2020年03月11日

3月11日。

今日は東日本大震災のあった日。2011.3.11.
あの日のことは 忘れることはないでしょう。

あれから9年。長いようで短いようで 複雑な感じです。
あの時も 日本は危機感 ありました。

現在はまた コロナウィルスで危機です。

調査によれば 「マスクはどうやって手に入れた?」という問いの答えの 80%近くは
「買い置きがあった」ということでした。
わりと みな用意してあったのですね〜
花粉症の季節ですし 毎年 1月には用意していた人が多かったようです。
SARSの時に買っておいたものが 残っていたという人もいました。

2割近くの人は 並んで買った ネットで買った 使いまわししている 布マスクを洗って使っている
そして 会社が用意してくれている というような答えでした。

1月の 中国人のマスク爆買いを止められなかったのは 失策でしょうね。

とまぁ 身近でも困ったことが起きているようで
実家から 「マスクがない」のSOS.
毎日 通勤の娘のマスクがなくて困っているとのことでした。
田舎だし まだ一人も感染者が出ていない 福井ですし そう心配することもないかと思うのですが
福祉関係で 毎朝の検温もあるとのことでした。
困っているときはお互いさま の精神で
マスク送りました。
幸い 生協の抽選でGETできたばかりで 余裕がありました。
「これ以上はない」という一言を添えてね〜
いくつもあると 思われたら困ります。
こちらは ほとんど出かけないので そうマスクは必要じゃないです。

アルコールも品薄でして 厚労省は 次亜塩素酸水での消毒を推奨しています。

ドアノブなどを拭く溶液の作り方

約0.02パーセント濃度の希釈液を使用します。
2リットルのペットボトル1本の水に、原液10ミリリットル(ペットボトルのキャップ2杯)を入れる
(市販の塩素系ハイターなどを使用する場合)

汚物の清拭や消毒には 0.1%〜0.05%がいいそうです。

我が家もペットボトルで0.02%の溶液を作りました。
台所では まな板や包丁などにシュッシュッ。
トイレにも吹き付けるため 置いてあります。

手に使うのは荒れるので よくないそうです。

玄関にはアルコールを置いて 帰宅したら必ず 吹き付けます。

ところで
トイレットペーパーのほうは もうスーパーに置かれていました。
国産ですし 一通りいきわたれば 落ち着くものです。

あれこれ コロナに効くなんて 怪しげなものが噂になっていますが
そんなものが あるならこんなことにはなっていません。
ニュースでも 46品のデマ商品があげられていました。
消費者庁が注意喚起しています。
だまされないようにしないといけません。

納豆だヨーグルトだ はたまた首から下げる ウィルスブロッカーだの 花崗岩だの マイナスイオンだのあれこれ
面白可笑しい商品ばかりです。
納豆が売り切れているところもあるそうですから 常食している人には迷惑な話です。
日本人って噂に弱いのかしらね〜

どこかの国では 現金はしばらく使わないようにとの お触れが出たそうです。
電子マネーかクレジットなのでしょうが  そうなるのはいやだなぁ・・・。

春だというのに 他に話題もないし 変化もないし 単調な日々をすごしています。
のんびり過ごしている割には 少々 コロナ疲れになってきたようです。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:36| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ