2017年04月10日

「名所絵から風景画へ−情景との対話」三の丸尚蔵館

三の丸尚蔵館に 開催中の展示を見に行きました。
snmrs404.jpg
第76回展 「名所絵から風景画へ−情景との対話」
開催期間:平成29年3月25日(土)〜6月25日(日)
前期:3月25日(土)〜4月23日(日)
中期:4月29日(土・祝)〜5月21日(日)
後期:5月27日(土)〜6月25日(日)
snmr404 (1).jpg
雨後 川合玉堂
大正13年(1924) 前期展示
入り口 右上部にあるのが この絵です。
この絵が見たくて行きました。
雨あがりの 空気が伝わってくるような絵です。
snmr404 (2).jpg
今回のパンフレット
「四季山水に恵まれたわが国では,古来より風光明媚な名所が和歌の歌枕として詠み込まれ,風雅なイメージが形成されていきました。そして名所を題材にした名所絵や歌絵は人々に親しまれ,様々な変遷を遂げて,現在の私たちが親しむ風景画へと発展してきました。
 本展では日本人の自然観の形成と深く関わる名所絵から,身近な光景に情緒や景趣を見出そうと試みた風景画まで,近世から近代にかけて描かれた作品を中心に紹介します。」HPの説明文より 
snmr404 (3).jpg
入り口の 案内板の写真です。
富士山は いつの世も  題材としては最適なんでしょうね。
水彩だけでなく 油彩もありました。

こじんまりした 展示室ですが 宮内庁所蔵品が無料で見ることができます。
posted by うめのはな at 07:00| Comment(0) | 千代田区