2019年01月10日

体調崩しました。

正月明けそうそう具合が悪くなりました。
いきなり○○じゃないのですが いきなり気管支炎になってしまいました。

私は扁桃腺を手術でとってしまっているので風邪だとたいていのどの下のほうから症状が出ます。
今回は のどの下のほう下気道というあたりに最初違和感があって 次の日 そこがひりひりとしました。
その夜のことです ひりひりがすごく強くなって ひりひりどころか やすりでこすられているように痛みました。
おまけに 息を吐くたびに 「ヒュウーーヒュウー」ヒュウーヒュウは ピーになったり プププププーになったりで 自分の吐く息がうるさくて 眠れませんでした。

夜が明けて 体調が悪くて熱をはかれば 38.5度 。
しかし 頭痛無し 鼻水無し 体も痛くない 食欲もある 風邪とは違う感じです。
動いて医者に行くのも いやなので その日は 2度ほど ロキソニンを飲んですごしました。

痰のからんだ 咳が出て その透明な痰に血が混じり やばいと思って 次の日医者へ・・・
午前中は熱があったけれど なにかの魔法なのか
医者に行って計ると 平熱。
ヒュウーヒューさえ 感じられません。
とりあえず 診察。
「インフルエンザがはやっているから・・」と検査。
待ち時間20分。
「寝てる?」と言われたけれど そのときは 体調がわるくなくて
「とんでもないです。」で 待合室へ。

検査では インフルエンザではなかったです。
聴診器で胸の音を聞き のどを見て
「気管支炎かな〜」でした。
扁桃腺のガードがないのも 良しわるしです。
薬を出してもらい 1週間で治ったら次は1か月後のいつもの診察でいいと言われました。
血の混じった痰は細くなった気管支が傷ついたせいで心配なく 1日で治りました。
気管支炎から 長く咳が続いて
咳ぜんそくになってしまう人もも多いらしく 吸入薬をだされました。
これがまた 入っているのかいないのか よくわからない薬で不安なのですが
とりあえず言われたとおりに 朝晩2回の4吸入。
ステロイド剤ですが 局所だけに吹き付けるため 心配ないらしい。
吸入後は すぐうがいで口の中のものを流してしまいます。

抗生剤も出たのですが これは抗菌の薬。
説明をみれば なんとピロリ菌にも効くと。。。。
1週間必ず きちんと飲んで 途中でやめないでくださいね。と言われました。
この抗生剤は おなかが緩くなるので 困ります。
いつも途中でやめていたのですが 今回は きちんと飲まねば・・
ピロリ菌さんも巣くっているかもしれないので 一緒に退治せねば。。。。
ビオフェルミンを飲んで 頑張っています。

さて 人に移さないように なるべく部屋からは出ないのですが
寝ていると いろいろ家人の助けが必要で 申し訳ないです。
当然 家事はすべてお任せです。
咳こむので クッションで体を起こしていたのですが これはダメですね〜
腰が痛くなります。どうしてもずれるので・・・。
そこで ベッドの頭を少し上げて(2段階ほど)眠ると これがとてもいい具合で なかなかいい感じです。
リクライニングでよかったなぁ〜と いまさら思いました。
食事もベッドでできますし 本も読めます。

ネットは タブレットで毎日布団の中で見ていました。
書き込む気力はなかったです。

いちおう だいぶよくなって今の状況となりました。
あと少しで 回復するでしょう。
3日ほど寝ていただけで 体力の消耗が激しくて 何をしても疲れます。
シャワーをあびただけでも 疲れてめまいです。
よくなったら 体力回復が先です。
残念なことに この状況じゃ15日までの 国際フォーラムのJ-Culture Fest ロビーギャラリー特別展示は見に行けそうもないです・・・・・。

もう少し養生して おとなしく寝ています。
drmiti.JPG
だるま市の頃ですね〜
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 15:41| Comment(4) | TrackBack(0) | エトセトラ