2019年02月11日

手作りの食べもの

ニュースにアスリートが プレゼントはありがたいのですが 食べ物はとても困る というような記事がありました。
プレゼントをもらうと とても励みになり嬉しいのですが 食べ物 市販のものならまだしも 手作りのものはまず食べないとのことでした。アスリートは体が基本。何が入っているかどんな風にして作ったかわからないものを食べるわけにはいかない。薬物が入っているかもしれないし 食べて体調が悪くなったら困るそうで 手作りのチョコであれ お菓子であれ食べないということでした。
そりゃ そうでしょうね。食の管理はは厳しい人たちです。

前にも 書きましたが 手作りの食べものは 人に出してはいけない あげてもいけないというのは 今の常識なのです。
これが 手作り料理だと本当に困ります。
よかれと 思っても とても迷惑なのです。
昔の常識では当たり前のことでも 今やそうじゃない人もたくさんいるわけですから
やはり よほど親しくなければ 手作りの食べものは 遠慮したほうがいいですね。

アスリートだけではなく 芸能人なども そういうもの貰ってもまず 食べません。
事務所の人たちが 処分します。
市販のものなら 周りの人でわけてたべるとかで 本人とは関係のないところで処理されます。

○○さん 私の手作りのお菓子食べたかしら〜なんて 甘い夢です。

例えば お呼ばれしても 手作り料理だされるより 出前とってくれたほうが ありがたいと思う人はたくさんいます。
昔は ご近所仲良しで 一品も持ちよりパーティなんで 開きました。
私も何度かそういうことに参加しましたが 食べられないものがあっても 食べないわけにもいかないし
「こいつ わたしの作ったものだけ食べないぞ」と思われたりして とても困りました。
今の若い人たち 都会の人たちは 仲良しグループでも ケータリングまたは 買ってきたもので
わいわい 食べるらしいです。
割り勘でね。
私たちのころは 何がなんでも自分で作ったものを持ち寄ってでした。
私など 料理がへたくそで
恥ずかしい思いをしました。
そのうちみんなで遊園地に出掛けたときに あんたは 麦茶でいい・・・ってことになったりもしました。

そもそも 手作り料理なんて なにかあったとき 誰が責任とるのか・・って話になって
食中毒 ノロウィルス そういうとき 作ったあなた 責任とれますか?ってことでしょう。
お店ならそれ相応の対応するでしょうが
個人じゃどうしようもないでしょうね。
手作り品を アスリートなどが避けるのもわかりますね。

以前 家人の上司の奥様が 何かあるたび職場の課の人に お持ち帰りの
手作りケーキを配るので (それもホールで)
辟易していました。最初はよかったのですがそのうち飽きてしまって・・・
お世辞で 「美味しかったです」とはいいますが そう気分のいいものじゃないです。
奥様本人は趣味で ケーキを焼くそうで 人に食べてもらいたい・・とのこと。
それが ケーキというか カステラというか スポンジだけなんですが
可愛い立派な箱に入れて くれるのです。
hako.JPG
丈夫な箱で箱だけでも お高いのでは・・・と。
箱は今でもいくつかはとってあります。

そのうち なんとなく全員に不評だというのが 雰囲気でわかったのか
ケーキを配ることはなくなりました。やれやれ・・・。

よかれと思ったことでも 迷惑なこともあるし
気合いをいれて作ったものでも こっそりゴミ箱行きもあるのです。
被災地などにも手作り食品は御法度です。
心をこめて作ってプレゼントしても 差し入れの手作り食品はたべることはないというのを覚えておくと いいでしょうね。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 07:04| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ