2019年10月14日

治水

東京の治水がすごいと評判になっています。
「江戸を造った男」伊東 潤
じゃないけれど 治水は 江戸時代から明治時代から平成へと 力を入れてきたところです。

荒川も氾濫しなかった。
多摩川・・これは 二子玉川だけなのですが
ここは 特別な事情がありました。
通常の堤防の内側に 住宅を造ったのです。
十年以上前から 国は内側に 堤防をつくろうとしていましたが
景観が悪くなるという住民の反対運動があって 作れなかった場所です。
今回のことで 反対運動も反省すべきところは反省するでしょうね。

洪水防止のために埼玉県春日部市の中小河川の水を地下に取り込み、地下トンネルを通じて排水ポンプで江戸川に流す「首都圏外郭放水路」が12日午後6時50分から稼働しています。
これは 地下神殿といわれるすごい施設です。パルテノン神殿みたいなのです。
見学コースもあって 大人気の場所だそうです。

これがあったおかげで ずいぶん治水能力がUPしたようです。

他にも 多数の貯水施設が地下につくられ 調整池 放水路などで 東京を護りました。

昨日のラグビーの会場。横浜日産スタジアムのまわりも 鶴見川の遊水地なっていて
競技場周りは 湖のようになりました。
しかし これは 遊水地としての役割をはたしただけで 水没したわけではありません。

武蔵小杉。あれは 急激な開発の弊害でしょうね。
下水設備が 人口増においついていない。下水があふれたわけです。
タワマンばかり作って人口が増えて いろいろ弊害がおこっているとか。

逆に 東京湾岸のタワマンは 何事もなく無事。
浸水もなければ 停電もなかったのです。
もちろん オリンピックの会場も無事です。

0メートル地帯と言われる 江東区なども 治水対策がうまくいって
浸水まどはなかったです。
無電柱かも進んでいるし停電もなく無事でした。
江戸川区も 避難した人はいたようですが 無事でした。

注目すべきは 利根川。
八ッ場ダムが 試験湛水を1日にはじめたばかりでしたが 今回満水10mのところまで 一気に水がたまり
ダム湖ができあがったそうですが みな そのおかげで 下流が助かったと 評判です。
そうかもしれませんね〜
結局必要じゃんねーー前原さん。

あの利根川が 荒川が 台風前にさんざん洪水と言われていましたが 
越水ぎりぎりのところで 助かっています。

首都圏崩壊などとあおっていた メディアもあったようですが
終わってみれば 東京都は犠牲者が一人もいなかった。
一部多摩地方の 秋川というのが氾濫しましたが
二子玉川は別として ところどころ雨水があふれたくらいの被害でした。
風にも強かったです。

台風前から 行政は動いていましたし
注意も呼びかけていました。
交通機関も事前に運休を決めたりしたのもよかったのでしょう。
なにより 休日ということえ 家族そろって自宅待機ができて 安心感もあったでしょう。

夜が明けたら 都知事は自らヘリで 上空視察して被害状況を把握しましたし
すぐ動いてくれる行政というのは 心強いものです。

箱根の被害がすごくて・・・ちょっと驚きました。
観光地ですし 外国人に人気の場所ですしね。

東北や長野の洪水被害が 報道されています。
特に 東北は東日本大震災でも 大きな被害をうけましたから 心配です。

地方も 治水に力をいれなきゃいけませんね。
スーパー堤防など 無駄と仕訳 廃止した政権がありましたが
こうなってみれば いかに必要なものかよくわかります。

日本の国土は 水との闘いなのかもしれません。
人は自然には 逆らえないのかしら・・・・。

しかし 多摩川も荒川も越水ぎりぎりのところで ふんばりました。
ダム管理河川管理のみなさんご苦労さまでした。

被害を受けたかたに 心よりお見舞い申し上げます。

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 10:19| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ