2019年02月26日

やってもた〜〜

やってしまった〜〜〜!
朝から出かけたのですが どうやら駅で財布を落としてしまったみたいです。
PASMOで改札通り 電車に乗り ついた先でバスにのり そして 昼11時ころファミレスで食事しました。
お金払おうと バッグの中探したのですが 財布がないのです。
探せど 探せど ない!!!
このままじゃ 無銭飲食になる・・・と 連れに お金持っている?と聞けば
「ない!」と冷たい一言。一緒だから お金は持っていないらしい。
「嘘つけ・・・」と思ったけれど しかたない。
顔は青ざめ(自分じゃわからないけれど きっとそうだと 思った) おなかが痛くなり
あわててトイレに駆け込みます。
そして席にもどり まてよ・・・こういう時のために ひそかに免許書入れに 小銭を入れてあるはずだと・・
思いだして 免許書ケースをみると 折りたたんだ5000円札がありました。
それで 無事支払い 事なきを得ました。

さて 財布ですが どこでなくしたのか 全く思い当たらないのです。
駅で PASMOにチャージしたときは 手に財布を持っていました。
それから 少し離れて 財布をバッグに入れたと思うのですが
もしかしたら 財布はバッグの外側に 滑り出たのかもしれません。
それしか 思い当たらないのです。
しかし 小銭も入っているので 落とせば少しは音がするでしょうが 騒々しいから気が付かなかったのかも・・・
財布を落としたのは 生まれてはじめてです。

わたしは 財布をすられたり 落としたりしたときのために
クレジットカードや キャッシュカード 保険証などは財布には入れないことにしています。
それが 幸いしてなくしたものは 財布と現金だけなのですが・・・
この現金が問題なのです。
財布から少し抜いておかねば・・と思っていましたが 
あたふたと出かけたので そのまま結構なお金を入れたままでした。
おまけに 商品券まで入っていました。
1月生活できるほどのお金なんです。
もう 大ショックです。

出先で JR駅の落し物かかりに問い合わせても 届いていない。
警察に聞いてみろというので 警察の遺失物係りに 電話しても届いていないから
もよりの警視庁の交番に届け出をしなさい ということでした。

出先からの帰り 駅に戻り駅前の交番に届けをしましたが
戻ってはこないだろうなぁ〜
なんせ ありがたいお金が入った財布です。
天の助けと思い ポケットに入れて 財布はポイ!だろうなぁ・・・。
交番でもそういうと いや 戻ってくることもありますので・・となぐさめられて・・・
もう 諦めています。
大金だけど お金だけですんだのが幸いです。
カードとか入っていたら 面倒な手続きがあって あちこち停止の申し込みして大変です。

財布の特徴をいうのですが ちょっと特殊な財布で 菊のご紋入りというと 警察の人も なるほどとうなずきました。
財布だけでも戻ってこないかなぁ・・・
saifi.JPG
中のものをいうのに 恥ずかしかったです。
「成田山不動明王」の赤いお札。
「豊川稲荷」の黄色いお札(10円玉入り)
そして現金。
これには 警察もなんじゃこりゃ?と 思ったことでしょう。
しかし お札のご利益ないじゃないですか〜

財布を拾って ネコババした人に
どうぞ 不動明王様 きつい天罰をお与えください!!
稲荷大明神さん ネコババした人に 祟りをお与えください!!

自分の不注意なんだけれどねーー
お金ネコババした人は もっと悪いのです。

連れが言うのです。
金は天下のまわりもの 諦めるんだね〜
キェーーー!!
責められないだけましですが 何ともいやな一日でした。
今日は私の 2.26事件です。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 17:42| Comment(4) | TrackBack(0) | エトセトラ

2019年02月25日

福井モデル

読んでいた 本の中に「福井モデル」と言う言葉があって
くわしく知りたいと図書館で探し 本を読みました。

タイトル   福井モデル 
     未来は地方から始まる 
    FUKUI MODEL
著者   藤吉雅春/著
出版者   東京 文藝春秋
出版年   2015.4
内容(「BOOK」データベースより)
日本ならではの、「地域再生モデル」があった。

共働き率と合計特殊出生率で全国平均を上回る北陸三県。幸福度も世帯収入も高い。
その秘密は何だろうか?
たとえば、メガネの生産で世界に名を馳せた福井県鯖江市。市民は、「日本でもっとも早く中国にやられた町です」と笑う。ところが、「もっとも早くやられた町」は、いつの間にか「最先端のデータシティ」に変貌を遂げていた。
地盤沈下しない都市には、歴史的な「強い教育力」と、平等な「協働システム」がある。
大阪、富山、福井を歩き、日本ならではの都市再生モデルを考察した、気鋭のルポ。


福井は 戦災で焼け野原になり 戦後すぐの福井地震でまた壊滅状態になりました。
そして中国の影響を受けて 基幹である繊維産業や眼鏡産業の衰退。
それでも 立ち直り復興する福井。
私たちも子供のころ「フェニックス福井」という言葉をよく聞きました。
戦災、震災、水害、雪害などの苦難を乗り越えてきた福井市を「不死鳥(フェニックス)」にたとえています。

古くは織田信長に負けた福井。
日本のポンペイと呼ばれる朝倉氏の遺跡ですが 館を取り巻く 合理的な城下町はその時代には珍しい工夫を凝らしたものでした。
朝倉氏は滅亡しましたが 人々は福井市内に移動したといいます。
一向一揆で負けてから 新しい越前 福井をつくるためどんな工夫をしてきたのか・・・
その昔 人は死に絶え過疎化し 貧困にあえいできた福井の人は どん底からどうやって這い上がってきたのか
興味深いところです。地方の底力は 再生モデルになるのだろうか。

福井県は長年、北陸を含め 幸福度ランキングでトップの位置にあります。
そして 小中学校の学力 体力テストも 1〜2位とTOPレベルです。
待機児童がいない。
正社員率が1位。
出生率もいい。
勤労者世帯収入も 上位。


いやぁ〜まさに絵に描いたような モデルですが、
学力 体力ともに 学校では特別なことは何もしていません。
学力テスト対策もなければ 特別な授業もない。
いつもどおりで 現場の先生たちも 全国からの視察で問われても 答えようがないといいます。
要するに よく学び よく遊べ なんでしょうか・・・
自発教育 見えるプロセス。
答えだけあっていればいいという教育ではないということです。
思考力でしょうね。繰り返し学び 書くという繰り返しでしょう。

地頭が良くなるような思考力を深める授業を、実は戦前から独自に行っている。
ということで授業が面白い。相違工夫があって 子供の興味をひく ということらしいです。
(でも 正直私が受けた授業は 画一的でつまらなかったです。いやというほど宿題が出て 放課後の復習はありました)

福井では共働きの世帯がほとんどです。
働いていない女性はいないというほど 女性の進出が多いです。
よって 世帯収入も増えます。
保育所に子供を預け 祖父母が家のことをやる。
子供の送り迎えも 病気の時も安心して働けるというシステムが出来上がっています。
ですから安心して子供が産める環境で 出生率もいいのです。
2世代 3世代同居というのも多いですし 行政の育児支援も行き届いています。
福井の福祉は高齢者にも障碍者にもとてもいいと評判です。

もうひとつ 女性でも正社員がほとんどだということです。
これは欠勤せず 長く勤めることができるからというのもあるでしょうね。
専業主婦でいると 福井では遊んでいると 浮いてしまうかもしれません。

そうそう 福井は 10万人あたりの社長の数が日本一らしいです。
製造業が多いのですが 就職率もいいそうです。
パリコレの7割は北陸産の繊維 といわれるほどです。
航空機からシューズまで世界的な繊維の技術がとりいれられています。

眼鏡も中国にやられてしまい 一時より衰退しましたが
高級ブランド しっかりとした日本製で まだまだ存在感があって独自の進化を続けています。
眼鏡は一社あたりの出荷高が過去最高を記録しました。

共働き率も全国1位。「日本一、女性の労働力化が進む県」
福井の女性は働き者、さらに全国平均より多くの子供を産んでいる。
「福井モデル」は、05年頃から「少子化対策の希望の星」となったそうです。
現在いわれている 「女性活躍推進法」がどうだかは知りませんが
もっと古くに モデルがあったということです。

しかし
そうは言っても 2世代 3世代同居もなかなか大変なことです。
古くからの習慣もあるし しきたりもあります。
古き良き ムラ社会の価値観を受け入れられなければなりません。
福井で生まれそだったひとたちには あたりまえのことでも
他から来た人には受け入れられないこともあるでしょうね。

それがいやで 都会に出てしまう人もいますし(私のように)
どこで暮らしても そう完璧な幸福というのはないのです。

そこにいる人が 幸福に感じるならそれが一番いいのでしょう。
福井モデルが 一般的にならない理由はそこにあるのかもね。

なかなか いい本を読みました。
いろいろ知らなかったこともあるし 考えたこともあるし・・・

フェニックス福井 という言葉 久しぶりに 思いだしました。
外国の都市の真似したり 都会のように背伸びしてみたりしないで
地方都市は 地方らしく 再生してみるほうがいい。

たとえ 壊滅状態になっても 這い上がって再生してきた歴史が 日本人にはあるのだから・・・
お金持ちの都会のお金を地方に配分するなんて 安易な考えでは いつまでたっても
自力再生はできません。
これは政府の責任でもあります。

東京から毎年9000億円うばって 何する気?
箱ものつくったところで 再生はできませんよ・・・。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:50| Comment(4) | TrackBack(0) | エトセトラ

2019年02月24日

電気の話

最近 ガス会社とか電力会社とか 「ガスと電気のおまとめ」のセールス電話がかかってくる。
そんなに大容量のガスや電気を使うわけでもないし 何よりいろいろ手続きも面倒なので
「その気はないです」ときっぱり断っています。
一体どれほどの 節約になりどれほどのメリットがあるのかわからないし
デメリットもよくわかりません。
よくわからないものには 手を出さない。
これが モットーです。
周りの様子をみてからなら 納得してできるけれど
そうじゃないものは何にしろ 真っ先に手を出さないことにしています。
臆病者かもしれませんが 何かを変更するというのは 面倒なことなのです。

電気の話ですが
このおまとめを やるには 
アナログな今までの電力メーターを スマートメーターに交換しないといけません。
というわけでもないでしょうが 現在東京電力も各家庭のメーターを順次 スマートメーターに交換中だとか。
じつはうちのマンションもすでに スマートメーターです。
月に一度の検針が 人力じゃなくできるらしいです。
人がいらなくなる仕事になっていきます。
検針の人は失業するのだろうか・・とか 余計なことを思ってしまいます。
オンラインで30分ごとに使用状況を送信するらしいですが プライバシーがどうだとか
ハッキングの心配だとか いろいろな心配事があるそうです。
こちらとしては よくわからないし 交換するからにはそれなりにメリットもあるのだろうね・・と
その程度。
電磁波が〜〜!!と 交換を拒否するグループもあるそうですが
送信の電磁波なんて 無線LANの電磁波から比べりゃ ほんの少し10分の一程度でしょうね。
それをいうなら スマホは?ってことになったりもして
ましてメーターは外にあるのだから さほど問題にすることでもなかろうと。
まぁ何かやろうとすれば 反対する人はいますので余興だと思うことにしています。

電気のおまとめについては ある程度安くなるんだろうか・・くらいの知識です。
でもたくさん使うのは 冬の時期くらいですから そんなにメリットがあるとは思えません。
普及率はどのくらいなんでしょうね〜
必死で 宣伝しているくらいだから まだまだなんでしょうかねぇ〜

何かと変化をきらう人も多いしなかなか大変なことだと思います。

ガスも 水道も検針いらずになっていくのかしらね。
その家の生活ぶりもわかってしまいそうです。
夜起きているなーとか 昼は留守だなーとか 
泥棒さんに ハッキングされたらちょっと まずいことになるかも。
セキュリティしっかりしてくださいね。

そのうち 家の中までのぞき見される時代がくるかもね・・・。
人も生まれたときに チップ埋め込まれたりして 監視されたりとか
SF映画みたいになっていくのかしら〜
10年先 20年先には きっと今までとは違う社会になっていそうな気がします。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2019年02月22日

クレーム

お客様は神様です。
こんな言葉のせいかどうかはわかりませんが 最近お客のハラスメントが多いらしい。
TVでみると 信じられないくらいひどい事実があることに驚きます。
本当だろうか・・こんなことあったのだろうかと思いますが どうやらそういうことは横行しているらしい。

土下座 暴力 無理難題 不払い 驚きです。

昔は お客が しようがないか・・くらいで波風立てずに我慢したりすることが多かったのですが
最近はそうじゃないみたい。

コールセンターの人が「いやなら買うな!」といった あるメーカーは 主婦たちのネットワークで不買運動がおこったり
なにかとネット社会は影響が強いせいかもしれません。

私が経験した出来事はある家電店開店のときのことです。
初売り 冷蔵庫30台○○円と かなり安い値段の広告が入ったので オープン日に開店時間前に店舗に並びました。
オープンと同時に1分もかからず売り場に行ったのですが なんと「売り切れ」の紙。
冗談じゃないとみなが 騒ぎはじめ 
「これは 悪質なおとり広告で 最初から売る気はなかったのだ。店長をだせ」ということで抗議しました。
「もう売り切れた」とかいろいろいいわけをしていて 店長がやってきたら
その言葉が
「お客様が勝手に買いに来られた」
「売る義務はない 説明の必要もない」
みな唖然としてこりゃ何を言ってもダメだと その場にいたひと全員が 連絡先を書きました。
ある女性が 紙を出し みなに書いてもらい バシッと机の上に 紙を置いて
「きちんとした解答をしないと 国民生活センターおよび本社に電話する」と言ってその場を離れました。
「おお〜すごい人だ」と見惚れていました。
そりゃ 勝手に買いにいきましたけれど 売り手がそれを言っちゃ~おしまいでしょう。
だから いつまでたっても こうやって 語り草になるのです。(前にも書いた)
「勝手に買いに来た」これは 迷言でしょうねーー
前代未聞の言葉だと思います。

昭和の頃は
「おまえに売る義理はない」とか
「気に入らないから帰れ」とか
そういう言葉のやりとりもあったようですが
若い店長が あんな言葉を言うとは誰も思っていなかったようで 一瞬店員さんたちも含めて 双方が固まってしまいました。
この言葉が決めてになったようで 今度は男の人が この言葉の事実もおとり広告の件もすべて国民生活センターと 本社に伝えるということになったようです。
どんな時も リーダー格の人がいるようで 世の中うまくいくものだなぁ・・と思いました。

冷蔵庫は翌日 平謝りの電話があり 無事購入できました。

私は 実は一番に冷蔵庫の前に立ったので
「エーー!!なんでよーー」と さけんだ本人なのです。
みな かけつけて それから騒ぎになりました。
騒ぎの最中は 見ていただけなのでまわってきた連絡先に書いただけです。
駅の反対側の家電店で買おうかなーーとか いろいろ考えていました。

これが 忘れられない出来事なんですが
ファミレスで 熱い味噌汁 足の上に落されたこともあります。
「すみません」とはいいましたが
店員さんの対応はそれだけでした。
赤くやけどしていても ずぼんがびしょ濡れになっていても 文句もいわずきちんと支払って出ました。
スーパーで買ったもやしに 針金が入っていても お肉に長い髪の毛がついていても かつ丼に卵の殻が入っていても
何ひとつ文句はいいませんでした。
面倒だしね〜

TVで言うようなすごい クレームつける人が信じられないくらいです。
恥ずかしいし 何より面倒だし ちょっとのことなら 我慢してしまいます。

自分のうっぷんをはらすために ギャーギャー騒ぐ人もいるそうです。
カスタマーセンターで 鬱になる人も多いとか・・
そりゃ無理難題長時間言われて うんざりするでしょうね〜
えらそうな 電話の人もいますけど・・・
全部録音されているって わかって言っているのかなぁ・・
わたしなんか お手数かけてすみませんがとお伺いするほうなんで
そういう人の気持ちがわからないです。
あおり運転といい
客商売の変な動画といい
変な世の中になったもんだなぁ・・
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 07:22| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2019年02月20日

河津桜

天気がよくて 暖かい日です。
今年も 大横川沿いの河津さくらを見に行きました。
毎年 行くのですが 今年はいくのが少し遅くなりました。
でもきれいに咲いていました。
kawazu1.jpg
天気がいいので 結構人が来ていました。
kawazu3.jpg
さくらの花はなぜ下向きで咲いているのでしょう・・・
すべてのさくらが下向きに咲くわけではありませんが。。。

わたしなら
「人に見てもらうため・・」
と言いたいのですが
これは 違います。
kawazu2.jpg
さくらの咲くころは 春の嵐 雨 風 
気候条件が変わる季節です。
・繊細なさくらさんは 下を向くことで 花粉を雨風 寒さから守ろうとするため。
・茎が長いので重みで 下を向く。
・受粉の時に雨に花粉を流してもらうため。
さて 正解はどれなんでしょう。
さくらさんに聞いてみなきゃわかりません。

美しいさくらさんも 謙虚にひたむきに生きています。
kawazu4.jpg
「人はみな生かされて生きている」
そう刻み込まれていました。

花が咲く理由も
人が生きる理由も
生かされて なのかも。

と・・・ちょっと考え込んでしまって 
では 生かされる必要がない人は 早死にするの?って 疑問が・・・。
Oh my God!

とにかく 生かされていることに 生きる意味 生きる意義があるのだということでしょう。

わたしなんか
「人は 生きるために食べるのか
 食べるために 生きるのか」と
悩んだりもします。

花を愛で 散歩して ちょっとすがすがしい気分です。
ソメイヨシノとは 違った花の 楽しみがあってまた 乙なものです。

花の色は うつりけりな いたづらに
わが身世にふる
ながめせしまに
   小野 小町
タグ:
posted by うめのはな at 15:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 江東区・江戸川区

2019年02月19日

自助共助

隣の部屋に 一人暮らしの老齢の婦人が引っ越してきて 挨拶に見えられた。
すぐ近くに娘さん家族も住んでいるそうですが やはりお一人なので
「何かあれば 遠慮なく声をかけてくださいね」とは 言ったものの 人間関係が薄い都会の暮らし。
たぶん 声がかかることもないだろうなあ・・と。
ドアノブには時々 高齢者用宅配弁当の空き容器がかけられています。
一人の食事は 栄養バランスも考えると 一日1回くらいは 弁当でもいいかなあーと 思います。
しかし オートロックをあけてもらわないと 届けられないので 無事かどうか確かめるにはいいかも・・。

私が住んでいるところも 高齢者が多くなりました。
なかなか空きはでないし 転勤時期にたまたま空いても 市場に出る前にちゃんとうまってしまって
出ていく人も少ないので競争率は厳しいな〜と・・。

以前から住んでいる住民の高齢化もありますが 転居してくる人もいます。
郊外の戸建を処分して 便利のいい都心に転居してくる人も多いそうです。
何より 車がいらない生活なので 高齢者運転の心配もないし 医者や役所もスーパーも近くで何かと安心なことは間違いないです。
バス停が目の前なので 無料パス持っている高齢者はお金の心配なく どこにでも出掛けられます。

この頃 バス停前の住居が人気だそうです。
地下鉄や鉄道の駅近くもいいのだけれど 駅というのは立体構造で 歩く距離が長い。
エレベーターやエスカレーターがすべてにあるわけでもないし 高齢者にとってはハードルが高いそうです。
それに 通勤客でものすごく混みます。
たしかに 駅徒歩○分という不動産広告もありますが
それはあくまで 駅入り口までです。
改札口に行くまでにどれほど 下りたり登ったりしてもそれは考慮されていません。
東京の地下鉄の迷路は 一駅歩くくらいの距離で乗り換えなきゃいけないところもありますし
この時間がけっこうかかるのです。
六本木駅など 地下7階から 一度エレベーター乗り換えないと地上に出られないのですよ〜
やはり高齢者にとっては 地下鉄は難易度が高いのです。

その点 バス停は地上にあって乗り降りも便利です。
都内のバスはほとんど時間がずれることはないです。
数分の遅れはありますがその程度です。時間はわりと正確で 本数も多いので最近はバスを使っています。

親世代の高齢化で しきりに近居というのが進められています。
昔から スープの冷めない距離に住むのがいいと言われていますが その通りだと思います。
同居というのはなかなか難しいものです。
二世帯住宅建てるなら 玄関も台所も別に・・が いいらしく
できれば 別棟がいいそうです。
いわば嫁は 他人の中に一人入るわけで 姑は息子可愛くて嫁のすること気に入らなかったり
いろいろ折り合いがつかないこともあったり 
特に嫁 姑の軋轢は大変らしいです。
幸い私はその経験はないです。

介護が必要になったり
日頃の生活の中でさえ ものを移動したい とか ちょっとした助けがいることもある。
病気のときも 不安だし 
近くに家族がいるのが 一番いいです。

逆に 子供が病気になった でも仕事が休めない
そんなとき手助けしてくれる人も必要ですね。
家族が一番 です。
自助共助 が必要かな〜と 思う今日この頃です。

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2019年02月17日

老い方

何気なく TVをつけたら 阿川佐和子さん 森山良子さん 清水ミチコさんが でていて その番組はもう終わりかけていて内容は全くわからないのですが 最後に さわこさんが 言っていた言葉が 印象に残りました。
「年取ると 髪は薄くなるし しわは増えるし 体力はなくなるし 体のあちこち痛くなるし・・・だからといって 二十代三十代に戻りたいとは思わないですね。あんな時代 繰り返すのはもういやです・・」言葉は正確ではないですが そのようなことを言ったのです。
お二人とも うなずいておられました。

それから 清水ミチコさんのピアノで 森山良子さんの「この広い野原いっぱい」の歌を歌ったのですが
1番 聞いていただけのときは 森山さんが歌ってる・・と思ったのですが 物まねで清水さんが歌っていました。
2番は 森山さん そして驚き!3番は さわこさんでした。佐和子さんの歌初めて聞きましたが とってもお上手でした。
3人のコーラスもまた とても素敵で 聞きほれてしまいました。終わったあとまわりから 拍手でしたが 思わず私も拍手です。
いやぁ〜もっと 聞きたい3人のコーラスでした。
いい歳のとり方をした人って 何をしても とても素敵なのです。
むろん それまでに多々ご苦労は あったのでしょうがね。
佐和子さんは 以前メトロの中で御見かけしたことがあって その時もごく自然で普通の人で 付き人さんを気遣ったりして
優しい方だなぁ・・と思ったものです。

清水ミチコさんのピアノがとてもお上手で 専門的に学んだのかと思えば 独学だそうです。
多才な方だなぁ・・・と 思いますが それなりの努力のたまものだとは思います。
また 聞きたいです。

年取って 気力 体力ともなくなり 体調も悪くなって 気も滅入ることも多いでしょうが
若いころに戻たいとは 思いません。
子供に戻りたいとも思いませんし 青春時代はもう御免です。
思いだすのがいやになるくらいの 波乱万丈の年月を繰り返すのもやだし 長い年月歩んできた結果が
今なら それを受け入れるしかないでしょう。
「これも 人生。それも 人生。」
たら れば は 何の意味もないです。

一生懸命生きてきた人は 老いてもどこか輝いているものです。

昔は 「人生50年」
今じゃ 倍近くになっています。

若いころ 年配の方を見て
「ああ・・あんな風に素敵に 老いてみたいな・・」
「素敵な おばぁちゃんになりたいな」
と 思ったものですが
いきなりそうなれるわけではないことが よくわかりました。
その人の 生き方が 老い方なんですね。
素敵な人は 若いころから素敵なんです。
それは 身なりとかお金もちだとかではないくて 人間性そのものです。
その人からにじみ出る 人生観というかお人柄というか そういうものでしょうね。

わたしなんか・・・ダメだな。
理想は 遠いです。
幼き頃からの育ちも環境も 影響するでしょうしね。

可愛いおばあちゃんもいますし
言葉は悪いけれど 
鬼ばばあもいます。
欲張りもいれば 
仏さまのような方もいます。
人間いろいろ。
人生もいろいろ。

せめて 人に憎まれたり 疎まれたり 迷惑をかけたりはしたくないです。

若いころ人をだましたり いじわるしたり 欲張りだったり 嫉妬深かったり 我がままだったり・・・
そういう人の今が どうなんだろうかと 見てみたい気がします。

ってか そういう人こそ 長生きするんですよねーーー

「憎まれっ子 世にはばかる」なんてね。
世渡りがうまいって ことでしょう。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 08:56| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2019年02月16日

医師不足

2036年の医師不足2.4万人 厚労省試算 というニュースがありました。
それに加えて 医師の年間残業時間2000時間というのもありました。
現状でも 2000〜3000時間働いている人がいるので これを何とかしようという数字だそうです。
大学病院などは 残業時間が多いそうです。過労死並みです。

昔 大学病院にお世話になったとき 担当の研修医はいつも疲れた顔をしていました。
この人 まともに寝ているんだろうか・・と思ったこともあります。
イラついているときもあって 患者が医者に 気を使わなくてはいけないようなこともありました。

今も 同じなんでしょうか・・
産婦人科や小児科の医師が減っているそうですが これもわかるような気がします。
それでは 困るのです。

医師不足がわかっているのなら 医学部の定員増やすとかできないものでしょうか・・・
不向きな人が勉強ができるというだけで医者になるのも困りますけれどね。

巷の医者に行っても 流行っている医者は待ち時間が長いし
大病院だと 半日かかったりして
病気で具合の悪い人には耐えられない環境です。

私が行っている医者も すごく混みます。
暇に任せて 頭の中で勝手に 試算をします。
院長と医者が○人
事務員が○人。
看護師はパート含めてもかなりいるし
レントゲン技師も二人いるみたいだし
経費は相当かかるだろう。
しかし どう考えても 一日100人以上は困難だろうな・・・
すると 一人平均〇〇円として 粗利は いくらかな・・と。
ビルの賃貸料も高いだろうし 償却資産 設備費など 検査代などひけば
あまり利益はないのでは・・と。
個人の開業医で 医者と看護師 受付だけなら まだしも
人をたくさん雇えば 利益はあまりでないかな〜って 思います。

大きな病院も赤字のところが多いそうです。
昔は医者と言えば 豪邸 高級車 高給取り のイメージだったのですが
今は そうとも言えないみたいです。
そりゃ 普通のサラリーマンよりは 高給取りでしょうが
労働に見合うかどうかっていうと 怪しいものです。

憧れの職業が医者というイメージも変わってきたのかしらね。
医者で 長く待つのは辛いし
昔のように 何かあれば往診してくれるという 医者も少なくなったし
そりゃ 訪問診療はあるけれど・・・あれもまた
いろいろ制限があってね。

わたしは子供の頃 よく熱をだしたりしたもので
かかりつけの医者に電話すれば 往診してくれて・・・
高級な黒い車に乗って 看護師さん連れてやってきました。
幼心に お助けマンのように思えたものです。
ご近所では
「また ○子ちゃんが 具合悪くなった」みたいにささやかれていたそうです。
今は 息子さんの代になっていますが
兄たちのかかりつけの医者です。
しかし もう往診はしていないそうです。

古きよき時代は 過ぎ去っていくものなのかもね。

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2019年02月13日

バレンタインデー

2月14日はバレンタインデーです。
日本では チョコを意中の人に贈り 愛を告白する日となっていますが・・・

2月14日は、ウァレンティヌス(バレンタイン)という人物が処刑された日という説もあります。
当時のローマ帝国皇帝は、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気がさがるということで兵士の結婚を禁止したそうです。
兵士たちが可愛そうに思ったバレンタインは、こっそり兵士らの結婚をとりもっていましたが それが皇帝の怒りに触れ処刑されたということです。

愛の日どころか 処刑の日なんて聞くと いい気分ではないですね。

この2月14日は 豊穣 豊年を祝う「ルペルカリア祭」の前日です。
そして 当時のローマ帝国では 2月14日は女神の祝日とされていました。
ルペルカリア祭は 今でいう お見合いの儀式 みたいなものでした。

兵士の結婚を取り持ったバレンタインは お見合いの儀式祭の前日に いけにえのごとく処刑されました。
皮肉なものですね・・・

せっかくの バレンタインデーが暗い話になりそうです。

しかし 若い人たちのインタビュー見ていると 最近は 割り切っているのですね。
「チョコは 自分へのご褒美で いいものを買う。」
「義理チョコなんて あげない。」
「手作りチョコなど バカバカしくて 作ったことがない。」
「告白なんてしない」
というような意見でした。

そして 義理チョコ禁止令なるものが出ている企業もあるそうで
ある自動車会社などは 義理チョコの分のお金を 交通遺児のための募金箱へ・・ということにしたら
どんどん入れてくれたそうです。
そうですね 商戦に乗せられて 義理チョコ配るなんて バカみたいですね。
そもそも なんでチョコなの?って 気がしますが
これにも いろいろ説があって 仕掛け人は日本のチョコ会社だそうです。
そもそも 外国では日本のようなチョコフィーバーはないですね。

そうそう 今年変わった事と言えば
デパートに ピンクのチョコが出ていました。
色付きチョコかと思えば ルビーチョコといって  ルビーカカオの天然の色だそうです。
第4のチョコと言われています。
少し酸味があって 味はチョコです。

ピンクのチョコ貰った男の子はドギマギしそうです・・・。

なかなか 面白いね。

私は チョコ好きですが 今は食べません。
告白のために人にあげたこともないし・・・
昔 義理チョコ配ったことは 1度だけあります。
皆に配るので しかたなく なんでこんな奴に チョコあげなきゃならないのか・・と 呪いをこめて その人にもあげました。
それ1度だけでしたね 義理チョコは 。バカバカしくて次の年からはパスしました。

家人は 以前毎年のようにいくつか チョコを貰って帰ってきました。
本人は全く食べません。
一番心がこもっていたのは 保険屋のおばちゃんのチョコでした。

今の子は割り切っていていいね。
そろそろ 義理チョコもそうだけど 悪習慣はたちきらないとね。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:11| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2019年02月11日

手作りの食べもの

ニュースにアスリートが プレゼントはありがたいのですが 食べ物はとても困る というような記事がありました。
プレゼントをもらうと とても励みになり嬉しいのですが 食べ物 市販のものならまだしも 手作りのものはまず食べないとのことでした。アスリートは体が基本。何が入っているかどんな風にして作ったかわからないものを食べるわけにはいかない。薬物が入っているかもしれないし 食べて体調が悪くなったら困るそうで 手作りのチョコであれ お菓子であれ食べないということでした。
そりゃ そうでしょうね。食の管理はは厳しい人たちです。

前にも 書きましたが 手作りの食べものは 人に出してはいけない あげてもいけないというのは 今の常識なのです。
これが 手作り料理だと本当に困ります。
よかれと 思っても とても迷惑なのです。
昔の常識では当たり前のことでも 今やそうじゃない人もたくさんいるわけですから
やはり よほど親しくなければ 手作りの食べものは 遠慮したほうがいいですね。

アスリートだけではなく 芸能人なども そういうもの貰ってもまず 食べません。
事務所の人たちが 処分します。
市販のものなら 周りの人でわけてたべるとかで 本人とは関係のないところで処理されます。

○○さん 私の手作りのお菓子食べたかしら〜なんて 甘い夢です。

例えば お呼ばれしても 手作り料理だされるより 出前とってくれたほうが ありがたいと思う人はたくさんいます。
昔は ご近所仲良しで 一品も持ちよりパーティなんで 開きました。
私も何度かそういうことに参加しましたが 食べられないものがあっても 食べないわけにもいかないし
「こいつ わたしの作ったものだけ食べないぞ」と思われたりして とても困りました。
今の若い人たち 都会の人たちは 仲良しグループでも ケータリングまたは 買ってきたもので
わいわい 食べるらしいです。
割り勘でね。
私たちのころは 何がなんでも自分で作ったものを持ち寄ってでした。
私など 料理がへたくそで
恥ずかしい思いをしました。
そのうちみんなで遊園地に出掛けたときに あんたは 麦茶でいい・・・ってことになったりもしました。

そもそも 手作り料理なんて なにかあったとき 誰が責任とるのか・・って話になって
食中毒 ノロウィルス そういうとき 作ったあなた 責任とれますか?ってことでしょう。
お店ならそれ相応の対応するでしょうが
個人じゃどうしようもないでしょうね。
手作り品を アスリートなどが避けるのもわかりますね。

以前 家人の上司の奥様が 何かあるたび職場の課の人に お持ち帰りの
手作りケーキを配るので (それもホールで)
辟易していました。最初はよかったのですがそのうち飽きてしまって・・・
お世辞で 「美味しかったです」とはいいますが そう気分のいいものじゃないです。
奥様本人は趣味で ケーキを焼くそうで 人に食べてもらいたい・・とのこと。
それが ケーキというか カステラというか スポンジだけなんですが
可愛い立派な箱に入れて くれるのです。
hako.JPG
丈夫な箱で箱だけでも お高いのでは・・・と。
箱は今でもいくつかはとってあります。

そのうち なんとなく全員に不評だというのが 雰囲気でわかったのか
ケーキを配ることはなくなりました。やれやれ・・・。

よかれと思ったことでも 迷惑なこともあるし
気合いをいれて作ったものでも こっそりゴミ箱行きもあるのです。
被災地などにも手作り食品は御法度です。
心をこめて作ってプレゼントしても 差し入れの手作り食品はたべることはないというのを覚えておくと いいでしょうね。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 07:04| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2019年02月10日

詐欺商法

詐欺と言えば オレオレ詐欺のように 電話での詐欺。
そして 架空請求のメールとか 言われています。
電話こそないけれど 怪しいメールは時々入ってきます。
もっとも アドレスにないメールや おかしなアドレスなどは メールを開くこともなく削除しています。
PCメールを 受け付けていないので そう多くはないです。

記事によれば 最近は 葉書による特殊詐欺が 増えているそうです。
葉書にもっともらしい 内容が書かれていて 今すぐ対処しないと 裁判になる とか 損害賠償を支払う必要があるとか・・
実物みたことないので わかりませんが メールの詐欺みたいなものでしょうね。
ところが問い合わせや 連絡先に 実在の弁護士会だとか ○○センターだとか の名義が書いてあるらしく
葉書をもらった ほうは そこに書いてある電話番号に電話する。
すると 詐欺師が出て お金を支払うように 巧みに脅し 誘導するということです。

この電話番号が本物かどうかは ネットなどで調べるのが一番手っ取り早いのですが
うろたえた 高齢者などは そんなことは おもいもつかず 電話してしまうということです。
書いてある番号は ちゃんとした団体のものではないので 調べてから実在の団体に電話をかけて確認するか
警察に相談するのがいいでしょう。

詐欺師というのは あの手この手で 人をだますものなのです。
話術にたけていて 演技がうまい。
これも条件でしょう。

昔 催眠商法というのがありました。
今も 言葉を変えて 存在しています。
私が子供の頃 田舎町にも やってきました。
田舎の おばちゃん おじちゃんたちを狭い部屋に集めて 言葉巧みに やすっぽい品を無料で配り
何度か通わせて 信頼を得て 最後に高額の品を買わせるというものです。
母も近所のおばちゃんも 何度か通い そのたびに 今でいう100均の品のようなものを持ち帰りました。
「このガラクタ何?」と聞くと 無料でもらったと嬉しそうに話すのです。
「なんか あやしい・・・」と その時思いました。
行くたびに 何人もの人が 高額の商品を買ったそうです。
しかし 買った本人は いいもので だまされたとは思っていないのが ミソ。
いわゆる 洗脳効果ですね。
母と近所のおばちゃんは 最後まで何も買わなかったのですが
ある日 係りのこわそうな人に 呼び止められ
「あんたら タダの品もらうだけで 何も買わないが どういうこっちゃ!
ハーイって 手をあげたら買わないかんがな」と
すごまれ ビビッてかえってきました。
それ以後 行かなくなりましたが その業者もすぐに店をたたみ 他に移っていました。
こういう 業者はある一定期間商売が終わると 次へと移動していきます。
名まえも 変えて場所も変えてしまいます。

この商売というか なんというか
これは 現在も続いています。
「健康食品」とか 「自然食品」とか名を変えたりしています。
ときどき 小さな空き店舗が その手の店になり
お年寄りが たくさん出入りしています。
あ〜騙されなきゃいいいけれどなぁ・・と 思うのですが
声をかけるわけにもいかないし 同情の目で通り過ぎるだけです。

知らぬが仏 といいますか
自分が買ったこのが いいものだ 素晴らしい いくら出してもいい
と思っているなら それはそれで いいのです。
しかし 何十万も出して買ったものが 二束三文の品だとわかったら そりゃ ガッカリします。
詐欺って そういうことなんでしょ。
本人は騙されたと思っていないうちは 詐欺にはならないんです。

最近 ニュースでも 投資詐欺だの 出資金詐欺だのと いくつかの会社が破たんしたと言っています。
昔は ペーパー商法の 豊田商事 そして和牛の安具楽牧場といろいろ 報道されたのに
同じような詐欺にあう。
出資して配当金で儲かるなんて ちょっと考えれば やばいってわかりそうなものです。
健康食品 化粧品 はたまた 貴金属に 健康器具
マルチ商法も ノルマもあって 末端の人間は もうかりはしない。
それでも人をだましてまで 上へ行こうとするのが せつないですね〜

いろいろと 友人知人にも うまい話しに乗って だまされた人がいます。
なんでまた こんな話に・・と思いますが
その時は いい話だと思ったらしく 当時は 自慢げに話していましたね。
すすめられたこともありますが
世の中 そう 巧い話はありません。
ご用心 ご用心。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 11:20| Comment(6) | TrackBack(0) | エトセトラ

2019年02月08日

英語

医者に 行ったのですが
マスクをした人の多いこと・・・
これでは医者でインフル感染になりそうだと、心持 椅子を隣の人と離して 待ちます。
たっぷり1時間。
ダウンロードしたアプリの 大学入試対策単語などという昔の単語カードみたいなアプリを開いて
はじめたのですが・・・・

が〜〜ん!!
単語 覚えていないのです。
普段使わないものはどんどん忘れるものなのです。
こんな くそむずかしい単語使わなくても 他のやさしい単語に置き換えられますが
それが 大学入試となれば 覚えなきゃいけないものなのでしょう。

漢字だって 読めるけれど 書くとなると もうお手上げってのが多くなりました。
キーボードの弊害ですね。
忘却の彼方 もいいところです。
だから 大学入試対策なんてのは 無理なんです。
どうせなら 高校・・いや 中学生の単語からやりなおさないといけないみたいです。

ひとつ思ったことは 英語で表している言葉が 普段の日常会話になっていて おぼろげながら その意味は前後の文章からわかるけれど 正確な意味を把握していない ということがあります。

vision なんてもう 文章の中では 日本語的に使われていますが
単語としての意味は 見るとか 先見とかなんですが
印象としては この先の展望みたいな感じでイメージします。

リーズナブルといえば 意味は 手ごろな なんですが
日本語として定着しつつあるので 安い というイメージです。

昔は 使わなかったカタカナ英語が どんどん日本語の会話に取り入れられてきました。
前後の文でなんとなく 意味が通じてしまうのも 
英語が日常生活に取り入れられるようになった成果でしょうか・・・

今の子供は いちいち英単語を日本語の意味に変換しなくても
そのまんま の英語で通じるようになるのではないかと思います。
要するに ビジョンは visionのまま 通じるということです。

私は高校生の頃 VOA(voice of America)放送を聞くのが好きでした。
意味は全部わからなくても 聞いているうちになんとなくわかってきます。
いちいち 日本語に翻訳することはできませんから そのまま聞きます。
そうするうちに 英語は聞けるけれど 書けないし 日本語にはちゃんと訳せない状態なります。
要するに 英語を英語のまま 受け入れるのです。
もう一歩 努力すれば すべてクリアーできるのでしょうね。

小学生から いやいや 幼稚園から英語教育ははじまっていますから 
そういう時代になっていくでしょうね。
しかも 私たちの時代のような 日本語英語 受験単語 受験文法というような
役に立ちそうもない英語ではなくて
生きた英会話を学ぶ方針だそうですから ますます世代の差は開きます。

オリンピックもあるし 少しくらいは英語できないと・・・
と思う人も多いらしいです。
先日 地下鉄で 外国人が隣にいた人に 駅名を言って 乗り換え方法を聞いていましたが
その若い日本人は 英語が得意じゃないようで 困り顔でしたが 
なんとか 単語とジェスチャで 説明していました。
そんな風に なんとかなるものです。
熟年 熟女のかたも 中学英語だけで なんとかなります。
こわがらずに チャレンジしましょうね。

しかし
わたしたちの時代の英語教育はひどかったなぁ・・
何年英語習っても 会話一つできないのです。
そもそも 教えている教師の英語も ひどいもので
カタカナの日本語のような 発音でした。
たまに 流ちょうに発音して 音読できる子がいると 教師の機嫌が悪くなったり
教室のあちこちで 「クスクス」と笑い声が聞こえたり
そんなものでした。
英単語 英文法
テストの成績さえ よければ それでよしの時代でした。

今の子はいいなぁ・・・
小さなころから 生の英語を聞けて 教育受けて
使う場も多くて 
将来が楽しみです。

日本語って とても複雑な難しい語学だそうです。
それを 書いて 話して 読めて 
素晴らしい能力を持っているはずなのだから
他の語学も マスターできるはずだとか・・・
しかし
なかなか そうはいかないのが 現実なのであります。
これからは 英語話す機会もだんだん多くなりますから
慣れていくことでしょう。

中国語は?
わたし あの言葉耳障りで 好きじゃないので 興味ないです。
でも 学ぶ人は多くなっているそうです。
漢字で書いてくれたら ある程度 意味はわかるし 親しみやすいのかも。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:46| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2019年02月06日

わたし凡人 

いつの世にも 奇人 変人 狂人というような ちょっと凡人からははずれた 人たちが出現するものなのですが、
これがまた 当の本人たちは じぶんこそがまっとうだと思っていて 普通の感覚では理解できなことがあります。
普通の感覚といいましても 何を基準に普通というのか これもまた 難しい問題で 一方的に これが普通の基準だと決められないものなのです。
何しろ 天才を含め 奇人変人というのは 常識外れなところはあっても 特に生活に不自由はないだろうし 特段人に迷惑をかけることもないでしょう。たまに あるかもしれませんが 許容範囲としてみれば まぁそんなものだと思えば 角がたたあないものなのです。

天才とバカは紙一重 といいますが これは違うでしょうね。

天才とは99%の努力である というように 常に何かを考え ひらめきを求めているものなのです。
絶え間ない 思考力が ひらめきを誘い 追求し 勉学に没頭し 脳がますます鍛えられていくのだと思います。

 奇人変人は はた目からみれば おかしな行動をとる くらいなもので
変わった人だなぁ・・ちょっと常識がないなぁ・・みたいなものでしょう。
本人が気にしなければ 他人がとやかく言うのもおかしなものです。
迷惑かけているなら 別ですが。。。

これが 狂人となると ちょっと別かな・・・
奇人変人と狂人の境目は私にはよくわかりませんが
その筋の専門家なら 区別がつくものなのでしょうか・・・

狂人の中でも (ああ・・狂人という言葉は とても失礼な言葉ですが 一応通例に従ってそう呼ばせていただきます。)
辞書で 狂人をひけば・・・正気(しょうき)でない人。気が違った人。狂者。
とあります。
では正気とは 何か?とまぁ・・こういうことになってしまいますが。

たとえば 見えないものが見えるとか そういう人がいます。

宇宙人にあったとか そこに霊が見えるとか 他の人には見えないものが見える人がいます。
じつは これは 狂人ではありません。
たしかに 妄想の病になるそういう精神病もありますが
見えないものが実在のごとく見えて 話もする・・そういうのは
幻視 錯視といって
レビー小体型認知症において一般的に現れる症状のひとつです。

・・・・・・・
実際にはその場にいない人や小動物などが、本人には実在しているように見えるのです。
「ほら そこに虫がたくさんいる」
「小さな子供が遊びに来てくれた」
「昔一緒に遊んでいた ○○ちゃんが 来て 話をした」
とても具体的なのです。
誰もいないのに にこにこしながら話をしていたり
床を這って虫をつかまえようとしたりする行動もみられます。
レビー小体認知症は 高齢者が発症する認知症の約20%を占めます。
不安を感じたり 楽しい表情だったり 人それぞれですが
見えないものが見えたり、見たものが違うものに見えたりする「錯視」に伴い妄想や作話などが起こる場合もあります。
・・・・・・・
こういう話を聞けば なるほど・・と思うことがあります。
なんでも 小人さんとか 小鬼とか 小さな虫とか そういうものが多いらしいです。
こういう人の話しは否定せず じっくり聞いてあげることだそうです。

となれば・・・
宇宙人に出会った説も(話に出てくる宇宙人は たいてい小さいですよね〜) 意外とそうなのかも。。。。と思ったわけです。
これが 宇宙船で連れていかれて・・となるとまた 別なのですがね(妄想?)

霊が見えるとか 霊と話をしたとか 見えないものが見えるなんていう話を聞けば
ぎょっとしますが霊がついているとか言って人を不安に陥れて 何かを得るような 人もいますけど
そうじゃなくて 本当にそう言っているひとがいたら
私は このレビー小体病なんだろうな〜としか思わなくなりました。

本当か嘘かと言えば 本当なんでしょうが・・・
商売にしている人もいますので 真偽の判断はむずかしいです。

凡人のわたしには 理解不能な世界が多々あって
知識不足もあって
よくわからないことが 多いです。

悩める世界です。

じつは私も ちょっと変わった子と言われた時代があったのです。
今思えば 単に 強がっていただけの 恥の歴史です。
umen.jpg
どうせなら 天才と 呼ばれてみたかったかなぁ〜(笑)

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:01| Comment(4) | TrackBack(0) | エトセトラ

2019年02月04日

理解不能のひと

面白いというか・・おかしなというか・・わけわからんというか・・
そんな本を読みました。
戦後まもなくの 古い本の再販です。
途中から あほらしくなって 飛ばし読みみたいだったのですが
名誉のため 本のタイトルは伏せておきましょう。

敗戦の直後 われこそは正統の天皇成り という人物が 名乗り出て それも日本全国で十数人。
その人たちが 天皇の組合というものをつくり 天皇の行幸ならぬ 全国めぐりをして 自分が天皇だとアピールしたとかいう話しです。それにのっかり 支援するグループもいた ということですが事実をもとにしていたようですが これは あくまでも小説。
いや・・でも 過去に そんな話を聞いたことがあるぞ・・と 思い
小説の巻末の解説を読みました。

いたいた・・・実在の われこそは正統の天皇 を名乗る人物が。
戦後すぐのことですから もう亡くなってはいますが マスコミも取り上げ かなり知名度はあったようです。
とまぁ・・へんてこりんな 信じられないような話を読んで いろいろ思いだしたことがあります。

そういえば 明治天皇のご落胤の子 すなわち 孫だと名乗った人も おられましたっけね。。。
何人か同じような人もいて 言っていることが かなり事実と違っていて 宮内庁はきっぱり否定しているそうです。

何はともあれ 世の中いろいろな人がいます。
事実は小説より奇なり ともいいますしね。

我が家人の 知り合いにとても面白い人がいまして・・
私はあったこともないのですが よくその人の話を聞いていまして
ある程度の 人物像はあるのですが とてもユニークな方でして
一言では いいあらわせない人です。
だからといって 常識外れとか偏屈とか そういうことではなく 普通に働いている方です。
もちろん 家族もいました。

ある日 家人に「○○に 金星人がきて 話をしてくれるのだけれど 一緒に来ませんか?」
耳を疑ったそうです。
「地球には たくさん金星人がいて 人間に紛れ込んで 姿も変えて 生活しています。その人(?)が 近くにいる金星人とか 地球人の知り合いを集めて 講演をしてくれるので・・」

ちょっと〜〜待って!!頭大丈夫?って 本気で思いました。

何しろ本人は 大真面目なもので 否定的な言葉は言えず断るのに
都合が悪いみたいな感じだったそうです。
それを 私にわらいながら話してくれました。
あとで 聞けば けっこう人(?)が来ていたそうです。
話の内容は 漏らしちゃいけないらしく 聞けませんでした。

面白い人がけっこういるのですね〜
それを 真面目に信じて (本人が言うには 真実だそうです)
いるのも なんだかなぁ~…相当変わった人なんだなぁ・・と。

それだけじゃないのです。
○○ヘルツ治療とういのも信じていて ガンになってしまった 奥様を手術も受けさせず 治療もせず
○○ヘルツの電磁波を 電話線で送って 治るという あほな話を信じて (電話1回 ○万円)結局 2年ほどで奥様は亡くなってしまったという 信じられない話もあります。
いい人らしいのですが もう話が合わないというらしく 最近は 音信不通となっています。

いろいろな人がいますから それはそれで他人が口出すことではないのですが
やはり 思うところはあります。
きちんと治療していれば 初期なので助かっただろうに・・とか
でも いくら他人が 忠告したところで 聞く耳もたないというのが そういう 人たちなんでしょう。

あやしい宗教なんていうのも 心のよりどころ
心に隙間があれば 容易に入り込みます。
健康食品も 詐欺もそうなのかもね〜
自分だけは だまされまい と思っていても
すっと心の隙間に入り込まれれば コロリとだまされる ってこともありましょう。

気を付けないとね・・・

そうそう 天皇の話が 別の話に飛んでしまいましたが
じつは まだ 続きがあったのです。
この続きは また 後日。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:28| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2019年02月02日

嫉妬心

和歌には詳しくないし 古典も高校時代から縁遠く 知識もないのだけれど
最近 本の中で 和歌にふれた部分があって なるほど・・と 思ったことがあります。

紫式部 清少納言 和泉式部
一度は 聞いたことのある名だとは思いますが 私はそれほど深い知識があるわけではありません。
ただ 紫式部と 清少納言は 共に才女 ライバルだったという 俗な話しかしりません。

紫式部は 会ったこともない 清少納言を辛辣に批評しています。
清少納言の人格と業績を全否定するかのごとき筆誅を加えているのに対し
清少納言が『枕草子』で紫式部評を残していない一方的な関係で 紫式部の嫉妬だということです。

さて 和泉式部ですが
同僚女房であった紫式部には「恋文や和歌は素晴らしいが、素行には感心できない」と批評されました。(紫式部日記)
また 和泉式部は恋愛遍歴が多く、「浮かれ女」と評されました。

私個人としては 嫉妬深い 才女より 「浮かれ女」の和泉式部のほうが 人間味があるように思うのですが
過去の人物評など 乏しい知識で できるはずがありません。

女の嫉妬は千年の昔・・・いやそれよりももっと前から 怖いものなのです。
現在も もちろんのことです。

女の敵は「女」とも言われます。
いじめの根源は 「嫉妬」が多いと思います。

子供のいじめも つまらない理由から。
ボス的存在がいて その子の 嫉妬心かなぁ・・・

理由が ちょっと可愛い。勉強ができて 自分より目立つ。
金持ち (または貧乏もあるが・・)
生意気 などなど
ボス的存在の子の 何かしらの気に障って 集団いじめになるということもあります。
理由は ささいなことですが
いじめにあうほうは ちゃんとした理由もわからず 混乱するばかりです。

大人のいじめもそうです。
ボス的存在がいて 御取りまきがいて
ボスの気に入らない人は 排除される。
御取りまきが忖度で あらさがしをしてボスに密告して ボスの怒りを誘う。
そんなところでしょう。

とにかく 嫉妬心という面倒な気持ちから 女同士の戦いは いつの世も続くのです。
書きものの中で 悪口いうだけなら まだいいのですがね〜
最近は 行動が伴うので やっかいです。

村八分も結局 いじめです。
よそもの 気に入らない いうとおりにしない 意見などいおうものなら 生意気となります。

「世の中に たえていじめの なかりせば
人の心は のどけからまし」 by ぱくり
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:45| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ