2017年06月03日

高齢者講習とやら・・

最近 高齢者の痛ましい交通事故がよく報道されます。
運転免許の更新で 特別な講習が必要な 高齢者っていうのは 75歳からなのかなぁ〜
って 思っていました。
そうじゃないんですね〜

70歳〜74歳までも 高齢者講習なるものを 受けないと 免許の更新ができないって 知りました。
なんか講習のあと 実車もあるようで 2時間も講習受けなきゃならないとか。
しかも その講習は免許センターじゃなく 指定された 教習所だそうです。
費用も バカにならないです。
この講習を受けたあとに免許更新の期間に 講習済証明書を添えて 普通に免許の更新手続きだそうで その時もまた 費用がかかります。
なんか 形だけの講習で 不合格というのはないらしく じゃ〜なんのために!って 思いました。
こういう システムだと まったく知りませんでした。
75歳からは 認知機能の検査もあるようで また 違うらしいです。

それでも ペーパードライバーな人は 困りますよね・・・
だって 運転したことないんですもの。(免許とっただけって いう人も多いと思います)
それに 都会で生活している人は 車が必要じゃないから 運転してないって人も多いですし。。。。。
私も 東京に来てからは全く運転していません。もう 運転できないと思います。
免許更新にいって ゴールドもらって 身分証明かわりに免許証持っているだけです。
今後また どう法令が変わっていくかは わかりませんが そう遠くない将来 今でもできないのに 実車試験なんて できるわけがない。
その時は 免許返納かな〜って 思います。

高齢者の事故 ふせぐためになら 
形だけの 講習を義務付けるだけじゃなくて
もう少し 違うシステムがあってもいいかもね・・・・
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:53| Comment(0) | エトセトラ