2017年02月28日

ゴミ

外国で日本の報道陣が 各国の記者が立ち去ったあと ゴミ拾いをしてそれを持ち去った 見習わなければならないマナーだという 記事を見ました。
自分で出したごみは 持ち帰るとうのが あたりまえになっているので 特別珍しいことでもないのに・・と思いますが 外国人にとっては 衝撃的なことなのでしょうか。
街にゴミ箱はないし ポイ捨てなどする人いないし・・・
歩きたばこポイ捨ても少なくなりました。
時々 いますがそれは ルールを知らない人なのかも。

以前 美術館が開くのを待っていたとき 若い男性が飲み終えたコーヒー缶その場に捨てていこうとしたら  ちょうど植木の手入れをしていた若い男性が 「ちょっと!自分で持ち帰りなさいよ!今どき こんなことする人いませんよ!全く非常識だ!」と追いかけてきて缶を手渡しました。
捨てた男性は きょとんとして 何が悪いんだ・・・という顔。
私たちも じろっとにらんだので ようやく悪いことなのだと気が付いた様子でした。
リュックをしょって どこか遠くから来た人みたいでした。
きっと あの人の街では ゴミはぽいっと 捨てても当然のように誰から掃除するのでしょうかねぇ〜
昔は そうだったことありますし〜まだまだ マナーは徹底していないようです。

走る車からゴミを捨てたり 電車の中にゴミを置いていったり 駐車場で煙草の吸殻を捨てている車なども以前はよく見かけました。
東京の道路はゴミがなくて きれいです。
ゴミ箱もないのに みな心得ているようで 持ち帰ります。
観光客も きれいな街だと気持ちいいですね〜
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 08:24| Comment(0) | エトセトラ

2017年02月27日

禁煙賛成!

「厚労省は、東京五輪・パラリンピックに向けて、「未成年が利用する場所は受動喫煙防止を徹底する」という方針を固め、居酒屋や焼き鳥屋は例外を認めないことにした。」
という報道を見ました。
国会に提出されるそうですが 反対の議員も多く もめそうだとか。。。
日本の禁煙対策はは先進国最低だそうですから 私利私欲で物事決めないほうがいいと思います。
吸いたきゃ 人の迷惑にならないところで吸えばいい。
分煙は進んでいますが 煙が流れてきたりして完全ではない。

歩行喫煙などもってのほか。
罰則がないとなかなか守れないし 歩行喫煙あたりまえの地域から都内にきて気が付かず吸いながら歩いていたりもするから全国で徹底するほうがいい。

ベランダ喫煙も困ったものです。
煙は流れてくるし 洗濯物は臭いし・・
それこそ 自宅で吸うべき。
自分の家の中では吸わないのはそれなりに 害があると思っているからだろうけど 近隣に迷惑かけてもいいという理由にはならない。それこそ身勝手というもの。
吸いたきゃ自宅の換気扇の前で吸えばいい。

東京都議会の部屋でさえ 禁煙じゃないそうだからオリンピック開催都市として まずそこから 改めるべきでしょうね。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:28| Comment(0) | エトセトラ

2017年02月26日

アロエ

アロエの花が咲いていました。
アロエはの花の開花時は 冬だとか・・・
are.jpg
キダチアロエは別名. 「医者いらず」といい重宝されています。
田舎の実家の庭にも アロエがたくさんありました。
大きなものでは 背丈ほどもありました。
医者いらず ということで 火傷や擦り傷の時 ゼリー状の果肉を貼り付けられたこともありました。
ヒエピタみたいで ヒンヤリ気持ちがよかったことを覚えています。
胃が痛いときも 食べたことあります。
苦いです。良薬は口に苦し・・・なのか 本当に効くのかはわかりませんが 食べさせられました。
そういう 民間薬ってけっこうあります。
田舎では どこの家にもアロエはあったような気がします。
いまでは いろいろな健康食品になっているらしいです。
伊豆にいったとき 大きなアロエの群生をみたりしたことも思い出しました。
お土産で買っていく人もいました。
育てやすい 植物です。

東京ではあまりみられなくなった アロエの風景でした。
タグ:
posted by うめのはな at 08:26| Comment(2) | エトセトラ

2017年02月25日

水辺の鳥

続 旧中川の鳥たち
nkgwktr (1).JPG
セキレイ
nkgwktr (2).JPG
ツグミ
nkgwktr (3).jpg
カワウ
nkgwktr (4).jpg
ユリカメモ
東京の鳥。
タグ:生き物
posted by うめのはな at 10:06| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年02月24日

目の検診

昨日は 眼科に定期検診に行きました。
2週間前に予約を入れていたのですが その日は雪が降って荒れた天気でしたので キャンセルしました。
ところが 朝から雨風が強くて荒れた天気。こんな中歩けないなぁ〜と思いつつ 一度キャンセルしているし
いかないわけにもいかないし いやだなぁ〜と思っていたら 午後になって雨も風も 嘘のようにぴたりと止み 穏やかな天気になりました。
メトロもきちんと動いていたし よかったです。
1年ぶりの検診。
視力検査をしたり眼圧をはかったりしたあと診察前に
散瞳薬を入れるので 目がぼぉ〜っとして見えなくなります。
いつもは一度でOKなのに 今回はダメ押しでもう一度さされて・・・
みえないこと みえないこと・・・・
帰りは靄の中を歩いているようでした。

初診らしき人が「車や自転車で来ていませんか?代行運転する人はいますか?」と聞かれていました。
とにかく4〜5時間は 見えにくいですから 運転はダメなようです。

帰宅しても 本は読めない TVも良く見えないで何もできません。
いつもより 見えにくくて 鏡を見てみたら・・・
瞳孔が大きく開いていて ほとんど黒目でした。● がすごく大きくて驚き!
う〜これじゃ見えないわ〜〜〜
一晩寝たら 無事回復していました。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:17| Comment(0) | エトセトラ

2017年02月23日

亀戸九丁目緑道公園「ポケットエコスペース」

旧中川沿いの 亀戸九丁目緑道公園にビオトープがあります。
kosagi (2).jpg
江東区では個々のビオトープの規模が小さいため親しみを込めて「ポケットエコスペース」(PES)と呼んでいます。
kosagi (1).jpg
ポケットエコスペースは、一般的な公園のような特定の園芸植物の生育を守るための維持管理と異なり、固有の生態系を乱さないことを目的として管理・運営を行っています。
現在区立公園に12箇所、小学校や幼稚園等に36箇所設置されています。
kosagi (4).jpg
コサギがやってきました。いわゆる白鷺と呼ばれる鳥。
きれいですね〜
コサギ(小鷺、Egretta garzetta)は、鳥綱コウノトリ目サギ科シラサギ属に分類される鳥。
kosagi (3).jpg
餌を狙っている様子。
魚類、カエル、ザリガニなどを捕食します。
タグ:生き物
posted by うめのはな at 09:18| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年02月22日

スズメたち

スズメ科のとりたち。
kmidktr (2).jpg
ヒヨドリ。スズメ目ヒヨドリ科。
kmidktr (1).JPG
これはムクドリ。スズメ目ムクドリ科で似ています。
ヒヨドリはくちばしと足が黒っぽいのに対し、ムクドリはくちばし全体、足が黄色。
kmidktr (3).jpg
スズメ。スズメ目スズメ科
スズメが羽毛を逆立てて冬の寒さに耐える様を「ふくらすずめ」と呼びます。
福来雀。福が来ると書きます。
kmidktr (4).jpg
雀の学校・・・お食事中です。
タグ:生き物
posted by うめのはな at 09:38| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年02月21日

河津桜とメジロ

甘い蜜を求めて 小鳥たちがやってきます。
mejiro (1).JPG
メジロたちの様子です。
mejiro (2).JPG

mejiro (4).jpg

mejiro (3).JPG

mejiro5.jpg
メジロを探せ。
タグ: 生き物
posted by うめのはな at 08:41| Comment(2) | 江東区・江戸川区

2017年02月20日

旧中川沿いの河津桜

江戸川区平井 旧中川沿いの河津桜が満開です。
kmidkwz (2).jpg
ピンクの花は一足早く春の訪れを感じさせます。
kmidkwz (1).jpg
50本ほどの河津桜が植えられています。
kmidkwz (6).jpg
ふれあい橋からみるスカイツリーと河津桜。
kmidkwz (5).jpg
JR総武線の電車が通ります。
おや?白い筋は何?
kmidkwz (3).jpg
うわぁ〜なんだこれ?
タグ:
posted by うめのはな at 09:05| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年02月19日

トイレの使い方

日本を訪問する外国人観光客が増えてきたせいか 某所のトイレ個室にこんなものが貼ってありました。
toile.jpg
ウォッシュレットの使い方かと思ったら そうではなく トイレの使いかたなのです。

洋式便座を見たことがない人もいるらしく 乗ってしまったり・・・
今なら笑えますが 和式便器しか使ったことのない人は きっと戸惑いますよね〜
十数年前 とある最新設備の病院に入院した時 4人部屋のトイレがウォッシュレットでした。
ある日 83歳の 千葉県の農家の人が同じ部屋にやってきて・・・
ばぁちゃんがつかうたびに トイレがひどく汚れていて 困りました。
残り3人で相談し 「逆向きに座っていると思う・・」という結論になり看護師さんにそれとなく言ったことがありました。
日本人でもそんなものです。
みたことのないトイレには説明が必要です。
ペーパーもそうです。
日本のトイレットペーパーはそのまま流せますが 某国などは紙質が悪く流せないので使用後はゴミ箱に入れるらしく 観光地に行くとたびたび ゴミ入れが 山盛り状態 というのを見かけます。
都庁展望室にいったときも 中華店に行った時も ちょうど某国のツアー客がいて トイレはそういう状態で使用する気が失せました。不潔 臭い ・・ちょっと耐えられません。まして丁寧に清掃する係員の人も 困るだろうなぁ〜と。
トイレ事情は 各地で違うでしょうけど。。。。。
やはり 説明があったほうがいいでしょうね。

グアムの公園のトイレに入ったときは びくびくしながら入りました。
ドアが 半分。簡易便器で清潔とは言えない。
当然 ペーパー無し。
もっとも 日本のように 公園のトイレがきれいに整備され 清掃されていて誰でも安心して使えるというのではないらしいですから 外のトレイをあまり使う人もいないそうです。

昔は 公衆トイレ 駅のトイレは汚いというのが当たり前でしたが 今はそういうことがなくなりました。
ペーパーもあるし 定期的に清掃していてきれいです。
駅のトイレなど 化粧室や着替え場所までそろっていて いたれりつくせりのところもあります。
誰でもトイレも揃っていて 安心です。

地方の事情はよくわかりませんが・・・
全国的に水洗トイレというのは 無理なんでしょうねぇ〜
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:34| Comment(2) | エトセトラ

2017年02月18日

一日券

70歳にならないと東京都シルバーパスは 交付してもらえないのですが 都営交通には便利な一日券があります。
バスで出かけるときは たいてい一日券を使います。
バスだけの一日券は500円。ICカードに入れてくれます。
乗り降り自由。何度乗り換えても 都バスならどこに行ってもOK.
バス旅も面白いのですが 時間のないときは地下鉄が便利です。
ちょっと遠くに行き 都営地下鉄を使いたいときは 都営まるごと一日券700円を買います。
市川に行ったり 新宿に行ったりするときは丸ごと券にします。
tbus (3).JPG
バスにも乗れて 都営地下鉄にも乗れるので あちこち行くのにはとても便利です。
都営地下鉄は 東京メトロより若干運賃が高いので すぐ元を取れます。
tbus (4).jpg
自動改札に入れて使いますがバスは 裏面を見せるだけでOKです。
いつの間にか このグリーン銀杏の 東京都マークになっていました。
tbus (2).jpg
昨年乗ったときは これでした。
4種類乗れます。
都電 都バス 都営地下鉄 日暮里舎人ライナー。

ちなみに 東京メトロも一日券があって これは24時間券で600円です。
私が住んでいるところからは 初乗り運賃でかなりのところまで行けるので まだ使ったことはありません。
4回乗らないと元とれないもの・・・・・。
でも あちこち行くにはこれも便利です。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 08:48| Comment(0) | エトセトラ

2017年02月17日

東京都シルバーパス

東京都シルバーパスという制度があって 70歳以上の人はこれを使うことができます。
日中のバスは このパスを使って乗り降りする人が多いです。
これは 都バス 都営地下鉄 都電 都内を走る民間バスが 無料になるパスです。もちろん 乗り降り自由 乗り継ぎ自由ですから出かけるのには無敵のパスです。
そんな シルバーパスをつかって都内を巡った 本が出たので読みました。
小説なのですが 著者は実際にバスにのって 巡ったのだろうと思います。
tbus (1).JPG
タイトルバスを待つ男 
著者西村健/著
出版者東京 実業之日本社
出版年2017.2
【目次】
第一章 バスを待つ男
第二章 母子の狐
第三章 うそと裏切り
第四章 迷宮霊園
第五章 居残りサベージ
第六章 鬼のいる街
第七章 花違い
第八章 長い旅
終章

定年退職後 無趣味の元刑事が見つけたのは 東京都シルバーパスを使ってのバス旅でした。
錦糸町駅近くに住む男は 錦糸町、赤羽、池袋、北品川、青梅など東京の各地を巡ります。
昔 あった事件で 歩いた場所を訪ねたり 未解決事件を思い出したり 被害者の墓参りに行ったり・・・・
そして あちこちで不思議な出来事に出会います。
バス停で何かを待つ男、神社の狐の前掛けの意味、和菓子屋に通う謎の外国人、殺人鬼が逃げた理由、ミステリー作家の死の真相・・・平井駅前 錦糸町 門前仲町 いつも乗る都バスの路線がたくさん出てきて 親しみやすかったです。
亀戸で出会った 中学生の悩み事を解決し バス停で出会ったバスを待つ男の出来事を解決したおかげで 親しくなったりもします。
バス仲間もでき シルバーパスの恩恵を十分受け巡ります。
家で待つ 妻の知恵を拝借しながら 解決していく謎解きの面白さもあります。
大人の 散歩ミステリーです。

とても面白かったし 次はどんなところでどんな謎に出会うか楽しみでした。
バスから眺める風景も とても参考になりました。
私が 70歳になるまでこの制度が続きますように・・・・・。
タグ:読書
posted by うめのはな at 09:09| Comment(0) | 読書

2017年02月16日

江戸の楽しみ 江戸博

江戸の人は文化を楽しみ 四季を愛で 四季折々の年中行事に参加していました。
edtosi (1).jpg
日本橋の下にある芝居小屋です。
edtosi (2).jpg
「 神田明神 山車 」神田須田町のもの。数メートルの高さがあります。
「 神田明 神 行列 」模型もあります。
当時は、なんと40本前後もの山車が行列をなし、祭りを盛り上げていたそうです。
江戸っこは 祭り好き!
edtosi (3).jpg
江戸の物資輸送。水運の試料やジオラマや千石船の模型もあります。
edtosi (4).jpg
江戸の上水。木製の樋と井戸
edtosi (5).jpg
玉川上水は江戸時代前 期に敷設されました。
多摩の羽 村から四谷大木戸まで 約 4 3 k mを開削し、江戸の市中では地中に埋設された木製や石製の水 道管が 網の目のようにめぐらされていました 。
edtosi (6).jpg
三井越後屋江戸本店の店先売りの様子
三越ですね〜江戸時代のデパート。
江戸のファストフードとして知られる寿司屋の屋台 蕎麦 も展示されています。
江戸の暮らしも そう悪くないかなぁ〜
posted by うめのはな at 08:36| Comment(0) | 墨田区

2017年02月15日

江戸の町の暮らし 江戸博

江戸の町の暮らしのコーナーでは実物大の「棟割長屋(むねわりながや)」模型や当時の衣食住についての資料が展示されています。「棟割長屋」は1棟5部屋あり 各部屋の生活道具や洗い張りの仕事など実生活の様子がわかります。
edkrs.jpg
魚売りの 棒手振り売りの 桶を担ぐ体験もありました。
edhmti (5).jpg
江戸の火消の纏をまわす体験
edhmti (6).jpg
絵草紙屋の店内
江戸と言えば 錦絵。出版もさかんでした。
edhmti (7).jpg
書物や錦絵の制作から販売に至るまでを紹介
edhmti (2).jpg
目をひいたのが この液状化の土層断面
edhmti (4).JPG
安政江戸地震
edhmti (3).jpg
四谷見附あたり。
今も昔も液状化はどこでも起こるのですね〜
posted by うめのはな at 09:48| Comment(0) | 墨田区

2017年02月14日

江戸東京博物館 常設展 将軍・大名

再び 江戸博。
江戸のコーナーには将軍家や大名家に由来する歴史資料の数々も展示されています。
edhkieys (1).jpg
徳川家康座像(複製)
慶長6年(1601)正月、60歳を迎えた家康が、自ら命じて彫刻させた等身大の木像
足が 面白い!
edhkieys (5).jpg
武将の甲冑も数点並んでいます。
edhkieys (2).jpg
ほぼ実寸大の襖絵を再現した体験展示「江戸城松の廊下の障壁画」
edhkieys (3).jpg
江戸城本丸の、浅野長矩が刃傷事件をおこした場所は、襖を飾る狩野派の障壁画に松が描かれていたので、 松の廊下と呼ばれています。
本丸の大広間とその北側の白書院を結ぶ長い廊下。全長50メートルありました。
edhkieys (4).jpg
姫様用の駕籠
これとは別に もうひとつ 体験で乗ることができるものも置かれています。
posted by うめのはな at 08:40| Comment(0) | 墨田区

2017年02月13日

世論調査

電話がなったので でてみると 自動音声らしきテープが流れました。
「 世論調査○○です。 都議選のアンケートにご協力願いたい。時間は2分ほどです。」という案内です。
すぐ 電話を切りました。
だいたい アンケートだなんだって・・・人の都合も聞かず 一方的に事をすすめようとするのが気に入らないし 正式なものかどうかもわからないし 気持ち悪くて 受ける気はなかったです。
自動音声ってことは すごくたくさんかけていて 数うちゃ当たる なんでしょうけど 受けるほうは得体のしれないところからアンケートといわれても 詐欺じゃないかとかプライバシーを探られるのじゃないかとか 不安になります。

選挙の出口調査を受けたことはありますが 電話などの顔の見えないものは拒否です。
よく TVや新聞で 世論調査の結果 とか いっていますから そういうものだったのかもしれませんが 役所などがやるアンケートは書類で来るし なんだか 信用できませんでした。

一度 渋谷を歩いていたら ラジオ番組の キャスターさんに 顔も名前も不要ですからご意見を・・と言われて答えたことあります。
同日の番組でそれが 流れたのを聞きましたが この時は答えた通り 編集なしで流れましたが 街中で TVなどの取材を受けるときは取捨選択  自分が映るかと思えば カットだったりして・・・もちろん TVなら拒否しますけどね。

基本的に アンケートと称するもの 得体のしれない団体の寄付 募金 署名は 拒否することにしています。
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 07:21| Comment(2) | エトセトラ

2017年02月12日

江戸城と町割り 江戸東京博物館

江戸東京博物館の常設展は昨年リニューアルされました。
6階常設展から入ると 実物大の日本橋があります。
edohk (1).jpg
実物大の日本橋を渡ると 江戸時代にタイムスリップします。
家康は 日本橋を中心に堀や道を設け、江戸城の周囲に武家や町人、寺社などの居所を定めた「町割り」を行います。
edohk (3).JPG
江戸城と町割り のコーナーには精密なジオラマが並んでいます。
「寛永の町人地」模型などは 前と同じです。
以前と変わったところは 新たに登場する「幕末の江戸城 −本丸・二丸御殿−」模型です。
edohk (5).jpg
直径約6メートルの円形の中に縮尺200分の1の幕末の江戸城が再現されました。
edohk (4).jpg
江戸城ジオラマ。これは 松の廊下の場面かな・・・
江戸城の細部まで眺めることができます。
edohk (2).jpg
「寛永の大名屋敷」模型。これも緻密に再現されています。
ここでは 庶民、大名、将軍の住まいの違いがよくわかります。
posted by うめのはな at 08:25| Comment(0) | 墨田区

2017年02月11日

企画展「徳川将軍家の婚礼」江戸東京博物館

江戸東京博物館に行きました。
edhkt.jpg
両国ですから 近いのでよく行くのですが特別展などは混んでいてちょっとためらいます。
今回は 特別展のない期間なのですいているだろうと 企画展を見に行きました。
edotkgw (2).jpg
江戸東京博物館 常設展示室内5階 企画展展示室
企画展「徳川将軍家の婚礼」
1月2日(月)〜2月19日(日)
これは 常設展のチケットだけで入場できます。
edotkgw (1).jpg
常設展は6Fから入場です。
企画展示室は5Fにあります。橋の下に見えます。
edotkgw (3).jpg
 徳川将軍家の御台所(正室)だった篤姫(あつひめ)(天璋院〈てんしょういん〉)と皇女和宮(かずのみや)(静寛院宮)の婚礼道具などを集めた企画展「徳川将軍家の婚礼」
展示構成
  プロローグ 
   第1章 婚礼の行列 
   第2章 婚礼の格式 〜皇女和宮の婚礼道具〜
   第3章 婚礼と粧い 〜篤姫の婚礼化粧道具〜
   エピローグ
入り口正面に 黒塗桜蝶唐草蒔絵貝桶があるのですが その貝が小さいので驚き。
蛤のなら見たことあるのですが これは アサリくらいで 小さくても絵は精巧に描かれているので見とれてしまいます。
edotkgw (4) .jpg
婚礼の行列の、下向絵巻や婚礼行列絵巻もあって 華麗な儀礼の様子がわかります。
しかしなんと言っても 展示されている婚礼道具の一つ一つが すばらしいです。
蒔絵の桶や水差し 文机 茶箱に棗 化粧道具 などなど・・・
御紋の入った 葵牡丹紋付唐織油単 など緻密な織物に目が行きます。
以前 徳川のおひなさま や 徳川家の至宝など いろいろな展示を見てきましたが 婚礼だけの展示ははじめてだったので興味深かったです。
愛宕山の上から江戸市中を眺めた写真があったり 家族写真があったりで 江戸から明治への移り変わりもわかりました。
この部屋は 撮影禁止です。
posted by うめのはな at 09:10| Comment(0) | 墨田区

2017年02月10日

市川市 菅野駅

市川市菅野で用をすませたあと MAPみながら 少し巡ろうと思っていましたが 強風で諦めて戻ることにしました。
帰りは外環道の工事現場を右手にみながら戻ります。
sgnek (4).jpg
ずいぶん長い間工事をやっているようです。駅直下に東京外環自動車道が建設されているそうです。
京成菅野駅近くに 石碑がありました。
sgnek (1).jpg
「西平田市川新田道」
sgnek (2).jpg
石柱には、「西平田市川新田道」「菅野停車場設置紀念」と刻まれています。平田は京成線の線路の南側の地名で、新田は西隣の地名です。
sgnek (3).jpg
瀬戸彦八翁頌徳碑
瀬戸彦八さんは神田の青果商で、松丸平太郎、浮谷善次郎、松丸清之助らとともに停留所設置の発起人となった人だそうです。
sgnek (5).jpg
菅野駅 千葉県市川市菅野二丁目
京成電鉄本線の駅。1916年(大正5年)2月9日に開業。
外環道が完成したら駅舎も新しくなるのでしょうか・・・・
タグ:歴史
posted by うめのはな at 08:48| Comment(0) | 都外

2017年02月09日

御代院 市川市菅野

市川市のネーミングライツでアーデル通りという通称になった市道を歩くと 途中 御代院という小さな祠があります。
myin (1).jpg
御代院 千葉県市川市菅野2丁目14
myin (3).jpg
御代院
「伝えによると、天慶の乱(天慶3年・940)のとき京都の菅野氏が、平将門調伏の志を抱いて、妻と共に関東に下り、この地に居を構えました。
妻の容姿が美しいところから「御代の前」と称して将門の内室になり、将門の出城といわれる大野城に入りました。そして内情を探索して夫に知らせたところから大野の落城を早め、将門調伏に功績をたてたといいます。
その後、夫妻は共に剃髪してこの地に留まり、将門と戦で亡くなった将兵たちのの後生を弔いながら世を去りました。夫妻の死後、里人はその志を哀れんで、墓標をたてて祀ったのが、この御代院ということです。
後世、幾度か墓標が破損しましたが、そのつど里人の力によって建てなおされ、伝承と共に今日まで守り伝えられてきました。
また、いつの頃からか風のときには、御代院から借りた茶碗で薬湯を飲むとご利益があるといい、回復のときに新しいものを添えて返す風習が広まりました。

平成3年3月
市川市教育委員会」案内板
myin (2).jpg
天慶の乱で亡くなった平将門とその将兵を生涯弔うためにこの地に留まった菅野夫妻を祀った祠です。
myin (5).jpg
妻が美しいので「御代の前」と称して将門の 内室になり、将門の出城といわれる大野城に入り、彼女は女スパイとして内情を探索して夫に知らせたことから大野の落城を早めたというから 内助の功の極みです。
myin (4).jpg
天慶の乱(天慶3年・940)のとき、京都の菅野氏が、平将門調伏の志を抱いて妻と共に 関東に下り、この地(現 市川市菅野)に居を構えた。という菅野氏の祠は 地元の人に大切にされているらしく 地蔵さまや正観音像がありきちんと整備されていました。
タグ:歴史
posted by うめのはな at 07:49| Comment(0) | 都外

2017年02月08日

荷風の散歩道

千葉県市川市 京成八幡駅の踏切を渡るとすぐ 荷風の散歩道(商美会ロード)があります。
kfusanp (4).jpg
(文化の街かど回遊マップ より)
kfusanp (2).jpg
かなり狭い道なのですが 駅に向かう道で車や人の通りが多い道です。
自転車が多く 人があるく白線の内側を乗ったまま走っているので かなり危ないです。
自転車は原則 車道を走るのですが ここはそんな道幅もないので 結局 人のほうが立ち止まり 自転車を避けなければならないので少し 怖かったです。
この先に 小学校があり 昨日は強風でしたので ものすごい砂埃が舞い上がってあたり一面 真っ白で 参ってしまいました。東京は芝生や 競技場のような舗装をしてあるので 砂埃は想定外でした。
これじゃ 商店街の店も ほこりだらけ・・・
kfusanp (3).jpg
永井荷風が晩年に移り住んだ本八幡。
ここは 永井荷風が愛した散歩道です。
kfusanp (1).JPG
(文化の街かど回遊マップ パンフレットより)
駅前にある「大黒家」で荷風はカツ丼を毎日のように食べていたそうで 荷風の人生最後の食事もこのカツ丼だったということです。
日本酒はいらないけれど 一度くらい食べてみるのもいいかも〜
・・・と 風に向かい ひたすら歩きました。
タグ:歴史
posted by うめのはな at 08:46| Comment(0) | 都外

2017年02月07日

ステーキ丼

久しぶりに ステーキ丼を食べました。
肉は 脂身や鶏肉が苦手なので 外食で食べるのはたいてい牛肉の料理。
そうたくさんは 食べないので この程度で十分。
100gもあればいいかなぁ・・・・
iskwst.jpg
これ 以前1200円だったのに 1500円になっていました。
でも柔らかいお肉で美味しかった。
最近お気に入りの店が 予約制になっていて 気軽にランチができなくなって 残念ですが 外国人観光客も増えたからしかたないのかな〜
東京駅なんか 外国人で混雑していて ここはどこの国か・・・ってな感じです。
さて 今日は市川市に出かけなきゃ。
風が強くなりそうで いやだな〜
タグ:グルメ
posted by うめのはな at 07:47| Comment(2) | グルメ

2017年02月06日

会いたい人

昼間人口が1000万人以上であると言われる 東京23区で意外な人に出会ったりもするから 不思議なものです。
その昔 山手線の駅で電車を待っていたら 突然声をかけられました。
「○○さんじゃないですか?」
え?と振り向くと 田舎の同じ町に住んでいた 私より2つほど年上の人でした。
お互い 顔は知っていましたが そう近所でもなく親しいわけでもなかったのに 声をかけられて・・・
「○○の娘です」と言われて 「知っています。偶然ですね〜」
などと話しました。電車が来るまでのほんの2〜3分の出来事なのにびっくり!
同じ町の出身の人と すれちがう確率なんて本当に低いので驚きました。
今は すれ違ってもわからない人ばかりだろうなぁ〜
お互い年とってしまったものね〜

都心では 有名人 芸能人をよく見かけます。
電車の中でみかけたり 町の中で見かけたり・・・病院でみかけたことも。。。
でも さりげなく「あ・・・あの人だ・・・」と心の中で 思うだけでいちいち 反応しません。
したら 迷惑だし 失礼です。
よく カメラむけたり 騒いだりする人いますが 地方から来たひとなのかなぁ・・・

都会のマンションは 住んでいる人の交流がほとんどないので  有名人が住んでいてもわからないし 
プライベートなとき すっぴんで会っても芸能人だとわからないでしょうね〜

ところが 会いたい人には全く会えません。
同じ東京に 会いたい人がいます。故郷の親友。住所なくしてしまいました。
さがそうにも 東久留米にすんでいるというだけではどうしようもないです。
みどりちゃぁ〜〜〜〜ん!!
会いたいねーーーー!
タグ:エトセトラ
posted by うめのはな at 09:34| Comment(0) | エトセトラ

2017年02月05日

豊木橋〜平住橋

豊木橋〜平住橋の間にも 遊歩道ができていました。
oykpak (2).jpg
こちらは 横十間川親水公園の一部になります。
横十間川親水公園は この先も2kmほど続きます。
oykpak (3).jpg
植えられて間もないのか 若木の河津桜が1本咲いていました。
oykpak (4).jpg
芝生の桜の木は植えられたばかりなので養生中。芝生は立ち入り禁止。
oykpak (5).jpg
ほんとに短い距離(120mほど)の遊歩道ですぐ平住橋交差点です。
ここは以前太鼓橋のような急な坂の交差点でしたが 改良されて平らになりました。
青い矢印は自転車用だとか・・・・車道に どんどん増えています。
道路走るのは ちょっとこわい気がします。
タグ:公園・庭園
posted by うめのはな at 07:42| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年02月04日

大横川河津桜

河津桜が咲いているというので見てきました。
2017kwz (4).jpg
江東区 大横川沿い
豊木橋から茂森橋の間。
2017kwz (3).jpg
茂森橋からも入れるよう 遊歩道が整備されていました。(以前は通り抜けできませんでした)
2017kwz (2).jpg
満開ではなかったですがそこそこ咲いていました。
2017kwz (1).jpg
豊木橋をはさんで 南側の河津桜はこれからのようです。
もうすぐ 次々と咲いていくことでしょう。
タグ:
posted by うめのはな at 07:40| Comment(0) | 江東区・江戸川区

2017年02月03日

蛎殻町公園と学校

植え込みに石碑があります。
arimat (1).jpg
有馬中学校跡石碑
戦後有馬中学校が同じ校舎内に併設されます。
翌年有馬小学校になったそうです。
arimat (4).jpg
有馬小学校。
有馬幼稚園も併設されています。
改修されるまでは学校と公園とが一体的に利用されていたそうですが、現在はは柵や門ができて区切られています。
arimat (3).jpg
公園と一体化した 和風の門柱
arimat (2).jpg
蛎殻町公園の門柱
kakgrpdi (3).jpg
中央区のマンホールのふたがカラフル。
再び ロイヤルパークホテル前に戻り 無料巡回バスメトロリンクで東京駅に向かいました。
東京駅―浜町・人形町・兜町エリアを結ぶ無料巡回バス
『メトロリンク日本橋Eライン』が昨年10月できました。
丸の内シャトル 日本橋シャトルと3つのルートがあり 無料ですのでとても助かっています。
タグ:公園・庭園
posted by うめのはな at 07:42| Comment(0) | 中央区

2017年02月02日

蛎殻町公園 大名庭園の景石

このあたりは 久留米藩・有馬家の下屋敷でした。
kakgrpdi (1).jpg
遺跡から出土した大名庭園の景石

「景石は、水天宮駅前に隣接する蛎殻町1丁目遺跡で発掘されたものです。
蛎殻町周辺は、江戸時代、大名や旗本の屋敷が集まっていたところで約300年前に屋敷を構えていた大名家の庭園内池の景石と思われます。
 当時、遺跡地を拝領していた大名は、上野国前橋藩15万石の酒井雅楽頭で、江戸時代初頭から延宝元年(1704年)まで屋敷を構えていました。
 その後、伊予大洲藩6万石の加藤遠江守が拝領し、延宝年間(1704年〜1711年)屋敷を構えていました。」
kakgrpdi (2).jpg
蛎殻町公園 大名庭園の景石
中央区日本橋蛎殻町2-10-6 (蛎殻町公園)
kakgrpdi (4).jpg
有馬小学校と震災復興公園としての蛎殻町公園
水天宮近くにあった小学校は関東大震災で被災し 江戸時代には津山藩・松平家の下屋敷であった庭園跡に移転しました。
その際 一緒につくられたのが、震災復興公園としての蛎殻町公園です。1931年の開園です。
kakgrpdi (5).jpg
となりは渋沢シティプレイス。
タグ:公園・庭園
posted by うめのはな at 08:35| Comment(0) | 中央区

2017年02月01日

蛎殻町公園

水天宮からロイヤルパークホテルのほうに向かいました。
kkigarp (1).jpg
仮宮の時 水天宮の子宝いぬは ロイヤルパークホテルロビーに置かれていました。
kkigarp (3).jpg
ホテル沿いに進むと 白壁の塀が見えてきました。
kkigarp (4).jpg
蛎殻町公園 所在地 中央区日本橋蛎殻町2-10-6
かきがらちょうこうえん 
この辺りは江戸時代、先物取引 所で栄え、今でも東京穀物商品取引所などがあります。「昔は漁師の小網の干し場であり、牡蠣の殻の堆積した海浜だったらしいとのことです。
kkigarp (2).jpg
ここには噴水池や平和のシンボル「江戸こまた」があります。
「江戸こまた
制作者:流 政之  平成4年3月21日
 平和都市宣言を記念して、中央区の空の玄関に相当する東京シティーエアターミナルに隣接する区立蛎殻町公園に区の平和のシンボルとして設置しました。」
kkigarp (5).jpg
 蛎殻町公園の由来
 「この蛎殻町辺は、江戸時代の切絵図によると周囲を堀割で囲まれた武家地で、大名の下屋敷が建ち並ぶ静かな落ち着いた町並みであったと思われます。
 蛎殻町公園のあるこの場所も、江戸時代、松平三河守(津山藩主)の下屋敷があったところで、そのご京都出身の豪商杉村甚兵衛氏の屋敷となり、現在公園内にある大イチョウも、当時、かなりの大木として育っていました。
 大正12年(1923)の関東大震災の時には、近所の人達がその広い庭園内に難を逃れて助かった話しも伝わっています。その後、震災復興御計画により、蛎殻町公園として整備され、昭和6年(1931)4月に開園しました。
 このたび、有馬小学校と蛎殻町公園を改修整備するにあたりこの地域の歴史を思い起こさせる江戸情緒のある築地塀と門構えを造って町並み景観に特色をもたせ、往時をしのぼうとするものです。
       平成元年(1989)4月   中央区土木部公園緑地課」
「江戸こまた」のある噴水広場と反対側の道路沿いにも白塀があり 公園と学校になっています。
タグ:公園・庭園
posted by うめのはな at 08:29| Comment(0) | 中央区