2018年09月29日

PCの不具合

昨日は パソコンと悪戦苦闘しました。
おとといの夜 急にHDがガリガリ言いだし それがいつまでも止まらない。
タスクマネージャーで見ると なんと HD使用は100%!!
これじゃ アプリも開かないし 動きが悪い。
なぜだろうか・・何かバックグラウンドで ダウンロードでもしているのだろうか・・と
首をかしげつつ いつまでたっても ガリガリが治らないので その日は シャットダウンして就寝。
昨日の朝 も同じ状況なので しかも ブラウザすら開かない・・・

とりあえず 復元ポイントに戻り システムの復元をしました。
ところが 再起動すれば 今度は 画面黒のまま 立ち上がらない。
これは もうだめかも・・と 思いつつ エンターキーを何度か押すと 動いた。。。
一応 立ち上がりました。マカフィを停止しないと 復元がうまくいかないというような 表示が出て
失敗かな〜と 思っていました。
そして
表示が出て なんだか わけわからない UPデートがの表示が出てます。
なんかOSが8・1になりましたとか ずっと前からそうじゃん!!と
首をかしげ うーーん。とため息。
WindowsUPデートのお知らせも出て なんだ?復元ポイントに戻ったのか?
と 自問自答。
なんだか よくわかりませんが UPデートは無視。
それが終わると 今度は
いつも使っているchromeが仕えないので IEからブラウザを開きました。
これが 開くのです。
chromeのせいか?
そう思って chromeを再ダウンロード。
そういえば 最近 chromeが更新されたっけ・・と 思いつつ そのせいかも?と。。。。

再更新が終わると chromeが正常に使えるようになりました。
しかし 今度は IMEが使えない。
小文字のまま。
これまた IMEの設定をして ようやく使えるようになりました。
しばらく 何やらガリガリ言っていましたが HDもようやく 落ち着いてきました。

とにかく 半日PCにかかりきりで 疲れました。
今は 正常で HD使用も3%くらいの表示です。
ガリガリは言っていません。

調べれば 何かをUPデートして起こる不具合がとても多いとのことです。
しばし UPデートは無視しようかなぁ・・・

もう6年目のPCで ダメかと思いました。
なんとか 回復して 今は無事使えています。

今後が 怖いです。
専門家じゃないし また 何か起こったらと思うと うんざりします。

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 07:19| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年09月26日

安納いも

最近 お気に入りの食べもの。
imo.JPG
種子島産 安納いも のお菓子。
お菓子というより いも そのもの。
甘納豆のようで 外側はさくっと甘く中はほくっと・・で しつこくなく 美味しいです。
amimo.JPG
1袋 200g 650円だそうです。

日持ちするので 3個くらいづつ 食べることができます。
けっこう 腹もちはいいです。
そりゃぁ〜安納いもなんですからね〜

食べ過ぎないようにしようと 思っても結局 一人で 1袋食べてしまいました・・・・
タグ:グルメ
posted by うめのはな at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2018年09月24日

誕生日なのです。

今日は 誕生日。
家族に同じ日の誕生日が3人 いるのでそう ありがたくもないのですが この世に生まれてきて
これまで 生きてきたことに 感謝する日です。

昨日は 天気がよかったので
同じ誕生日の家族が 飛行機の中から写した素敵な写真を 送ってきてくれました。
923fuji.jpg
雲の上の富士山です。
美しいですね〜
これみると 日本!!って 思えます。
mtfuji.jpg
昔 紅葉の頃 飛行機から見た 絨毯のような山やまの景色も忘れられないほど 印象深いですが
雲海の富士山も また素晴らしいですね。

これを 今年の誕生日の記念写真とします。
先日 ごちそう食べてしまったし・・
今日は だらりとすごします。

みなさん 誕生日おめでとうございます。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 08:48| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年09月23日

熱気球がみえる

何気なく外を見たら 熱気球があがっていました。
kkyu.JPG
調べてみたら 都立木場公園のイベントでした。

気球の体験搭乗会
日時  9月23日(日・祝)
会場  ふれあい広場
    ・7時〜    搭乗受付開始
    ・7時15分〜 搭乗開始(1回につき3〜4人程搭乗)
    ・〜9時    終了(気象状況及び燃料残量により変更の可能性有)
主催  公益財団法人東京都公園協会
共催  ワイズメンズクラブ(東京YMCA) バルーングループ風まかせ


西日本豪雨災害の復興を支援するイベント だそうです。
早朝にやっているのですね〜

kikyuu.JPG
人が3〜4人乗っているのが 見えました。
私は こわくてダメ・・・。近くだけれど 行こうという気になりません。

都立木場公園は 防災公園で防災拠点です。
防災への取組を紹介するパネル展示も行っています。

タグ:イベント
posted by うめのはな at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年09月18日

タブレット

少しはやいけれど もうすぐ誕生日。
タブレットをプレゼントに貰ったので 操作になれようと練習中です。

パソコンがもう6年目で もし何かあった場合は タブレットでネットできるし 手軽に持ち運べるし ありがたいです。
自分の部屋に移動しなくても 居間でちょっとネットできるし 便利です。
しかし キーボードに慣れた身としては どうもタッチキーはねぇ・・・
携帯やスマホよりは 大きくていいんだけれど、慣れですかね。

家族との連絡用に LINEも登録。
するとすぐに 遠方より 連絡が入ったりして 戸惑いながら 丁寧にお断りしました。
ダラダラと LINEやる気はないです。
使いこなせれば 便利なものですけど 必要以上に 立ち入られたくはないです。

デジカメがそろそろ 壊れかかっているので
今度からは タブレットで写そうかな〜と。
大きく見えて いいかも。

いろいろパソコンと同じように使えるので ただいま 習熟訓練中なのです。
持ち運びには 便利なので 外出時にも使える用いろいろ 覚えたいです。

実は私は まだ ガラケーなのです。
その携帯すら 家族との連絡だけで ほとんど使っていません。
家に電話あるので 通話はほとんどそちらです。
携帯料 捨てているような状況です。
ゲームもやらないし 音楽も聞かないし 動画もみないし LINEで友達と連絡とることもないし
スマホの必要性がないのです。
しかし
2年縛りの期限がくるので スマホに変えようか・・と いう気持ちになり
いろいろ 調べました。
ああたらこうたら ややこしくて どうにも決められませんでした。

でも 今回 タブレットを貰ったので
ますます スマホの必要性がなくなって あと2年 そのまま携帯にしました。
そのうち 安くなることを期待しましょう〜
まだまだ スマホの料金 高いよね・・・・

スマホより 画面が大きくて ほとんど違和感なくつかえるので
タブレットをありがたく 使用させていただきます。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年09月16日

人形町今半のお弁当

昨日は お祝い事があって 家族が6人集まったので 夕食に宅配弁当を頼みました。
近くには レストランもあり 寿司や お持ち帰りの弁当などもあるのですが
出かけるのもおっくうで 宅配を頼みました。
前に 江東区白河で 「人形町今半」のお弁当センターを見たことがありました。
imha9151 (2).jpg
宅配や 仕出しをやっていることがわかったので 前日に お弁当を注文しました。
時間指定で 玄関まで配達してくれるので とても楽です。
団体の利用が多そうですが 個人でも 家族が集まったときや 親戚 友人が集まる お花見やイベント などにもいいですね〜 何人も集まったときの 食事の支度が 女の人は大変なのです。
imhn915.jpg
三段重ねのお弁当  舞紅葉
黒毛和牛すき焼とローストビーフ・松茸ご飯入り贅沢三段重
開けるのが 楽しみでした。わくわく感あり〜
imha9151 (1).jpg
黒毛和牛すき焼 インカのめざめ 奥久慈卵温泉玉子
玉子焼き 小松菜お浸しフカヒレ添え
一口昆布巻き むかごしんじょう
カレイと栗の柚庵焼き 酢取生姜
秋刀魚立田揚げ
松茸ご飯 ローストビーフ
赤蕪漬
三色団子

一口サイズが多いのですが 何より お肉がとろけるように柔らかくて 美味しかったです。
松茸ごはんの上に 小さなローストビーフも 贅沢な感じです。

いやぁ〜もう 美味しかったです。
お肉がもっと食べたかったです。
この次は すき焼きにしよ〜〜〜〜!
って そんなに 頼める値段じゃないけれど 食べにいくより 手軽です。
たまには いいじゃない程度でした。

この箱 硬質の紙箱で 中にプラトレイがあったので 箱は汚れず 捨てるのももったいなくて(貧乏人です)
いくつかは 小物入れにしようと 捨てずにとっておきました。
はてさて・・・断捨離は どうなったのか・・・ですけどね〜
所詮 もったいないが 今のところ優先しています。
タグ:グルメ
posted by うめのはな at 08:40| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ

2018年09月14日

中学1年のころ

本を読んでいて 中学1年の頃を思い出しました。
当時 中学は町に1つで 広域な町のあちこちから バスで通学したりしていました。
スクールバスではなく 路線バスでした。
私は 町の真ん中に住んでいたので徒歩でした。
街なかの小学校は2つ。
結構ライバル心が強く なにかにつけて張り合っていました。
そのほかに 川向うにも学校があり 農業地域にもあり 海沿いにもありで 6~7つあったと思います。
そのすべてから町の中学に 通学していました。
いろいろな子が集まって クラスも9クラスくらいあったでしょうか・・・
偶然 同じクラスになったのも何かの縁だったように思えます。
顔見知りも数人いましたが ほとんどが知らない顔。
でも すぐ仲良くなって 楽しい日々をすごしました。
知らない地区の子と 友達になれてとてもよかった日々です。

クラスに とても小さくて 言っちゃわるいけれど 痩せていて育ちが悪くて お猿さんみたいな愛嬌のある子がいました。
その子は 普段は なかよし学級 にいますが 時々クラスにやってきます。
その子に好かれて いつもくっついていました。
口は達者です。あまり丈夫じゃなかったみたいです。
「○○しゃぁん」と いいながらついてくるので いつも面倒を見るというか 仲間にいれて遊んでいました。

部活に入ると 1年先輩に とても太った大柄な人がいました。
なぜ 体操部にと思いましたが それはそれ
楽しんで参加していたようです。
あだ名が 「カルホーンちゃん」
1年までは 若狭にある療養所に入っていたとのことで 腎臓病でした。
太っていたというか 薬のせいでコロコロしていたようです。
病気に負けず 陽気な人で 世話好きでした。
その人とも 仲良くなり 家に遊びにいったこともあります。
N子と同じ なかよし学級 にいたようです。

2年になると N子とも離れてしまいました。
時々 廊下ですれ違うと
「○○しゃーん」と近寄ってきました。
その後 どうなったことやらね。
ちゃんと 大きくなっただろうか。。。。

カルホーンちゃんは 進級するころにはまたいなくなりました。
再び 療養施設に入ったとのことでした。
元気ですごしていれば いいのだけれどね。

クラスは違いましたが 近所の同じ年の子がいて
毎朝 登校時迎えに来ていました。
のんびりあわてず ぎりぎりまで寝て ご飯をたべてからマイペースで出かける私にはとても やっかいな存在で
間に合うように出ればいいでしょう。と 急がないので
「先行って!」と何度も 言いましたが 玄関で待っているのです。
そのうち 母も 
「はやくしなさいよ」になるのが とても いやでした。
それが ずっと続きましたかね〜
いろいろ 事情もあって 「迎えにくるな」とも言えず ダラダラとそんな状態が続きました。
高校は違ったので ほっとしましたが
町の中では 同じ時間に 同じ道を通る 彼女のことがちょっと噂になっていました。
どこにもよらず 道を変えることもなく 電車の時間も変わらず それが
大人になってからも 続いていたそうです。
結婚もせず そのまま 続いていたとか・・・・

中学の頃の顔しか思い浮かびませんが 今どうしているのだろうか・・・
母親には 帰省したとき何度もあっていますが
彼女に会ったことはありません。
わりと 厳しい家庭でしたかね〜
近寄りがたくて 遊びには一度か二度しか行ったことないです。

そんんこんな いろいろあった中学生活でしたが
やはり1年のころが 一番よかったです。
ねぇ〜
ナコちゃん。
良子ちゃん どうしているかなぁ?
なつかしいねーーー
posted by うめのはな at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年09月11日

ひねくれものの解釈

中学生の教科書に取り上げられ 有名な 『走れメロス』は、太宰治の短編小説。
ストーリーは 省略しますが 人間不信のために多くの人を処刑している暴君ディオニス王に 人を信じることの素晴らしさを悟らせたという物語。

そこにあるのは 友情と決して裏切らないという信頼の心なのです。。。。
というと 教科書的解答になりますが 実は 私は 中学で教えられたこの素晴らしい 教科書的教えに疑問を持っていた一人です。ひねくれものの考えだと笑われても 納得がいかなかったです。

高校生になってから その疑問を 国語教師にぶつけました。
この物語で 作者がいいたかったことは 友情や信頼だけではないのではないか・・
実は 王様の淋しい気持ち そして メロスの恥ずべき姿なのではないか。  
王様の寂しい気持ちも メロスの恥ずべき姿も それはすなわち 作者の心情なのではないかと。。。

女性の国語教師は 何をバカなこと言っているのだと あきれ顔で フフン。。と笑って 一蹴されました。そのあと 議論にもならず 描きたかったのは 「友情」の素晴らしさです。ということになりました。
今でも あの「ふふん」は忘れません。

では 最後の五行の意味は どうなるのか そのことについては 一言も触れませんでした。

結末部分を書きます。

「  群集の中からも歔欷の声が間こえた。
暴君ディオニスは、群集の背後から二人の様を、まじまじと見つめていたが、やがて静かに二人に近づき、顔をあからめて、こう言った。
「おまえらの望みは叶ったぞ。おまえらは、わしの心に勝ったのだ。信実とは、決して空虚な妄想ではなかった。どうか、わしも仲間に入れてくれまいか。どうか、わしの願いを聞き入れて、おまえらの仲間の一人にしてほしい」
どっと群衆の間に、歓声が起った。 

「万歳、王様方歳」

ひとりの少女が、緋のマントをメロスに捧げた。
メロスは、まごついた。佳き友は、気をきかせて教えてやった。
「メロス、君は、まっぱだかじゃないか。早くそのマントを着るがいい。
この可愛い娘さんは、メロスの裸体を、皆に見られるのが、たまらなく口惜しいのだ」 
勇者は、ひどく赤面した。」(太宰治『走れメロス』より)

友情と信頼を描きたかったのなら
「万歳、王様方歳」で 完結していいはずです。
それが 一番すっきりします。

実は この最後の部分が 太宰の描きたかったことなのでは ないでしょうか・・・

太宰治は小説「走れメロス」はあくまでシラーの「人質」のオマージュだとしています。
このことを 恥ずべきことと とらえていたのかもしれません。
赤面すべきことと 思ったのかもしれません。

少女が羞恥心からマントを差し出す行為。
「万歳、王様方歳」とさけぶ人々。
この感動的な出来事の最中では そんなことは とても些細なことで あえて取り上げられるものではないのでしょうが
あえて 最後に書いたという 意味を考える必要があります。

3日間 はたしてメロスは一度たりとも 迷わなかったのだろうか。
セリヌンティウスは 一度たりとも メロスを疑わなかったのだろうか。
それは そうではない。
人の内面 心の葛藤。
それは 大きな出来事に隠されてしまっては いけないのでではないか・・・
湧き上がる歓声のなかで なかったことにしてしまってはいけないのではないか。
それが 恥ずべきこと 赤面という最後の文章になったのかもしれません。

作者の心情もまた 心に葛藤があったのではないか。
彼の 生き方をみても それがうかがえます。

太宰の研究者でも 興味があるわけでもないので 詳細はわかりませんが
この走れメロスの 私なりの解釈は 昔から 変わっていません。

まぁ 人それぞれの見方があって それはそれでいいのかもしれません。
今の 中学生は どのように学んでいるのでしょうか?
それとも 今は 教科書にない?

やはり 友情と信頼が 結論ですかね?
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年09月07日

災害

台風が去ったと思ったら 地震。
災害の多い年だなぁ・・・
日本が壊れてしまうのではないかと 心配です。

台風ですが 私のところは 風は強かったですがたいした雨にはなりませんでした。
夜中というか 明け方雷がなっていたのを 覚えています。
その雷のなったころ 茨城で震度4だったとか。
これは 気が付きませんでした。

そして昨日。
朝方ニュースをみて 北海道の地震を知りました。
山崩れもひどいし 液状化もひどかったですが
一番驚いたのは ブラックアウト。
北海道全戸が停電だなんて 誰が想像したでしょうか。。。
そういうこともありうるのですね。

電気がないと困ります。
病院が停電のため 受け入れ休止というのも 驚きでした。
災害時必要な病院が 休止って・・・ちょっと考えられません。

EV車乗っている人に聞いたのだけれど スマホ充電したりお湯をわかりたり ライトつけたりできて非常時の電源になると言っていました。これは 便利かも。お湯が沸かせれば カップ麺や赤ちゃんのミルクを作ることができます。
これからEV車が主流になっていくから 意外といいかもね。

水も止まるし エレベーターや信号 コンピューター そして交通機関も。
本当にブラックアウトです。
これが こちらのように30度35度の気温だと 熱中症で倒れる人もいただろうし
真冬だと 凍える人もいたのではないかと 思います。
都会の防災は 何度も何度も言われていて それなりに 備えをしている人も多いでしょうが
こうなると お手上げです。
人々は 水 食料を買いに走ります。
たぶん 3日分くらいの備えがあっても 買えるだけ買おうという心境になって 買いに行く人もいると思います。
人間って そういうものです。
やはり 弱者が困るのです。

あの東日本大震災のとき 東京の水が汚染され 赤ちゃんのいる家庭に一日2本の水が 配給されました。
スーパーに並んでいたのは お年寄りでした。
中には 赤ちゃん連れもいましたが ほとんどがお年寄り。
孫に・・とか 言い訳して 買っていたようですが
どうみても 自分用でした。
そんな姿を 横目でみながら
「あさましい」と 思ったものでした。

台風は福井のすぐ近くを通ったし 東尋坊からの中継などもあって
TVで 最大瞬間風速42m/sと言っていたので 心配しましたが
何事もなかったようです。
高台の家だし 雨戸もないのだけれど 密閉度も高くて何より 造りが頑丈なので 大丈夫だったようです。
前の 古家だと心配だけれど その古家も大丈夫だったようで
町には被害がなかったようです。

災害はいやですねーーー
何事もなく過ごせればいいのだけれど
こればかりは 予測もつかなくて 困ります。

せめて ブラックアウトにならないよう
国をあげて 備えてくださいな。
東京がそんなことになったら
日本が終わります。

そうえいば 東京都は午前9時すぎに 警視庁がヘリ1機、特殊救助隊9名、警察犬等を その後 東京消防庁からは消防ヘリ1機、支援26隊100名を派遣したそうです。

災害がどこかであるたび 都は救援だします。
それなりの 能力あるからです。
だのに
都から税金奪ってばかりで 国は間違っています。
首都が衰退したら 日本は終わりますよ。
年に何千億ものお金奪わないでください。
目先のことばかりというか 何かの力が働くというか
ふるさと納税もそうだけど
何かおかしい気がします。

一日も早い 北海道の復旧を願います。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年09月02日

防災訓練

今日は 東京都の防災訓練だとかで 大きな音をたてて ヘリが飛んでいるのを見ました。
昨日 メガクエークという番組を見たばかりで もし 地震情報が出たら どうするだろうか・・と考えたばかりでした。

近い将来80%の確率で起きるという 南海トラフ地震です。
前震があって 地震情報が出されたとき 避難するかどうか・・・
本震がいつくるかわからないし 明日かも 1か月後かも 半年後かもわからないようなとき
人々は 本当に避難して 耐えられるだろうか・・という 内容でした。
アンケートでは そのまま避難する限度は3日らしいですが そもそも 一度出した 避難勧告を 取り下げることができるのかどうかも 大問題なのでしょう。
自治体が 地震情報をもとに 避難勧告を出すか出さないかで 悩むだろうし
出したら こんどは 取り消すのには非常に大きな 判断が必要です。
人々も 避難するかしないか 自分で判断しなきゃいけません。
くるか こないか・・・いつ来るか そんなこと誰にもわかりません。
悩ましいことです。

地震情報出たら人々は まずは 水 食料買いにいきます。
そしてスーパーの棚は空っぽ。弱者が取り残されます。

こうなったら 配給制にするとか 考えないといけません。
しかし 避難が 何日続くかわからないし 困ったことです。
避難所で暮らすにも お金が必要だしねぇ〜
仕事はどうなるのだろうかとか 学校は とか いろいろ 難しいです。

地震に限らず 天災は いつどこで起こるかわかりません。

南海地震でも 東京は震度5強になるとのことで、長周期の揺れがありそうとのことです。
もちろん大地震となれば 物流も止まるだろうし 日本全国 パニックでしょうね。

とりあえず うちのあたりは 避難場所 待機区域 になっているので 動かないことにします。
ただ 家具が倒れたりで 怪我しないようにするのが 一番です。
水 食料は 3日分くらいは 確保かな。
あとは いくらかの お金。

その後は 様子をみるしかないですね。

地域一帯が 災害にあったら 宿泊施設や ホテルが営業するってこともないだろうし
遠くにも行けないし 自宅が大丈夫ならそこで 頑張るしかないです。

大型台風が 近づいています。
大きな被害がないと いいです。

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年09月01日

9月です。

先日 1か月に一度行っている医者に行きましたが 混んでいました。
ここは 人気で評判のいい医者なので いつも混んでいて 1時間ほど待つのが普通でそれはしかたないと思って覚悟のうえ 行きました。
ところが その日は格別混んでいて(時々そういう日があり 午後の診察までずれこむこともあります)なんと 10時半から 終わりが1時半。薬貰って2時という 長時間でした。
もう 待ちくたびれてしまって 本が1冊読めました。
診察券出して 適当に時間をつぶして戻ってくる人もいるのです。

やっと診察を受けて  薬貰って・・・
「具合がわるくなったら すぐ 来てくださいね」といつも言われるのです。
「はい」と素直にいいますが 本音は
「本当に 具合が悪くなったら 来れないよ 〜」です。
医者は 元気な人しか行けません というのもおかしな話です。

ともかく 気温が高くて しかも 寒暖差で体調崩す人が多いらしいです。

アッというまに 9月になりました。
この夏は 本当に暑い夏。
9月になっても まだ暑くていやになります。
今年も 残り4か月。
涼しくなったら 少し断捨離しようかな・・・
できれば ほとんど捨てたいのだけれど
捨てるにもお金かかるし 
そこは 思いきれない事情もあって いつも グダグダと。。。
きれいさっぱり 古いもの捨てて 本当に必要なものだけ新しくして
そういう風にできれば いいのだけれど
そうもいかないしね。

宝くじでも買えば夢だけは みることができるかもね。
(買う気ないのが ミソ!)

どうも愚痴になりそうです。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ