2017年03月31日

白もくれん

江東区内を東西に流れる汐浜運河沿いの「潮風の散歩道」(東陽1-1地先〜新砂1-3地先)は 白モクレンの並木道が きれいなのですが どうやら今年も終わりです。
sokzmokrn.JPG
これは ずっと前に写したものです。
見ごろのころは こんな風に咲いています。
hkmokurn (1).jpg
これは 別の場所の 白もくれんですが 黄色くなってやはり終わりかけです。
hkmokurn (2).jpg
殺風景な歩道に1本だけ植えられていますから とても目立っていました。
無電柱化された 道路で すっきりした 歩道にこれから また街路樹が復活しそうで 第一弾として今 花の咲く 白モクレンを選んだのかもしれません。
だとすると ・・・粋だなぁ〜と。
タグ:
posted by うめのはな at 16:14| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年03月30日

桜 三分咲きくらいです。

区役所へ行きました。
年度末ですごく 混んでいました。

近くの 桜の木です。
skr330.JPG
今日になって 花が開いて3分咲きくらいです。
skr3302.jpg
満開は 来週はじめくらいかしら・・・
楽しみです。
タグ:
posted by うめのはな at 12:42| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年03月29日

安全 安心

今日は 午後から第7回市場問題プロジェクトチームの 中継を見ていました。
多少なりとも 環境分析にかかわったことがあるので 科学的に安全だから・・という昨今のご意見には不満でして・・・
どういう 見解になるのだろうかと 思ってみていました。
専門家会議の 平田先生は たしかに 科学的には安全です。といいました。
もう少し わかりやすい説明をすべきでしたね〜
相手は 素人なんですから・・・
それがもとで 都議会やコメンテイターが そろって科学的に安全と 叫び始めましたしね〜

今日の 小島先生の とりまとめは とてもよく わかりました。
素人さんでも よくわかる解説です。

科学的に安全ということは 4万3千倍のベンゼンが出ていようが 980倍のシアンが出ていようが 直接 触れたり水をのんだり しなければ 法令上は安全ということです。
それゆえ 何も対策をしなくても そのままでも 安全だということです。

豊洲は 都が環境基準まで 数値を下げて 安全にします。ということで 法令上は安全なのに 860億もかけて土壌汚染対策をしたということです。
科学的 法令上は安全だというなら 860億は何のためだったのでしょう。
安心のため 環境基準値以下にするためだったのです。
だから 今は 安心ではないということなのです。

法令上は安全でも 健康被害の発生有無は別問題で 過去の公害病と言われるものをみてもわかります。
直ちに 影響が出るものでもありませんし 気化してどんな影響があるかは 今の時点ではわからないです。
この 状態が安心ではないといいます。

今日の とりまとめは すぐ 公開されました。
とても分かりやすいので 確認してみるといいです。

土壌汚染の安全 安心は64ページから70ページです。
その他 築地の現況や再整備 豊洲移転の場合の 年間の赤字150億や資金ショートなどが書かれていました。
これ見ると 豊洲移転は難しい?

そういえば 東京都委託の 調査なんてのもやったっけなぁ〜
言いたいけど 言えないことありすぎて〜
お客様のご要望にお応えできるようにする 忠実なシモベでした。
ってか・・・
あの1〜7回までは高い値でたら再採水やってたんだってねーーー
そりゃ・・・・おかしいわ。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 18:23| Comment(0) | エトセトラ

2017年03月28日

痛み

痛みの感じ方は人それぞれだそうですが・・・
私も 痛い思いは 何度もしました。
これだけは 私だけが経験した痛みだろうなぁ〜と思う 痛みがあります。
高校生のとき 虫垂炎の手術を受けたときのことです。
局所麻酔でやることになりました。
手術台に寝かされたとき 先生が来て これから注射というとき 急患が運ばれてきて・・・
大きな病院ではなく 先生一人の病院でしたから 呼び出され あわただしく出ていきました。
そのあいだ 手術台に寝かされたまま しばし待たされました。
先生が あわてて戻ってきて そばに来ると・・・
激痛!!突然ズシンとくる痛みです。
声も出ない 息もできない。下腹部はしびれた感じで苦痛。涙すらでない。

「手術って・・・こんなに痛いものなのだ・・・」と。。。。逃げ出したくなりました。
と。。。。突然。
「先生!!」という叫び声。
「ありゃ〜まだだったんかいな? 痛かったら痛いって言わんかい!」
麻酔 まだだったのです。
先生は 麻酔かけていないことを忘れて そのまま メスをいれたのです。
切った おなかの上から麻酔薬振りかけたか 注射したかはしりませんが ぐにゅぐにゅした感じだけが残る中 手術しました。
切腹って こんな感じかもと思いました。

二つ目は 扁桃腺の手術のとき。
片方 ずつやるのです。手術そのものは 麻酔で痛くなかったのですが麻酔が切れたあとが 猛烈に痛くて・・・
水分とるのも 唾をのむことさえ 痛くてできず飛び上がるほどの痛みでした。
食事なんてとんでもないです。
1週間後 もう片方なんですが 
「もういいです。帰ります」って 言ってしまいました。
でも聞き入れてもらえず もう片方も 手術しました。

三つめは 腎結石。
夜中に 脇腹の激痛です。
これも 痛いですねーーー
とがった痛み。
ぎりぎり 何かでえぐられるような痛みでした。
結局 このときは 救急車で入院治療でした。

ナンバーワンは やはり切腹!ですよ・・・

これらの痛みに比べると 骨折も痛かったけど まだ我慢できる痛みかも・・
それとも まだ経験したことのない 痛みがあるのかもね〜
ああ〜怖い。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 16:27| Comment(2) | エトセトラ

2017年03月27日

相撲

昨日はいつもは見ない 相撲中継を見ました。
もちろん 稀勢の里の取り組み。
だめだろうなぁ〜 休場してもおかしくないしなぁ〜と 思いながらも 淡い期待をしながら見ました。
本割で 奇跡が起きて 勝って 決定戦。
もしかしたら いけるかもしれない・・と ちょっと期待値が増えて ハラハラドキドキ 祈るような気持で見ました。
中継見ている人の 多くがそんな気持ちだったかもしれません。
sumou.JPG
勝った!!とわかったとき 思わず 拍手しました。
会場も 割れんばかりの拍手で大騒ぎ。
誰もが 予想はしていなかったけれど もしかしたら・・が 現実となって ・・という感じでした。
素直に 嬉しかったですね〜
久しぶりの 日本人の横綱ですし 手負いでしたから・・・
日本人って 判官贔屓(ほうがんびいき)の情が強いですからね。

涙の稀勢の里を見て 
ふと あの 2001年の 貴乃花の取組と 「よく頑張った 感動した」の小泉首相の言葉を思い出しました。
ほんと・・・よく頑張った! 感動した!です。

今何かと 騒ぎがあって 大変でしょうが
内閣総理大臣杯授与に 安倍首相が登場したなら ちょっとだけ 印象よくなったかもね。

稀勢の里さん しばらくは 治療に専念して また頑張ってくださいね。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 14:50| Comment(0) | エトセトラ

2017年03月26日

床屋さんのサインポール

床屋さんのサインポールですが 日本では東京 常磐橋の側に在った、「西洋風髪剪所(かみはさみしょ)」で、明治4年に用いたのが最初となるそうです。
IMGP5329.JPG
江戸博にそれらしき サインポールが展示されていました。
くるくるまわるものではありません。赤と白のデザインです。
ウイリアム・ハーベーが動脈と静脈を発見したのが1628年ですが このサインポールは明治になっての断髪令後のもので まだ青が入っていません。
サインポールは、1540年頃、パリの外科医メヤーナキールが創案し、彼の医院の看板に用いたのが始まりです。
後に理容師にもなった人です。
日本においては、赤は「動脈」、白は「包帯」、青は「静脈」とも言われています。

では 江戸時代に床屋さんはあったのでしょうか・・・
髪結いさんがいて 床と呼ばれる仮店で商売を行ったため床屋とも呼ばれていたそうな。
当時の床屋は長い年月の修行が必要になる技術職でもあり 天明年間でおおよそ一回280文前後で、月代・顔剃り、耳掃除、髪の結いなおしをしたそうです。

今も昔も 床屋さんは顔そりや耳掃除までやると 相当な技術職なんですね〜
もっとも 最近は 髪切りだけど 安い髪切りが流行っていますけど。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 15:19| Comment(0) | エトセトラ

2017年03月25日

花の贈り物

桜は開花したけれど まだ見ごろじゃない。
来週末くらいかしら・・・

お花を頂いたので 写真に撮りました。
flower.JPG
ピンク色の 春らしいお花ですね〜
お花ありがとう!
タグ:
posted by うめのはな at 14:31| Comment(0) | エトセトラ

2017年03月24日

歴史

いいくにつくろう 鎌倉幕府 のゴロで覚えた1192年が なんと1185年に変更だとか、歴史教科書にいろいろ変化があるみたいです。
実際の教科書を見ていないので 知らないのですが ニュースによれば そういうことらしいです。
へぇ〜そんなの 昔からわかっていたでしょうがーーという感じですが 歴史というものは 解釈のしかたでかわるものなのでしょうかね。
日本列島における稲作は弥生時代になってからだと教わりましたが 最近では縄文時代から稲を含む農耕があったとする説が有力になっています。
「仁徳天皇陵」だって 今は 「大仙陵古墳(だいせんりょうこふん)」だと教えられているそうです。
う〜ん。時代がかわると 歴史も変わるのか・・・・

そうえいば 日本史を習ったとき 古代から 入り 延々と縄文 弥生 飛鳥時代だの戦国時代だのやってから江戸時代 せいぜい明治維新まで。 戦後になり近代になるころには 3月 時間切れで省略。 自分で 読んでおいて・・で 終わります。
近代史を知らないまま卒業。。。。
こういうの 正しくないですよね。
近代史から 逆に学んでいったほうがいいのではないかと思います。
古代は 読めばわかる・・程度でいい。

どうでしょうか?
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 10:52| Comment(0) | エトセトラ

2017年03月23日

第五福竜丸のマグロは・・・

先日 百条委員会を見ていて 思ったのですが・・・
あまり こういう問題に触れたくはなかったですが 一言いいたい。
石原さんが 築地には放射能マグロが埋まっていて 汚染されているみたいなことを言いました。
東京都知事だった人に そういうこと言われても じゃぁ〜あなたが 知事だったとき 何もしなかったのはなぜかと 追求したくなります。
築地は 移転前提に 長年補修がまともに行われていなかったそうです。
話は 放射能に戻りますが 築地の正門あたりには こんなプレートがあります。
何も かくしていたわけじゃない。
mgr.JPG
第五福竜丸と船団は 昭和29年3月1日に南太平洋のビキニ環礁でアメリカが行った水爆実験で被爆。
14日に焼津港へ帰港しました。
翌15日には、築地にそのマグロやヨシキリザメが出荷されていた事が判明。
これによれば 850隻 460トンの魚が 見つかったのですが 築地に運ばれたのは2トンだけ。
漁獲したマグロの検査は塩釜、築地、三崎、清水、焼津の政府指定五港のほか、大阪、神戸、田辺、串本、勝浦、徳島、高知、室戸、室戸岬、長崎、鹿児島、枕崎でおこなわれました。

当時は「放射能」に対しての知識もなく「臭いものに蓋」的な処理が行われました。

ネットで調べると 他の地区では 汚染した魚が出回り 食べてしまった家庭もあって 保健所が調査にきた様子などが書かれています。
築地以外の 458tのマグロや魚 どうなったんでしょー
かまぼこになったりもしたんでしょうかぁ?
いかにも 築地だけに埋めたがごとく 風評被害をまき散らすのはよくないです。

当時 築地市場正門脇の空き地に3メートルほどの穴を掘り、大量のマグロを埋めたそうですが、大江戸線の工事の時には、埋めたとされた地点からは、放射能が検知されなかったそうです。
それを 60年以上たって 放射能が〜という 元知事はおかしいです。
実を言えば 石炭灰というのは かなり線量がたかいのです。
たぶん 築地より線量は高いと 思います。でも 健康に影響があるとは思えません。

被災船は九九二隻にのぼると言われます。
焼津や串本にも 資料館や石碑があるそうです。
現在 第五福竜丸は 夢の島に展示されています。
だったら これも 放射能あるの?
60年たっても 築地の地中のマグロがああだこうだと いうなら 展示場も線量高いの?
東京都はなぜ 展示できるの?
と 突っ込みたくなります。

夢の島 第五福竜丸展示館

私怨だけで でたらめ言って 老いて晩節を汚すとは ・・・みっともないねぇ〜
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 17:51| Comment(0) | エトセトラ

2017年03月22日

置いてけ堀

先日 両国第一ホテルの前を歩いていて 置いてけ堀の案内板を見ました。
tkzo.JPG
まんが日本昔ばなしや怪談にも語られている 「おいてけ堀」の伝説。
「おいてけ堀」と呼ばれるお堀で釣りをした人が帰ろうとすると、お堀から「おいてけ〜」と言う声が聞こえるので、皆が魚を放り投げて帰ってしまうという話です。
oitk.JPG
歌川国輝『本所七不思議之内』より「置行堀」

宮部みゆき著『平成お徒歩日記』によれば3か所ほどあり
1.墨田区亀沢町界隈の両国駅と錦糸町駅の間
2.錦糸町駅南側の「錦糸堀」
3.亀戸の第三亀戸中学校の付近(江東区の史跡)
だそうです。
宮部みゆき著『本所深川ふしぎ草紙』「置いてけ堀」の場所は 錦糸堀です。
tkzoh (1).JPG
江戸東京博物館の1F ホールに飾られている 和船の碇です。
tkzoh (2).JPG
江戸東京博物館あたりが 幕府の御竹蔵だったそうです。
建設工事の際 出土したものです。
タグ:歴史
posted by うめのはな at 09:56| Comment(0) | 墨田区

2017年03月21日

桜 開花宣言

今日は朝から雨で 寒い。
それなのに 靖国神社の 桜標準木の開花宣言が出ました。
う〜ん タイミングというか 空気読めない 感じ・・・
昨日なら暖かくて よかったのに〜
でも 桜さんの責任ではないね!
skr.JPG
今週末には 見ごろになるかしら・・・
今年もまた 桜の競演 春爛漫の季節がやってきます。
花のお江戸は 大賑わい。
今年は どこのさくらを みようかな・・・
タグ:
posted by うめのはな at 14:25| Comment(0) | エトセトラ

2017年03月20日

お花を貰ったので とりあえず瓶に入れてみました。
実は 花は苦手なのです。
アレルギーで どんな花でかゆくなるかわからないからです。
今日はお彼岸なので 部屋の片隅に置いてみました。
hana.jpg
お花 ありがとうございます。
感謝の気持ちをこめて 写真に残しました。

まわりの桜の木が ほんのりピンク色になっていて もうすぐ咲く感じです。
いよいよ 春ですね〜
花粉症で 涙目なのでただひたすら この時期がすぎていくのを待っています。
ほとんど引きこもり状態です。
まぁ 連日 百条委員会だので退屈しませんけどね。
タグ:
posted by うめのはな at 10:56| Comment(0) | エトセトラ

2017年03月19日

AIと事故

ある 本を読んでいて なるほど・・・どうするんだろう と思ったことがあります。
近い将来 自動車が人が運転しない 完全自動運転になったと仮定して 不測の事故が起こった場合のことが書いてありました。
AIが運転する車。目の前に 突然子供が飛び出してきた。
ハンドルを切ろうと思っても その先に老人が5人 横断歩道を渡っていた。
では 歩道に乗り上げようと思っても そこには ベビーカーの母親をはじめ 何人かがいた。
ブレーキは 間に合わない。はたして AIは どういう判断をするのか・・・という話です。

そこで AIは 組み込まれた生命保険で 判断するのではないか・・・
遺失利益という観点でものごとをみると 将来性のある子どもや 若い人よりも 老人のほうが 損失は少ないと判断し 老人5人のほうに向かうだろうと いうお話なのです。
一人と5人の命 というより 保険会社が支払うお金で AIは 判断するであろう・・ということです。

ちょっと 考え込んでしまいましたねぇ〜
はたして そうなるだろうか・・とか 正しい判断だろうか・・とか いろいろ。

現在は 人が対処できる レベル3の事故までは 想定しているらしいですけど・・・・
どうなんでしょう・・・
AIに欠陥はでないだろうか とか いろいろ不安要素はあります。
人が運転していたとて 事故は起きますが。。。。
将来どうなっていくのでしょう。

車は運転したくないなぁ〜
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 11:35| Comment(2) | エトセトラ

2017年03月18日

わたつみ

綿津見 と書いて わたつみ というそうな・・・
「綿津見(わたつみ・わだつみ)神は、伊邪那岐(イザナギ)命が、妻の伊邪那美(イザナミ)命に追われて黄泉国から現世へ逃げ戻った。そして 死の国の穢(ケガレ)を祓うため禊(ミソギ)をしたとき海の中で生まれた 三神の総称であり 海を統括し守護する神である。」日本神話の海の神である。
綿津見神社・海神社 は 全国各地にある。

関西の日本海に面した小さな町に東京からリターンした女と そこに住む男女を描いた 小説「わたつみ」を読みました。
wttm.JPG

タイトルわたつみ
著者花房観音/著
出版者東京 中央公論新社
出版年2017.2

田舎町で優秀と言われ 東京の大学を出た 女が 男にだまされ 借金を背負い 親に清算してもらい 故郷に帰ってきた。
田舎町では仕事もなく 学歴があろうがなかろうが 独身であろうが既婚者であろうが かまぼこ工場で働くしか仕事がない。
かまぼこ工場では 女性が多く 好奇の目と嫉妬がうずまく世界。
帰郷理由を あばかれたり 嫌味を言われり・・・
噂ばなしが絶えない 狭い世界。
映画監督だったという ふれられたくない 過去があばかれていく。
小さな町の 娯楽もない街では 何もかもが噂ばなし。
そこには 元配偶者との情事、ダブル不倫、出会い系サイトでの遊び―など 人には知られたくない女たちの実態があった。
少しのことでも 誰かに目撃され 嫉妬され 密告される。

1年ほど 誰にもかかわらず 暮らしてきたが 見合いをすることになる。
元同級生との見合いは いい話だった。
子供を産んで 親のそばにいて 老後の面倒を見て。。。そんな人生もある。

だけど はたして ここで 一生を終えていいのだろうか・・・
自分にはまだ やりたいことがあったではないか・・・
息の詰まる 毎日で ある日 過去を振り返ってしまう。

平穏な結婚をして 噂話で一日をすごし 嫉妬や嫌がらせに耐え 家族のためと自分を殺して 人生を終えるのがいいのだろうか・・
東京から 田舎暮らしにあこがれ オーガニックのカフェを出して 失敗した夫婦もいる。
離婚し 夫は東京に逃げ帰った。
そんなとき 東京の仲間から もう一度戻ってこいという話があった。

「東京に帰りたい!」

それが 結論だった・・・

痛いほど わかるなぁ〜その気持ち。

田舎町で暮らす 女たちを描いた小説です。
タグ:読書
posted by うめのはな at 09:03| Comment(0) | 読書

2017年03月17日

餃子

駒沢公園で餃子の祭典「餃子フェス TOKYO 2017」開催中です。
餃子は好きです。
蒲田駅近くには たくさん餃子やさんがあって パリパリの羽根つき餃子が有名で 何度も食べに行ったことがあります。
かなり美味しい餃子でした。
ナンジャ餃子スタジアムで宇都宮餃子も 食べたことあります。
こちらも 美味しかった。
自宅で 手作り餃子が定番でしたが だんだん面倒になり 東京ではもっぱら 餃子屋さんのものを食べています。
王将の餃子が多いです。
gyza.JPG
(写真は どこのか忘れました)
専門店の餃子はやはり美味しいのですが 私はラーメン屋さんの餃子も好きです。
福井に帰ると 食べるのは8番らーめんの餃子です。
安くて美味しい!
最近では 亀戸で 藤井やさんという餃子屋さんで食べたことがあります。
fjigyz.JPG
これは定食の餃子ですが なんと焼き餃子全品盛りというメニュー。
元祖餃子、バリバリ餃子、黒豚餃子、エビニラ餃子、しそ餃子、チーズ餃子・・・などです。
これだけで 満足 満足!!
餃子は焼き立て 熱々が美味しい・・
ああ〜また 食べたい。
タグ:グルメ
posted by うめのはな at 17:40| Comment(0) | グルメ

2017年03月16日

CSI 眠らない町

ドラマCSI 15 ファイナルを録画で見ています。
ずっと見ているので ファイナルなのが残念。
CSI:科学捜査班は、24時間眠らない街ラスベガスが舞台です。
不夜城のラスベガスです。
lsvgs.JPG
夜景です。
みな 大きなホテルで ちょっと隣のホテルへ・・と言っても 遠いです。
みなそれぞれ工夫をこらした アトラクションなどがあって ホテルにいるだけでも楽しいです。
91040199.JPG
モールなどもあって ホテルの中にいると砂漠の真ん中にいると忘れてしまいます。
lux2.jpg
ホテルから出て 水を買いに ちょっと町の中のストアーに行こうと出たのが 間違いでした。
近くに思えたストアーが それはそれは 遠くて・・片道30分はあるくはめになりました。
ホテルとホテルが 大きすぎて 地図ではわからなかったです。
私は旅先では ホテルの中で買い物はせず 地元のスーパーで・・という主義でしたが ここは別です。
ホテルの中のモールで買いましょう。。。。。

CSI見ながらいろいろ思い出したりしています。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 14:27| Comment(0) | エトセトラ

2017年03月15日

カジノ

私は パチンコもギャンブルもしませんが 一度だけ ラスベガスでカジノに行ったことがあります。
lsv (2).JPG
ラスベガス
lsv (1).JPG
夕食後 ホテルの中のカジノにちょっとだけのつもりで 行きました。
少しだけのつもりで100ドルほどチップに変えて 遊びました。
ポーカーやルーレットは ルールもよくわからないので スロットマシンだけ。
座ると 小さい当たりながら最初わりと当たるのです。
50ドルほど増えたところで 無料サービスの飲み物を 回ってくる おねぇさんに頼みました。
ところが 待てども待てども 飲み物がこないので やめるにやめられず ずるずるとその場で コインをいれることになります。(しらばっくれて 立ち去ってもよかったのですが 監視カメラあるし あとが怖い・・・)
小一時間して コインがほとんどなくなったころ 飲み物が届きました。
せっかく飲み物も来たし また少し お金をコインに変えて 損した分取り戻すぞ〜という気になります。
それがどつぼにはまる原因ですね〜
結局 2万円ほど パーになって しまいました。
一気になくなるわけじゃないんです。少し当たったりしながら ずるずると・・・
結局 明日もあるし〜と午前2時ころ ひきあげました。
これがまた 損したという気にならないのがミソ。
遊び代だ〜って感じでわりきれるのです。
カジノの雰囲気が 華やかで きちんとしていて エンターテインメントって感じで 飲み込まれてしまったからなのかも。
また やりたい〜って気持ちになりました。
この次は 1週間ほど ラスベガスに滞在したい!って その時は本当にそう思いました。
あれは きっと 中毒になりますねーーーー。
帰り 空港でも待ち時間に遊んでしまったもの。
ひとときの 一攫千金を夢みてね・・・・

ラスベガスだけの カジノ体験でした。
あとにもさきにも これ一度だけです。
日本にできたら?
絶対 行かない!!
余裕資金があって 暇があって 遊びと割り切れる人じゃないとね・・・
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 14:28| Comment(0) | エトセトラ

2017年03月14日

映画館

何年か前に アバターを映画館で見て以来 映画館には行っていません。
実は映画館は あまり好きじゃなく 頭が痛くなるのです。
以前は数多くの映画を DVDを借りてみていたのだけど 最近はそれすら 観なくて TVで放送されたら 録画してみるくらいです。
dnkkan.jpg
これは 浅草 電氣館の模型です。(江戸博)
この映画館は楽しそうです。
1903年(明治36年)10月1日 東京市浅草区浅草公園六区に日本で初めての常設活動専門館」としてオープンしました。
当初は輸入サイレント映画の専門館でしたが のちに浅草電気館と改称、国産映画の専門館となりました。

私が 映画館ではじめて映画をみたのは 幼少の頃でした。
親戚のおじさんに 怪獣映画かなにかを見せてもらったのですが 途中で泣き出したということです。
映画はわけがわからないまま よく見ました。
実家のすぐ 下に 松竹の映画館がありました。
近所の 同級生の親が そこで働いていたので 一緒に なんどももぐりこんで映画を見ました。
きれいなおねえさんが 演じているのを見ましたが 時代劇が多く あまり好きではなかったです。
倍賞千恵子さんや 美空ひばりさんが その映画館にやってきたときは 町中おおさわぎだったようです。
田舎町でしたが 映画の撮影があちこちで行われていました。
東尋坊は 撮影のメッカでしたね〜
1978年に公開された松本清張原作の「鬼畜」では 鬼嫁を岩下志麻さんが演じ 東尋坊から子供を突き落とそうとする場面が印象に残っていて 岩下さんが 今でも 私の中では「鬼畜」となっています。だれかと一緒に 映画館でみました。

「大怪獣東京に現わる」は 東京に出現した怪獣の接近に揺れる、福井県の田舎町の住人の騒動を描いた怪獣の出ない怪獣パニック映画で 桃井かおりさんが出演していました。ばかばかしくて 記憶に残っています。

最近は 映画を続けてみる気力がないので TVドラマを録画でみています。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 16:37| Comment(0) | エトセトラ

2017年03月13日

東京暮らし 続

右も左もわからないまま 東京都民になった 初めての場所が 港区赤坂でした。
今も昔も 一等地です。
メトロ青山1丁目駅 東宮御所が駅の目の前にあって そこは巨大な緑に覆われています。
赤坂見附 乃木坂 六本木。どこも徒歩でいくことができました。
TBSも近いですし 今はミッドタウンとなっている場所は防衛省でしたね〜
青山霊園も近かったけれど 当時いったことはなかったです。
もっぱら 神宮外苑のほうに行き 渋谷に出たくらいかなぁ〜
やはり 緑は多いところでした。
しかし 若い身の上には とても生活しにくい場所でした。
まず 当時スーパーも商店もなくて 外食しようにも 高級店ばかり・・・
外苑前の 高級スーパーに行って 一番安いものを買うしかなかったです。
生活用品そろえるのに 北千住まで行って 茶碗だのなんだの買ったのは覚えていますが その後
どうやって くらしていたんだろう わたし。
TBSのある一ツ木通りまでいけば 多少店があったのでそこまで行っていたのかも。
芸能人も多く住んでいて 大使館などもあって 外国人もよく見かけました。
ナンパされかかったこともありましたっけ・・・・

次に 住んだのは大岡山。
おしゃれの街 自由が丘駅が2つ先でしたが ほとんど用がなかったです。
東工大のある駅で アパートや 飲食店 商店街があって わりと暮らしやすいところでした。
駅前の線路沿いのボロアパートで 電車が通るとがたがたゆれました。
洗足池が近くで 散歩に行きました。
まわりは 超高級住宅地で 黒柳徹子さんの家もそこにあったと思います。
学校の構内も 緑が多く 桜の時期には花見もできます。

その次が 大田区池上。
池上本門寺のあるところです。
ですから 緑は多いところです。
スーパーも商店街もあったし 駅にも近かったし 不便はなかったですが 木造密集地で 地震や 火事が怖かったです。
(昨年 4〜5軒焼けた火事があったところです。)
私鉄しかないのは ちょっと不便でした。

そして 現在の江東区。
ここは 一番住みやすい。
江東遊民として あちこち巡り歩いて もう行くところがないくらいです。
湾岸にはあまりいかないですけど・・・・

歴史散歩だけでも面白いところです。
まぁ下町の暮らしやすさがある場所です。

東京も住んで 長いなぁ・・・
そういえば 東京都民が一番長いです。
これはもう 胸張って 都民ファーストと言えますね〜
posted by うめのはな at 09:17| Comment(0) | エトセトラ

2017年03月12日

東京の暮らし

地方に住んでいたころは  「東京の水はまずい 空気は汚い 治安が悪い 物価は高い  緑がない スーパーもない 暮らしにくい こわい人ばかり」などという 声ばかり聞こえていました。
10代ではじめて 上京したときは 魔界に行くような気分でした。
どんなに 暮らしにくい 恐ろしいところかと 思えば こんな暮らしやすいところはなかった・・というのが正直な感想です。

まず 交通の便がいいので 車がいらない。あるほうが駐車場探しに苦労して 不便です。
都バスが均一料金で どこまで乗っても同じというのがいいです。
徒歩範囲にスーパーもあれば 100均の店も ホームセンターもあるし 何ら生活の不便はない。
水は マンションでも直結方式なので まずくない。
それどころか オゾン高度浄水をやっているので 美味しい東京水になっている。
水道管も耐震性の新しいのに どんどん取り換えられているから 水はかなり安心。
空気も 風が吹けばホコリが舞い上がるような畑もないし 学校のグラウンドも土じゃないし 空気はきれいかも。
物価は 高級品もあれば 庶民的なものもあって 店同士の競争が激しいので 低価格なほうかも。
実際 スーパーの品は 地方のより安いと思う。
緑は 東京は意外と多いのです。
大きな公園がいくつもあって 大名屋敷の名残も保存されていたりして 山や畑や田んぼはないけれど街なかの緑は多いです。
徒歩圏内に 役所 公共施設 駅 があるので 何も困らない。
病院 警察 消防 税務署 役所 保健所 銀行 商店 図書館 文化施設 映画館 考えてみれば全部徒歩圏内。
夜は街灯があって 明るいし 道が広いので人通りはあるし 防犯カメラもあちこちあって 暗い夜道を一人で・・・というようなこともないです。

まぁ それぞれ いいところ悪いところ数え上げたらきりがないでしょうが 住めば都なのかもね。
近所付き合いはないかなぁ〜
それが 嫌という人と わずらわしくなくていいという人とこれも それぞれ。
私のところは 自治会もないです。
でも 何も困っていません。
以前は 自治会の会費を払い 掃除当番 ゴミ当番 お祭りの行事 冠婚葬祭 役員も順番にまわってきて いろいろ大変でした。
災害時は いいかもしれませんが・・・

あちこち引っ越しがあって いろいろなところに住みましたが 個人的には 今の住まい 東京が一番暮らしやすいと思っています。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:19| Comment(2) | エトセトラ

2017年03月11日

昭和の体験住宅 江戸博

リニューアルした 「ミュージアム・ラボ」には昭和初期の住宅を再現した「体験コーナー」があります。
bnkjytk (3).jpg
靴を脱いで 家の中に入ることができます。
bnkjytk (4).jpg
昭和29年ころの 住宅だそうです。
この つぶつぶの黒石の玄関は 見たことがあります。
縁側というか 廊下がいいですね〜
swwst.JPG
和室には床の間もあって 狭いながらも日本間を体験することができるので 外国人もたくさん中に入っていました。
suew.JPG
タイルの流し。米を炊く釜。電化製品が普及していなかった頃の 台所です。
湯が出なくて 水・・冷たくてたまらなかったでしょうね〜
でも 質素でものが少なくて 使いやすそうです。
今はありとあらゆるものが台所にもあふれていて 使わないものもたくさんあって 何がなにやら・・・
少し 反省です。
posted by うめのはな at 08:59| Comment(0) | 墨田区

2017年03月10日

江戸博 団地の部屋再現

江戸東京博物館には 1962年(昭和37)頃のひばりが丘団地の室内の様子を実物大模型で再現した展示があります。
ひばりが丘団地は 東京都西東京市、東久留米市に立地する日本住宅公団(現都市再生機構)の造成した公団住宅です。
天皇陛下が皇太子時代に美智子様と視察されるなど注目を集めました。
bnkjytk (1).jpg
ダイニングキッチンにステンレス製の流し台が設置され、浴室と水洗トイレ、洗面台まである団地は 当時の最先端を行く暮らしだったようであこがれの的でした。
bnkjytk (2).jpg
2DKの間取り。鉄製の玄関扉に ベランダまである団地は狭いながらも 楽しい我が家ですねぇ〜
IMGP5344.JPG
昭和30年代といえば 三種の神器といわれたテレビ、洗濯機、冷蔵庫が普及してきたころです。
憧れの家電製品でした。

田舎暮らしだった 私も初めて集合団地の部屋を見たときは あこがれましたね〜
日本家屋にはない ドアのある個室が欲しかったですから。

しかし 東京の親戚の昭和30年代の団地で今はもう建て替えられてないのですが 6畳 4畳半 に狭い台所だけで風呂のない部屋でしたから 少し驚きました。
今は風呂なしなんて 考えられないです。
posted by うめのはな at 08:33| Comment(0) | 墨田区

2017年03月09日

ついに。来た?

群ようこさんの本は女性の人生に寄り添っったものが多いのですが 今回は 考えさせられる内容でした。
tuikt.JPG
ついに、来た?   群ようこ/著 
東京 幻冬舎  2017.2

「覚悟はしていた。つもりだけど。
働いたり、結婚したり、出産したり、離婚したり……、
バタバタと歳を重ねているうちに、
気づいたら、あの問題がやってきた!?
それは、待ったナシの、親たちの「老い」が!?」

「母、出戻る?」
「義父、探す?」
「母、歌う?」
「長兄、威張る?」
「母、危うし?」
「伯母たち、仲良く?」
「母、見える?」
「父、行きつ戻りつ?」
全8編の連作小説。

誰もが避けて通れない「親」たちの老い。
痴呆、介護、デイケアサービス、リハビリなどをユーモアを交えて綴ります。

やはり ついに来た!?
なんでしょうねぇ〜

老いれば 多少記憶があいまいになるし 今までできたことができなくなるし 判断能力も落ちるし・・・
それが 自分では感じられるか 感じられないかも 問題で。。。
若いころと同じように 過信してしまったりすることもあるし 周りも衰えを理解しないこともあるし・・・
はたまた都合の悪いことは覚えていないとか とぼけていたりする人もいるし。

元気で 徘徊というのが一番困り リハビリなどせず 寝たきりにしておいてくださいと頼む人もいるそうな・・・
なかなか 難しい問題です。
タグ:読書
posted by うめのはな at 08:55| Comment(0) | 読書

2017年03月08日

MOTサテライト

東京都現代美術館が休館中で MOTサテライト 2017春 往来往来【東京都現代美術館】という催しが街中で行われています。
motb (2).jpg
MOTサテライト 2017春 往来往来
2017年2月11日(土・祝)〜3月20日(月・祝)

開催日:木・金・土・日曜、祝日
開催時間:11:00〜18:00
入場料:無料


「MOTサテライト」とは、休館中の美術館が外に出て、アーティストたちや近隣拠点、住民とともに、場所や人、記憶や歴史と関わりながら、まちの魅力を掘り起こしていく試みです。
motb (1).jpg
MOTスペース1〜7(メイン会場)
1.【旧駄菓子屋】
2.【グランチェスター・ハウス】
3.【深川資料館通り商店街協同組合事務所】
4.【赤い庇の旧印刷所】
5.【F邸】
6.【平野の旧印刷所】
7.【リトルトーキョー】

主な展示は、工場跡地や地域拠点を活用した7か所の「MOTスペース」です。
商店街などに点在するカフェなどでも「MOTスポット」の小さな展示があります。

この清澄白河地区はブルーボトルコーヒーがオープンすたことで  コーヒーの街として知られるようになりました。コーヒーショップが数多くあります。

清澄白河は、江戸時代からの深川の歴史や史跡 古き良き時代の下町の雰囲気を残す町です。
歴史とかかわりながら 新しいアートの街としての魅力を掘り起こす 試みだそうです。
motb (3).JPG
現代美術館は 木場公園内にあります。
ここ・・・よく行くのですが アニメイベントでしか 混雑しているのを見たことないし すごく立派で 広いスペースがたくさんあるので 個人的には アニメ専門の美術館になったらいいなぁ〜と思っています。
少なくとも 赤字にはならないかも・・・・。
タグ:イベント
posted by うめのはな at 08:59| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年03月07日

清澄白河長屋

深川資料館通りです。
fkgw (3).jpg
東西に延びる約800メートルの長さに、100店ほどの商店が並ぶ通りです。
fkgw (1).JPG
深川めしの店などもあります。
fkgw (2).JPG
和風の店かと思えば これは 公衆便所。
fkgw (4).jpg
商店街から 清澄通りに出ると「清澄長屋(旧東京市営店舗向住宅)が並んでいます。
fkgw.jpg
昭和3年(1928年)に関東大震災の復興事業として東京市が建てたもので 全戸が間口二間半。
コンクリート造りで 戦災にも耐えてのこりました。
50個ほどだそうです。
レトロな 雰囲気でほっとする風景でした。
posted by うめのはな at 09:07| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年03月06日

富岡八幡宮

地元深川の 八幡様に今年はまだ 参拝していないと思い 久しぶりに行きました。
tomok8 (1).jpg
富岡八幡宮 東京都江東区富岡1−20−3
先日の 東京マラソンでは この前で神輿を担いだりして 大賑わいでしたが なんと参道改修中でした。
正面参道入口を一新する工事だそうで 入れず 左の参道から境内に行きました。
tomok8 (4).jpg
富岡八幡宮 社殿です。
ここは 何度もブログで書いているので説明は省略します。
(05/03)深川散歩9 富岡八幡宮5 富士塚
(05/02)深川散歩8 富岡八幡宮4 境内社・末社
(05/02)深川散歩7 富岡八幡宮3 石碑
(05/01)深川散歩6 富岡八幡宮2 神輿
tomok8 (3).jpg
手水舎が新しくなっていました。
享和三年(一八二七)奉納の旧水盤は江東区の指定有形文化財となっており当宮資料館に収蔵展示されることになったそうです。
tomok8 (2).jpg
鳳凰型の吐水口からはセンサーで自動に給水されます。

今年は 本祭りの年です。
水かけ祭り・・・それはそれは盛大なお祭りです。
楽しみです。
タグ:神社・寺院
posted by うめのはな at 10:04| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年03月05日

三国饅頭

前日ブログの 2・26事件当時 首相だった 岡田啓介氏と松尾伝蔵氏は 福井の出身です。
話の中に 嫁入りの話があったのですが それが 福井の 「饅頭まき」。なつかしく読みました。

越前三国名物、酒饅頭には歴史があります。

江戸時代、三国湊が北前船の寄港地だったころ砂糖などの積み荷を運んで来た北前船の船頭たちが 地元の人達に酒万寿の製法を教えたそうです。
米麹と餅米を使い、甘酒を自然発酵させて造ります。
当時の三国湊は廻船問屋が並び 豪商がたくさんいました。
呑めや歌えや で遊郭もあり栄えた町です。
酒を利用して作る酒万寿は めでたい 縁起のいいものとなり 結婚式や建前など、お祝い事にふるまわれるようになりました。
当時栄華を極めた豪商たちは 嫁入りの際 二階の屋根から 酒饅頭を まきました。
その数 数千とも一万個ともいわれました。

その名残りで 今でも 祭礼 建前 婚礼には 饅頭が配られます。
私が 子供の頃は 自宅でもやはり 嫁入りの際 二階の屋根から 饅頭をまきました。
婚礼のある家の軒先には饅頭を数百個詰めた「ニナイ」と呼ばれる朱塗りの箱が何箱も積み置かれます。

祭りの時も 山車にいくつもの 「ニナイ」が積まれます。
これは山車に乗る 子供たちに 知り合いから贈られたものです。
困った慣習でもあり 数が少ないと みじめな感じがして 噂のタネとなり子供がかわいそうでした。

嫁入りの際の 饅頭まきもそれは 派手で 何箱もないと 「ここのうちは・・・」ということになりました。
私の家でも 積み重ねた 「ニナイ」を屋根の上にあげて 勢いよくまきました。
近隣の人 はたまた 遠くからも噂を聞きつけ 家の前に集まります。
エプロンを広げたり それはそれは 節分の豆まきのように 大騒ぎになります。
皆の顔が 必死であり 笑顔であるのが 救われます。
十分 饅頭をまかないと「なぁんだ 少ない」と噂になります。

お嫁さんが来る 直前には 箪笥長持ちではないけれど 嫁入り道具を乗せた スケルトンのトラックが 高砂や〜の音楽を派手に鳴らしながら やってきます。あの家は トラック何台来たとか 嫁の実家の格式を見定めます。
これまた 道具が少ないと 噂のタネになります。

近隣の 口うるさい おばはんたちが トラックからおろす 荷物をチェックします。
翌日には 箪笥の中の着物を 点検しに来ます。タンスの中を、着物や衣類で一杯にしておかないと大変です。
「娘3人いると家が傾く」と言われていました。
いやな 習慣でした。
まさか 今でもそうじゃあるまいね〜

饅頭は新郎側の家で 用意し蒔かれます。
mknmnjy.JPG
これは知り合いの万寿やさんのものです。
酒万寿は、表面に各店独自の焼き印を押して販売しています。
焼印の字によって、どの店の酒万寿かを区別しています。
全盛期には三国に25軒の酒饅頭製菓店があったそうですが 今は数件になったそうで この 紅 の屋号の饅頭屋さんも 閉店しています。
福井で酒饅頭といえば「三国饅頭」を指す ほどで 他のものとは一味も二味も違う 独特の製法です。
子供の頃から 慣れ親しんできた味ですので 他の地域の 酒饅頭を食べても 「似て非なり」 の感じがします。
もちろん 三国饅頭も それぞれの店で微妙に 違うのですが 私は近所にあった この「べにか」さんの饅頭が一番好きでした。なくなってしまったのは とても残念。こんどから帰省したら 別の店に買いにいかなきゃいけないです。

この饅頭。固くなったら 焼く 油で揚げる で何度も楽しめます。
三国饅頭の話でした。
タグ:グルメ
posted by うめのはな at 09:25| Comment(0) | エトセトラ

2017年03月04日

雪つもりし朝

ちょうど2・26の頃 1冊の本を読みました。
yuk226.JPG
タイトル雪つもりし朝 
二・二六の人々
著者植松三十里/著 
出版者東京 KADOKAWA
出版年2017.2

当時の首相だった岡田啓介、侍従長だった鈴木貫太郎と妻のタカ、昭和天皇の実弟・秩父宮、吉田茂の娘であり湯河原で襲撃を受けた麻生和子、陸軍の歩兵として反乱軍と同じ部隊にいた本多猪四郎。五人それぞれの二・二六事件を描く小説。
日本の平和に関わった彼らの「その後」は、この「二・二六事件」につながっている。史実を題材にした連作短編集。

昭和11年2月26日 この日の軍部のクーデター。彼らはそれぞれの夜を過ごしていた・・・
日本の平和に関わった彼らの「その後」は、この「二・二六事件」につながっている。

内容

「身代わり」
義弟が身代わりになり命を落とした首相・岡田啓介は、やがて第二次大戦の終戦に尽力した。
「とどめ」
襲撃された鈴木貫太郎へのとどめを制止したのは、妻のタカだった。彼は終戦内閣の総理となる。
「夜汽車」
叛乱を起こした青年将校らが要と仰いだ秩父宮は、事件直後に弘前から夜汽車で上京した。
「富士山」
襲撃を受けながらも祖父を守った麻生和子は、父・吉田茂の講和条約を助ける存在に。
「逆襲」
何もわからず反乱軍と同じ部隊にいた本多猪四郎は、長い出兵を経て、「ゴジラ」の監督になった。

やがて 戦争に突き進んでいくのですが それぞれの その後の人生が 興味深いものでした。
岡田首相は 逃げ隠れしたということで失脚するのですが ・・・
鈴木貫太郎氏は 生きるべくして生きながらえたという感じ・・
秩父宮殿下の噂は それなりに知っていましたが 当時の苦悩がわかります。
幼いころの 麻生太郎氏も出てきて・・・
講和条約後「ママを返してください」と祖父にいう 姿が可愛かった。
陸軍の新兵だった 本多は懲罰なのか 満州に送り込まれるが 無事帰還。
ゴジラを 作った監督になる。放射能を浴びたゴジラ・・・が原爆とリンクしそうです。

日本の平和に関わった彼等のその日の姿が 目に浮かびました。
しらなかった 2.26事件が とても興味深かったです。
お薦めの1冊。
タグ:読書
posted by うめのはな at 07:50| Comment(0) | 読書

2017年03月03日

ひな祭り

3月3日は ひな祭り。
hin1733 (1).jpg
おり紙のお雛様。
hin1733 (2).jpg
友達が折った お雛様。
mon.JPG
私が以前 描いた ひなまつり。

今日は楽しいひな祭り♪
タグ:イベント
posted by うめのはな at 07:48| Comment(0) | エトセトラ

2017年03月02日

深川江戸資料館

江東区深川江戸資料館です。
edfkgws (2).jpg
深川江戸資料館  東京都江東区白河1−3−28
edfkgws (3).jpg
江東区役所白河出張所を併設していて その前に 案山子コンクールの作品が展示されていました。
edfkgws (1).jpg
雛節句 開催中です。江戸庶民のひな祭りです。
edfkgws (4).JPG
企画展「歌舞伎と深川」2016年11月15日 〜 2017年11月12日
歌舞伎と深川はかなり縁が深い地です。
深川は七代目市川團十郎や四代目中村歌右衛門がこの地を愛し移り住んだ場所です。
また四世鶴屋南北、曲亭馬琴と言った歌舞伎作者ゆかりの地であり 東海道四谷怪談や髪結新三は深川が舞台です。
edfkgws (5).JPG
歌舞伎には、富岡八幡宮や木場、寺町などの当時の深川を象徴した風景や、そこに生きた人々を描いた作品が数多くあります。

展示内容
歌舞伎の誕生
江戸歌舞伎の形成
深川ゆかりの役者たち
歌舞伎の舞台
歌舞伎をめぐって

江戸時代に花咲き、現代に続く「歌舞伎」の世界を様々な角度から見ることができます。
posted by うめのはな at 09:05| Comment(0) | 江東区・江戸川区