2019年10月23日

健康第一

今日は 抜糸に行きました。
あっという間に 終わりました。
待ち時間もなく 呼ばれて 診察室に入ります。
口をあけて 
「ブチッ。」「スゥー」
糸を切る音と抜く音がして それで終わりました。
これで もうB病院はおしまいです。
あっけなかったです。
傷もきれいだそうです。
あとは手紙を持って かかりつけの歯医者に行くことになりました。
B病院は 一般的治療や処置はしません。

会計の順番を待っていたときのことです。
隣に座っていた 二人の年配の女性(たぶん70代)が 話をしはじめました。
知り合いというわけではないみたいです。
その話が ちょっとショックでして・・・
耳に入ってきてしまったので 全部聞いてしまいました。

A 「どうしたんですか?」
B 「わたし 食道がんなの」
A 「私も乳がんなんですが 手術したんですけどね・・・」
B 「私は 手術できないってことなんです」

私  え?っと 顔を見る。

A 「私はK病院で 5月にこっち手術したんですよ〜それがね 3日で退院ってね 今は傷が痛くても出されちゃうのね〜」

私 そういえば 上皇后さまも 4〜5日だったけね。はやいんだね〜

B 「それで なぜこっちに?」
A 「8月にね 反対側もがんがあるって わかってね。今は切れないってことで B病院で放射線照射するようにいわれたの」

私 えーーー!それって 大変じゃん。心の中で思うだけで じっと聞いています。

B 「私も 照射に来ているんですよ。私はもう11回目だけど あれ25回やるんですってよ」
A 「私は まだ5回目だけど ここに通うのが大変でね〜治療はあっという間におわるんだけどねー」
B 「K病院は照射はやっていないんだね〜小さくなったらまた K病院に戻るの?」
A 「そうみたいだけどね〜 ところで 食道がんって もの食べられるの?」
B 「がんが大きくて ほとんど食べられなくて 今は点滴だけ 水もなかなか飲めなくてね〜」

私  ぎょっとするが 顔は見ないようにうつむいてます。

A 「喉乾いたとき どうするの?」
B 「ストローですこしずつ 飲み込もうとするけど なかなかね〜」
A 「ああ〜そりゃ大変だわ・・・」
B 「ここに来る人は みな重い病気だからね〜」

私 はぁ・・・まさかこんな話聞くことになるとは・・・
やはり普通の病院とは違うんだ。。。。

とまぁ・・・こんな話。
がん患者が まるで 持病があるように話していることのショックでした。
それも 今は放射線照射しかないという状態で 付添人もなく 通っていて
悲痛な様子もなく 普通に自分のことを話しているんですもの。。。

私なら そういう風には他人に話せないかも。
同病だからというのもあるでしょうが 周りの人にまる聞こえなんですものね〜

よく見まわせば やはり普通の病院のように やれ高血圧だ 糖尿だ メタボだ なんてことで通っている人はいないようです。

それなりに 理由があって来ている人ばかりですもね〜

私は今日でB病院はおしまいです。

それにしても 手術できないがんのことを あんなふうに言えるなんて驚きました。
まだまだ 普通の状態に見えましたが 本当はあちこち具合がよくないこともあるのだと思います。

どうぞ よくなりますように・・・
頑張ってくださいね。

それしか 言えませんね。

あれやこれや あっち痛いこっち痛い
などと 文句言っている私が 恥ずかしいです。

健康第一です。

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 20:20| Comment(4) | TrackBack(0) | エトセトラ