2017年07月15日

おにぎり

おにぎり。
今はコンビニの三角形の おにぎりが 全国的ですが 実は 私が子供の頃は 福井ですけど おにぎりではなくて おむすび と言い まるっぽい形でした。

遠足でも お弁当でも 丸形 俵型の おむすびでした。
そのほうが 弁当箱に 収まりもいいし ノリをつけても見栄えがいい。

はじめて三角形の おにぎりっていうものを 見たときは 少し驚きました。
三角形は 合理的だと思ったのも確かです。
工場でつくるからなのかなぁ〜と 思ったりもしました。

関西ではたわら型が主流で、呼び方もおにぎりではなく「おむすび」でしたが 今もそうなのかな・・・。
江戸時代からか、関西では商人全国旅したりするのため お弁当箱入れやすいよう たわら型 が主流だったとか。

関東では、武士が竹の皮に包んで持ち歩くために、三角のおにぎりができたと言われています。三角なので強くにぎることができ、崩れにくいためとか。

工場でつくるからじゃなかったのか・・・

東京に来て 皆が 三角形のおにぎりを うまく握っているのに 慣れない私は どうしてもうまく三角形にできませんでした。
今も うまくできません。
小さいころからの 習慣が抜けないのです。

三角形は 食べやすいし 持ちやすいけど 
美味しく見えるのは 俵型かなぁ〜
偏見かも。

でも 最近は 素手でにぎった おにぎりはたべたくないことだけは 確かです。
TV見ていたら 寿司屋さんも ビニール手袋していたの見ましたけど。。。。
いいんだろうか・・・・
何かそれは 味気ない。。。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:18| Comment(2) | エトセトラ