんなものなのかなぁ・・という好奇心だけです。
不潔そうな噂もあるので 使う気はないです。
都内だけど まだ届きません。

「フクイノマスク」これは いい評判ですね。
50枚入り2箱の購入券が全世帯に配布され ホームセンターで購入できるというものです。
必要でない人は 購入しなくてもいいし 必要な人にはありがたい制度なのです。
電話で実家に聞いたらやはり 「とてもありがたい。今の時期2350円だと安いし 確実に手に入るというのがありがたい」と言っていました。
30万世帯弱ですから できる話なのですが 相当前から準備していたに違いないと思いました。
知事がしっかりしているのでしょうね。
おまけに 実家のある市では 住民全員に一人10000円支給するらしく これもまたありがたいことだと言っていました。
人口は9万人ほどですから これもまた財政的にには都会とは桁が違うのですが
それにしても 太っ腹だと思いました。
福井県の他の市でも 全世帯にマスク15枚配ったり それぞれ工夫を凝らしているそうです。
勝山市などは 子供一人に 60000円だとか・・・

同居でも2世帯だと 200枚の購入券が来ます。
そういう世帯は いらないなら人数の多い世帯に譲ればいいだけですから いい方式だと思います。
実家のマスクはこれで安心です。

今評判のマスクには
「コイケノマスク」があります。
大きくて おしゃれでなかなか評判がいいですね。
顔半分を覆うようなマスクですが お似合いです。
ご近所のかたの手作りだそうで 手作りマスクのアピールにもなって よかったのではないでしょうか。
「アベノマスク」よりは 「コイケノマスク」のほうがよさそうです。

いろいろな方が 手作りマスクらしきものをはめて 出てくるとちょっと興味深く見ています。
おしゃれなのものあれば 高級そうなものもあります。
あれはいいなぁ・・とか これはちょっと・・とか 数少ないTVのお楽しみです。

昨日の西村大臣の マスクは丈夫そうでしっかりしていて デニムみたいでしたが
すぐ目をひきました。

こんなにマスクが必要で 話題になるなんて思いもしませんでした。

今は医療従事者になんとかマスクを届けてほしいですね。

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 07:18| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2020年04月19日

民のかまど

昨日は大雨でしたが 今日は快晴。
間違っても 行楽日和とお出かけにならぬように・・・です。
しかし 子供たちも行き場がなくて 公園は本当に混み合っています。
せめてもの息抜きで 密にならねばいいと思っています。

このコロナの対応で 政府や自治体の長の能力があきらかになりつつあって
巷の評価もそれなりで 的を得ているなぁと感じています。
首長無能の1位はそれはもう・・・みなさんおわかりかと思います。
台風のときの対応を思いだせばわかりますでしょうね。

都知事記者会見はなるべく見るようにしていますし 後日のテキスト起こしで読んだりもしています。
17日の会見では 
緊急事態宣言による休業要請に応じた事業者に支払われる予定の協力金について
隣県の知事が「東京はお金があるから」といったことに対し
「私の報酬は全国一お安い知事になっている。」報酬を就任当時から半分にしている。
身を切る改革をせず 「お金・・云々」といったことに対し チクリと一言なんですね。
能力差でみれば 隣県の知事とは 雲泥の差だと思うのですがねぇ〜
また 無駄をはぶくという仕訳を行い
「都知事に就任してから事業評価を徹底しており、これまでに約3000件を事業仕分けで整理して3500億円ほどを捻出。それら
を投資などに充てている。これらの事業評価を経て 就任当初は都民一人当たりの借金が約50万円だったが、約41万円にとどめてい」とも言いました。

いやぁ〜お金持ち東京も 借金あるんですよ〜
それなのに 国は9000憶も奪っていくし オリンピックの費用もあるし
本当は辛い立場なのでしょう。
しかしここはバーンと 8000憶という予算を出し
東京都は都民の為に踏ん張り 都民のお金をコロナ対策に使うと決めただけのことでしょうね。
「今やらないで いつやる」です。

何の努力もせずにうらやむなら 自ら先頭に立ち 改革をしてから言いなさい。と 思います。
それに お金がある・・だけの話ではなく その能力の差なんだと思います。

平時にはよくても 有事には役に立たないってよくわかります。
政府もしかりでしょうね。

都知事記者会見で 心に残った言葉があります。

「かつて仁徳天皇は、「民のかまど」に例えて、賑わいにけり、ということを確認するということから、さまざまな施策を練っ
たという話が、歴史の中に刻まれている訳でありますが、残念ながら「民のかまど」の方も、賑わいにはほど遠い。」

『日本書紀』「民のかまど」の物語の引用です。

仁徳天皇四年の2月6日、天皇、群臣に詔をして曰く
「高台に登って国を望むと、国内から煙が登っていない。思うに、民はもうまったく貧しく、炊飯できるほどの食料も家にな
いのではないか?…こういう話を聞いたことがある。"良き君主の世には、人々は歌を歌い、家々もやすらか"という歌が古の
世にあったと。今、朕は国政にあたって3年になった。歌声は聞こえてこない。煙もまったく登っていない。つまりは、五穀が
実らず、民は窮乏しているのだ。畿内ですらそうなのだ。他の国では言うまでもなかろう。」

金融恐慌以来の数字ということを踏まえて 都が経済的ダメージを受けているなら地方も同じに違いない。
さまざまな施策を行い まず中央から倹約 緊縮を心掛けなければならないというたとえなのでしょう。

都議会議員は議員報酬2割カットしていますし
選挙の時だけ目立っていて たいして仕事もしていないような 国会議員も半額にしたらいかがでしょうか?
「民のかまど」の話でも 教えてあげたいくらいです。

このごろ愚痴が多くなってきたみたい。
でも ストレス解消には誰かに 愚痴を言うのが一番いいのだそうです。
夫相手に 愚痴を言えばますます ストレスがたまりますし
せめて ここで愚痴でもいいますかね〜
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2020年04月16日

あれこれ

もともと出不精でひきこもりは 苦 ではないのですが
まわり全部が 外出自粛で不自由になると ちょっと気分的にいつもとは 違う感じがします。
家にいることそのものに何ら変化はないのですが 平時ではないというだけで
気持ちに変化があるものなのですね。

あれほど好きだった読書も 気が乗らなくて長続きしない。
TVを見ても コロナコロナの代わり映えしない報道。
それでも 毎晩6時45分からの 都知事「都民のみなさんへ」という お知らせYouTubeはかかさず見るように
しています。

都知事は本当に お忙しくお疲れだと思います。
国より手厚く スピード感を持って危機に対応していると思います。
中にはアンチもいて 批判もありましょうが
私は すごく頑張っている と 思っています。

どうぞ お体に気を付けてと 願っています。


単調な日々ですが
おもいついて タンスの中など 調べてみました。
すると なんと N95マスクとゴーグルが出てきたではありませんか。
msk95.jpg
2008年の領収書もついていて・・へぇ〜こんな高いの買ったんだーという感じ。
家族分買って 使うこともなくタンスの奥に しまわれていました。
N95マスクは息苦しくて 普段ははめることはないです。
市中ではいまだマスクが手に入りにくいらしく 一体いつになったら出回るのだろうか・・・
そもそも私は外に出ないので さほどマスクは必要ではないですから ほとんど使っていませんが
先がみえないし 不安ですね。
友達にもらった 布マスクもあるし 当分マスクは大丈夫です。
救急箱には ガーゼマスクも3枚あったし
これから アベノマスクも2枚送られてくるそうですし
なにかの足しにはなるでしょう・・・・

近隣でも 感染者が出ていると噂になったりしていて
とても不安な毎日です。

東京都の基幹病院である 墨東病院から感染者が出て・・・
それも循環器科。
うちの夫は 2週間ほど前そこに 診察に行ったばかりです。
2週間たっているから大丈夫だよね〜と思うしかないです。
私もいざというときは そこが頼りなんですけどねーー
頼りの綱が・・1本切れたような感じです。
一日もはやく 通常業務に戻りますように。

世界中の歴史が塗り替えられるような出来事です。
いつになったら 収束するのだろうか。
オリンピックなんて もう頭から消えてしまっています。
1年以上かかるのかもしれないです。

いまそこにある危機 に全力をあげて 対応することを
国に望みたいです。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:54| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2020年04月14日

横浜1963

出掛けることもなく TV観たり 録画したものを見たりする日々です。
図書館も休館ですので 手元にある本を大事に読んでいますが
どうも気が乗らなくて いままでのように継続して読めるわけではありません。

そんな中 「横浜1963」という本を読み終えました。
2016年出版の文庫化本です。
著者は 伊東 潤 さん。
伊東 潤さんといえば 歴史小説が多くて 私はファンなのですが
この本は 社会派ミステリーです。
めずらしいなぁ・・・と思いながら読みました。

時代は 東京オリンピック前年の 1963年。
フェンスの向こうのアメリカがあった頃の横浜。(今も変わりませんが・・)
基地は 治外法権。

米軍人の 相手をする 女性たちの
連続殺人事件の捜査に当たった 金髪のハーフ刑事。
立ちはだかる 米軍の壁。
米軍にも 黒髪の日系人がいた。
その二人の生い立ちにかかわるそれぞれの立場と 苦悩や葛藤。戦争中に受けた 深い傷跡。
復興期の日本ですが 戦後はまだ続いていました。

1963年という時代背景が 郷愁を誘いました。

そのころの 横浜は全く知らないのですが
街の風景などが なんとなくなつかしいものなのです。

「ヨコハマメリー:かつて白化粧の老娼婦がいた」
中村高寛 (著 )2017年8月。

この本を読んでショックを受けた記憶も新しいのです。


著者は1960年横浜生まれ。

その本の中の言葉が心に残りました。
犯人を見つけるのに 米軍という壁に遮られ 邪魔をされるのですが
その時 こんな言葉があると紹介されていた言葉です。

今の 自粛要請中の社会に ぴったりの言葉だと思いました。

John F Kennedyの言葉

「やらねばならないことをやる。個人的な不利益があろうとも、障害や危険や圧力があろうとも。そしてそれが人間倫理の基礎なのだ。」

A man does what he must ? in spite of personal consequences, in spite of obstacles and dangers, and pressures ? and that is the basis of all human morality.


もうひとつ本に 書かれていたのは

「いかなる犠牲、いかなる危険を伴おうとも、すべての危険の中で最も大きな危険は何もしないことである。」

これは
There are risks and costs to a program of action, but they are far less than the long-range risks and costs of comfortable inaction.

「行動にはつねに危険や代償が伴う。しかしそれは、行動せずに楽を決めこんだ時の長期的な危険やコストと較べれば、取るに足らない。」

この言葉のことだと思います。
どれも ケネディさんの言葉です。


ケネディさんは 在任中の1963年11月22日に暗殺されてしまいました。
1963年のことです。

名言を数多く残していますね。

今の時期 もうひとつ あげるとすれば

Ask not what your country can do for you; ask what you can do for your country.

「国があなたのために何をしてくれるのかを問うのではなく、あなたが国のために何を成すことができるのかを問うて欲しい」

ジョン・F・ケネディ
John F Kennedy



このコロナ感染症の時代の対応を 予期するような言葉に思えました。

感染症を防ぐには 何をすべきか・・・STAY HOME
一人ひとりが 外に出ない ことです。
きちんと 守る それ以外 救いはないように思いますね。

「Do the right thing.」John F Kennedy


みな 健康でいられますように。
一日もはやく 普通の日々がすごせますように・・・

タグ:読書
posted by うめのはな at 09:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書

2020年04月11日

八重桜

今年も いつもと変わらず 八重桜が満開となりました。
yae2020.jpg
左隅の「ソメイティ」ちゃんが なぜか寂しそう・・・
yae20202.jpg
八重桜は 華やかでいいねぇ〜
yae20201.jpg
人はほとんどいませんね〜

外出自粛中ですので 写真で花見です。
新宿御苑の 八重桜も 見ごろなんでしょうねー
「桜を見る会」のすったもんだが なつかしく思えます。
どっちみち 中止でしたね。

緊急事態宣言が出されていますが
近くのビルの電気が 夜もほとんどの窓についているんですよね。
これって 会社休みじゃないってことなんでしょうね。
どうも いけませんね。

電車をなんとかしないと 感染は止められそうもないと思います。

じわじわと 身近に感染者が増えていく感じがしています。
気を付けましょうね〜

今年は おうちで花見ですよ!


タグ:
posted by うめのはな at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 江東区・江戸川区

2020年04月07日

薬だけ欲しい

コロナでいろいろな影響が出ています。

東京では感染者がとても多くなっています。
緊急事態宣言も出るとのことですが 基本的には外出自粛の生活です。

しかし 医者に行かなくてはならないときもあって これが一番の恐怖です。
家族の一人は 交通機関を使い1時間ほどかかる 医者に通っています。
長年 子供のころからのかかりつけで 他の医者にいきなり変えることはできないので
この時期の通院をためらっていました。

お願いして 処方箋だけでも出してもらおうか・・とか
でも 薬局は医者のそばなのでそれも無理かな〜とか悩んでいました。

すると 
「先生が 自宅待機になってしまって 診療ができなくなりました。ほかの医師でいいなら そのまま予約を受け付けますが
どうなさいますか?無理なら 電話診療で処方箋はだせますが ・・・」
という電話でした。

渡りに船とはこのことで そちらにはいけそうもないので 是非 処方箋だけでもだしていただきたいと返事しました。

2日ほどして 担当医師から 電話があって あれやこれやと話をして 処方箋を自宅に送付してくれることになりました。
お薬は近くの 薬局で受け取れるよう連絡してくれるそうです。

特殊なお薬ですので かかりつけ薬局じゃないと難しいかなと思っていたので ありがたいお話でした。

その先生は どなたかの濃厚接触者になったそうです。感染したわけでもないのですが 2週間の自宅待機だそうです。
次の予約もこの情勢じゃ 外に出るのは無理かもしれないので そういう場合はまた同じようにしてくれるそうです。

著名な先生なので 全国で講演会 海外にも呼ばれたりで あちこちいそがしい人です。
週一の診療ですが 予約でも 患者であふれ2時間待ちはざら・・って感じですので
行かなくてすむのは よかったです。

こんなところにもコロナの影響が。。。
先生が 無事でありますように。


私も今月通院日があります。
処方箋だけ欲しいです。
その前に クリニックが無事かどうかさえ わかりません。
医者だって 一人 コロナ陽性者が出れば 休まざるを得ませんしね〜
自宅待機になってしまうかもしれません。
こういう時は 融通をきかせて 前例から薬だしてもらわないと 困ります。
電話診療でも オンライン診療でもなんでもいいんですけどねーー
小さな町医者はそうもいかないのかなぁ。。。

緊急事態宣言が出され とうとう明日から図書館が休館になってしまいました。
手元には10冊ほどしかなくて
ひと月持ちそうもないです。
しかたないので TVみたり この際また 家の整理整頓でもしようかなと思っています。
しかしこう 全体が落ち込んでいると 気がめいりそうで 何もする気がおきなくて
ただ ゴロゴロとすごしそうです。

出てくるのは ため息ばかりになりそうです。

あるお医者様がTVでお話ししていて最後に「失礼します」じゃなくて
「みなさま お元気で・・」と 挨拶したのが印象的でした。

本当にそうですね。
皆様 「お元気で・・」
それが 何より.
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:33| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2020年04月02日

隣のトナラー

以前車を使用していた時 ガラガラの駐車場にもかかわらず
隣に駐車してくる車をよくみかけました。
そこが ひとのいない不便な場所でもです。
がら空きの場所を避けて
あえて 人の車の隣にとめるという人がいます。
それを「トナラー」といいますね。

出やすいように 隣にあたらにようにと考えて すいている場所に止めるのに
ぴったり隣に止めるその神経がわかりません。

ファストフードの店でも まわりがすいている席をみつけてすわるのに
あとから来た人が 隣に座ることもあります。
「他も空いているじゃないの〜」と思いますが
どこにすわろうと勝手なので それは言えません。

電車でもそうです。
人が隣にいないことを確かめて あえてそういう席にすわるのに
跡から来た人が ぴたりと隣にすわるのです。
「あっち行け!」と言いたくなります。
バスなんて 隣に座られると 本当に いやです。
何も ここに座らなくても 他も空いているでしょうが・・・と思います。

「トナラー」はどこにでもいます。
飲食店 映画館 ロッカー トイレもそうです。
こちらは 人がいないところを選んでいるのに 隣に来るのは迷惑です。

心理的には神経質で きちんとそろわないと気に入らない。
目印が欲しい。
孤独感がきらい。
空間認識力の不足。
広場恐怖症という病気。
ただのいやがらせ。
などなどがあるそうですが・・・

中には無意識で隣に座ってしまう人もいるでしょうね。
または 可愛い女の子目当てとかもいるかもしれません。

いずれにしても 迷惑な話です。
混んでいるときは仕方ないですが そうじゃないときは 隣に誰もいない場所でゆったりしたい人にとっては わざわざ隣に来る人は 不快です。

病院の待合室もそうなのです。
人のいない椅子に座るのに ぴたりと隣に座るひとがいます。
この時期それは とても迷惑です。

ある程度の距離感は 保つという習慣も必要です。
もっとも 満員電車ではそんなことは不可能ですね。

同じトナラーでも 空間認識欠如の人は怖いです。
距離感がわからないので
車や自転車の前を平気で 横切るとかで事故を起こしやすい。
ものが探せないというのもあります。

高齢になれば そういう能力も衰えますので
やはり 車の運転は慎重にしなければなりません。

そういう車が トナラー だと ぶつかることは多いと思います。

私は お茶を飲んだり 電車の席探したりするときは
人の少ない場所を選びます。
すくなくとも 「トナラー」ではないです。

電車も真ん中よりは 端が好きかなぁ・・。
隣に座られないのがいいです。
だから 「トナラー」はとても迷惑な 存在なのです。
それが 話しかけられたりしたらもう・・・・移動したくなるのですが
それが できないのも 困ったことです。

せめて この時期 「トナラー」は やめましょう。

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:42| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2020年04月01日

ある出来事

2日ほど前のことです。
近くのスーパーで 突然 従業員がパタリと倒れました。
けいれんをしていて 頭を買い物かごにつっこんで そのうちピクリとも動かなくなりました。
品出しの従業員らしく まだ20代くらいの若い人。
誰かが 連絡したらしく 他の従業員がやってきました。

夫はAEDでもやるべきかなーと思ったそうですが 心臓が止まっているわけでもなさそうだし
そのまま 店内をひとまわり。必要なものだけ買い 様子を見に戻ると
そのときには 気がついていて 話すこともできていました。
救急車となぜか消防車も到着。
運ばれていきました。

「てんかん」発作かなーーとは思いました。
中学時代に 親しかった女の子が 通学時一緒に話していたのに パタリと倒れて白目をむいたことがありました。
「てんかん」というものを知ったのはその時がはじめてでした。
あれは 突然倒れるので気を付けないと怖いです。
しかし
この時期 コロナで パタリと倒れる事例もあって うかつに駆け寄ることもできません。

夫はなぜか 他人には親切な人ですので 普段から
「絶対 余計な手出しはしないように」と 釘をさしてあります。
非情なようですが コロナの人に近寄れば ・・と思うと 怖いです。

消防車まで来たということは 営業中の店舗だし
ガス漏れ 中毒 などいろいろ想定してのことかもしれません。
もしかしたら コロナだったら即消毒のためかもしれません。

いやな御時勢になったものです。

とにかく 街をあるいても 何処に行っても 疑心暗鬼。
もしかして・・が つきまといます。

東京は感染者の数もどんどん増えていて 出かけるのが怖いです。
特に 病院が怖い。
今までのように 安心できる場所ではなくなりました。

昨日はLINEで厚労省のアンケートがきました。
普段通り ですので 特にかわりないことを伝えました。
でも 8300万人とは かなりユーザーが多いのですね〜

BIGデーター 有効に使えるといいですが。。。。
ということは なんだかんだ言っても 位置情報はみなばれているわけで
外国のように 監視される日も そう遠くないということでしょうね〜
携帯もGPS機能でわかりますしね。

LINEやスカイプはよく使っています。
特に 会えない家族との TV電話。
これはありがたいです。

顔見て話せるので 様子を知ることができますしね〜
無料だし 電話より  ありがたい機能で重宝しています。

はやく実際に会えるようになるといいのですが。。。。。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ