2019年11月29日

風神雷神

読書の話。

タイトル風神雷神 上 ・下
Juppiter,Aeolus
原田マハ/著 
東京 PHP研究所
出版年2019.11

内容(「BOOK」データベースより)
20××年秋、京都国立博物館研究員の望月彩のもとに、マカオ博物館の学芸員、レイモンド・ウォンと名乗る男が現れた。彼に導かれ、マカオを訪れた彩が目にしたものは、「風神雷神」が描かれた西洋絵画、天正遣欧使節団の一員・原マルティノの署名が残る古文書、そしてその中に書かれた「俵…屋…宗…達」の四文字だった―。織田信長への謁見、狩野永徳との出会い、宣教師ヴァリニャーノとの旅路…。天才少年絵師・俵屋宗達が、イタリア・ルネサンスを体験する!?アートに満ちた壮大な冒険物語。

読みました。
一言でいえば すごく面白い!
面白すぎて 感動するくらいでした。

誰でも知っている 「風神雷神図屏風」
謎の天才絵師 俵屋宗達。
史実と フィクションを織り交ぜて 楽しませてくれました。

奇想天外な話。

7歳の頃からその才を認められ12歳で 信長にお目通りし その場で描いたという 白い像の絵の話。
「見たこともないものを描け」と言われ 首をかけての渾身の絵が 象の絵だったという話。
これもまた 面白い発想ですが その絵は養源院の 杉戸絵「白象図」のことですね〜
そして 信長の密命を受けて ローマの街の詳細な絵を描くように言われ
天正遣欧使節団と一緒に ローマへと旅立つという なんともあったようでありえないようで
もしかして本当かも・・と思わせる 筆力で描かれていて 一気に読んでしまいました。
表向きは 印刷技術を学び 持ち帰るということでした。

当時の大家・狩野永徳と合作で「洛中洛外図屛風」の制作を命じられ 製作にかかわったという話も面白かったですが
やはり ローマへの旅が メインで 俵屋宗達少年が天真爛漫少年らしく のびのびと描かれていて ひきつけられます。

伊東マンショ、千々石ミゲル、中浦ジュリアン、原マルティノの敬虔なクリスチャンたち。
クリスチャンでもない 宗達は なかなか受け入れてはもらえませんでしたが その天性の明るさと才能により
みなに心を開かせていきます。仮の アゴスティーノという洗礼名を受けます。

3年ほどかけてローマへ・・・。
そして教皇様にお目通り。。。
宗達はどこででも 絵を描き続けます。木炭のスケッチです。

おりしも 先日 ローマ教皇が来日しておられたので 何かの縁と思って 読みました。

西洋絵画を見たときの 驚き。その写実性にすぐれた 絵画技法。
当時の日本の平面的な絵とは 違う技法に 驚いたという話から
バロックの巨匠、カラバッジョ少年との出会いまで 書かれていて
フィクション乍ら それはもう具体的で 知識がなければ史実と信じてしまいそうになります。

西洋の 雷神(ユピテル)と風神(アイオロス)の対比も面白かったです。

その生涯の詳細がわからないという 俵屋宗達。
もしかしたら この本のような事実があったのかもしれないと 思わせます。
なぜなら 
少年使節団には アグスチーノ (印刷技術習得要員、日本人少年)が 一緒だったという事実があります。
その日本人少年の詳細は不明とのことですから おそらくこの少年を 宗達に置き換えて書かれたものなのでしょうね。

フィクションでありながら 想像力でタイムスリップ。
辛い船旅 ローマの感動。
ダヴィンチやミケランジェロの絵に 出合った時の感動まで 伝わってきました。

いやぁ・・
フィクションでここまで描けるなんて すごいです。

本当だと 信じてしまいそうになりました。

「風神雷神」の絵ですが
宗達、光琳、抱一の<風神雷神図屏風>は 実物を みています。

でも 宗達の風神雷神が一番好きです。
何より 楽しそう!
「遊ぼうよ!」って 聞こえてきそうです。

やはり 風神雷神は 元祖 俵屋宗達 です。

タグ:読書
posted by うめのはな at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書

2019年11月28日

マウスピース

歯医者に行きました。
前回 麻酔科医を呼んでだとか 大学病院でとか インプラントの説明をしたので どうやって断ろうかとかブリッジも歯を削るのでいやだなぁ〜と考えて
やはり最初は 部分入歯で試してみようと 構えて行ったのですが・・

座ったとたん 「今日 部分入歯の型とりましょうね」ときました。
あれほど インプラントすすめておいて 断り方を悩ませて いきなり 入歯ときたから
ずっこけそうになりました。
こうなりゃ もう余計なことは言わず すなおに お願いしますと言いました。

はじめての経験で 型をとるのもなんとなく緊張して 気持ち悪かったです。
「隣の歯が ぐらつくので はやめに入れたほうが 落ち着くと思います」
そういうことでした。

ついでに マウスピースもつくることになって お願いしました。
就寝時 下の歯だけつけて寝ます。
歯がすりへらないようにするため  歯の保護だそうです。
夜知らずに歯を くいしばっている人も多いとのことでした。
歯に亀裂が入ったのも そういうことだったのかもしれません。
悪夢はあまりみないのですが・・・・・

これの型取りもしました。
オール入歯ってのも こんな風にやるのだろうか・・と思いましたが
そもそも 歯のない人が オール入歯になるのだから
それは 違うかもなぁ・・などと 考えながら かみしめていました。
どうやって やるのでしょうね。。。

できたら できたで また調整などがあって しばらく 歯医者通いは続きそうです。

マウスピースは保険が効くそうで 思ったより 安いみたいです。
むろん スポーツ選手などのものとは違うのでしょうがね。

歯を白くするための マウスピースもあるみたいですね。
薬品入れて はめて寝ると 白く漂白されるってやつ。
芸能人なんかは これなんでしょうね〜

歯も手も 顔も 商売道具ですものね。
それなりに メンテナンス費用がかかるのでしょうね。

抜歯したあとは まだ柔らかい部分があって 硬いものは噛めません。
でも 順調だそうで 入歯つくっても問題がないとのことでした。

しかし 歯1本 なくなっただけで こんなに不自由だとは思いませんでした。
歯は 大事にしましょうね。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 11:57| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2019年11月26日

昨日の出来事

このところ天気がよくない。
昨日 朝でかけたら 雨は降っていないのに どこもかしこも濡れていて・・・
湿気もおおくてね〜

歩道も濡れていて 落ち葉があったりして 歩きにくい。
滑らないように 慎重に歩いていると 後ろから追い越してきた自転車が目の前で スッテーン!
それ スローモーションのように 見えたのですが かなり派手な転び方。
思わず 「大丈夫ですか?」と声をかけました。
乗っていたのは 60代くらいの女性。
帽子が飛んでいましたが 見ていた限り 頭は打っていなくて 腰から落ちていました。
声をかけましたが 痛いのか 恥ずかしいのか 顔を背け 返事はなかったので
そのまま 立ち去りました。
こういう場合 恥ずかしいのが 先にくるんですよね〜
私も 経験あります。
ひたすら 声かけないでくれ・・って 思ったりもしました。
少し歩いて 振り向いたら 自転車を起こしていましたから 大丈夫だったのでしょう。
しかし ぬれ落ち葉は危ないなぁ・・・ちょっとしたバランスで 自転車も滑ります。
気をつけなきゃ・・と 思いました。

通院日で 医者に行ったのですが 血液検査で 心臓の数値BNPが 半分近く下がっていて まずまず。
身体も前よりずいぶん楽になっています。
まだBNPは基準値よりかなり 多いですが 利尿剤が 一日おきになりました。
血圧も正常だし だんんだん減らしていくとのことでした。

水分が抜けたのに 体重がもとにもどらないので
運動があまりできないから 食生活で 炭水化物減らしてみましょう。と言われました。
パン 米 麺類。
減らすんですって・・
糖質制限までは いかないけれど おかずをたくさん食べて 主食を減らしましょうってことです。

もともと 米はあまり食べないのだけれど(茶碗半分くらい)
パンは毎日食べていて わりと好きなんですが・・・・
しばし 減らすことにしました。

本当は運動すればいいのだそうですが 心臓が悪いからしかたないです。
ラジオ体操だけは 第一第二と毎日続けています。
しっかりやると 汗ばみます。
もう 日課になりました。

おかげで 肩こりもないし痛みもないし 毎日体をほぐす効果はありそうです。

昨日は 比較的暖かかったですが 今朝は寒いです。
ようやく こたつを出し ぬくぬくしています。

なかなか 掃除が進まないなぁ・・・・
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 07:21| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2019年11月22日

若い人は・・・

「9時10分前に集合」と言われたら
どう解釈しますか?

私は 8時50分に行きます。
でも 9時10分までに行くという人もいますね。

これだけなら どちらともとれる言葉です。
日本語は難しいです。

「9時10分前を 理解できない若者たち」という記事を読みました。

ある会社で 9時からの会議に 必ず遅れてくる人がいるため上司は困って
9時からきちんと会議をはじめるために
「9時10分前集合」と声をかけたそうです。
すると 9時8分とかに集合してくる 若い社員が何人かいたそうです。
なぜ 遅れてきたのか わけを聞くと
「ちゃんと 9時10分前に来たじゃないですか」という。
9時から会議とわかっていても そういう解釈をしてしまう。
言葉を理解できない 若者が増えていて 困ったという話でした。

言葉が通じない若者がいると 嘆いているそうです。

例えば
営業先で 相手が「お手柔らかに頼みますよ」といったら
きょとんとして
「あのひと やわらかいのがいいんですか?」と言う。

「現状に胡坐をかくな」と言われると
何を言われたのかわからない。胡坐という言葉さえ知らない。

「骨が折れる仕事だから しっかり頑張りなさい」というと
「骨折してまで 仕事やりたくないです」と
尻ごみされる。

要するに 日本語の意味が理解できないのです。
今は なんでもスマホひとつで 調べられますし
言葉の意味など わからなくてもなんとかなります。

昔の言葉は だんだん使われなくなるのでしょうかね〜
由々しきことです。

あれ?由々しいって 今も使われるのかなぁ・・・・


日本人は 時間に正確だとよく言われますが
約束の時間に遅れないように はやめに出るということを私などはいつも心がけています。
不測の事態になっても 多少ゆとりがあるようにとの思いからです。
待たせるより 待ったほうが気が楽ということもあります。

ところが 今の若い人は スマホで路線情報しらべて
これで間に合うとぎりぎりの時間を選びがちです。
だから 電車が遅れたり バスが遅れたり すると約束の時間に間に合わなくなります。
もうちょっと ゆとりを持って出かければいいのに・・・と思いますが
遅れるときは メッセージ送るから大丈夫 という感じです。
たしかに 便利な世の中になりました。

昔は 遅れると 待ちぼうけで 連絡も取れないから
いらいら心配しながら待っていました。
携帯が普及して それは解消されましたが
今だ かたくなに携帯をもたない 高齢者もいて そういう人と待ち合わせすると
不便で困ります。
なにかあったとき 連絡できなくて困るのは きっと本人ではなくて まわりの人なんでしょうがね。

今は スマホひとつで 電車に乗れれば 買い物もできる。
現金は持たなくていい。
よって 財布が必要ない。

 財布掏られたり 落としたりするし
いちいち お金の出し入れ面倒だから 財布もたないのもいいですよ。

日本人は平気で人前で 財布出してお金支払いますが
外国で 財布からお金出すと スリ 泥棒に狙いをつけられて 襲われます。
だから 外国ではお金は そのままポケットにいれるとかしなきゃ 危ないです。
日本は 平和でいいねぇ〜

しかし 私は スマホ決済 電子マネー やりたくないです。
電子でしょ?
どこかの空間に 消え去ることもないとはいえないし
とても不安です。

これを言うと ああ〜年だね〜と 笑われそう。
笑われても デジタルなものに ぜったい安心という 言葉はないのですからね。
あ〜年なんだなぁ・・
若者が理解できなくなってきました。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2019年11月20日

高齢者と街つくり

今日は 北風が強いです。
玄関を出たら 風がビュー!
枯葉が渦を巻いていました。
それでも 南側をあるけば 日差しが強くて 汗ばみました。

ひとつ 用をすませ ちょこっと散歩。
我がマンションを 見上げれば おや? 規則違反の 布団を手すりにかけている家が3軒ほど。
ひとつは 我が家の真上。
この真上の 住人は 老夫婦。郊外の戸建を売って 初マンション暮らしだとか。
70代で越してきて もう10年ほどだから 80才くらいにはなっていると思うのですが
とにかく 元気! 
上下左右に人が住んでいることなど おかまいなく ドタバタ走り回ります。
そしていろいろな規則など 守らないという 非常識な人なのです。
あのパワーはどこから来るのだろうか・・・と。
細かいことなど 気にしないで我が道を行く なのかしらと 思ってしまいます。

老人はかたくなで 切れやすいといいますが
にこやかで 穏やかな老人のほうが 好かれると思いますね。

電車の優先席などでも いきなり
「若いのに座っているとは 何事だ!」と大声で切れる高齢者がいるそうです。
別に そこは優先席であって 高齢者専用ではないのですが
勘違いしているようです。

妊婦さんもいれば 内臓障害の人 体調の悪い人もいるのです。
訳も聞かず いきなり 怒鳴るのはよくありません。
私は そんなときのために 赤い「ヘルプマーク」をバッグにつけています。
それでも 知らない人がいて困ります。

郊外のニュータウンは 高齢者ばかりのオールドタウンになり
その郊外から 都内のマンションに越してきた 高齢者もいます。
都心のマンションだからといって 若い人たちが多いとは限りません。
それなりの価格ですので 意外と若い人は少ない。
よって 高齢者が多い。というところもあります。

江東区は マンション規制なる条例があります。

151戸以上のマンションが対象

生活利便施設又は地域貢献施設の設置

緊急車両等を停留させるための自動車駐車場の設置

障害者用自動車駐車場の設置

90u以上の住戸を世帯用住戸数の10%以上設置

25u以上40u未満の住戸を世帯用住戸数の20%以上設置

バリアフリー住戸の設置

だそうです。高齢者にも配慮した条例です。
生活利便施設又は地域貢献施設の設置は 保育園 幼稚園 商業施設などですね。

「多様な世代・世帯が交流できるマンションと近隣地域を含めた良好な住環境の形成を推進するため様な世代・世帯が交流できるマンションと近隣地域を含めた良好な住環境の形成を推進するため」
とのことです。

公共施設を建てる協力金が1戸あたり125万円が業者に 課せられているそうです。
人が増えれば それだけ
学校や老人施設なども必要ですものね。
下水道や上水道 ゴミ処理 インフラ整備もいろいろ大変です。
交通機関も必要です。バス路線 駅 いろいろ必要です。
街つくりも 計画性がないと 破綻します。

さて これから どういう社会になっていくのだろうか・・・
若い人と高齢者が 共存共栄できる 世の中になっていけばいいなぁ・・・

そうそう 今日見たニュースでは2025年には 自宅で買い物 キャッシュレスが普通になるそうです。
人は 外に買い物にいかなくなるらしいです。あんなにあるコンビニもいらないのかしら?
私は 日常の品はお金持って自分で買いに行きたいです。

さぁ・・・どうなるのでしょうか・・・
posted by うめのはな at 11:47| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2019年11月18日

方言?

関西人がずっと「全国共通語」だと思っていた言葉3選 
という記事を見ました。

「それ、なおしといて」
普通に読めば 治す 直す ということで 修理するという意味なのですが 私もそうとしか思いませんでしたが
関西では 「片づける」という意味なのだそうです。
これは 通じないわ〜

「モータープール」
この言葉は 聞きなれない言葉です。
昔 大阪の知人が 「モータープール」に勤めている って 聞いたとき
「モータープールって 何? 流れるプールのこと?」とか
新しいプールの遊び場か何かかとか いろいろ考えたものです。
それでも わからなかった記憶があります。
実はモータープールとは駐車場のこと。
関西では当たり前に使われている「モータープール」。この言葉は関東では ほとんど使われません。
パーキングとか すなおに 駐車場ですね〜

「押しピン」
これは何となくわかりますが 普通は 画鋲でしょうかね。
関東の人からすると なじみのない言葉です。
使い分けている人によると、薄くて平らな金属の頭部がついているものは「画鋲」、プラスチックでできたつまめるものは「押しピン」だそうです。
私たちからすれば どちらも同じ画鋲で 使い分けて呼ぶということはしないです。

この3つ が方言として 記事に書かれていました。
しかし まだまだ あるよねー

関東では 通じない言葉。

カッターシャツ。
これは 福井のほうでもそういうので わかります。
ワイシャツのことです。

ミンチカツ。
メンチカツのことです。
私の母も ひき肉のことを ミンチ と言っていました。
ついでに ヒレカツのことは ヘレカツ というそうです。
福井では やはりヒレは ヒレでした。
そうそう 鶏肉のことは たしか 「カシワ」って言っていました。
なぜ そういうのかは 知りません。

高齢者は 福井でも ご飯が「コワイ」と言います。
これは ご飯が 硬いという意味です。
関東で ご飯が コワイって言われたら どうしていいのかわからなくなります。
「怖い」って 何だろうとね。

まだまだあります。
数えたら きりがない。
・さら(新品)
・つぶれる(壊れる)
・ほかす(捨てる)
・めばちこ(ものもらい)
・いきしな(行く途中)
・かえりしな(返る途中)
・しばいたろか(ボコボコにしてやろうか)

ほんの一例です。

そうそう 東京に来てまもないころ
「これ なげといて・・」って言ったら
え?という顔して 投げるんです。
あ・・・と思いました。
福井では なげるは 捨てるなんです。
東京では 通じなかったですね。あたりまえですよね。

実家で 
お土産渡すとき
「これ 苦労してかってきたんだよ」
と言ったら
「なんでそんなもん 借りるんや?」
そうそう かってくるは
福井では 借りるという意味でした。
「こうてきた」といわなきゃ 通じなかったんです。
言葉って むずかしいね。
方言だと 思わず使っていた言葉が 他では通じないってこといろいろあります。

東京なんて 地方人の集りでもう何が方言で 何が東京弁なのかわけがわからなくなりそうです。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 08:49| Comment(10) | TrackBack(0) | エトセトラ

2019年11月15日

抜け毛

粘着性のコロコロ(といえば たいていわかると思いますが)で 床などを掃除していて
髪の毛が多くくっついていることに 気が付きます。
ソファーも 床も クッションも・・
コロコロすればしただけ 髪の毛がくっついてくる。
長いのは おそらく 私。
すると
「髪の毛 多いなぁ〜 毛が抜けてすかすかになるんじゃないの?」などと言われる。
「そうね 髪の毛少ない人からみれば 抜ける毛があるだけましかもね」と言い返す。
でも 最近 抜け毛が多いのはたしかです。

実は 換毛期と言って 3月と11月に毛が抜け落ちやすくなるそうです。
動物と違って 冬毛になるということは ないですが。。
夏や冬の3倍くらい抜けるという説もありまして
多い人は1日に200本ほどぬけるそうです。
毛の少ない人は 痛手だねぇーー
夏の日差しで 傷んだ毛の 生えかわりといてもよさそうです。
でもちゃんと 冬には元通り生えそろうそうです。

生えそろわなかったら それはもう諦めるしかないでしょうね。

とにかく 今は抜け毛が多くて 掃除のたびに 心配になるほど目立っています。
もともと 少ない人はそう気にならないでしょうがね。

病気の時も抜けますねー
栄養状態が悪かったり 貧血だったり。
薬の副作用で抜けることもあるし。
でも そういうのは たいてい回復可能なのです。

回復可能じゃないのは どんな時なんだろうか・・・
禿げる原因って よく加齢とか言われていますが 若くても禿げている人いますし
病気やストレス放射線 以外の原因って よくわかっていないのかもしれません。

原因がわかれば 対処法もわかるかもしれませんね。

最近は 「かつら」と言わず 「ウィッグ」って おしゃれになりました。
いくらおしゃれでも 自分の毛がいいなぁー
蒸れるだろうし なんとなく違和感ありそうです。

犬飼っていたときは 大変でしたよ。
年に二度 ぼこぼこと抜ける時期があって もう汚らしくて・・
まだらになって みすぼらしい犬になってしまってねーー
抜け毛の時期は 触れるのもいやなくらい 羊の毛のように わたぼこりになっていました。
でも 生えかわると しゃきんとした りりしい犬になっていました。
自然の摂理なんですね。

人間って 文明のまだ発達していない古代は 毛深かったのかしらね。
自衛本能でね。
それじゃ やはり動物と同じに 毛の生えかわりもあったのだろうかと 想像したりして
なかなか 楽しいです。

抜け毛の時期。
あまり気にせず しっかり栄養とって 冬に備えましょう。
毛がきちんと生えそろいますように・・・・。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2019年11月13日

水ようかん

ふるさとから 荷物が届いて その中の 「水ようかん」に もう冬なんだなぁと感じました。

「水ようかん」は 夏の食べものではないか?と 他県の人は 思うのでしょうが
福井の人は 冬こそ 「水ようかん」なのです。

福井の人は 冬にこたつで 「水ようかん」が習慣になっています。
夏に食べる 「水ようかん」は 長持するように 水あめや添加物が入っています。
しかし 福井の水ようかんは、黒砂糖と小豆、それに寒天のシンプルそのもの。
味も さほど甘くなく さっぱりしていて口触りもよくて つるんとのどに入っていくのです。
日持ちしないので 冬限定の 「水ようかん」なのです。
子供の頃から 食べなれた味で なつかしい気がしました。
mizuykn.JPG
福井では 和菓子屋さんはたいてい 「水ようかん」を作ります。
甘さと 硬さが 微妙に違っているので それぞれ好みと 特徴があると思います。
東京のアンテナショップで 何度か買いましたが 好みの味ではありませんでした。
食べなれた味とは 違うのです。

送られてきたのは 地元 三国の「水ようかん」これは 食べなれた味でした。

じつは 小学校の同級生の実家。
昔から 和菓子屋さんで そこは 酒饅頭が名物でして 自宅前はいつもいい匂いがしていました。

今も昔も 変わらぬ味で 代々受け継がれているのでしょうね。たいしたもんだ・・・。

ふるさとの味で 元気も出て このところ 年末恒例の 片付けに いそしんでいます。
自分の部屋から はじめたのですが 捨てるものの多いこと・・・。
それをまた いちいち眺めているものだから 作業が進まなくてね。

いらないといえば 全部いらないみたいなものだけど そうもいかなし
タンスごと いらないと言っても 冗談かと 誰も 粗大ごみに出してくれない・・・。
一人じゃ 運べないし 仕方なく 中身をぼちぼち捨てています。

街歩きをしていたころの 地図やパンフもみな 捨ててしまいました。
それでもまだ いろいろあって 作業は難航。
無理せず ぼちぼちやることにしました。
なんだかんだ言っても 11月も半ばになってしまいました。
タグ:福井
posted by うめのはな at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2019年11月12日

お一人様1点

よく スーパーなどで 特売の品を 「おひとりさま1点限り」という表示があります。

こんな話を耳にしました。
あるスーパーで 卵特売 お一人様1点 というので 赤ちゃんを抱っこした母親が 2点持ってレジに並びました。
店員は 1点限りです というと 母親は 赤ちゃんも一人分です。と言う。
はたして どちらの 言い分が正しいか・・というようなことです。

店員は 一人で並べないし 食べられないので ダメというし
客は 赤ちゃんも一人の人間だ という。
こういう場合の 判断はどうなんでしょうか・・・
みなさんは どう思いますか?という 問いかけでした。

子供はともかく赤ちゃん分も ・・・ということは 恥ずかししい行為だという人もいました。
赤ちゃんも 人間だから 一人に数えていい という人もいました。

一人で立って 並べる子供は 数に入れる場合が多いと聞きます。
家族で並んで ○○人分という光景もよく見かけます。
夫や子供はレジに立っているだけですが 指し示せば すんなり買うことができます。

ずるい人は 一度買って 車に置いて もう一度並ぶという人もいます。
レジの人が顔を覚えていれば 
「お一人様1点です」というらしいですが 別のレジに並べばわからない。
もし ルールを決めて
「ご家族で1点です」とか
「○○円以上 お買い上げの方は 1点です」とかにしても
家族が別々に並べば わからないしね〜

でも私は そういう特売というのは 偶然みかければ 買うけれど わざわざ狙っていいくことはないです。
だいいち めんどくさい。
混んでいるところに並ぶのもきらいだし 我先にと買うのもいやです。
若いころは そういうパワーもありましたが
今は 必要なものだけあればいいと思っています。
いくら 特売だからといっても そうたくさん必要とは思いません。

若いころは家族も多いし 生活がかかっているから ・・ということもありましょうね。

思いだすのは あの3.11の時の事。
東京では 水道水が若干放射能汚染があったため 赤ちゃん用の飲料水 ペットボトル を 赤ちゃんのいる家庭にだけという条件で 一人2本 売ってくれました。
サービスカウンターに並ぶわけですが 並んでいるのが 老人ばかりで 驚きました。
「孫がいるから 孫のために・・・」という理由でしたが
この高齢化が問題になっているのに しかも一人暮らしの老人が多い中で はたして 赤ちゃんと同居していた老人がどのくらいいたのか・・
不思議な光景でした。
おそらく 半分くらいは 自分のためだったのでしょうけれど それを見て 「あさましい」と思いました。
老人パワーも ずるがしこいことに 使いたくはないですね〜

「おひとりさま1点」も 何度も並ぶのは 暇な老人が多いですよ〜
あれ また並んでいる・・って 思っても 店員さんは黙っているのでしょうね。
結局食べきれず 捨てたりするかもしれないのにね〜

買い物にもそれぞれ 個性があって面白いものです。
性格があらわれるかもね〜

さて 赤ちゃんもお一人様に入れるかどうかは お店の判断なんでしょうね〜
そんなに大勢の人がそういうこと言うとは思えませんので
そのまま レジを通すということが あるのかもしれません。

そもそも 特売商品というのは 集客のためであって ついでに他の物も買って欲しいというお店の思いから
やるので 客の機嫌をそこねては 困るわけです。
訳アリ商品ということも あるのですが たかが卵 1パック。されど 卵1パック。
どこでも 何にでも トラブルはあるものなのですね〜

人いれば 人の数だけ問題あり かもね。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 07:04| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2019年11月09日

ケチ

あるネット会社が「ケチが多い都道府県は?」というアンケートを行ったところ

1、大阪
2、愛知
3.京都
というような結果だったそうです。

何を持って ケチというのか その定義もよくわかりませんが
このアンケートはおそらく イメージなんでしょうね。

ちなみに 東京は4位でしたが 東京は全国からの集合体で はっきりとした地域性はないのではないかと
思います。
聞いた人の 印象 経験 感覚にもよりましょう。

どこにでも ケチ と言われる人はいますが
それも 本当にケチかどうかは 深くかかわってみなきゃわからないものです。

例えば グループで飲食をして きっちり 1円まで割り勘にすること それを ケチ という人もいます。
しかし まとめて支払う人に 端数を支払わなきゃいけないという理由もないわけです。
ここは すっきり きちんと割り勘というのももっともです。

親しい人同士なら 面倒で ○○円でいいわ と いうこともあるでしょうが そこは持ちつ持たれつの関係で
それもまた ケチとかケチでないとかの 問題ではないでしょう。

よく集団で飲食店に行って 結構な額になったとき 必ず みなからきっちり お金集めて
自分のクレジットカードで支払い ポイント稼ぐ人もいます。
これは ちょっと感じ悪いかなぁ・・・・。
あらかじめ 断るならいいのですが 親切ぶって ポイント稼ぎというのが 利用されているみたいでなんとなく
いやですね〜
これは いわゆる ケチ になるのでしょう。

ケチと言っても 自分に対して 倹約 節約の生活をしていても
他人に対しては おおらかに 気前がいいという人もいます。
これは ケチなんでしょうかね〜

逆に 自分にかかわりのないこと 他人に対しては徹底して ムダ金は使わない しかし自分に対しては
贅沢するという人もいます。
見た目 ケチ なんですが お金の使い方をみれば 単なるケチではないですね。

はたして ケチ とは どういうものか・・・

節約上手なのか 金に汚いだけなのか・・・むずかしいところです。

お金持ちというのは ケチ なんだそうですよ。
無駄なお金は使わないとうところで一致しているそうな。

しかし 使い方を知っているので 贅沢に見えることもあるとね。。。
うらやましい限りです。

貧乏人は 節約 倹約もできないまま 派手にお金をつかうことだけが もったいないの精神で
生きています。
増えもせず そう減りもせず 細々と なんとなく生活していて
死ぬ間際 ああ〜もっと贅沢しておけばよかった なんて思ったりもして。
しかし もはや 何が贅沢なのかすら わからないのです。
贅沢って何なのでしょうね?

そう欲しいものもなく 食べたいものもなく 行きたいところもなく
ただ 平穏を願って生きている 身には
無事で一日をすごせることが 一番贅沢に思えてきます。

若いころは そんな風に思ったことはなかったですね〜
なにかするなら 元気な時に 思い切って・・がいいでしょうね。

話が 外れましたが ケチ の話。

アウトレットや 安売り会場で 値切ることはしませんし したこともないし
たぶん 東京の人は それが当たり前だと思います。
しかし 昨今 外国人が大勢買い物をして 値切るということが多いそうです。
もともと安くしてあるので 値引き交渉というものを想定していなくて 店側も困るそうですが
したたかに 値引きを迫るらしいです。
お国では そうでも 日本では そうじゃないということに納得いかないらしいです。

家電店なら たくさん買ったとき ちょいと端数負けてくれたり 何かの品をサービスしてくれたりすることはあります。
それも見込んでの値段かもしれません。
それでも 目玉商品 限定商品の値引き交渉はできないと 思っていますから みな しないでしょうね〜

なんでも値切るのが ケチ という人もいますが
これは ケチ ではなくて 習慣なのかもね〜
関西の人は よくなんでも値切るといいますが 商人の町だから昔から当たり前の光景になっているのかもしれません。

他でそれやられると ひいてしまうって 言っていた人いました。

そういえば大阪では うなぎの頭を捨てずに食べるそうな・・
商いの町として発展してきた大阪ではウナギの頭を「半助(はんすけ)」と呼び、食材を無駄にしない“始末の精神”の象徴とされてきた。とのことです。
濃厚なダシがとれるうえに コラーゲンたっぷりだそうです。
これは いい知恵かもね。

野菜の皮でも なんでも捨てずに利用する。
こういうのは ケチ ではなくて倹約術ですね。

私は面倒でやらない・・・・。

飢餓 食糧難がやってきたら いやでもそうなるね〜
ケチだなんだと言っていられません。

飽食の時代に生きている 私たちは 当たり前に食べて 捨てて・・・
これが 一番贅沢なのかもね。

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:44| Comment(4) | TrackBack(0) | エトセトラ

2019年11月06日

抜糸後のこと

歯医者に行きました。
経過観察と今後の説明。
経過は順調なようでした。

その後 クリーニング 特に奥の1本が磨けないので そこを含めてきれいにしてくれました。
なぜか 担当医がやってくれて 歯科衛生士より 上手なんじゃないかと思いました。
1滴の血もでませんでした。
おかげで すっきり。

さて 今後のこと。
方法は3つ インプラント ブリッジ 部分入歯。
インプラントですが 
「それって出血 麻酔で 無理って言われましたよね?」
と以前 の話をしましたら・・・

「B病院はどういっていました?」
「あそこは 紹介され部分しか 処置しなくて 他の治療も 入歯もやっていません」
「そうなんですね〜こちらで その後の処置は 大学病院紹介できますよ」
「はぁ・・・・」
「もし インプラントするなら こちらに麻酔科医呼んで 心電図等のモニター付けて 最善をつくしますが・・もちろん内科医の判断ですけれど・・」

いや〜そこまで おおげさにやっていただかなくても それだけ聞けば 私の中で インプラントは却下。と心の中で
思いました。
しかし 無下に断れなくて
「しばらく 考えさせてください」
と お返事しました。

そりゃね健康な人は インプラントもいいですよ。
でも またあのような 穴をあけるような処置と 出血や痛みを・・と思うと ぜったいいやです。

そうすると 2択になりますが ブリッジも健康な歯を削るし なんとなく気がすすみません。
やはり1個だけの 入歯になるかなぁ・・・
合わなかったら 作りなおせるしねーーー

いずれにしても あとひと月ほど 待たねばなりません。

歯をなくすってはじめてのことなので ちょっと大変だなぁ〜と思っています。

さて 世の中クリスマスシーズンになりました。
1年って はやいですね。
ついこの間まで 暑い とぼやいていたのに
今朝の 東京の最低気温は8,8度だったそうで TVでコートにマフラー姿の人を見て
ありゃ 冬支度しなきゃと 思いました。
日中はぽかぽか暖かくて 汗ばむくらいなのに 朝晩は涼しくなりました。
そろそろ こたつの用意をしなきゃ・・・。
今日は快晴。
こたつ布団を干して 準備万端にしておきます。

カーテンなども 順番に洗っています。
なにかと 冬支度で忙しいです。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:30| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2019年11月04日

11月です。

いつの間にか 11月になってしまいました。
何かと 用があって ブログもおろそかに・・・
その間に 10月で切れるサーバーの更新をすませました。
やめようかと 思っていましたが 次のサイトを考える暇もなく もう面倒でそのまま更新してしまいました。
じつは悩んであれこれ触っているうちに クレジット決済完了になってしまいました。
これで また1年です。
だらだらと とりとめもないことを書くことになりました。

さて 文化の日。
バスには小さな日の丸が飾られていました。
2日には 家族の誕生会でレストランに・・・・
久しぶりに ステーキ食べて 満足満足。
近くに住んでいるファミリーもやってきて ファミリーで楽しいひとときをすごしました。
3日は 豊洲にお出かけ。
ララポートは 広すぎて・・・。
それに 人が多すぎて とにかく疲れました。
豊洲は タワマンがニョキニョキで 人口密度が多いのか どこに行っても行列で
昼ご飯食べるのも 一苦労。
おまけに  座るところさえないとくる。
そうまで苦労して みなさん出かけるのか・・・
とはいっても あのあたりは ララポートくらいしかないものね〜

私は ごめんだねーーーなんでも買えて お店もたくさんあって食事もできて
便利だけど 暮らしにくいところはね〜
そもそも 隣のブロックまでの距離感があって 遠く感じます。

100均もすごい行列で みな クリスマスの飾りつけを 10個 20個と買っています。
お部屋にかざるんだろうけど 誰に見せるんだろうか・・・
う〜〜〜〜ん。
見栄えですかね。
しかし セレブは ハンズで買っているようですけど・・・
ここでも 格差があるみたいでいやです。
おつきあいも大変そうで私には無理。
高層階と低層階の格差があるという噂を聞きましたが 本当みたいですね〜
いずれにしても すみたくはないです。
エレベーターが止まっても なんとか自力で上れるところが限界です。

人のことはどうでもいいのですがね。

一番よかったのは 豊洲公園で運河というか 海というか 見たこと。
やはり 水辺はいいなぁ〜
海をみると 落ち着きます。

冬支度をしなきゃならなくて 毎日すこしづつやろうと思っています。
それでも 最後には 「まぁいいか」で毎年 終わるのです。
完璧主義では ないので いつもそうなんです。
「まぁいいか・・誰が困るわけでもないしね。」
寒ければ寒いから〜とか
暑ければ あついから涼しくなってから〜とか
いいわけしながら 一年を過ごしている感じです。

写真見て うーーんやはり太ったなぁ・・と
感じていますから できるだけ動くように心がけますか・・・。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ