2019年01月28日

グレープフルーツ

「グレープフルーツ離れ」が家計調査で判明 10年で消費6割減
こんな記事を読みました。
食べるのに面倒だとか 値段が高いとか いろいろ理由はありましょうが・・・
防カビ剤問題もあるかもしれません。何しろ強い防かび剤が使われているのは間違いなく
半切りにして スプーンで食べるにしても ジュースにするにしても何かと気になります。

私が 中学生の頃 東京に行った二番目の兄が はじめての給料で 新宿の某有名フルーツ店から
グレープフルーツ8個くらいの箱を送ってくれました。
田舎では なかなか買えない 高級品でしたので さっそく食べようと 箱をあけたら なんと半分が 腐っていました。
せっかくの贈り物になんとなく 腹がたって すぐ 某フルーツ店に手紙を書きました。
(シャイで口下手なので 電話は大嫌いでかけられません)
兄のはじめてのお給料で 送ってくれたものが 半分腐っていて とても悲しい思いをした・・
そんな ことを書いたとおもいます。

思いもかけず 1週間ほどして 兄が贈ったのと同じ フルーツの箱が届きました。
中身は グレープフルーツと手紙。

品物は厳選して 充分注意をしていますが 何しろ 荷受けところ 配達所 いろいろな経過をたどるので
時間がかかってしまったせいかもしれませんと お詫びしてありました。
不愉快な思いをさせてしまった お詫びに同じ品を送らせていただきました。

みたいなことが書かれていたと記憶しています。
さすが 高級店の対応は早いね〜誠意があるね〜と みなで感心したものです。

防カビ剤が少なかったのかしらね〜などと 今では思います。どうなんでしょ?

さて 柑橘系の果物で特にグレープフルーツのフラノクマリン類が薬品との相性が悪いことは今や常識です。
グレープフルーツが肝臓の分解能力を阻害するから一部治療薬の効果が過剰になることから 医者から止められたりして控える人が多くなったのは 確かです。特に血液系治療薬は禁忌で免疫抑制剤とか
降圧剤とか高脂血症治療薬 抗不安楽やSSRIなども 過剰に効いてしまうからだめなんだそうです。
私も 抗不整脈の薬を飲んでいるので 食べません。

しかもグレープフルーツの成分の影響は4~5日続くということですから その日だけ食べないというわけにもいきません。

グレープフルーツは治験や臨床試験では禁止される食物に必ず含まれています。
医者から食事制限や処方に際する注意を受けたことがある人は摂らなくなるので、消費量も減り続けているということなのかもしれません。
何しろ 降圧剤など飲んでいる高齢者が多いですからね〜
ちなみに ジュースもだめだし ほんの少し香り付け 飾り などで使っていてもダメだそうです。


参考資料

フラノクマリンを含む

グレープフルーツ
 (ルビー<ホワイト)
スイ―ティー
ポメロ(ぶんたん)
サワーオレンジ
ダイダイ
晩白柚(ばんぺいゆ)
土佐ブンタン(パール柑)
平戸ブンタン
ハッサク
甘夏ミカン


フラノクマリンを含まない

バレンシアオレンジ
レモン
カボス
温州ミカン
スイートオレンジ
ネーブルオレンジ
ポンカン
伊予かん
デコポン
ゆず
すだち
きんかん

しかし 柑橘系なのに 
なぜ“グレープ”がつくのか?1本の枝に対してブドウの房のように実をつけるからなのだそうで一説によると、果実の香りがブドウに似ているからとも言われています。

グレープフルーツは さっぱり系で 後味もよく大好きなのに 食べることができないという人が 多くなったのは残念ですが
薬が過剰に効きすぎるというのも 怖いことで 血圧が下がりすぎて倒れたりしたら 大変です。

私も 食べることを諦めています。
昔は 何かといえば グレープフルーツジュース!だったんですがね〜

じつは他にも食べられない果物や食品があって 生きることに難儀しているのです。
TVでなんでも むしゃむしゃ食べている人をみると 羨ましい限りです。
人間 食べることが健康の秘訣です。
mikn.jpg
そろそろみかんが終わって ぽんかん 食べてます。
タグ:グルメ
posted by うめのはな at 09:36| Comment(6) | TrackBack(0) | グルメ