2019年01月16日

成人の日に思う

成人式も終わり 1月も半ばをすぎました。
成人式の日は まちなかにチラホラ振袖姿のお嬢さんがみられて 華やかな雰囲気でした。
若い人が多いのは いいことです。
江東区は 一度にできなくて 午前と午後の二度の成人式だそうです。
ティアラ江東のホールに入りきれないのですね〜
人口も増えて 学校の教室も足りなくての状況だそうです。

なんだか ひところの郊外のニュータウンを思い起こします。
今では オールドタウンになっていますがね〜
わっと移住者が増えて 子供も増えて それが今ではみな 高齢者になって
子供もいなくなって・・・
そういう時代もありましたっけ。。。。。

昔 住まいを求める 優先順位は
広い家
広い庭
自然環境

だったそうです。
たしかに 広い家と土地を求めて みな郊外へと移り住んでいった時代がありました。
お父さんの通勤時間は2時間。
はたまた 新幹線通勤などという人たちもいました。

今 住まいの優先順位は
駅に近い
通勤に便利
生活の便がいい

だそうです。
広い家という選択肢はさがり 生活の便 通勤の便がいいというのが条件だそうです。
土地バブルがはじけて 便利のいいところじゃないと 売れなくなりましたしね〜
掃除が大変だし 光熱費もかかるしで広い家よりも
身の丈に合った住まいが求められるそうです。
何より 子供の学校 教育環境 なども考慮されるとか・・・

たしかに 子育てにのびのびとした広い家 庭 と思うこともありましょうが
お父さんの通勤時間が長くて休日はくたびれていて 日頃 家族団らんもできないようじゃ
淋しいですしね。

通勤に便利を選ぶようになったのはわかる気がします。
昭和の終わりから平成にかけて あれよあれよという間にできた
郊外のニュータウンも 平成も30年が過ぎ みな
高齢者となり オールドタウンになりました。
30年じゃ 戸建は建て替えの時期ですし ライフラインも老朽化。

都心に移転してしまう人も少なくないです。
子供の数も減ってしまって
廃校となることもあります。

栄枯盛衰 ですね。

人の世は常ならず 諸行無常 ですかね。

さて 今年の成人さんが いいおじさんおばさんになるころに
どう変わっているでしょうか・・・
楽しみでもあり 不安でもあり 先の見えない時代なのです。

posted by うめのはな at 08:52| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ