2019年02月20日

河津桜

天気がよくて 暖かい日です。
今年も 大横川沿いの河津さくらを見に行きました。
毎年 行くのですが 今年はいくのが少し遅くなりました。
でもきれいに咲いていました。
kawazu1.jpg
天気がいいので 結構人が来ていました。
kawazu3.jpg
さくらの花はなぜ下向きで咲いているのでしょう・・・
すべてのさくらが下向きに咲くわけではありませんが。。。

わたしなら
「人に見てもらうため・・」
と言いたいのですが
これは 違います。
kawazu2.jpg
さくらの咲くころは 春の嵐 雨 風 
気候条件が変わる季節です。
・繊細なさくらさんは 下を向くことで 花粉を雨風 寒さから守ろうとするため。
・茎が長いので重みで 下を向く。
・受粉の時に雨に花粉を流してもらうため。
さて 正解はどれなんでしょう。
さくらさんに聞いてみなきゃわかりません。

美しいさくらさんも 謙虚にひたむきに生きています。
kawazu4.jpg
「人はみな生かされて生きている」
そう刻み込まれていました。

花が咲く理由も
人が生きる理由も
生かされて なのかも。

と・・・ちょっと考え込んでしまって 
では 生かされる必要がない人は 早死にするの?って 疑問が・・・。
Oh my God!

とにかく 生かされていることに 生きる意味 生きる意義があるのだということでしょう。

わたしなんか
「人は 生きるために食べるのか
 食べるために 生きるのか」と
悩んだりもします。

花を愛で 散歩して ちょっとすがすがしい気分です。
ソメイヨシノとは 違った花の 楽しみがあってまた 乙なものです。

花の色は うつりけりな いたづらに
わが身世にふる
ながめせしまに
   小野 小町
タグ:
posted by うめのはな at 15:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 江東区・江戸川区