2017年04月01日

麩まんじゅう

以前から 気になっていたお店に 行ってきました。
江東区東陽の イースト21近くの 東京では珍しい 京生ふの工場直売店  ふ清 さんです。
地元の人や業者さんなどしかわからないような 本当に目立たない場所にあります。
江戸年間京都に創業した老舗だそうで 東京で製造している京生ふ・細工ふ・京生ゆばは 毎朝つくりたてで 築地や高級料亭に卸されているそうです。
だから 小売りは売りきれたら終わりです。
fsyb (1).jpg
ふ清 江東区東陽7丁目
工場直売ですので 駐車場の車が止まっている 奥まったところに小さな窓口があって インターホンを押して待ちます。
窓口に本日の 商品の写真があり 売り切れ とか 本日は冷凍のみとか 書いてあります。
幸い まだふまんじゅうは ありました。
fsi (1).jpg
こしあん麩まんじゅう(160円)x3個、利休巾着麩(140円)x2個 これだけが残っていたので全部買いました。
午前中11時前に行ったのですが それで売り切れみたいでした。
fsyb (3).JPG
ヒモで縛ってあるのが利休巾着麩(白ごまあん)です。
fsyb (2).JPG
利休巾着麩(白ごまあん)のおおきさは 500円玉くらいの小さなものです。
本当に一口です。
包みは本物の笹の葉で濡れています。
初めて食べましたが 弾力があって もちもちしていて 表面はつるりとした滑らかさです。
餡が これまた上品な甘さで美味しかったです。
料亭の 甘味 お茶請けにぴったり!
fsi (3).jpg
手土産に・・と思いますが 当日しかもたないし 手に入れることすら難しそう。

ふまんじゅうは 初体験の感触 味 でした。
fseim.jpg
この次は生麩や 生ゆばにしてみようかな。
タグ:グルメ
posted by うめのはな at 09:46| Comment(0) | 江東区・江戸川区