2018年08月28日

雷雨

昨夜は 雷がすごかったです。
夜8時半ころでしたか・・・
ゴロゴロドッカーンと激しい 音でした。
録画を見ていたのに うるさくて聞こえないくらいでした。
稲光もすごくて 停電しないかと心配でした。

それは 大丈夫でしたが 都内の西のほうでは 大雨と雷 停電ですごかったみたいです。
幸い江東区は 大雨というほど雨は降らなくて 洪水の心配はなかったです。

何日か前に 荒川氾濫ハザードマップというのが 出て それを見ていました。
あくまで 埼玉の荒川が氾濫したら・・という想定で 東の5区が洪水で。。というハザードマップですから
ゼロメートルと言われる地域はほとんどが 浸水でした。
しかし 埋立地である湾岸地域はゼロメートルではないので 避難待機区域になっています。
避難しなくていいという地域です。
地震などの災害でも そこは同じです。
私のところも避難待機区域です。
埋立地のほうが 地盤沈下したゼロメートル地帯より浸水には 安心なのです。
マンションの上のほうは浸水は大丈夫ですが
地下などに浸水すると やはり不自由な暮らしになると思います。
トイレが一番困るかなぁ・・・
でも どこに避難したって トイレは下水がダメなら アウトですから
自宅待機が一番無難かもね。
ポータブトイレは備えてあります。(猫砂つき!)

考えるに 荒川の堤防が決壊するほどの大雨なら 利根川や多摩川 江戸川だって あぶないのじゃないかと思います。
東京はどこでも リスクがあるということです。

今回の局地的な大雨でさえ あちこちで水があふれたようですし
まずは 下水からとか 小さな河川からとか
そういうところがもろいみたいです。
昨日は 西のほうがダメージ受けたようです。

目黒川氾濫 とか心配されていましたが
荏原調整池ができて 今回は大丈夫だったようです。
何年か前までは 五反田湖(五反田駅前が浸水して湖のようになること)ができたりして
何かと 危ない河川でした。
大きな川の治水より
都市部の排水が問題ですね。

ゲリラ豪雨って
あれよあれよという間に 道路や歩道に水があふれてしまいます。
一度 駅のバス停でそういう目にあいました。
駅を出たとき ぽつり・・・が あっという間に すごくなりバス停でバスに乗ったとたん
道路に雨水があふれだして 驚きました。
数分バスが走ると そこは全く降っていなくて カラカラという状況でした。
ほんと 局所的なんですねーー

今日も 雷雨になるかも〜という予報です。
気を付けましょう。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年08月25日

本の話

毎日毎日暑いので 出かける気にもならず 家の中で読書三昧の日々です。
一日1冊は 必ず読みますし 年間では数百冊の本を読んでいます。
そのほとんどが 小説。
ドラマを見るみたいに 面白いです。

新刊の予告がでると 図書館にリクエストを出します。
そうすると 順番待ちはありますが 1冊につき何冊かは購入してくれるので あまり待たずに新刊のまま読むことができます。自分で買う本は ないですね〜ありがたいことです。

本を読み始めたのは 高校生の時からです。
小中学生の時は 遊ぶのに忙しく あまり本を読む機会はありませんでした。

高校生になってから 学校の図書館の本を借りて読んでいました。
町に 小さな図書館はありましたが
図書室という感じで 蔵書数は多くなかったです。
古い寄贈された本も多く あまり好みの本もなく 毎日のように通いましたが
読みたい本はほとんど 読んでしまって もっと大きな図書館があればなぁ〜と 思うようになりました。
どうしても 読みたい本は 買うしかなかったです。

町に 本屋さんは 2軒ほどあって よく本やへ行きました。
参考書や雑誌はありますが まともな本は 福井市の大きな本屋さんにいくしかなかったです。

自分のおこずかいの範囲で よく本を買いました。
町の本屋さんで買うのは 趣味の本でした。
いつも きつい目のおばぁサンが 座っていて 目を光らせていました。
あまり長居をすると そばに来て 追い払うようなしぐさをしました。
迷いに迷って 1冊の本を買うと とたんに愛想がよくなります。
そのころ 一番欲しかったのは友達とよく言っていたのですが
「なんでも揃う 大きな本屋さん」でした。

東京に出ると 本を買う暇も 読む暇もありません。
特に 小説などとは縁がなく ひたすら専門書を読みました。
神田の古本屋に何度も行って 参考書や 専門書 問題集まで買いました。
中に書き込みのある 古本を手に入れるのも楽しみです。
わからない問題の 手引きになってとても助かったからです。
理工系の本は そういうものです。
先輩の使った本も とても役立ったのです。
新しい本を買うより 古本のほうが多かった時代です。
理工系の参考書はとても 値段が高いので新品は買えませんでした。
教科書は 新品ですが 学術書は古本ですませました。

神田神保町や 東大あたりの古本屋さんによく通ったのもいい思い出です。

今は いろいろ大きな本やさんもあり どんな本でも買うことができるのですが
本屋さんに 行くこともなくなりました。
自分が読む本は 図書館ですし たまに贈り物などで買うことはありますが
あちこち 探すような本ではないので
どこでも手に入ります。

昔 こんな大きな本屋さんがあったら・・・と思ってすごしたことが嘘みたいです。
本が多すぎて 探すことすらできません。
世の中には こんなたくさん本があるのだと 思い知りました。

都会の図書館は蔵書数もすごくて まいにちまいにち 新刊が入ってきて
田舎じゃ考えられません。

好きな本を 好きなだけ読めるのが いま一番幸せかも。
というわけで
この暑い夏は 自宅にひきこもり 読書ですごしています。

少しは出かけたいのに いつまでも暑くてねぇ〜
なんとかならないかしら・・・・

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年08月22日

1億円のさようなら

少し前に いい本を読みました。
もちろん 面白かったですが それよりも評価は「いい本」っていうことです。
sris.jpg
タイトル一億円のさようなら
著者白石一文/著
出版者東京 徳間書店
出版年2018.7

内容(「BOOK」データベースより)
連れ添って20年。発覚した妻の巨額隠し資産。続々と明らかになる家族のヒミツ。爆発事故に端を発する化学メーカーの社内抗争。いまを生き抜く大人たちに贈る極上娯楽小説。

白石一文 さん。
この人の文章は 読みやすく 優しいです。
人にやさしいということです。
読んだあとが さわやかで 心がほっこりする感じです。

「連れ添って20年。発覚した妻の巨額隠し資産。
続々と明らかになる家族のヒミツ。
爆発事故に端を発する化学メーカーの社内抗争。

俺はもう家族も会社も信じない――」

こんな本の表紙を見ると 穏やかじゃない表現で どろどろした内容かと思いましたがそうじゃなかった・・・

子育ても終わり 夫婦平凡な日々。
会社でも家庭でも 疎外感を感じている男が ある日 妻が巨額な資産を隠し持っていたと知ります。
そこから ひずみが起こります。
妻から1億円を渡され 家を出る決心をした男。
それで タイトルが「1億円のさようなら」なのです。

そして 新たな人生が始まります。
様々な 人生模様が描かれます。

「この2年間、ぼくはこの作品をおもしろくすることだけ考えてきた。これで直木賞を取りたかった」(著者)

新天地を金沢に選んだことに 親しみを感じ 町の風景 食になつかしさを覚えながら読みました。
どきどきする場面や うまく生きすぎてどこかで どんでん返しがあるのじゃないかと ハラハラです。

会社とのかかわり 家庭での立場 家族それぞれに 生きざまがあって そして
最後に 「1億円のさようなら」が みごと 完結して
一気に読めました。
それにしても みごとな 締めで 読後感がさわやかでした。

次作にも期待します。
タグ:読書
posted by うめのはな at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書

2018年08月19日

LEDとか・・

東京都の「家庭におけるLED省エネムーブメント促進事業」というのが8月15日から 再びはじまりました。
それで 白熱球と LED電球を交換してもらいました。
昨年は 2個で1個の交換でした。
2個で 1個だと 1個はどうする〜って なかなか交換できない人もいたかと思います。
1個は 買ってくれるというのが 狙いだったかもしれませんが 
別に 頻繁に使う場所じゃないし 切れるまでいいかなぁ・・って 交換しなかった部分です。
こんかいは 大人一人 1個の交換です。
家族分 交換しました。
これで ようやく自宅の白熱球がすべて LED電球に変わりました。
日本製の LEDなので 安心です。
以前 外国製の少し安いLED電球を買ったことがありますが
すぐダメになって 外国製は信用できない と思っていました。
明るくなって 何よりです。
ほとんど 使わない廊下なんですけどね。
玄関や 洗面所 トイレや風呂場の 予備にしていてもいいかもね。

ありがたい制度です。

昨夜は 亀戸の花火大会でした。
我が家の部屋からもよく見えました。
音が少しずれて 聞こえましたが毎年 ちらりと見ることにしています。
近くで夏祭りをやっていたらしく 遅くまで太鼓の音も聞こえていました。
町内会というのが あるのかないのかわからないので
祭りの詳細もわかりません。
昨日は涼しくて 盆踊りなどには最適だったかもしれません。

いろいろな行事があって お盆休みがすぎて
そうやって 少しづつ夏が終わりになるのでしょう。

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年08月15日

8月15日

世の中お盆休みで 終戦記念日で・・・

帰省ラッシュをTVで見て Uターンラッシュを見て なんとなくお盆が終わりそう。
お盆と言っても 東京は仕事が休みになるわけでもなく 公共施設も 役所も 商店も 会社も 普通通りなのです。
しかし 帰省のためこの期間に休みを取る人が多いのもたしかです。
何と言ったって 東京はそういう人たちの集まりなのだから・・・
今日も いつもどおりのスケジュールで 図書館も スーパーも 病院も動いているようです。

でも 若い人たちは交代で夏休みをとるので 混んでいる期間を避けて 帰省人が戻ったあとにのんびり休みをとったりしています。
早めにとるひと 9月にとるひと バラバラにとる人。
それぞれです。

前にもいいましたが 私たち家族は 盆と正月に 帰省したり旅行に行ったことはないです。
夏休み 冬休みは長いので 人が混む時期を避けて 出かけていました。
スキーなら クリスマス前に出かけ1週間ほど滞在するとか
夏はお盆を避けて 8月初めから 出かけてお盆が過ぎてから 帰宅するとか そんな風に過ごしました。
実家にいる期間も2~3週間と長いので 実家には 迷惑かけたと思います。

春休みは 春スキーでした。シーズン終わりで すいていて 安く泊まれるしよかったです。

東京に来てからは 春はもっぱら 桜 桜 桜!

夏は 暑くて引きこもりです。
引きこもっていても たいくつしないのが いいいです。

とまぁ 世の中の喧騒を無視して のんびりすごした 終戦記念日でした。
私は 
新宿平和祈念展示資料館 東京戦災資料館 昭和館 東京慰霊堂 復興記念館 遊就館 
そして 広島原爆資料館なども 行っています。
長崎原爆資料館は目の前まで行ったけれど 入館できず悔しい思いをしました。
広島原爆資料館は 一度は行ったほうがいいです。
衝撃を受けるかもしれませんが。。。。。

東京では まだ しょうけい館を見ていないので そのうち行きたいと思います。

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年08月12日

世の中お盆だねーー

昨年は何かと騒ぎのあった 富岡八幡宮の御本社祭です。
8月11日から 15日の日程。
今日は 御本社二の宮神輿渡御の日。
宮出しが終わったあと トラックで神輿が運ばれ
江東区役所前から 二の宮神輿が出発しました。
水掛け祭りともいわれていて3年に一度の大例祭には54基もの神輿が繰り出す 壮大な祭りです。

今年はいろいろ 物入りな年。
天井のライトをLEDシーリングに買い替え
最近はガスコンロを買い換え 炊飯器を買い換えしました。
洗濯機もそろそろ寿命かなと 思いつつ13年目の今もまだ健在で よく働いてくれます。

ここ何年かの間に ガス給湯器≪浴室乾燥器や 室内の換気扇 火災報知器(10年ごと)など交換しています。
これは 管理会社がやってくれるので 自己負担はありません。
そうそう 台所の水栓もまるごと交換しました。
これも 自己負担なしです。

10年以上同じところに住んでいると いろいろなものの交換時期がくるものなのです。
おととしは 外壁大規模修繕などもあって いろいろな工事がありました。
住むということは 戸建であれマンションであれ いろいろ大変なのです。

人間も 長年生きていると いろいろ不具合が起きてくるもので
きちんと メンテナンスしなきゃいけません。

人もモノも同じなのかもね。
さて
次は 廊下にある3個の ライトをLED電球に変えようと思います。
これは 今使っているものを 持っていけば LED電球に交換してくれるので
それを利用して 無料で交換するつもりです。
東京都の政策です。
ありがたいことです。
去年 1個変えましたが 今度は 1個でLED1個と交換できるのが嬉しいです。
これで 我が家の白熱球はなくなる予定。
早めに 交換しにいこうっと〜〜

世の中お盆で 帰省の人は大変そう。
人が休みの時は じっと動かないでいるのが 一番と
相変わらず のんびりしています。
昔から 盆と正月に 旅行したり帰省したりしたことはないです。
ゴールデンウィークもしかり。
せめて 休みの間は 何事もなく穏やかだといいですね。

昨夜もあちこちで 雨が降ったようですが
うちのほうは カラカラ。。。。
今日曇りだけど いつどこで 突然雨が降るかわかりません。
そして 相変わらず蒸し暑いです。
体調管理が大変です。気を付けよう・・・
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年08月11日

花火大会

今日は神宮外苑花火大会だそうです。
東京のど真ん中での 花火はすごいですね。
12000発。

福井県三国町の花火大会も今日です。20000発。
この花火大会は 三国海水浴場(今は サセットビーチ)で 行われます。
夕日が美しいビーチです。
実家からも 見えたのですが 毎年 歩いて砂浜に行き 花火を見ました。
当時は 夕方に砂浜に場所取りに行けば 見ることができました。
それでも 旧町内は車乗り入れ禁止となり はやくから花火を見る客が訪れていました。
波打ち際に 座ってみる 迫力はすごかったです。
船から 海に投げ入れる 水中花火が すごくて 火の粉が降りかかり 迫力満点。
海で爆発するのですから 花火は大きく 扇形に開きます。
打ち上げ花火より 距離が近いので それはも大きく 大きく見えました。
この 水中花火が 三国名物です。

あの花火の迫力だけは いつまでも忘れません。
今は 有料席があって 半分くらいはそういうので占められているらしいのです。
ふるさと納税でも その有料席がもらえるそうです。
ビーチだけでなく 反対側のボートパークなどにも席があるとか・・・・
花火大会の費用も大変ですし 協賛だけでは 苦しいのかも。

とにかく子供の頃 実家に帰省した折には 見に行きましたが  あまりの人込み(すごいのです!)に嫌気がさして
いつの間にか 実家で見るだけになりました。
もちろん 仕掛けや水中花火は見えないので普通の花火です。
それもいつしか 飽きてしまって・・・
やはり 花火大会は 目の前で見るのがいいです。

それこそ 観光バスがでたり 駐車場からシャトルバスも出たりで そして徒歩の人が海までぞろぞろ行列をなして歩いたり
で 街中大賑わいです。昨年は23万人だったそうです。
終わったときが 大変で シートを上げる砂ほこりと 海辺から引き上げる集団で 迷子になりそうで
少し早めに 引き揚げたりするのがコツです。
それだと 最後のフィナーレが歩きながらの観覧になりますが・・・
車は動かない 人も動かない スリや痴漢も多発。
そんな感じになります。

一度 途中雷雨があって ずぶぬれになりましたっけ・・・
海の家の軒先に逃げ込んだり てんやわんや・・・・
そのまま ずぶぬれになり 帰宅したのを覚えています。
hanabi.JPG
東京に来て 花火大会はいろいろあれど
近くで観ようという気にはなりません。
人の数が 違います。
人ごみの中で観ようという気はないです。
最初の頃は 隅田川も屋上で観たりしましたが
ベランダからも いろいろ見えるし そのうち何も見なくなりました。
ディズニーの花火も毎日のことで あ〜はじまったか・・・くらいです。
non000162.jpg
花火大会は 日本の夏の風物詩だねぇ〜
posted by うめのはな at 08:59| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年08月08日

台風の夜に。

昨日今日と 涼しかったです。
でも 湿気が多いのでやはりエアコンつけました。
眠るときは 久しぶりにいらなかったです。

今日は 雨。
台風なのですが 今のところそれほど ひどくはありません。
雨も風も 普通程度。
これから 台風接近で 荒れるかもしれませんが ベランダの竿は下ろしたし 荷物もよけました。

おととしの台風と同じようなコースだそうですが
2016年の夏は 大規模修繕中で 全体が覆われていて 暑さもさほど感じなかったし
台風の風もそんなに ひどく感じませんでした。
どうだったのかなぁ・・と 思ってみても やはり 思いだせません。

ただ 東京のあちこち雨がひどくて 翌日のTVを見て 驚いたのは覚えています。

高いところに住んでいるから雨は大丈夫としても 
風はいやだなぁーーー
ひどくなりませんように・・・・

こちらは 涼しい日でしたが
西日本は暑いらしいです。
明日台風が過ぎ去ったら また暑くなるとか・・・
もう勘弁してよ〜
去年は8月は涼しかった気がします。

いつものことながら はやく涼しくなってほしいです。
台風の被害がありませんように・・・・
続きを読む
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年08月04日

猛暑で つらつら・・

まだまだ 暑いです。
ちょこっと出かけただけで 汗びっしょりです。
出かけるたびに シャワー浴びたくなります。
そして 疲れます。

この暑いのに 近くの集合住宅では 朝から草むしり。
ご苦労さんなことです。
暑いからといって でないと 何言われるかわからないってのが 組織人間の辛いところです。
田舎ほどそれが 強いのでしょうけれど 
都会だとて 寮 だの 社宅 だの 団地の自治会だの 組織参加はありますからね〜
共助というのは 困ったときはお互いさまの気持ちであって
隣組というような 相互監視ではないと思います。

私のところは とっても 楽です。
掃除も 草むしりも ゴミ処理も 業者がやるので住民は 何もしなくていいのです。
共益費は払っていますけどね。

昔は 会社で 社員旅行 宴会と いろいろあったようですが
近頃は それも少なくなって
不景気だけでは なくて
若い人が 仕事が終わってまで 付き合いたくないと 避ける傾向があるとか。
社員旅行にしても 宿泊の部屋まで上司と一緒にしないで欲しいという要望が多いらしいです。
そりゃ〜そうだ。
慰安旅行が 仕事の延長になるなんて 楽しめないですものね。
花見だ 花火だで 場所取りも 新人さんの役目になったりすれば
これはもう パワハラですよ。
それが あたりまえと言う風潮も そろそろ考えないさないといけません。

社宅は ほとんど住居費かからないけれど
会社以外でも 日常生活でも
組織から 離れられないってのは
ちょっと いやかも・・・・
公務員だと 官舎というますけれど
上下関係もあって なかなか大変そうです。

今日も 猛暑になりそうです。

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年08月02日

暑い夏

暑くて外出できません。
先日 福井が39度になったらしく TVで見ていて あ〜大変だなぁ〜って 思いました。
案の定 電話で「39度!暑くて エアコンなしでは眠れない」と言っていました。
そりゃ、こちらも同じですよ。
39度だと 体温より暑くて 高熱をだしたみたいなものです。
私も 体験した事ありますが
体中を なにか熱いもので包まれたような感じになります。
息苦しいし サウナや風呂みたいではなくて とてもいやな感じなのです。
そりゃぁ〜体温より高いのですから 気分はよくないですね。

この 暑い中 高校野球は炎天下で 試合・・・
観客も 選手も 地獄の暑さでしょうね。
夏休み中にやるというなら せめて ドームを使えないものだろうか・・と 危惧しています。
甲子園は伝統だけれど
気候が変わった今 そこまでこだわる必要があるのだろうか・・と。
死人が出てからでは 遅いです。
いろいろ 制約や事情はあると 思いますが
何とかならないものなのでしょうか・・・・。

オリンピックもですが
何も真夏にやらなくても・・と 思います。
開催時期を アメリカの事情とやらを考慮しなきゃいけないのですかねーー
そのアメリカも カリフォルニアは酷暑で 山火事も頻発しているというのに
考え直す気は ないのでしょうか。
こうなると 夏は北半球の都市は 立候補もできなくなりそうです。

暑さに台風。大雨。亜熱帯になってしまったみたいです。

今日も 暑くてね〜
屋外プールは暑さでプールサイドが高温になり 休止になるところも多いそうです。
そういえば 学校のプール授業でしたが
具合が悪くて 水泳の授業休むと プールサイドで見学させられて
よけい具合が悪くなるって 話聞きました。
私の子供の頃もそうだったなぁ・・・
ちょっと おかしいんじゃない〜って 誰もが思います。
学校ももっと 考慮すべきです。

いつも思うのですが
日本人って 前例がないとか 前例通りとかって
新しいこと やらない役所多いです。
そろそろ 考え直さなきゃいけないんじゃないでしょうか・・・

あーー冷房の中に一日中いて 体もおかしくなりそうです。
日本中暑くて 北海道も暑くて
オリンピックを札幌に禅譲すべきだって バカなこという人もいますが
そんなことできるわけないじゃないね。

いつ 涼しくなるのでしょう。
待ち遠しいです。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ