2018年01月31日

東京2020オリンピック デーカウンター

江東区役所前です。
kotoolp (2).jpg
東京2020オリンピック・パラリンピックまでの日数を表示する「デーカウンター」が設置されています。
前から 写真に撮ろうと思っていましたが 今日になってしまいました。
kotoolp (3).jpg
東京2020オリンピック開幕から1000日前にあたる10/28(土)からの デーカウンターです。
区庁舎や文化センター、スポーツセンター等の区内15か所に、同大会までの残日数を表示する「デーカウンター」を設置しました。
江東区を代表する産業の一つである木材を使用したデザインです。
木場は木材の街で栄えてきました。
その 木材業の伝統や木のぬくもりを感じることができます。
kotoolp (1).jpg
東京オリンピック招致が決まったときは 2013年。
7年後か・・長いなぁ〜って 思ったものでした。
あれやこれやで 月日は 流れ あと 2年半。
長いのか短いのか わかりません。

利権・しがらみ・忖度 もれなく ついていそうな気がします。
 組織委員会の長老たちは 次の世代に続く オリンピックにしてくれるのでしょうか。
もっと 若い世代に おまかせになったほうがいいのでは ないかとさえ思います。
やはり 利権・しがらみ・忖度
無しでは 物事 むずかしいのでしょうかね。

改革を求めると つまはじきにされるような気がしますが 気のせいでしょうか。

いずれにせよ 東京オリンピックはやってきます。
こうなったなら オールジャパンで 成功させたいものです。
タグ:イベント
posted by うめのはな at 17:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 江東区・江戸川区

2018年01月30日

紙おむつ

国土交通省は、ディスポーザーと呼ばれる流し台の生ごみ粉砕機の技術を応用し、下水道に紙おむつを流す仕組みの検討に乗り出す。
というニュースを見ました。
え?そんなの無理!
と思いましたら なんのことはない トイレにそのまま流すのではなく トイレに 紙おむつ専用の ディスポーザーみたいなものを 取り付けて 排水管で下水に流すという 案らしい。
これでも ちょっと無理じゃないかなーーって 思いました。

現在 台所の生ごみ用 ディスポーザーでさえディスポーザ排水処理システムが必要で 処理槽が必要なはずです。
そのまま 粉砕したゴミを流すというわけにはいきません。

なのに 紙おむつ。水分をたくさん吸収し 膨らむし 樹脂を覆っているビニールを どうやって処理するのか 考えつきません。
下水処理施設の 処理限界もあるだろうし・・・・
それに 新築じゃないと あとからは専用排水管つけられないですよねぇ〜

なんでも 3日分の紙おむつが1.4kgになり 3日ほど家に置くと 臭いなどで困るからということらしいです。
でも 1.4kgの紙おむつ 捨てに行けませんかね〜
毎日のごみと一緒に燃やせるゴミに捨てるなら そんなに大変ではないのでは?

高齢化で紙おむつ捨てるのが大変だというなら 今の家庭に必要なものなのに 
これから家を買ったり 建てたりするのは 若い人なんじゃないかしらねーー
赤ちゃんの紙おむつは 若い人が捨てるから そんなに苦労はしないでしょうね。

今は どこに行っても トイレに専用のごみ捨てあるみたいだし・・
それを 普及させればいい。

燃やせるゴミに捨てる手間より ディスポーザーで粉砕する手間のほうが 大変だと思いますが いかがでしょうかね?
そりゃ 老人施設や保育所などは 大量でしょうが これは 事業系ごみになるのじゃないですかね?

将来 画期的な 進化した紙おむつができることを期待しましょうか。
それとも 紙おむつじゃない新しいものが できるかもしれませんね。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年01月29日

食べものの量

あまり動かなくなったせいか 少し食が細くなったみたいです。
もともと ビュッフェとか 食べ放題とか そういうものは 好きではないので 食べませんが 
以前は 好きなものなら 大食いしたのだけど 今はそういう欲もあまりなくなりました。
いろいろなものを 少しずつ食べるほうが 好きです。

ステーキなども150gもあれば 充分です。
ご飯も 小さな御茶碗に 軽く・・が ちょうどいいです。

日本人が外国に行くと その量に驚きます。
普通に 1人前のオーダーすると 量が多すぎて とても食べきれません。
3人で2人前くらいが ちょうどいいかも。
ステーキなんて 草履くらいあるのですから・・・・

飲み物も ハンバーガーも 半端じゃないです。
そりゃ〜
身体が 大きいのですから 日本人サイズではないですね。
drnk.JPG
これで 普通のサイズです。
飲みきれなかった・・・
これが ラージになると もう バケツみたいになるのです。
ポテトの量も ダイナミックなのです!

シニアが多くなる これからの世の中。
ランチも 選べるようになるといいですね。
ご飯の量だけではなく 全体の量も シニアとか ジュニア とか いろいろ・・・

まぁ〜
外国人観光客が 多いので 当分は 大盛流行りかもね。

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年01月28日

田園調布

先日 TVで 田園調布をやっていたので しばし見ていました。
田園調布は 高級住宅街として知られ 著名人や芸能人などのお金持ちの住む町です。

しかし 開発当時は あたり一面 畑 野原で 都区部 の住宅地が 人口が増えて 住宅用の土地が不足したため あらたに計画した場所です。
田園調布は、1918年(大正7年)に実業家渋沢栄一らが 開発計画。
一般サラリーマン向けの 住宅地として1923年(大正12年)8月から分譲された地域です。
関東大震災でも 被害がなかったことから 注目されはじめ 移り住んできた人も多かったそうです。
建築計画などが 厳しく決められているため  現在の大田区田園調布の大部分の地域が第一種低層住居専用地域と第2種風致地区であり、日本有数の高級住宅街となっています。

扇形の道で 生垣の基準があるため 前方を見ると どこまでも緑が見えている 町となっています。
田園調布は「日本で初めて庭園都市(ガーデンシティー)として計画された ということでした。
初期に ここに住んだサラリーマンたちは いまじゃ 大金持ちでしょうか・・・ね。
ミニ開発や マンションなどの規制があるため 高級住宅地となっていったのでしょうね。

この 田園調布は 国分寺崖線のほぼ終点となるそうで 住宅街から扇形の道を外れると 下り坂になっていて 多摩川へと続きます。
かなりの坂です。
この国分寺崖線は、古多摩川(関東ローム層下に存在)の浸食による自然河川堤防と考えられています。
世田谷区の等々力渓谷は国分寺崖線の一部で 高低差は20メートル近くになるらしいです。

その通りなのか 次の駅の多摩川は 昔 多摩川遊園地があったところです。
田園調布に住む 家族連れでにぎわったそうですね。
湧水があったりして むかしは水族館まであったとか・・・
多摩川駅からは 沼部 武蔵新田 矢口渡 蒲田など 水に縁のある駅名が続きます。
一つ 北を走る 池上線は 蒲田の次は 蓮沼ですが あとは池上 久が原 御嶽山 旗の台とか 石川台とか
台地にゆかりのある名です。

なるほど 地名というのもなかなか 面白いものですね。
池上は 高台に 池上本門寺があります。
以前 池上に住んでいましたし
学生の頃は 大岡山 に住んでいたので 地形などもよく知っています。

大岡山は 北千束だったのですが 洗足池に向かって かなりの坂道となります。
東工大は 大岡山から石川台 洗足池に広がるキャンパスです。

昔 黒柳徹子さんのご自宅があったのも 北千束の高級住宅街です。
前を通ったことありますが 広い敷地の 大きな家でした。

今は それこそ0メートル地帯の 江東区住まいで坂には あまり縁がないのですが
江戸東京は 昔は 台地と海しかなかったところで 海を埋め立て江戸ができたみたいなかんじですから
坂は多いですね〜

江戸でも深川は風光明媚なところで 海沿いのリゾート地だったのでしょうかね。
浮世絵などでもそういう絵が残っています。
よって 花街も多く お大名や お大臣 職人さんが たくさん出入りした繁華街だったのかもね。
いろいろ 史跡もあって 興味深い場所です。
まぁ ほとんどめぐり歩きました。

まだまだ 江戸東京は 奥が深くて 興味はつきません。
また 歩こう・・・・

タグ:歴史
posted by うめのはな at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年01月27日

ジョージア

相撲はほとんど 見ないのですが 今場所は モンゴル人ではない 外国人力士が 頑張っているので少しは面白い。
格闘技のような エルボーや 張り手が ないので 気持ちよく見ることができます。

栃ノ心 さん 優勝おめでとう!
ジョージアって 出身地書いてあったので てっきり アメリカの ジョージア州だと思っていて アメリカ本土からの力士はめずらしいなぁ〜って 思っていましたら ジョージアという国でした。

勘違い〜
聞きなれない 国名でしたが 以前は グルジアといっていました。
これなら 知っている。
黒海とカスピ海に挟まれた比較的小さな国。
2015年4月22日、日本語での国名が「グルジア」から「ジョージア」に変更されたそうです。

なるほど・・・・

しかし 18歳で 相撲界に入り 2011年10月には 春日野親方に ゴルフクラブで殴られても
逃げずに よく頑張ったものです。

本当に 頑張った人の 優勝は 心からおめでとうと いうことができます。
最近どうも おかしいことばかりで 不自然な 勝ち方もあったりして
相撲がつまらなかったです。

ジョージア ジョージア。
親しみある 国になりました。

おめでとう。

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年01月26日

水道凍結防止

東京でも 53年ぶりの寒さだとかで 水道管の破裂が 相次いだそうです。
東京都水道局に電話が殺到したそうですが・・・
これは 水道局は 関係ないのでは。。。。

そもそも 自宅敷地の 水道管は その家の人の 責任ですし 水道局の所有物ではないです。
古くなった 水道管を取り換えるのも 自宅の敷地内は 費用負担は その家の人なんですから。
水道管が凍って 破裂した場合も 水道局じゃなくて 水道工事やさんに 電話するのがよろしいかと・・

そういう経験は ないので 水道=水道局 となってしまったみたいですね。

寒冷地だと それなりに 対応はしてあるのでしょうが
東京などは 対応方法を知らない人が 多かったのでしょう。

給湯器の水抜きをするのは もちろんのこと 寒冷地などでは 水道管にヒーター巻いたり 断熱テープ巻いたりとかしているのですけどね〜

うちは マンションなんですが 配管はPSの中で ちゃんと テープ巻き付けてあり メーターと止水栓のところは 発泡スチロールで 覆われています。もちろん 凍ることはなかったです。

戸建は 自分で やるしかないですし 外水栓などは そのままだと 凍りますね。
TVで見たけれど 立水栓の煉瓦から水 噴き出していたり 大変そうでした。

凍結防止に 水を少し流しっぱなしにするのが いいという方法もあるようですが
日比谷公園の 噴水みたら 凍っていて
本当に 大丈夫なのかしら?そのまま 凍るってことないのかしら?
と 首をかしげます。

凍ってしまったら 自然解凍するまで待つのが 一番いいらしいです。
お急ぎのかたは タオルなど巻いて ぬるま湯をかけて溶かすのがいいようですが 途中の菅が凍っていたらどうしようもないですね。

寒い日の朝 給湯器のお湯がでないのは とても 辛そうです。
しばらくは ご用心!
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年01月25日

歯の麻酔

今日は寒い。
氷点下4度まで 下がったみたい。
いつも18度くらいある 室内の温度が 今朝は15度くらいまで下がっていました。

まだ 歯医者がよいが続いています。

ある歯が いじってあるのを 見て どうしたのかと聞かれたので 答えました。
20年ほど前 台湾人の歯医者にかかったことがあるってね。
台湾人の歯医者は 痛む歯を見て 根元に穴をあけて 歯の神経を調べたみたいで 小さな穴をうめた跡があります。
ちゃんと教科書にも 書いてあるので 間違いではありませんが
日本では あまりそういうことしません・・と 言っていました。
なんせ あの当時 言葉が 半分くらいしか 通じていなかった気がします。

金属を埋めてある歯が どうやら不具合なようで治すことにしました。
治療の歯の金属をとって 新しくするのですが
麻酔をかけるか 聞かれて 
「かけません。かけないで やってください」
というと
「痛いかも・・・一応 かけずにやるけれど 痛かったら いってください」で
かけずに やりました。

2度ほど ちくっと痛みはありましたが 無事かけずに 金属を削ることができました。
麻酔は きらいです・・・・

仮に埋めて 来週 本格的治療となりました。

歯医者通いも 長くなりました・・・
でも 数年ぶりだし この際 きちんとやってもらおうと思います。

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 16:16| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年01月24日

妻たちの2.26事件

東京の大雪というと 2.26事件を思い起こす人もいるのではなかろうか・・
もちろん 実際には知らない事件で あくまでも伝聞や歴史の知識でしかない。

2・26事件とは 1936年(昭和11年)2月26日から2月29日にかけて、皇道派の影響を受けた陸軍青年将校らが1,483名の下士官兵を率いて起こした日本のクーデター未遂事件である。

何度か 事件については 本などで読みました。
高橋是清さんが 殺されたのもこの事件。
青年将校や 殺された時の 内閣の人などのことは 本になったりドラマになったりで 知られています。
しかし・・
その陰にいた 犯罪者となり処刑された 人たちの妻の話は語られませんでした。
今回 新装版ではありますが そんな妻たちの 本を読みました。
226.JPG
タイトル   妻たちの二・二六事件
著者     澤地久枝/著 サワチ,ヒサエ   改版 新装版
出版者   東京 中央公論新社 文庫
出版年   2017.12

内容(「BOOK」データベースより)
二・二六事件で“至誠”に殉じた熱血の青年将校たち。遺された妻たちは事件後、どのような人生を歩んでいったのか。困難な取材をねばり強く重ね、文字通り足で歩いて検証した、もう一つの二・二六事件。衝撃と感動を呼ぶ、ノンフィクションの金字塔。

これは 1975/2/10 発売の本の 新装版です。
ノンフィクション作家としての澤地久枝の処女作。発表当時、非常な衝撃と感動を呼んだ作品。

二・二六事件蹶起将校の残された妻、家族を女性目線で 追ったルポタージュ。
当時は あきらかな 男尊女卑の時代。
妻は 黙って夫に 従うのがあたりまえ。
決起は 妻にも 知らされることなく 行われ 事件後 はじめて 夫がかかわっていたことを知った妻たちの その後の人生です。

青年将校たちには 新婚 半月という人もいたし まだ何か月かの結婚生活 おなかに子供のいた人も いました。
二・二六事件蹶起将校が「叛乱軍」です。
軍歴もも階級もみな 取り消され 残された 妻には 恩給もありませんでした。

若い妻たちは 反乱者の妻 という烙印をおされ 世間の目を避けるように 生きた人もいます。
給料も年金も 預金すらなく 困窮した人もいましょう。

この本は 女たちの長く苦しみに満ちたそれぞれの人生を記録したものです。

男の大義の 裏で 人生を狂わされ 泣いた女たちが いたということです。

事件そのものの 難しいことは わかりませんが 今まで 語られることのなかった 妻たちの苦しみを知ることができました。

タグ:読書
posted by うめのはな at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書

2018年01月23日

草津白根山

東京の積雪は 23cmとかでした。
夜 11時ころには雪は止んでいました。
朝 外は雪景色でしたが 4年前にはベランダも少し 雪があったのに 今朝は全くなかったです。
ベランダの手すりが 濡れていたので 夜中には少し積もっていたかもしれません。
日が差すにつれて まわりの駐車場や ビルの屋上の雪が みるみるうちに溶けていくのがわかりました。
日影はやはりまだ 雪がありますが 道路はないです。
歩道にはまだ若干残っているので また今夜 凍りそうです。

工事の人が 足場やまわりの雪かきから はじめたのが ちょっとかわいそう・・・

午前中に 草津白根山が 噴火したというニュースを見て 驚きました。
草津国際スキー場は 神奈川にいたとき よく行きました。
天狗山スキー場ともいいます。
天狗山ゲレンデの 真ん中に 大きな木があるのが特徴で その木の下で 待ち合わせなどしました。
草津は 昔もうひとつ スキー場があって ゴルフ場が冬に 音楽の森スキー場となっていました。
なだらかな 初心者向けのゲレンデで 小さな子供つれのファミリーには 人気でした。
今はもうありません。
うちの子供たちもまだ 5~6歳のころに そのスキー場から 滑り始めました。
半日ほど そこで滑り 少し慣れて 草津国際スキー場に移動し 半日のレッスンをうけて 本格的にリフトに乗り すべりはじめた場所です。
思い出 深いスキー場です。
半日のレッスンで 大人と一緒に滑れたのは たいしたものです。
プロから受けた レッスン効果ですかね〜。

ゲレンデも広く ロングランのしゃくなげコースなど 変化にとんだコースがあって 初心者から上級者まで楽しめます。
もちろん 一番上から滑り降りるのが 醍醐味なので どこでも ゴンドラで山頂まで行きました。
かなり ロングなすべりで 疲れますが
なんといっても宿泊は 温泉ですので、よかったです。

今回噴火したのは 本白根山の鏡池だそうですが 草津白根山には 湯釜という 噴火口の池があって コバルトブルーの水です。夏は 草津有料道路で いけば 途中 徒歩でその湯釜のまわりを 散策することができました。
志賀高原に通じているので 途中寄ってみたりして 志賀高原に向かったことも何度かあります。

草津のスキー場は 何度か行ったことのある 思い出深いところです。
だから とても心配です。
はやく おさまりますように・・・・
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年01月22日

東京は雪

今日は 雪です。
午前10時ころには 降り始め 最初 大きな雪でしたが
今は さらさらの細かい雪です。
これは 積もるタイプの雪。

明日の朝が心配です。
みなさん どうぞ お気をつけて・・・

なんか 4年前にも 大雪だったそうですが そういえばそうだったかな〜
ってな感じで 過ぎてしまえば 記憶が薄れてしまいます。
そういう日は 外には出ないので 体感で記憶しないからなんですね。

エアコンの室外機に 雪がかぶっていて 朝 なかなかつかなかったのは 思い出しました。
室外機の 雪を溶かす 運転がはじまり しばらくして やっと暖房になりましたっけ・・・

道路の隅に 雪があって 日影はなかなか とけなかったことも少し思い出しました。

明日の朝も そうなるのかしらね・・・

みなさん ご無事で帰宅してくださいね。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年01月21日

薬の副作用

コレステロール値が高いので 薬を飲んでいました。
別に太っているわけではなく 50kg以下です。
20歳ころは 38kgしかありませんでした。
今は 並みになっています。

コレステロール値は 遺伝性のものらしく 家系的に 痩せ家族も平均値より高いです。
薬飲み始めて すぐ下がりました。
でも しばらく続けてみましょう ってことで 続けて飲んでいました。
ところが
昨年 いきなり 「ジェネリックができたので 変えてみませんか」とすすめられました。
「合わないといやだから いまのままがいい。別に副作用も感じないし 順調に効いているし いらない」
って 断ったのですが
「今回のは 名前だけかわって中身は全く同じなんです。だから 大丈夫です」と
執拗に 進めるので 
中身の成分 同じならいいかーー 名前変わっただけだったら大丈夫かーー
って 変えてみました。

最初は 別に変化なかったです。
年末に なんか太ももが いたくなって・・・背中も痛い。
お掃除頑張ったから 筋肉痛かなーー
くらいに 思っていました。
そのうち 筋肉痛も和らいで しばらくすると 
足の5指すべての 関節がこわばり 痛くなりました。
なんだろーーこれーーー
って 思って何日かすると 今度は 手の指 すべてが 朝起きると こわばって 痛い。
特に 小指が ばね指みたいになって こわばっていました。
それでも しばらくすると 痛みは消え 普通になるので 寝ているとき 下になって しまったかなーーくらいに
思っていました。
でも 毎朝 痛いので これは おかしい と思いました。
そのうち 膝もこわばり 立ち上がったり 歩きだすときに いたみました。
絶対 おかしい・・と 思い 考えると
コレステロールの 薬以外 思い当たりません。
年始になり 医者も休みだし 自分の判断で 薬飲むのやめました。
ネットでも いろいろ調べ 同じような症状あって やめたら 収まったという書き込みが多数ありました。

で・・・
先日 医者に行って その旨 話すと・・・
「ジェネリック・・・成分同じだっていうけれど 多少違うものなんだよねーー
薬局は 後発薬品の調剤料入るから すすめるんだけど・・・・
あーーーこんな こと 本当は 言っちゃいけないんだけど。。。。
薬合わないみたいだし もう下がったままだし やめてみましょう。」
と しごく 簡単に 薬中止になりました。
コレステロールの薬の副作用には たしかに 筋肉痛や関節のこわばり があります。

とにかく 薬やめたとたん 痛みもこわばりも 止んで 1週間もすると 普通になりました。
薬って 怖いね。。。。
posted by うめのはな at 10:07| Comment(4) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年01月20日

東京の。。

東京都の木は 「イチョウ」
ityo.jpg
行幸通り イチョウ

東京都の花は 「ソメイヨシノ」
smy.JPG
染井霊園の桜

東京都の鳥は 「ユリカモメ」
yrkmom.jpg
水辺ならどこでも見かけます。

yrkmt.JPG
ついでに これは 新橋~豊洲間を走る 「ゆりかもめ」

東京のマスコットのひとつ 「ゆりーと」
ちなみに 東京都知事は 「ゆりこさん!
ほんの 駄洒落です。
ネタ切れ・・・・

思えば 東京に住んでいる期間が 一番長いです。

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年01月19日

点検の日

天気は下り坂。雲が多い日でした。
避難梯子の点検 消火設備の点検あって 在宅。
年に3回くらい点検があって 勤めに出ている人は大変だなぁ〜って 思う。
安全のためには しかたないかな。

「マグニチュード7・3の首都直下地震が起きると、首都圏で19万5400戸の家屋が全壊するとされるが、ほかに斜面を支えるコンクリートや石の壁(擁壁)が崩れるなど宅地での被害が約36万カ所で起きうることが、国土交通省の推計で新たにわかった。」
という ニュースがありました。
首都直下地震が起きた場合の埼玉、千葉、東京、神奈川4都県の被害を推計したものだそうですが これだけじゃどのあたりで起きたかわかりませんし なんともいいようがないのです。
でも 甚大な被害になることは まちがいないでしょう。

都心は 擁壁とか 土砂崩れより 住宅密集地の 火災の被害が大きいかも。
大きな道路の無電柱化は 進んでいますが 迅速に救助に入るためには もっと無電柱化が進むべきだと思います。

地震 ついでにミサイルの心配まで あって なかなか 心休まりません。
震度5強は経験あるけれど それ以上はどうなるかわからない。
5強でも 充分怖かった・・・・
もう最初 「関東大震災!!」って しか 思えなかったですもの。。。

自家発電があるマンションなので 緊急時の非常灯などは 大丈夫ですが
エレベーターは 安全点検終わるまで 止まりますね。
給水は 給水所がそばにあるし 避難場所もすぐだし
頭ではわかっているけれど どうなんでしょう。

やはり 火災が怖いから 避難梯子の点検は 必要だ。

そういえば 最近 高層階より 中層階に 人気が出てきたようです。
50階だののタワマンの上は 富裕層や外国人におまかせして
中産階級は 梯子車の届く 30m程度の 10階 11階に 人気があるそうです。
エレベーターが 止まっても ぎりぎり なんとかなる 階だそうです。

やはり それより上だと 防災設備が 部屋の中につくし 点検も部屋中まではいりこまれるし
なんとなく いやかも。。。。

知り合いのマンションが 先日道路前の店の ガス爆発の影響で 窓ガラスが全部割れたらしいのです。
冬のさなか えらい迷惑なのですが 幸いけが人がいなかったそうです。

しかし ガス爆発というのは 火災ではないので 火災保険は下りないらしい 。
では 誰が なにで補障してくれるのか・・・
相手方が 賠償保険に入っていれば いいのですが 入っていなかったら 。。。。。
マンション5階なのに 道路に面している部屋の 窓ガラス割れたそうです。
倍賞額もたいへんなものです。
何十軒もの部屋が割れたのですからねーー
はたして・・・
弁償してもらえるのでしょうかね〜
よけいなことでしたが
点検の日に あれやこれやと 思いました。

しかし
戸建でもマンションでも 火災ではない ガス漏れ事故 爆発となると 賠償は
火災保険ではダメだってこと はじめて知りました。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年01月18日

メンテナンス・・・

今日は 比較的暖かかった。
午前中 多摩のほうは濃霧で 電車などが軒並み 遅れていましたが
私のところは 朝から青空でした。
ところかわれば・・・ですね。

午前中は 歯医者へ。
クリーニング最後の日。
グラインダーのようなもので 歯の表面を磨いて 茶渋などで 茶色になった歯の裏側などをきれいにし
つるつるするような 薬を塗って おしまいでした。

歯の美白となると 自費で ホワイトニング・・・漂白するらしいのですが
そうまでして 白い歯になる必要はないので これで十分。
それでも 歯の裏側まできれいになって 満足です。

たまに いかないと また 着色しそうですけどね・・・・

食事のあと きちんと磨ければいいのですが 出先だとそうもいかないこともあるし
つい面倒で 忘れたり おやつなど食べてそのままだったり・・・
なかなか 歯まできがまわらないこともあります。

芸能人などの 異様に光る白い歯は きっと美白だなぁ〜
美白のVTR見ていたら まず 歯に合うマウスピースを造り 寝る前に 漂白剤みたいなのをそのマウスピースに入れて
そのまま 歯にはめて 一晩寝る・・・って。
それを毎日だそうです。

要するに 漂白しているわけですね。

寝ていてはずれないように ちゃんと自分に合ったものをつくるのです。
でも
はずれそうで いやだ。。。。

芸能人の方は 歯だけでなく お顔のメンテナンスも必要だそうで
これがまた 2日に1回とか 顔になんちゃらを注入して 保つとさ。
となると 首のしわとりや 手のしわ伸ばしも必要で 体形を保つための努力も必要で・・・
それなりの髪も毎日整えて 衣類も 高級品を着て
お金湯水のごとく 使って・・・・
なんて
めんどくさいのだろうか。。。

あるがままに 生きるのも ある意味 幸せなのかも と 思うこの頃です。

タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年01月17日

野菜が高い

野菜が高い。
キャベツ1個 398円とか 大根1本300円とか・・・
レタスは硬くて しなびていて買う気にならない。
食べないわけにいかないので 必要なら買いますが ほんと 困ります。
もっと 工場野菜が 普及してくれれば ありがたいのだけど サラダ用の葉物とか ミニトマトとかそういものに限定される。
ミニトマトも 安いのは硬くてすっぱいので チェリートマトとか フルーツトマトとか 値段の高いものを食べている。
冬は 野菜も高いのはしかたないのかな。

ほうれん草は ゆでるのが面倒で いつも九州産の 冷凍ホウレンソウを使っているので 値段は安定。
ほかに 北海道のインゲンとか かぼちゃとかも 生協の冷凍野菜です。

毎日使うものだから はやくいつもの値段に戻ってもらわないと 鍋もできません。
白菜が高くてね。

昔の人はどうしていたのだろう。
冬に野菜が取れないときは 何を食べていたのだろうか・・
気になります。

今は 年中なんでも手に入るので 旬など なくなっているに等しいのです。

欲しいと思うものは 年中手に入る。
ナスも トマトも キュウリも。
夏にりんごも みかんもね〜

なんか こう野菜が高いと 東日本大震災のとき 思い出します。
あのときも 放射能汚染心配で 田舎から野菜送ってもらったことあります。
でも 全国的に野菜は高いし 送料もバカにならないしで 外食するよりは 安いかーーなどと
諦めています。

はやく 安くならないかしらね。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年01月16日

赤いオーロラの街で

SFに分類される本を読みました。
しかし これは SFというより 近未来に起こりうる 災害の物語です。
oror.JPG
タイトル赤いオーロラの街で 
著者  伊藤瑞彦/著 
出版者東京 早川書房(文庫)
出版年2017.12

第5回ハヤカワSFコンテスト最終候補

出版社 内容紹介
もしも太陽フレアの影響で、世界停電が起こったら?
舞台は北海道、迫真のシミュレーション小説

仕事に悩む 青年が 北海道斜里町に出張中 赤いオーロラが 空を覆う。
街中が停電。
変電所は焼け 通信網も上下水道も 使えない。
この町だけかと 思えば どうやら 世界中らしい。
インターネットも電話を使えない。
とぎれとぎれのラジオの電波を拾うと 超巨大な太陽フレアによるもので、全世界の通信・交通網もすべてストップ。完全な復旧には少なくとも数年かかるという。

東京に戻れない。飛行機も飛ばないから 旅行客は帰宅難民となっていた。
産業もSTOP.
さぁ・・どうする。

電気がある生活が当たり前の社会。
『シミュレーション小説』として 備えとして 一読の価値ありです。

解説は太陽フレア研究の第一人者で一般書「太陽 大異変 スーパーフレアが地球を襲う日」を書かれたこともある宇宙物理学者,柴田一成京大教授。
ほぼ 正しく描かれているそうです。
その日のために 備えのために 参考になるそうです。

19世紀に起きた「キャリントンフレアのような」のフレアで生じる事態を超える 想定をしなくてはいけません。
キャリントンフレアを超えるスーパーフレアが太陽で起こる確率はたったの数百年に一度の確率とさえ言われています。
千年に一度の 大地震を体験した私たちに できることは 何か・・・
便利さを求めるあまり 大切なものを失ってきたのではないでしょうか。

電気 通信 が途絶え 幸寿も稼働できない 石油も 食料も輸入できない。
大都会の 高層ビルは エレベーターが動かなければ どうしようもなくなる。
トイレも 使えない。
食糧は なくなる。
モノの値段があがりお金では買えなくなる。
それ以前に オンラインが使えなくて 預金が出せません。
生き残るのは 自給自足できるところなのか。

都会はゴーストタウン化し 田舎に 移住していく。
でも 田舎だとて 自分たちの生活を守らねばならない。
まるで 戦時中の疎開のように なってしまう。

この本は 幸いにも性善説で 都会の人を快く受け入れるという内容なのですが
はたして そうなるか・・・

人間て 善悪もまわりの環境などに左右されるし 都会から人が押し寄せてもすべて 受け入れられるか・・と
疑問に思いますね。

文明は 中世に戻る。
馬車で移動 木炭自動車。
温泉地は 疎開民であふれる。
川の水 井戸水 ・・・
畑仕事 それぞれ工夫しながら 立ち直っていきますが 人間の知恵に期待するしかないでしょうね。

 超巨大太陽フレアによる世界停電。
明日訪れるかもしれない天災を この本で体験してみるのもいいかもしれません。
タグ:読書
posted by うめのはな at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書

2018年01月15日

相続の話

長期にわたり登記されず所有者が不明になっている土地の問題について 新法ができるらしい。
ある日 突然法務局から 不明土地の親族を探し出され 連絡がくるかも・・・ですって。

所有者不明の 土地家屋の面積は 全国で 九州ほどあるらしい。
勝手に壊したり 処分できなかったので 社会問題になり 今回新法制定の運びになったとか。

あの手この手で 親族探して 相続 登記してください はいいですが
それまでの 固定資産税などはどうなるんでしょう。
処分 するっていったって 廃屋を解体し 更地に して売るのもなかなか 困難そうだし
そういう時は 相続放棄をすれば いいのでしょうかね〜

もっとも 私には その心配はないと思います。
しかし
将来は どうか わからないなぁ〜

不動産というのも 利点もあるけれど 欠点もありますね。

そのむか〜〜〜し。
遠縁のまた 遠縁の沖縄出身の人が困っていた話。
沖縄の墓って 何百坪もあるそうで そこが 道路拡張でたちのきになり 売ることになりました。
その家の 長男は東京に出て 若くして死亡。
しかし その配偶者と子供が 7人。
それぞれに 配偶者と子供がいて・・・・

沖縄に住む いちおうあとを継いでいた次男さんは 全国に散らばっている 長男の配偶者と子供を探し出し
相続放棄 売却承認の サインとハンコもらうのに 苦労したそうです。

相続って 不便だねーーー

私の身近な出来事でも 
とある 東京の有名デパートの社長さんだった人がなくなり
奥さんには 子供がなく すべての財産を 奥さんが相続。
その奥さんが なくなったとき 親類縁者がわからなくて 裁判所が 探していたところ
たまたま それを知った 姉妹が名乗り出て 何億かを相続しました。

実は それ遠縁の人。

私たちにも同じように 相続の権利あったんだけどなぁ〜
なんとも 残念なことでした。

地方にある空家の処理も スムーズに 進むといいですが
放棄したときは 税金で処理するのでしょうね。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年01月14日

認知症と預金

認知症になった 家族の預金が引き出せなくなる という記事をみました。
家族が または 親が 認知症になる。
介護施設に入れたり 病院に入れたりするのにかなりの費用がかかる。
本人の預金を引き出して その費用にあてようと 思っても 預金は引き出せないということです。

銀行って 預けるときは 調子よく ほいほい受け付けるのに
いざ 引き出そうとすると 本人が窓口にいかないといけないし いろいろ書類が必要です。
寝たきりで うごけないっちゅーの!!って いっても だめなんです。
委任状を持ってこいだの なんだのって・・・・

そもそも 認知症になったら 委任状など書けませんしね・・・
書けるうちに 書いてもらうしかないんだけど。。。
勝手に 書いてくれと頼むと いくら家族でも いい気はしないです。

入院費用 何か月もの 介護施設入所の費用。一時金もいるだろうしね。
かなりの負担です。
定期預金解約しようにも 本人じゃないとできなくて お金どうしよーーー!ってことになります。
普通預金で キャッシュカードと暗証番号わかれば なんとか引き出せるかもしれませんが
大きな費用だと やはり定期解約になります。

これは どうしたもんでしょうーーー

司法書士に頼む方法もあるそうですが 2~3か月はかかるし
申請する費用は実費で6万円〜11万円程度かかります。
それに加えて、弁護士などに申請を依頼すると20万円程度はかかります。
合計すると30万円前後の費用が必要ということです。

あらかじめ 家族に信託しておく方法もあるそうですが この手数料もかなり大きいです。

最後の手段は
銀行に直談判。
泣きつくしか 方法がないそうです。

なじみの顧客なら ともかく たまにしか利用しない客じゃ 話すら聞いてもらえないかもね。

自己防衛は
認知症の気配があったら すぐ 解約させること くらいかなぁ〜

預金なら まぁ なんとかなりそうだけど
自宅の売却は できないそうですよ。

死ぬまでね。
たとえ 住む人がいない 家でも
生きている間 固定資産税を払い 管理しなくてはいけません。
勝手に売るわけにもいかないらしいです。

なんか もっといい 方法にならないのかしらね。
posted by うめのはな at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年01月13日

大雪

大雪で受験生も大変。
福井に電話したら やはり60cmほど 積もっているとのことでした。
最近はそこまで 積もることはなかったとか・・
道は一日に二度 除雪車が出たので 大丈夫らしいけれど 屋根の雪も積もっていて あちこちで雪下ろししているそうです。
高齢化で 雪下ろしどころか 雪かきも大変です。

古い家だったときは だだっ広い普通の家の2〜3軒はある家の屋根の雪をおろし 狭い道に下ろした雪を 川まで捨てに行ってかなり大変だったそうです。
100年たった 家は つぶれないか心配だったからです。
しかも 4.5mほどしかない 旧町の中の道は 雪が積もればどけないと 車も通れなくなるからです。
もともと 古い町内は 車の通行など想定して 整備したわけでもないですし 江戸時代から
の町並みは そう変わるものでもありません。
地震にも 震災にも耐えた街並みの いいところでもありますが 防災面では 欠点です。

今日は 東京もいい天気でしたが 寒かったです。
部屋の電気を LEDシーリングに変えて おお!明るい!って 感激してあたふたと
医者に行きました。
1時間待ちを覚悟したのに 順番とってから 時間見計らっていったら 5分待ちだけで済んで こんなことめったにない!ってこれまた 感激。
風邪ひきさんが 多かったですね〜
流行っているらしいです。

気を付けましょう!
最近 どこにもいかなくて ネタ切れ。。。。。
書くことがない〜〜〜
休む日があってもいいかもね。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年01月12日

雪の思い出

北陸が大雪だそうで・・・

福井でも 沿岸部 特に 三国町は 雪が少ないところです。
今年は どうなんでしょうか・・・

私が子供の頃は 冬は雪。
あたりまえのことでしたが 近年は 一冬に何度か 積雪がある・・そんな感じだったと思います。
場所にもよるのでしょうが 驚くほどの大雪は なかったように思います。

今は 家が新しくなって多少の積雪でも 心配ないのですが
旧町内は それこそ100年もたつような 古家が並んでいましたし
我が家も相当古くて 屋根に30cmでも積もれば 心配で 屋根の雪下ろしをしていたそうです。

子供のころは 雪はあたりまえ。
屋根の雪下ろしも あたりまえ。
軒先が 雪で埋もれていたり 中庭が雪だらけで薄暗くなっていました。
屋根の雪で狭い道路が よけい狭くなって 車も通れないこともありました。

通学が 大変でした。
学校は坂の上。
すべりながら 歩きます。
対向車が来ると とても怖かったです。
徒歩15分ほどの 道のりが とても時間がかかりました。

粉雪舞う頃は 学校の玄関先で コートについた雪を箒ではらってから 入りました。
玄関先が びしょ濡れで それが 翌日凍って すべりました。

教室は ストーブで暖かいけれど 体育館は 寒くて・・・
凍るような 更衣室で着替えをして みな震えていました。

若いから 我慢できたのでしょうね〜

とにかく 寒いのは いやです。
雪が降っていないだけ ましですが
今日は快晴ながらも 外は寒かったです。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年01月11日

鏡開き

1月11日は 鏡開きの日。
関東など 松の内を1月7日までとする地方では11日に、関西など松の内を15日とする地方では15日に鏡開きを行う場合が多いようです。

子供のころ 実家では かなり大きなお供え用の餅を飾っていましたから 鏡開きの日は 鏡餅を切るのが大変でした。
カチカチになった 大きな餅は 包丁では切れません。
金づちでたたいて割ったり テコのような 包丁で力を入れて切ったり そりゃもう 重労働だったようです。
割った餅は 皆でいただくのですが 私は これが 大嫌いでした。

そもそも 青いカビが生えていて いやでした。
そのカビをこそげ落とすのですが 妙な味が残っています。
薄く残った カビは 餅を水につけておくのですが これもまた 変な味がします。
これって よくないと思います。
子供の頃は 何の知識もなく 大人の言う通りでしたが 今なら絶対食べません。
青かびは 青かび。
身体にいいわけないです。
昔は 食べ物を大切にしていましたから 鏡餅を食べることが 無病息災と信じられていたのでしょうが
悪いものは悪い・・・・

今なら 真空パックとかで 大丈夫なんですがねぇ〜
30cmもあるような 大きなものがあるかどうかはわかりませんが 家庭用はパックに包まれています。

でも お餅そのものを食べる習慣が少なくなってきましたから 鏡開きなどという行事も忘れられていくのでしょうか。

青かびですが 食パンやみかんにも生えます。
昔は カビをよけて 食べましたが
本当は カビが生えた時点で 全体がダメなんですね〜
もっとも 今のパンは カビすら生えないよう 添加物が入っているのですが
それが いいとは・・・・・言えません。

昔はみな そうやって 青かび生えた餅など食べたのですが
アレルギーが増えたり がんが増えたりした ひとつの要因になったかもしれません。
そうじゃ なく元気で長生きしている人もいるので 一概にそうだとは 言えませんね。

カビをとってまで 食べるということが 少なくなったのは 暮らしが豊かになった証拠でしょう。
食糧ロスも増えました。

食べきれるだけのものを 買い はやく消費する。
これが 一番です。

なんでも ものが多すぎます・・・

ああ〜鏡開きの日でしたね。
当然 何もやりません。
そもそも お供え餅も ないです。

でも なんとなく 子供の頃を 思い出しました。
福井は 11日だったような気がします。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 08:44| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年01月10日

私服でいけないの?

地域がら 複数の相撲部屋が近隣にあります。
時々 コンビニに自転車で買い物に来たり するのを見かけます。
浴衣の人もいますが さすが自転車じゃ危ないし 私服が多いです。

なんでも 貴乃花部屋の力士が私服で出かけたからと 厳重注意を受けたとか。
なんで 貴乃花部屋だけなんでしょう。
しかも ニュースにまでなった。

そりゃ〜師匠にくけりゃ 力士もにくい ってのは 感じますが
それなら きまりを 徹底したら いかが?

今は 某親方となっている人も 両国のスーパー前で Tシャツで買い物しているの見かけましたし
つい先日 ご注意のあとに 横綱さんが 私服でインタビューに答えていたじゃないですか。

こんな人もみかけましたし〜したっぱさんじゃないですよ。
smotr.JPG
名誉のため 顔はかくしますが 関取です。

ジャージ姿もいますし なんで 貴乃花部屋さんだけなんでしょうね〜
まるで これみよがしで いじめみたいで いやな感じがするのは 私だけでしょうかね。

プライベートでも 私服はいけないのなら 全員に注意 徹底しましょうね。
さて
自転車のお兄ちゃん よく見かけるので 注意してみていよーーっと!
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年01月09日

カレー味

日本橋のROJIで買ったおかしを 食べてみたら これが 当たりで 少し食べ過ぎた感じです。
ROJIは 時々行くのですが 普通のお店では買えないような 少しかわったお菓子などが置いてあります。
もともと おつまみ缶詰が メインなんですけどね。
cryys.jpg
しっとりカレーせんべい。
買うとき 中辛ですが そんなに辛くないということを確かめて 買いました。

これ
ずばり 美味しいです。

せんべい云々より カレーの味が 絶品なんです。
幾種類かの スパイスが効いていて このルーそのままで カレーライスが食べたくなりました。
今まででこのまま ご飯にかけて 食べたいと思ったカレー味はこれがはじめてかも。

せんべいは しっとりで やわらかいです。
パリパリではないです。
ナンにつけて 食べている感じです。
そこがまた つい 食べ過ぎてしまう原因なのでしょう。
とにかく カレーの味が美味しいです。

半分たべて また今度・・・と
思っていたら 今朝 袋がカラになっていました。

「あーーー全部 食べられた〜〜」
「ほとんど 残っていなかった」
って
そうかなぁ・・・・・

また 買ってこよっと。。。。。
タグ:グルメ
posted by うめのはな at 09:32| Comment(0) | グルメ

2018年01月08日

成人式

今日は 成人式だそうで あちこちで式典があったようです。
女子は着物で 同じように首元にショールを巻いて・・・
個性がないというか 横並びで つまらない。。。
ニュースで見ましたが 予約したレンタル着物やさんが トンズラして 着物が届かなかったとか。

「2年も前から 予約したのに!娘がかわいそう!!」
と言っていた 親もいました。

TV画像みたら みな私服でもそれぞれ おしゃれしていて かえってさわやかで いいんじゃないかなぁ〜
なんて 思いました。
同じような 着物姿より ずっと よかったように思えました。

なぜみな レンタルして 同じように着物なんでしょう。
仲間はずれは 怖いのかな・・・
日本人らしいといえば そうなんだけど 成人ともなれば それぞれ別の道 歩んでいそうだけど。
親の見栄なのかしら なんて思ってしまいます。
まぁ 一生に一度の 晴れ姿なんでしょう!!

でもそれで レンタルって 寂しくない?決して安くない レンタル料金です。
そのお金で 自分のこれぞ!っていう 服でも買えば あとでも使えるだろうに、と 思ってしまいました。
ま・・・流行りでしょ。

私のとき。
成人式 行きませんでした。
都会に出ている人も 出席できないでしょうね〜
地方から出てきたら 住んでいるところに 幼馴染もいないし 知り合いもいないし
そんなもんでしょう。
18歳が 成人になるなら 高校卒業時に成人式やるのもいいかもね。

それじゃ つまらないか・・・・・

なんせ いったん 故郷をでれば 同窓会だってなんだって 出にくくなるし 
ああいうのは やはり地元にいる人のための 顔合わせにすぎないと 思います。
遠く離れてしまえば
みな どこで何しているのやら 生きているのかどうかさえわからないのです。

老年式なんてのもあったら 面白いなぁ〜
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 16:28| Comment(0) | エトセトラ

2018年01月07日

粥の話

1月7日は 七草かゆ の日です。
福井にいたときから こういう行事はしたことがありません。
七草粥など 食べたことがない というほうが いいでしょう。
そういう習慣はありませんでした。
でも
かゆは 好きでしたね〜
よく さつまいもの粥や いろいろな粥をたべさせてくれました。

今までで一番 美味しいと思ったのは
本格的な 中華料理やさんで食べた 薬膳かゆかな〜
それが ホンモノの中国風なのか 日本風なのかはわかりません。
中華料理といっても 日本で食べるものと 他国でたべるものとでは
違うからです。
日本のものは 食べやすいし 美味しい・・・・
たとえ それが 横浜などの中華街で食べるものであってもです。

ロサンゼルスの中華街で食べた 中華料理は 味も好みじゃなかったし あぶらっぽいし
米もぱさぱさだったし なんかどこか 違っていて まずかったです。

国内の中華料理は 日本人好みになっているのでしょうか・・・
中国には行ったことがないのでわかりません。

記憶に残る 粥の味は
大磯で 体調を崩したとき 宿の人が 作ってくれた 「卵かゆ」これが とっても美味しくて
忘れられません。
とても ありがたかったです。
プロの料理人のつくる 粥も またいいものだと思いました。

さて・・
今日は 粥 はたべません。
そういう行事をする習慣がないのです。

「粥」は 缶入りの「あきたこまち粥」を ケースで常備しています。
非常用のためと 病気の時のため。
これが 市販のレトルトより はるかに 濃厚で美味しいのです。
何事も 備えあれば。。。。ですね。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 13:19| Comment(0) | エトセトラ

2018年01月06日

夜中の地震

嘘から出た真 みたいに 夜中地震がありました。
ゆらっと揺れて 目が覚めましたが 起き上がることはせず TVをつけて・・・
ああ〜震度3か。。。。まぁ 2と3の間くらいだったかな?
で 眠くて また朝まで寝てしまいました。

昨日は 曇りで寒かったけれど 今日は快晴。
出かける気にもならず 初詣はまだです。

富岡八幡宮は さすが 参拝客が8割減ったそうです。
神様と事件は 別って ことでしょうが 気持ち的には どうかな〜
地元の 神社ですし なんてたって江戸3代祭りの 深川八幡祭りの 神社ですけどね。

隣は 深川不動尊の成田山ですし 両方 お参りする人も多いそうです。
今年は どうだったかな。
そのうち また 行ってみましょう・・・・
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2018年01月05日

緊急地震速報

今日は 緊急地震速報が入って驚きました。
ギューインギュイーンの音が 2台同時になったのですが はじめ 何の音だかわからなくて こんな音に設定したかな?くらい・・・携帯の画面見て 「緊急地震速報」ってあって びっくりして TV。
すでに TVは速報画面で 危険を知らせていましたが 揺れない・・・
遠くかな と思えば 関東。
揺れないし〜なんだろうね〜って思って いたら
そのうち茨城で震度3って。。。
はずれだねーーーって。
東京は全く 揺れませんでした。

久々の 緊急地震速報で 驚いたけど あの音 思い出せたので 訓練にはなりました。
家族に知らせたし ドアを開けたし 危険なものないか 考えたし
さっと 立って身構えたし、訓練だと思うことにしました。
しかし
驚いた。あれは 心臓に悪いね。3.11のトラウマ。
多かれ少なかれ みな あの音は いやだと思っていることでしょう。
たいしたことなくて
よかった よかった。

午後は 歯医者。
なんか もういや〜完璧めざさなくても
適当でいいと思うのにね〜
プロは 妥協しないですね。
ということで 残り1回。
次は 美白かな・・・

今日は寒いです。
外は 頭痛がするくらい寒かった。。。。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 15:13| Comment(2) | エトセトラ

2018年01月04日

置いてけ堀 人形焼き

直木賞作家の宮部みゆきさんの「本所深川ふしぎ草紙」は吉川英治文学新人賞を受賞されたのですが この話のヒントになったのが 、山田家という人形焼き屋さんの の包装紙だそうです。
huso.jpg
下町風情あふれる、「本所七不思議」の包装紙。の一部です。包装紙には7つの絵が描かれています。
漫画家で江戸文化研究家の宮尾しげを氏の筆による、江戸の伝承話「本所七不思議」。
ngoitk.JPG
「七不思議」のひとつに、たぬきが主役の錦糸町を舞台にした「おいてけぼり」というお話があります。
oitek.JPG
それが山田家さんの タヌキ型の人形焼の由来になっているそうです。
お店は 錦糸町にあります。
oitkr.jpg
両国 第一ホテル前に 置いてけ堀・御竹蔵跡 の説明板があります。

お正月の食べものに飽きて 甘い人形焼きを食べました。
山田家さんは人形焼専門店です。
創業当初は卵問屋だったとかで 卵にこだわった人形焼きだそうです。
中身の餡もびっしりつまっていました。
美味しかったです。
タグ:グルメ
posted by うめのはな at 17:29| Comment(2) | エトセトラ

2018年01月03日

赤ちゃん

今日は 小さなお客様。
しかし・・
赤ちゃんの 小さな体のパワーはすごいです。
手足 体 口 休まず動く。
寝ている時だけ 手足は休みますが 起きているときは パタパタ ピョンピョンと 動いています。
そのエネルギーは 大変なものです。
asi.JPG
泣いたり 笑ったり 声をあげたり・・・
意思表示が すごいことすごいこと。
喋れなくても 要求はちゃんとする。
そのパワーは 大人もたじたじ。

大人は 絶対服従のシモベとなるのです。
誰でも そうだったでしょうが
自分では わからない。

赤ちゃんのパワーとエネルギーには どんな大人も 負けますな〜
負けないのは やはり母親ですかね・・・

他は 完全にシモベです・・・・
少し エネルギーを貰いたいくらいです。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 21:07| Comment(0) | エトセトラ

2018年01月02日

正月2日目

今日は快晴で 朝 富士山の白い山頂部分が見えました。
年々 見難くなっていて・・今や 半分くらいしか見えません。
高いビルが どんどん建ったからです。

いい天気で 暖かいです。

朝から どこからか
「とぉしの はじめの ためしとて〜♪」なる音楽が聞こえてきたり
「君が代」が 聞こえてきたり・・・

どこかで 年頭の集会やっていたのだろうか。。。
ホテルもあるし 公園もあるし 企業もあるし 学校もあるし
どこからなのかは わかりません。

たまに 救急車のサイレンも聞こえますし
ヘリの飛ぶ音も聞こえました。

車の音は意外と しないのです。
人の声も 工事の音も 聞こえず 静かなお正月です。

宝くじも 年賀状も お年玉も 何もなく
のんびり いつも通りでした。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 21:10| Comment(0) | エトセトラ

2018年01月01日

元旦

新年 おめでとう ございます。
今年も みな健康で すごせますように。
inu.JPG
平成三十年 元旦   戊戌 (つちのえいぬ)
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 18:24| Comment(0) | エトセトラ